<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2018年1月31日    水曜日

 今日も天気が良いのでどこかの山でもと思っていたところ、家内が大分のあけのアクロスタウンに行きたいと。ここは黙って賛同するしかないだろう。目的は孫にプレゼントする衣服の下見であった。

 実は今朝メールが届いていて孫の写真を見たばかりだったので、自分もついつい熱が入ってしまった。ここのところわさだタウンでの買い物が多く、あけのアクロスタウンは久し振りだった。

 午後からは園芸とブログ投稿準備と何かと慌ただしい一日であった。そうそう今日で1月も終わりだが、振り返ってみるとそれなりに充実していた。2月も山歩きを中心に日々の生活を楽しみたいと思っている。

《1月の目標結果》
1)歩数
  目標:10.000歩/月平均  ⇒  結果:10.643歩
*今月は苦労することなく目標を達成する事ができた。

2)読書
  目標:8冊/月  ⇒  結果:10冊/月
*読んだ本
①森のノート  酒井駒子 著  ②105歳、死ねないのも困るのよ 篠田桃紅 著
③鉄客商売  唐池恒二 著   ④私が人生の旅で学んだこと  日野原重明 著
⑤守教 上   箒木蓮生 著   ⑥夫の後始末 曽野綾子 著
⑦トップリーグ 相場英雄 著  ⑧影裏 沼田真佑 著
⑨異類婚姻譚 本谷有希子著  ⑩おもかげ 浅田次郎 著
●浅田次郎さんの『おもかげ』にほんわか気分になった。

《百人一首の学習》
56.あらざらむ此世のほかのおもひ出に今一たびのあふ事もがな  和泉式部

《園芸》
 今日は山ではなく園芸を楽しむ。グッディの花売り場に立ち寄りクリスマスローズを見ると、植えたい気持ちに駆られ衝動買いをした。
e0272335_1932750.jpg
今日買った花の苗はクリスマスローズ、ストック、ヒナゲシ、花かんざし、イベリスブライダルブーケ、ツリガネソウ。
 久し振りの土いじりで心が和む。花を植え終わるとビオラの花柄摘みで85個の花柄を摘む。
e0272335_19382955.jpg
自宅の花はマコライデスがちらほらと咲き始めていた。

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
162)雨ニモマケズ  風ニモマケズ  雪ニモ夏ノ暑サニモ マケズ  
   丈夫ナカラダヲモチ  欲ハナク  決シテ瞋ラズ  イツモシヅカニワラッテヰル
*宮沢賢治『雨ニモマケズ』(昭和六年)

163)この世を仮の世の中とするにはあまり美しすぎる。
*武者小路実篤『幸福者』(大正八年)

164)人生は夢の如く、虚無の如し、人は生れた方がいいか、生れなかった方がいいかを知らず、人は殺されやすい動物で、死の神の力は強すぎる。
*武者小路実篤『牟礼随筆』(昭和十四年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】月極は駐車場の名にあらず。オール訓読みことば。
1)獣道を見つける  2)血眼になる  3)目頭が熱くなる  4)尾頭つき  5)泡銭を稼ぐ
6)水杯を交わす  7)山懐に抱かれる  8)旗頭となる  9)古強者  10)絵空事ではない

【解答】
1)けものみち  2)ちまなこ  3)めがしら  4)おかしら  5)あぶくぜに  6)みずさかずき
7)やまふところ  8)はたがしら  9)ふるつわもの  10)えそらごと
●水杯…酒の代わりに水を杯に入れて飲むことで、別れの儀式などで行われる。

《今日の小さな歓び》
 孫の写真を見ることができた事 。

                                           以上
by tinnan1515 | 2018-01-31 20:10 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

 今日の天気は昨日とは打って変わって快晴、こうなると体が疼き始める。ではどこに。昨晩床に就いてつらつら考えた結果、関崎海星館の水仙が浮かんできた。

 関崎海星館に行けば海も眺望出来るので楽しみがひとつ増えるではないか。ここのところ、海を眺めるとどういう訳かロマンを感じるのである。と同時に浅田次郎さんの『おもかげ』を読んだのでその余韻が残っているのだろうか。
e0272335_16211531.jpg
明治34年(1901年)に初点灯した大分県最古の関崎灯台。
e0272335_16323845.jpg
関崎海星館と水仙。
e0272335_1622842.jpg
フウトウカズラに出会って一気にテンションが上がる。
 
