2012年6月15日 金曜日
  外は雨で屋外に飛び出す気持ちにもなれず、なんとなく音楽を聴きたい気分になる。
 そこで選曲したのが《展覧会の絵》だった。

モデスト・ムソルグスキー
組曲《展覧会の絵》
1、プロムナード [1:44]
2、①こびと [2:22]
3、プロムナード [1:03]
4、②古城[4:21]
5、プロムナード[0:33]
6、③テュイルリーの庭[1:03]
7、④ビドロ[3:16]
8、プロムナード[0:44]
9、⑤殻をつけたひなの踊り[1:12]
10、⑥サミュエル・ゴールデンベルクとシュミュイレ [2:06]
11、⑦リモージュの市場 [1:15]
12、⑧カタコンブ [1:56]
13、死者とともに [2:01]
14、⑨バーバ・ヤーガの小屋 [3:29]
15、⑩キエフの大きな門 [5:41]

《一口メモ》
 作家、池波正太郎氏がアイデアが何も浮かばない時はムソルグスキーの
 「展覧会の絵」を聴くといい考えがひらめいたと云う文に接してから、この
 曲を聴くようになった。
 私には何ひとつアイディアはひらめいてきませんでした。(笑)

e0272335_18132211.jpg

                                                  了
# by tinnan1515 | 2012-06-15 18:48 | 音楽 | Comments(0)

 2012年6月15日  金曜日

   梅雨に入りお花がすくすくと成長、花の開花も楽しな一つです。
  それから、フルーツトマトの初収穫、ブルーベリーはまだ先が長いようです。

                         記
1、野菜&果実
e0272335_9173112.jpg

 3月30日に苗を植えてから本日初収穫。3個の収穫だけど喜びも一入。
 成長過程が楽しい。ましてや食物だから食べる楽しみも味わえて一石二鳥だ。
e0272335_9453727.jpg

 青いトマトも沢山実を付けてくれています。完熟までにはしばらく時間がかかりそうです。
e0272335_9471493.jpg

  ブルーベリも徐々に成長。これからですね。もっと木が大きくなるといいのですが。
2、最近咲いた花
e0272335_9555397.jpg

カラーです。白も清楚で好きですが黄色も温かみがあります。夏には黄色がお似合い。
e0272335_1024211.jpg

  情熱的なアマリリス。色合いがこんなに美しいとは。
e0272335_1065985.jpg

  鉄砲百合の香りがプーンと匂ってきます。
e0272335_1044443.jpg

e0272335_1045665.jpg

  千日紅が少しづつ成長しています。
e0272335_1092437.jpg

  メランポジウムがいつの間にか大きく成長。我が家の夏の花の主役の一つです。
e0272335_10114171.jpg

  ケイトウも負けじと背を伸ばしつつ、色も鮮明になってきました。
e0272335_10113437.jpg

  千両の赤い実は冬に彩りを演出してくれますが、花は小さくて地味でした。
3、花の蕾
e0272335_10161557.jpg

  カラーの蕾。色は白みたいですね。
e0272335_10174913.jpg

  ルドベキアは宿根草で毎年咲いてくれます。真夏は水遣りが欠かせません。
e0272335_10184715.jpg

  桔梗の蕾は小さくて可愛らしい。当分先ですね。
e0272335_10184261.jpg

  ギボウシが間もなく開花の様子。山で見たいなあ!
e0272335_1030292.jpg

  ルリアザミ、淡い紫がいいですね。もうしばらく時間がかかりそうです。   
e0272335_1030159.jpg

  ルピナスの種を育成中です。初めての挑戦。
  種から育てる楽しみも身に付けようと思っています。

《一口メモ》
  毎日花を眺めては悦んでいます。でも、手入れ水遣りが大変ですね。

                                                       了    
# by tinnan1515 | 2012-06-15 09:52 | 趣味の園芸 | Comments(2)

2012年6月14日  木曜日   晴れ

 梅雨のあい間の好天気に誘われて、予てより確認したかった白石山の下の江
 一本松登山道を歩く。
                             記
【山行名】 トギシ山410m~白石山391m
【山行者】 1名
【山行コース】 自宅発13:10~トギシ山登山口14:30~渡渉地点14:50~
          トギシ山 15:15/15:20~白石山16:00/16:15~三本松登山口
          16:30~自宅着17:35

【山行時間】4時間25分(休憩時間含む)
【山行記録】
e0272335_21135532.jpg

  トギシ山登山口までは1時間20分の車道歩きで午後の照り返しが暑く汗がにじみ出る。
  登山口から渡渉地点までの山道は雑草に被われ藪こぎの状態になっていた。
  6月に入り道は荒れに荒れていた。
  トギシ山(四等三角点) 
e0272335_2137235.jpg