                      記

1)関崎海星館(午前11時10分~12時10分)
 海星館は火曜日が休館日だった。駐車場には入る事ができず、一般道の広場に車を停めて海鮮館まで歩く事に。
e0272335_1734671.jpg
海星館の水仙を見るのは初めてなので楽しみだった。
e0272335_1753963.jpg
先ずは佐賀関地区観光マップを見る。佐賀関と言えば関アジ・関サバが代名詞。
e0272335_17594653.jpg
そして、民謡の『関の鯛つり唄』もありますね。
e0272335_18104878.jpg
水仙の香りがぷ~んと匂ってきた。
e0272335_18132263.jpg
水仙と菜の花。水仙を楽しんだ後は関崎灯台に降りて行く。
e0272335_18152948.jpg
その前に海星館からの眺望。高島、四国の佐田岬半島もはっきりと見える。
e0272335_18193886.jpg
関崎灯台に着く前に出会ったフウトウカズラ(風藤葛)。フウトウカズラを見たくてあちこちの山に足を運んだのだが願い叶わずで諦めていた。まさか、この地で会えるとはもう嬉しいの一言であった。
e0272335_18232519.jpg
フウトウカズラ(風藤葛)は、コショウ科コショウ属の蔓植物。朝鮮半島や台湾に分布し、日本では、関東地方以西から四国、九州、沖縄に分布します。海に近い山地に自生します。蔓は這い、茎の節から出す気根によって他物に取り付き這い上がって覆い被さり、長さ10m以上になります。葉は互生します。広卵形から狭卵形で先が尖り、長さ4~12cm。全縁で基部は浅い心形、革質、5脈があり、若い葉の葉裏には軟毛があります。葉柄は1~4cm。
e0272335_184602.jpg
フウトウカズラの出会いに感激して関崎灯台に着く。
e0272335_18493171.jpg
明治三十四年七月二十日に完成。
e0272335_1852356.jpg
灯台から眼下を見渡す。
このあと海岸まで降りて行く事に。
e0272335_18535995.jpg
しっかりとした山道。どうやら釣りをする人達の道の様だ。海岸に降り立ち写真を撮ろうとすると電池切れで、またもやミスをしてしまった。
 約1時間、関崎海星館と関崎灯台の地をウロウロした。お蔭様でフウトウカズラとの出会いがあり大いに満足する事が出来た。
 このあと、海の見える広場で昼食タイム。最近のメニューはお握り、バナナ、焼き菓子、コーヒーとワンパターンになっている。お腹を満たして次の目的地に移動する。

2)城山森林公園(山城跡)
 山城の名称は烏帽子岳城と山頂で知る。
”烏帽子岳城は佐賀関半島に聳える標高267.8mの城山山頂に築かれている。 現在は山頂近くまで車道が通じ、山頂は城山森林公園として整備されている。”
【山行日】2018年1月30日  (晴れ)                                         
【山行先】佐賀関・城山(267.9m):大分県大分市佐賀関町 
【山行者】単独
【行動コース】南登山口(駐車場)(13:15)~車道歩き~西登山口(13:20)~城山(13:30/13:35)~南登山口(駐車場)(13:45)
【行動時間】0時間30分(休憩時間含む)
【行動記録】
 関崎海星館から『城山森林公園』の標識を目指して車を走らせる。国道分岐からは佐賀関ダムが目標になる。佐賀関ダムに着くと『城山森林公園ご案内』の案内板がある。案内板を見ると登山口はまだ先だった。
 登山口駐車地に向かう途中で西登山口を確認する。駐車場がある場所が南登山口である。

●南登山口に車を停めて降りの車道歩きで西登山口に向かう。西登山道から整備された山道を歩き山頂を目指す。途中で展望を楽しみ山頂に着く、西登山口からの所要時間は僅か15分であった。 
 頂上手前に東屋、山頂には砲台跡があった。山頂からの展望は素晴らしいの一言。カメラの電池切れが悔やまれる。
●山頂からは南登山口に降りる。コースは周回する事に。写真が撮れないので淡々と降りるだけ。あっという間に駐車場に着いた。

《一口メモ》 
 山歩きとしては物足りなさもあるが、何しろお初の山は楽しい。ひとつひとつの知識の積み重ねが大事なのである。

                                         以上
by tinnan1515 | 2018-01-30 19:30 | 山歩き | Comments(2)

 大分県佐伯市に高平山と言う山が2座あることを知る。一つは佐伯市蒲江町にある高平山(345.7m)。もう一つは佐伯市上浦町にある高平山(340.8m)である。 

 蒲江町にある高平山には昨年の11月15日にノジギクとツメレンゲ観賞に行っているので、今日は佐伯市上浦町にある高平山に登る計画を立てた。そして、近くにある高山にも登る事にした。
e0272335_16524123.jpg
蒲戸崎自然公園展望台と高山(202m)の三角点。  