  トギシ山から白石山の縦走は今回で2回目。縦走路の尾根歩きはアップダウンがなく
  楽であるが何しろ周囲の景色が見えない。
  でも白石山の山頂に立つと素晴らしい海が一望できます。 
e0272335_2138698.jpg

  山頂からの眺望です。臼杵市佐志生部落です。右の海が臼杵湾、津久見島が見えます。
e0272335_21152713.jpg

  一息つき懸案の下の江一本松に向けて下山開始。登山道は非常に歩きやすい。   
e0272335_21152399.jpg

  この分岐点までは既に山行済み。前回は山口方面を歩き下山したが、今日の
  目的は下の江一本松の登山口を確認することだ。小走りで歩いても大丈夫。
  時間が下がっているので小走りで下山する。
e0272335_21155512.jpg

  15分で登山口へ。左の林道が登山口でした。目印のテープが木にぶら下げてあります。
  ここからは車で何度も通行した車道。自宅まで1時間05分。
  今日は車道歩きが2時間25分と山道歩きより長い時間だった。

《一口メモ》 
  下の江一本松登山口からの白石山までの登山道は非常に歩きやすいし、山頂からの
  展望も素晴らしい。
  また、10年後の山登りコースとして充分対応できると判断する。 

                                                            了
# by tinnan1515 | 2012-06-14 22:05 | 山歩き | Comments(2)

2012年6月13日   水曜日   曇りのち晴れ

  北大船山の”森の貴婦人”オオヤマレンゲの蕾をブログで拝見したので
  鳴子山のオオヤマレンンゲ観賞と久住の山々のミヤマキリシマを観賞してきた。
  一番期待していたオオヤマレンゲは蕾の状態で残念。その上、久住の山は
  ガスで眺望もままならず意気消沈の山歩きだった。

                          記
【山行名】 鳴子山1643m~白口岳1720m~稲星山1774m~久住山1786.9m
~天狗ヶ城1780m~中岳1791m
【山行コース】レゾネイトクラブくじゅうP5:20~鳴子山分岐点5:55 ~鳴子山7:55
        ~白口岳9:10~稲星山10:10~久住山11:00~天狗ヶ城11:40~
        中岳12:05 /12:45~鳴子山13:45~レゾネイトP15:45
【行動時間】  10時間25分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_902528.jpg

 今日の出発地点であるレゾネイトクラブくじゅう様の駐車場が綺麗に整備されていた。
 無断駐車でお世話になります。いつかは宿泊させていただきますと思うばかりです。
 低価格のランチメニューでもあればと思うのですが…。
 前置きはこのくらいにしてと、駐車場近くの沢筋に咲いていたバイケイソウです。
e0272335_915850.jpg

 山桜が植林してある公園です。  
e0272335_921984.jpg
 
 公園から歩くこと10分程。ここを左に登っていきます。分岐点が分かりづらいですが
 登山道に入ればテープが頻繁にあり道迷いの心配はありません。
e0272335_931877.jpg

 雨に濡れた森林とても美しいのですが、ず~っと登りが続きます。また、昨日の
 雨で滑らないようにと足取りが重たかったです。
e0272335_974912.jpg

e0272335_982100.jpg

 ドウダンツツジに雨の雫がたっぷりついていました。
e0272335_994423.jpg

 雲海に浮かぶ阿蘇山。鳴子山山頂手前のつかの間の晴れ間でした。
e0272335_9115443.jpg

 鳴子山周辺のミヤマキリシマは殆ど終で主役はドウダンツツジに変わっていました。
e0272335_915382.jpg

 白口岳に向かう途中でした。ホウチャクソウの群生です。このような群生は初めてでした。
e0272335_91753100.jpg

 ドウダンツツジの赤色。綺麗でした。
e0272335_9183439.jpg

 白口岳に到着しましたが、肝心なオオヤマレンゲを見逃していました。なんということか。
 岩場の登りに集中して周りが見えなかった。白口岳から稲星山に向かう途中登山者の
 お方にお会いしオオヤマレンゲの情報をお尋ねする。この方とは天狗ヶ城でもう一度
 お会いした。
e0272335_9252371.jpg

 ミヤマキリシマは健在でした。
e0272335_927181.jpg

 ここから稲星山に向かいます。オオヤマレンゲを見逃したお蔭で登山コースの変更です。
 下りに鳴子山をもう一度歩くことに決めました。 
e0272335_9325546.jpg

  稲星山の斜面はピンクの絨毯でした。
e0272335_9343682.jpg

  稲星山、視界不良。次の山を目指します。
e0272335_9401735.jpg
    
  久住山に向かう途中でマイヅルソウの群生に出会いました。
  ここで登山者のお方に出会い鳴子山のオオヤマレンゲの場所を詳しく教えて
  頂きました。
e0272335_9434265.jpg