                         記
1)高山
【山行日】2018年1月29日  (曇後晴れ)                                         
【山行先】上浦・高山(202m):大分県佐伯市上浦町 
【山行者】単独
【行動コース】蒲戸崎自然公園P(10:30)~高山(10:45/11:00)~蒲戸崎自然公園P(11:10)
【行動時間】0時間40分(休憩時間含む)
【行動記録】
 自宅を出た時はどんよりとした曇り空で、臼津トンネル辺では霧雨が落ちてきた。今日の天気は期待できそうになかったが目的地に向かい車を走らせた。2座登る予定だが最初は高山と決めていた。高平山は登山口からブッシュ帯との情報をキャッチしていたので後回しにする。
e0272335_17422023.jpg
蒲戸崎自然公園を目指して車を走らせていたら蒲戸崎自然公園まで3.8Kmの標識があった。三ツ石まではあと1.0Km。
e0272335_18104093.jpg
三ツ石がある海岸。
e0272335_18125256.jpg
右側の高い山が高山。
e0272335_1814517.jpg
再度、三ツ石を眺める。青い海を期待していたのに残念な事に曇り空。
e0272335_18172210.jpg
蒲戸崎自然公園展望台まで800m地点。
e0272335_1849213.jpg
蒲戸崎展望台入口に着く。ここから高山を目指す事に。
e0272335_18512469.jpg
近くにバスのりばもあった。
e0272335_18525649.jpg
日豊海岸国定公園でした。さあ気合を入れて登ろう!
e0272335_18565612.jpg
健康登山(蒲戸崎コース)。
e0272335_1902025.jpg
階段状の登山道を登る。
e0272335_1914696.jpg
消費カロリーの標識が。
e0272335_1934429.jpg
フデリンドウそれともハルリンドウ?
e0272335_1964319.jpg
頂上まであと400m。
e0272335_1981670.jpg
海から吹き上げてくる風が冷たく寒さを感じる。でも頂上まで300m。
e0272335_19105952.jpg
頂上まであと6分。階段状の登りが続く。
e0272335_19122670.jpg
いま、約85キロカロリー消費しました。頂上はすぐそこです。
e0272335_19156100.jpg
登り始めて15分で山頂に着く。蒲戸崎展望台からは”視界360度&豊後水道ひと眺め”と書かれている。
e0272335_19231471.jpg
蒲戸崎展望台からの眺望は?
e0272335_1925471.jpg
高山標高202m。
e0272335_19291017.jpg
津久見市の保戸島が目前に。
e0272335_19324019.jpg
高山から眺める三ツ石。
e0272335_1934585.jpg
あの高い山が高平山かな?
e0272335_1936513.jpg
眼下に見える波打つ際の光景。海水の色に魅せられる。
 高山山行は休憩時間も含めて40分だったが眺望を楽しむ事ができた。
e0272335_1944283.jpg
高平山登山口移動中に高山を振り返る。

2)高平山
 福泊地区から高平山登山口に向かうが最初は分からず再度挑戦。漸く登山口にたどり着く事ができた。
e0272335_19521586.jpg
福泊地区。この地点の避難路から登山口に進む。
e0272335_19542065.jpg
高平山登山口の標識はここにあった。
e0272335_1955522.jpg
登山口から少し歩くともうブッシュ状態。登る気持ちが一気に萎えてしまい今回は諦める事にした。

3)瀬会公園(ぜあいこうえん)
 帰路、瀬会公園で昼食タイム。その後、公園を散策する事に。
e0272335_2004522.jpg
瀬会公園案内看板。
e0272335_204096.jpg
先ずは磯辺の自然観察からスタート。
e0272335_530443.jpg
歩き始めるとツルソバの花が咲いていた。ツルソバ(蔓蕎麦)は、タデ科イヌタデ属に 分類されるつる性の多年草の1種。
e0272335_533030.jpg
蕾なのか花は開花していなかった。名前は?
e0272335_5344033.jpg
整備されている磯辺の自然観察路。
e0272335_5355721.jpg
カワラナデシコがまだ咲いていた。
e0272335_53738.jpg
こちらのカワラナデシコは黒い種を付けていた。
e0272335_5385342.jpg
磯辺の洞窟。
e0272335_5395013.jpg
この黄色の花の名前は?ハマニガナでしょうか。
e0272335_541897.jpg
あっ!人気日の出のスポット豊後二見ヶ浦がみえた。
e0272335_544312.jpg
磯辺の光景に今日も癒される。
e0272335_5492410.jpg
コバノタツナミかなあ。
e0272335_5452479.jpg
色々な光景を楽しみながらのんびりと歩く。
e0272335_5502474.jpg
この黒い岩は?不思議だなあ。
e0272335_551583.jpg
先ほど見た黄色の花をもう一度楽しむ事に。
e0272335_5532661.jpg
荼毘の石碑。
e0272335_5544628.jpg
伊号第六十三潜水艦遭難記。
e0272335_5571276.jpg
磯辺の自然観察路を歩き終えたあとは第2遊歩道の天海展望台ルートを歩く。
e0272335_7521645.jpg
階段状の遊歩道を登りつめると立派な天海展望台があった。早速登って展望を楽しむ事に。
e0272335_7554823.jpg
先ずは有名なこれからでしょう。人気日の出のスポット豊後二見ヶ浦。
e0272335_7574542.jpg
元旦の日の出はしめ縄の中間辺りから。
e0272335_7594494.jpg
彦岳は連山右端の高い山かなあ。
e0272335_84171.jpg
瀬会公園案内看板で紹介されていたアコウの木。初めてしる木の名前であった。
e0272335_8125164.jpg
アコウはクワ科 イチジク属に分類される常緑の高木です。枝から垂れ下がるヒゲのような気根、編み目 のように絡み合った幹、そして巨大な樹冠など一度見るとなかなか忘れられない特異な姿をしています。
e0272335_814696.jpg
”上浦天海展望台(瀬会公園内)のすぐ近くに、クスノキの幹を覆うようにたくましく育っ ているアコウの木。 このクスノキは幹回りの直径が 1m、高さ十数メートルを 超える大木。アコウの木は高さ 5mほどの位置から幹が上に、根が下に長く伸びてい ます。 アコウの木は岩や露頭などに多数の気根を貼りつかせて成長します。ときには樹 上で発芽・着生し、成長するにつれて親木を気根で覆いつくし、枯らしてしまうこともあり、 「しめ殺しの木=絞殺木」と呼ばれます。”との事。
e0272335_816204.jpg
駐車場に向かっていると巨木に出会った。
e0272335_8173578.jpg
ノジギクを愛で蒲戸崎自然公園の散策終了かと思ったが、大事な事を忘れていた。
e0272335_8205281.jpg
瀬合大権現様にお参りして散策を終えた。