  久住山を背景にマイヅルソウを取りましたが、まだ霧がかかっています。
e0272335_9464481.jpg

  久住山は登山者で大賑わいなのに視界不良。自然のなすがまま。次の山に
  向かいました。
e0272335_949113.jpg

  一瞬の晴れ間。硫黄山のガスが今日も立ち上っていました。
e0272335_951085.jpg

  福岡県の中学校ご一行様。雄大な久住の景色を見せたあげたいのに残念ですね。
e0272335_9534625.jpg
 
  中岳の方面に向かいますが霧は相変わらず流れていました。
e0272335_9553635.jpg

  ミヤマキリシマの無残な姿。犯人は?
e0272335_9565619.jpg

  シャクトリムシです。平治岳のミヤマキリシマは虫害にあっていないのに!
  その理由が分かりました。
  天狗ヶ城から下山中の人はなんと白口岳でお会いした 登山者のお方から教えて
  頂きました。平治岳のミヤマキリシマは某企業が管理下にあり害虫駆除が行われて
  いるとのことでした。それにしてもどうにかならないものかと思うばかりです。
e0272335_1051532.jpg

  天狗ヶ城に着きました。本日5座目のピークです。
e0272335_1081252.jpg
 
  御池は静かな湖面でした。
e0272335_1095067.jpg

  おっちゃん撮りましょうかの一声に即お願い致しました。
  滅多に自分は撮らないのですがなる程”おっちゃん”でした。
  写真を摂って頂いた男性の方、ありごとうございました。
e0272335_10155553.jpg

  今年最後のミヤマキリシマになりそうです。 
e0272335_10164432.jpg

  本来ならここから坊がづるを目指せたのに。でも今日はオオヤマレンゲに会わなくては。
  白口岳方面に向かいました。  
e0272335_10211255.jpg

  コケモモは何度でも撮れるチャンスはあったのですが。何故かここでパチリ。
e0272335_10224848.jpg

  イワカガミももう終盤の様相を呈していました。 
e0272335_10242666.jpg

  鳴子山山頂に向かう岩場で見つけることができました。念ずればなんとやら。
  いやあ蕾とは嬉しかったですね。
e0272335_10274437.jpg

  森の貴婦人はまだ深い眠りの中でした。
e0272335_1029537.jpg

  眠りから覚めかけ。でもまだ時間がかかりそう。
e0272335_1031557.jpg

  私の出番よと感じ取れました。あなたの姿を人目見たかったのに。
  別れを惜しみながら立ち去りました。
e0272335_10343050.jpg

e0272335_10352882.jpg
 
e0272335_10355668.jpg

e0272335_10365086.jpg

  ドウダンツツジ、花の色が楽しめました。

 《一口感想》
  水曜日の晴れマークに期待し山登りを計画したが、自分の思うままにならないのが人生。
  今日も見知らぬ登山者のお方からいろいろと教わりました。
  オオヤマレンゲにも会えドウダンツツジも楽しむことができ最良の一日でした。

                                                             了
# by tinnan1515 | 2012-06-13 22:01 | 山歩き | Comments(6)

火曜日は図書館へ

2012年6月12日   火曜日
1、今日借りた本 
e0272335_15193185.jpg

①ぼくの哲学日記:森本哲郎 著
②一刀斎夢録 上:浅田次郎著
③マンチュリアン・リポート:浅田次郎著
2、今日の読書                                                          
①旅の半空 :森本哲郎著  完読
②心の天気図:五木寛之 著   継続中

 《旅の半空  一口メモ》                     
● 京まではまだ半空や雪の雲     芭蕉    (心に残る一句でした)             
●森本哲郎氏が旅した竹田市にある“滝廉太郎記念館”
 「荒城の月」以外に「箱根八里」 、「花」 、「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」、「 お正月」
 等々の名曲を作曲していることを知り得た。
 私も岡城址と“滝廉太郎記念館”を訪ねてみよう。                                    

      
2012年6月11日   月曜日
 今日の読書
①旅の半空 :森本哲郎 著  継続中
②心の天気図:五木寛之 著   継続中

2012年6月10日   日曜日
 今日の読書
①旅の半空:森本哲郎 著  継続中

2012年6月9日   土曜日
 今日の読書
①今日をありがとう:曽野綾子 著  完読
②心の天気図五木寛之 著  継続中                                                                                                       
2012年6月8日   金日
 今日の読書
①今日をありがとう:曽野綾子 著  完読
②心の天気図五木寛之 著  継続中                                                                                                                《一口メモ》
● 肉まんさんからアドバイスを頂き図書館の利用照会を確認できるようになった。
  一歩前進。肉まんさん、ありがとうございました。 

●ブログに投稿することにより読書量も若干増えつつある。
 図書館通いも漸く慣れてきた。                      
                                                 
                                  
                                                    了
e0272335_15531360.jpg
 

        
# by tinnan1515 | 2012-06-12 15:53 | 読書日記 | Comments(2)