4)やすらぎの道四浦展望台
 瀬会公園から臼杵に戻る途中、河津桜の様子を見るためにやすらぎの道四浦展望台に寄り道する事に。
e0272335_8324989.jpg
四浦展望台。展望台に上がると強風で体が飛ばされそうになった。それにしても寒かった。
e0272335_83554100.jpg
つくみ四浦半島の河津桜マップ。
e0272335_838642.jpg
まだ蕾だった。それにしても気が早い自分に苦笑するばかりだった。
e0272335_8394041.jpg
四浦展望台からの眺め。まぐろ漁業の島保戸島が小さく見えた。
e0272335_91229.jpg
四浦珪石。四浦半島では良質の珪石が層状に堆積しています。深良津から仁宅にかけて、現在も海岸部で採石がされ、地形の人工改変が進んでいるとの事。
e0272335_8491780.jpg
中央に浮かぶ丸い島は貴船島。貴船島の由来は、生命の源水を司る神として崇拝する、京都の貴船信仰にあると言われています。との事。
e0272335_8531127.jpg
四浦展望台からの眺め説明図。
e0272335_971548.jpg
帰路、梅の花を愛でる。

《一口メモ》
 山歩きと言うよりも観光に近い遠出であったが、自宅で過ごすより色々な知識が学べて楽しい思い出作りになった。また、低山歩きに出掛けたいと思っている。

                                             以上
by tinnan1515 | 2018-01-29 20:00 | 山歩き | Comments(0)

2018年1月28日    日曜日

 今朝は午前3時過ぎに目が覚めたので、ラジオ深夜便を聞いていたのだがいつの間にか眠る。再び目が覚めて午前4時過ぎから元マラソン銀メダリストの君原さんの話を聞く。5時過ぎからパソコンに向かうもあっという間に6時になり、朝食の準備に取り掛かった。

 朝食片付け後、再びパソコンに向かいブログ投稿に没頭するも頭がボーッとしてなかなか進まなかった。やっと投稿をすませ一息つくと午前11時頃だった。天候が良ければウォーキングでもと思ったのだが、今日の天候ではその気にならなかった。

 日曜日の楽しみはNHK囲碁、碁石を並べながら観戦する。その後はサッパリ、読書をすることなくぶらぶらと過ごした。

《百人一首の学習》
55.滝のおとは絶えて久しく成りぬれど名こそながれて猶きこえけれ  大納言公任

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
159)人生は音楽ではない。最上のクライマックスで、巧い具合に終ってくれないのが人生というものである。
*三島由紀夫『おわりの美学』(昭和四十一年)

160)われわれは人生を自分のものにしてしまうと、好奇心も恐怖もおどろきも喜びもわすれてしまう。
*三島由紀夫『文学に於ける春のめざめ』(昭和二十六年)

161)人間は花を求めてこの濁世からはなれることは出来ない。西方浄土などはなくて、永遠にここは地獄である。それなら、地獄の泥を吸って滋養となし、花を求めて生きたい。
*水上勉『わが六道の闇夜』(昭和四十八年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】「雅な香り」をみやびかに読むと。ゆかしい訓読みことば
1)やかな香り   2)鳥の囀り  3)夢はくも消えた  4)弟をぶ  5)躊い
6)虚空をっている  7)仲まじい  8)歴史をく  9)繊細な感性がんだ
10)足く通った
【解答】
1)つややか  2)さえずり  3)はかない  4)しのぶ  5)ためらい  6)さまよう
7)むつまじい  8)ひもとく  9)はぐくむ  10)しげく

《今日の小さな歓び》
  家族で鍋を囲むひと時。

                                         以上
by tinnan1515 | 2018-01-28 19:10 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

 田中陽希さんの日本百名山・日本二百名山・日本三百名山を繋ぐ人力旅 。2018年1月25日に霧島山登頂との事。傾山への登頂はいつごろになるのかと思いつつも、どうも傾山への山行意欲が湧いてこない。

 今回も雪山を避け大分南部の大分かくれ名山を歩く事にした。先日、赤石山でコショウノキの花を見ていたので、今日会える事を期待していた。もう一つは二つのセビラ山に登る事であった。
e0272335_19122766.jpg
瀬平山から米水津湾の眺望光景。
                            記
【山行日】2018年1月27日  (晴れ)                                         
【山行先】瀬平山(282.5m)&仙崎山(412.1m)背平山(391.6m):大分県佐伯市蒲江町 
【山行者】単独
【行動コース】
1)瀬平山(282.5m):大分県佐伯市米水津町
空の公園P(9:10)~空の地蔵尊・登り口~空の地蔵尊~瀬平山(9:45/9:55)~アサギマダラ休息所~空の公園P(10:15)                   
【行動時間】1時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 元越山から空の公園までの縦走を終えて色利登山口までの車道歩きで空の地蔵尊・登り口があるのだが、一度は登って見たいと思っていたが、実はここの山頂が瀬平山とは知らず勉強不足だった。
e0272335_19402944.jpg
空の公園駐車場から出発。この時点で空は雲に覆われ心配だったが?
e0272335_1951378.jpg
空の地蔵尊・登り口間で「。降りの車道歩き。
e0272335_1953169.jpg
山際に目を向けながら歩いていると白い花が前方に。近づいて見るとコショウノキの花だった。もう一気にヒートアップ。夢中になって写真を撮る。
e0272335_19564585.jpg
そっと鼻を近づけ匂いを嗅ぐと甘くやわらかないい香りだった。それにしても早くも願いが叶いし・あ・わ・せ。
e0272335_201392.jpg
一気に気分が高揚し足取りも軽く空の地蔵尊・登り口に着く。
e0272335_2031454.jpg
空の地蔵尊とは?説明文を読んでみましょう。
e0272335_2043711.jpg
”江戸時代の明和九年毛利藩の船が、豊後灘にさしかかった時、大時化に遭遇、米水津村の黒島沖で遭難するに至った。この遭難した人々の霊をとむらい、二度と災害の起こらないことを願った小畑六兵衛は、黒島の見える現在の地に、地蔵尊を祀るところとなったのである”と書かれている。
 ”この地蔵尊は「延命地蔵」であるが、年々お参りをする人が増え、海で遭難しないように、病気にならないようにとの願いごとをはじめ、現在では合格祈願もするようになっている”と。
e0272335_20242748.jpg
空の地蔵尊です。私も願い事をいくつかさせてもらいました。
e0272335_20264638.jpg
立派な展望台に上がります。
e0272335_20281872.jpg
素晴らしい眺めだった。
e0272335_20292744.jpg
元越山も間近に。眺望後は瀬平山に向かった。
e0272335_20312769.jpg
心地良い常緑広葉樹林の中を歩く。
e0272335_20362823.jpg
あっ!フデリンドウだ。
e0272335_20373918.jpg
瀬平山に到着。
e0272335_20385759.jpg
お初の瀬平山は282.5m。
e0272335_20401715.jpg
山頂に聳え立つ電波塔。この上から展望が楽しめる。
e0272335_20421886.jpg
彼方の四国連山の山頂は白くなっていた。
e0272335_20435779.jpg
元越山から空の公園に連なる山々。
e0272335_2046268.jpg
瀬平山から石槌山を眺望する。
e0272335_20511485.jpg
アサギマダラ休息所に立ち寄る。
e0272335_20521872.jpg
アサギマダラ専用のお花畑。
e0272335_20535111.jpg
駐車場に戻り幸せの鐘がある所に立ち寄る。
e0272335_20562332.jpg
この地点から仙崎公園に向かう。
e0272335_20572780.jpg
海岸線の風景が素晴らしい。

2)仙崎山(412.1m):佐伯市蒲江町西野浦
【行動コース】
仙崎公園P(11:15)~仙崎地蔵尊(11:35/11:40)~仙崎山(12:10)~砲台跡休憩(12:25/12:50)~仙崎公園遊歩道~仙崎公園P(13:35)                   
【行動時間】2時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
空の公園から蒲江町の背平山に向かう途中仙崎つつじ公園に寄る事に。仙崎つつじ公園には 5万本のフジツツジが群生しているそうだが、実はまだ一度も足を運んでいなかった。
e0272335_5105465.jpg
ここの駐車場からスタート開始。
e0272335_5194578.jpg
案内標識を見ると仙崎地蔵尊と仙崎つつじ公園が。空の公園地蔵尊では歩く時間が短く少々物足りなさを感じていたので、先ずは仙崎地蔵尊に向かう事にした。目前の高架橋から山中を歩いて仙崎地蔵尊まで行ける事が分かったのだが、後の祭りだった。
e0272335_5301794.jpg
心地良い陽射しを浴びながら車道歩き。桜の咲く時期はさぞかし美しいことだろうと思い写真を撮る。
e0272335_5331284.jpg
車道歩きは殆ど降り、随分と歩いたつもりなのだが、仙崎地蔵尊はまだなのかと思っていたところ案内標識がありホッとする。
e0272335_5365774.jpg
仙崎地蔵尊です。歩き始めて20分程だった。
e0272335_538415.jpg
”徳川時代に入り、臨済禅思想の普及とあわせて真言密教が入津一帯に復興し諸仏へ対する地域の信仰が再び高まりをみせると共に、当時この岬周辺の海域で漁船や運航船の遭難が多発したため、海上安全を祈願して明和二年(1765年)小さな祠に安置されたのが当地蔵堂の始まりである。”と書かれている。
e0272335_757916.jpg
地蔵尊が祀られているところから海を眺めると素晴らしい風景を見ることができた。さて、ここからまた車道歩きかと思いふと辺りを見回すと?
e0272335_80191.jpg
整備されてある道があった。この山道を歩き駐車場に戻る事にした。
e0272335_824164.jpg
尾根筋の山道を歩き始めるとなんと心地良い登山道であった。
e0272335_842597.jpg
一本の木にびっしりと茎をはわせていた。
e0272335_8103925.jpg
車道に出てきた。この地点から車道を歩かず今まで歩いて来た山道を歩けば地蔵尊に行けることが分かった。さてここから車道ではなく山道を歩こうと思い近くを見回すと階段状の登山道があった。
e0272335_8155811.jpg
こちらの登山道は荒れ放題で歩いているような形跡はなかったが、やっと山登りの感触が蘇ってきた。
e0272335_8173544.jpg
万年青の赤い実が鮮やかであった。過去、万年青に夢中になったことがあるが今は山中で見るだけで満足。
e0272335_820886.jpg
登りが続いたので一息するために立ち止まるとフデリンドウがひと株目に止まる。
e0272335_821307.jpg
急登の階段はやはり辛いものがある。
e0272335_824494.jpg
仙崎山の頂上に到着。お初なので嬉しい。仙崎山は(旧大分百山)であったとの事。
e0272335_8295642.jpg
案内図を見ると中央広場に向かう途中に砲台跡地が記されていた。山頂からの展望は木々を茂りすぎてかすかに見えるだけだった。
e0272335_8343839.jpg
山頂にある休息所。
e0272335_8355029.jpg
今日最初に目にした要塞地の面影。
e0272335_837396.jpg
ここの休息所は砲台跡地であった。
e0272335_8383992.jpg
ほらね。
e0272335_8393567.jpg
転げ落ちないように慎重に進むと?
e0272335_841562.jpg
砲台跡地だった。
e0272335_935377.jpg
砲台跡地から仙崎公園がましたに見えた。それにしても良い眺めだった。
e0272335_846729.jpg
今日見た3個目の砲台跡地、ここで昼食タイムを取る。お握りを食べながらこのような静かな場所に戦争の傷跡が。また国土防衛の為という事が一瞬頭を過ぎったが、目前の海原を眺めるともう忘れていた。
e0272335_8553863.jpg
果てしなく広がる海原は豊後水道と日向灘、その先は太平洋まで。思わず”海は広いな 大きいな”を口ずさんでいた。
海は広いな 大きいな
月がのぼるし 日が沈む

海は大波 青い波
ゆれてどこまで続くやら

海にお舟を浮かばして
行ってみたいな よその国

e0272335_965758.jpg
海を眺めた後は彼方の山々を眺める。傾山・祖母山系も見えるようだが確信がもてない。
e0272335_993638.jpg
入江が連なる光景もなかなかであった。
e0272335_911257.jpg
ここの高架橋を渡れば仙崎つつじ公園間近。
e0272335_912769.jpg
おっとその前に薮椿を愛でよう。
e0272335_9131549.jpg
初めての仙崎自然公園に到着。辺りを見回すと色々なものが。
e0272335_9145118.jpg
野外の催し会場。この舞台で鳥羽一郎さんが歌われたのかな?
e0272335_9164059.jpg
この歌『豊後の一心太助』。立派な歌碑が建立されていた。
e0272335_9202151.jpg
こちらには漢詩の歌碑が有るもののサッパリ分からない。
e0272335_9212419.jpg
この短歌はなんとか。(笑)
      春ゆきて 櫻おわれど遠見山 萬株のつゝつじ 我をむかえり   
遠見山は大分県佐伯市蒲江町の県最南端・日向灘に突き出した半島の山。
e0272335_947132.jpg
こちらにも歌碑が。
          紅に染めてし衣雨ふりて にほひはすとも移ろはめやも
 勉強はこのくらいにして先に進もう。
e0272335_1061361.jpg
仙崎公園遊歩道を歩く。
e0272335_1074275.jpg
切り立った断崖のしたは青い海。屋形島が目前に見えて来た。
e0272335_1010163.jpg
つつじ公園入口から展望台を目指す。
e0272335_1011201.jpg
フジツツジのオンパレード。何しろ五万本だから圧倒される。開花時期はさぞかし見事な事だろう。
e0272335_10131595.jpg
振り返ると仙崎山の頂上は見えていた。
e0272335_10142327.jpg
展望台から眺めた光景は。
e0272335_1016111.jpg
真っ青な海と青空。午後になり素晴らしい天候に恵まれラッキーだった。純農村地でしかも内陸部育ちの自分は、海を見ると心浮き浮きにになる。
e0272335_10223940.jpg
フジツツジ満開時を連想しながら仙崎山を眺める。
e0272335_10242351.jpg
時期外れのフジツツジ。淡いピンク色であった。
e0272335_10261851.jpg
こちらのフジツツジはかなり咲いていた。ラッキー。
e0272335_10275575.jpg
仙崎地蔵尊から仙崎山、そして、砲台跡地を見た後遊歩道散策を終えてゴールイン。色々と楽しまさせて頂きありがとう。

3)背平山(391.6m):佐伯市蒲江町 
 仙崎山から降りて道の駅かまえに向かう。高山海岸を過ぎた辺で背平山に向かう道があるのだが、その場所が分からず道路を歩いておられたご婦人にお尋ねするとその場所から左折するとの事。なんと超ラッキー
であった。
【行動コース】
登山口P(14:10)~背平山~登山口P(14:25)
【行動時間】0時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_1035452.jpg
登山口には立派なトイレがあることは調査済み。この場所が登山口なのである。
e0272335_10373464.jpg
階段状の登山道を歩く。
e0272335_10392995.jpg
背平山公園マップを見て先に進むと直ぐ山頂だった。
e0272335_10413237.jpg
先ずは背平山の三角点の確認を。
e0272335_1043527.jpg
こちらにも背平山(391.8m)の石で作られた標識が建立されていた。
e0272335_1046688.jpg
山頂に聳え立つ電波塔。遠くから見ればこの電波塔が目印になるのでは。
e0272335_1048284.jpg
背平山は蒲江の町を象徴する里山である。昭和30年代までは、山の中腹まで段々畑が続き、当時の主食であるイモや麦が植えられていた。
 頂上付近は、かや場(屋根を葺くのに用いる茅を刈る所。また、馬草を刈る所)であった。昭和13年(1938年)この山の野焼き作業で不幸にも多くの人名を失った暗い歴史を持つ。と書かれている。
e0272335_112959.jpg
消防殉職者慰霊碑が設置されている意味が分かりました。
e0272335_1143326.jpg
屋形島には標高199mの龍王山がある。
e0272335_11115142.jpg
背平山にも歌碑が建立されていた。
e0272335_11125833.jpg
こちらにも歌碑が。
e0272335_1114120.jpg
歌の説明文です。

 背平山からの眺望も素晴らしい。山頂にはヤブツバキ、オンツツジ、フジツツジが群生しているとの事。
e0272335_11202835.jpg
オンツツジ

《一口メモ》
 大分のかくれ名山3座歩き。何れも初めて山だったので色々と勉強になった。このような山旅も楽しい。

                                                
                                              以上


                            
by tinnan1515 | 2018-01-27 19:20 | 山歩き | Comments(6)

末広ダム散策!

2018年1月26日    金曜日
 
《ウォーキング》
 今日はおばあちゃんの昼食の準備と言ってもコンビニのちゃんポン(笑)。美味しいと言って食べてくれてありがとう。3時のおやつもコンビニの焼き菓子だった。

 さて、昼食を済ませたら留守番はおばあちゃんにお願いして外出する事に。簡単に登れるく九六位山も考えたのだが、結果は末広ダム周辺の散策だった。因みに九六位山(くろくいさん)は、大分県大分市東部と臼杵市との境にある山である。
e0272335_17353151.jpg
12時35分から末広ダム散策開始。
e0272335_17501726.jpg
ダム湖の風景だが、今日は空の色と湖面の色が似通っていた。それにしても素晴らしい天気だった。
e0272335_18541115.jpg
ダム湖の周回コースを歩く。
e0272335_1856578.jpg
赤く染まりかけているアオキの実。
e0272335_18573660.jpg
こちらのアオキの実は赤く染まっていた。
e0272335_18592449.jpg
自動車が走る音が聞こえてきたので上を見上げると高速道が見えた。
e0272335_1913059.jpg
またまたアオキの実。これから色付きが始まるよ。他の植物がないかとキョロキョロ歩きするもこの時期には何も見当たらない。
e0272335_1991651.jpg
ダム湖周辺を1時間ちょっと歩いて駐車地に着いた。歩数は一万歩に達しなかったが気分転換が出来スッキリした。

《読書》
 1月も余すところ1週間を切ってしまったが、今月の目標冊数はクリアーしているので何となくゆとりがあるのだが、目標に甘んじることなく上積みをしなくてはと思いつつ図書館通い。今回借りた本は下記の2冊である。
1)ラストシーン  北野武 著
e0272335_16374165.jpg
北野武さんの新刊は必ず読むようにしている。

2)きことわ 朝吹真理子 著
 朝吹真理子さんの本を読むのは今回が初めてである。
e0272335_17145454.jpg
朝吹 真理子(あさぶき まりこ、1984年12月19日- )は、日本の小説家。、「きことわ」で、第144回芥川龍之介賞(平成22年度下半期)受賞。

《百人一首の学習》
54.忘れじのゆくすゑまではかたければけふをかぎりの命ともがな  儀同三司母

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
156)この世界には不可能という巨きな封印が貼られている。
*三島由紀夫『午後の曳航』(昭和三十八年)

157)人生が車の運転と同様に、慎重一点張りで成功するなどと思われてたまるものか
*三島由紀夫『暁の寺』(昭和四十三~五年)
●官庁の運転手を勤めてきた老運転手松戸の物腰に対する本田の感慨。

158)人生という邪教、それは飛切りの邪教だわ。
*三島由紀夫『鏡子の家』(昭和三十三~四年)
●二日後に、別れた夫との復縁することになっている、主人公鏡子の言葉。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】「心引かれる」と「心魅かれる」漢字が違うとイメージも違う。
1)心惹かれた町   2)コンテナを牽く  3)われる  4)心の勁さ  5)羞しながら
6)陽に灼ける  7)力で圧される  8)愛の昂まり  9)蒼い皮膚  10)詩われる

【解答】
1)ひかれる  2)ひく  3)わらわれる  4)つよさ  5)はずかしながら  6)やける
7)おされる  8)たかまり  9)あおい  10)うたう

《今日の小さな歓び》
 知人宅訪問。

                                          以上
by tinnan1515 | 2018-01-26 19:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

 今日は14時からお寺さんの用事があり13時までには帰宅との制約があった。そこで近場の山で今年まだ登っていない山はと言うと白石山であった。白石山だけではやゃ物足りなく、トギシ山までの縦走周回コースを歩く事にした。

                        記  
 
【山行日】2018年1月25日  (晴れ)                                         
【山行先】白石山(391m)&トギシ山(410m):大分県臼杵市 
【山行者】単独
【行動コース】
田中公民館(9:00)~白石山(10:30/10:45)~トギシ山(11:20)~田中公民館(12:15)
【行動時間】3時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】
 有難い事に年初から体は良く動くし、日常生活も山歩きのお蔭で張りを感じる今日この頃である。とは言え古希を迎えたので体力の衰えは否めない。でも、山歩きの時は元気盛り盛り?
e0272335_1749147.jpg
今日の出発地点は一本松登山口でなく田中公民館から。周回コースを歩くのでここがベストである。
e0272335_17513893.jpg
歩き始めて田中地区の民家付近に差し掛かると山口地区と白石山が見えて来た。今日も寒いが天気は上々で気持ちスッキリであった。
e0272335_1755209.jpg
田中・山口地区を通り過ぎると白石山が大きく見えてくる。
e0272335_18968.jpg
白石山への登山道は右側に進むがこの地点から徐々に登りとなる。
e0272335_18113561.jpg
山路に入るとコウヤボウキの綿毛が花のように見えた。
e0272335_18133129.jpg
コウヤボウキの花がこのような綿毛に変化するとは面白いものである。この辺りには春蘭がある筈だ。
e0272335_18155356.jpg
ありましたよ。春蘭の小さな花芽を確認する事ができた。
e0272335_18173795.jpg
花茗荷の赤い実。植物を観察しながらの山路歩きは楽しいの一言。
e0272335_18442482.jpg
この支尾根を進めば一本松コースと合流する。心地良い尾根歩きとなる。
e0272335_1849232.jpg
気になっていたイチヤクソウの姿を見てひと安心。この地点から少し進めばミヤマウズラが見られる筈だが?
e0272335_18552119.jpg
ミヤマウズラも元気な様子。ただし、株数が少ないようだが?臼杵の里山でイチヤクソウは良く見かけるが、ミヤマウズラは殆どない。希少価値のある場所なのだ。
e0272335_1904135.jpg
痩せ尾根を歩く。
e0272335_192117.jpg
支尾根のピーク地点からの展望。佐志生地区と黒島。彼方に浮かんでいる島は無垢島。
e0272335_1945551.jpg
山口方面からと下の江からとの合流地点にやっと辿り着く。ここから気合を入れて山頂を目指した。
e0272335_1972024.jpg
ここ数年毎年見ている山桜がある所。花が咲くと迫力があるよ。
e0272335_1992628.jpg
昨年観察していたフデリンドウ?。少しは大きくなっているような感じがした。
e0272335_19112318.jpg
登山道は良く整備されている。もうひと頑張りで山頂である。
e0272335_1912423.jpg
白石山に到着。今日の青空は素晴らしかった。
e0272335_19144783.jpg
白石山(391m)。山頂からの展望がグッド。
e0272335_19165199.jpg
臼杵湾と津久見島。黒島海水浴場は左端の島。
e0272335_19192498.jpg
樅木山も間近に見える素晴らしい好天気だった。眺望を楽しんだ後はひと休み。記録帳に一言記入。記録帳保管箱の中にアーモンドチョコが入れてあったので2個頂く。ありがとうございました。さあ!次はトギシ山だ。
e0272335_19263513.jpg
白石山からトギシ山の縦走路を歩くのは楽しい。過去、この縦走路に積雪してい時に歩いたことが思い出された。さて、この写真であるがアオキノの小径と勝手に名付けたのだが、アオキの葉が余りの寒さに萎んでいた。
e0272335_20203814.jpg

楽しみにしていた冬の花蕨も寒さに負けてしまったのか横に倒れていた。
e0272335_19452679.jpg
この岩場に着くとトギシ山は目前である。
e0272335_194715.jpg
トギシ山はなんとなく雰囲気が暗く感じるのでいつものことながら通過点となる。トギシ山からは小出地区までの支尾根コース歩きとなる。
e0272335_1955397.jpg
トギシヤマから降り始めると猪のぬた場があるのだが、そこの水が凍っていた。
e0272335_2023124.jpg
登りは意外と手古摺るのだが降りはスイスイ。落葉の絨毯を踏みながら足を速めた。
e0272335_2043424.jpg
途中から舗装された林道歩きに。この地点は竹林地帯である。
e0272335_2063398.jpg
マメヅタは小出地区間近の岩場に。
e0272335_2093423.jpg
小出地区に到達。ここまで来れば田中公民館は間近である。ここから山越えで田中地区に向かう。
e0272335_20112154.jpg
民家の石垣にミニミニ氷瀑(ツララ)。田中公民館に着いた時間は12時15分だった。この時間であれば余裕を持ってお寺さんに行けるのでひと安心だった。

《一口メモ》
 3時間ちょっとの山歩きであったが、周回コースだったので満足行く山行となった。

                                             以上
by tinnan1515 | 2018-01-25 20:20 | 山歩き | Comments(0)

 津久見市の彦の市登山口から彦岳に登る途中に床木登山口の標識がある。1月21日彦岳山行時にこのコース歩いて見ようと思っていた。思いの外決断が早かったと言うよりも、気になるとじっとしておられないのである。
e0272335_17224674.jpg
気になっていたで床木登山口を確認する。海崎・津久見線の林道が登山口であった。
 
                         記

【山行日】2018年1月24日  (晴れ時々曇)                                       
【山行先】彦岳(639m):大分県津久見市 
【山行者】単独
【行動コース】
津久見彦岳登山口P(9:50)~床木登山口分岐点(10:25)~床木登山口(10:30)~海崎・津久見線ぶらぶら歩き~床木登山口(12:10)~彦岳(12:55/13:20)~ 彦岳登山口P(14:00)
【行動時間】4時間10分(休憩時間含む)
【行動記録】
 彦の市登山口に午前10時前に着くと余りの寒さに震え上がる程だった。外気温は2℃だった。
e0272335_1737296.jpg
登山口の真向かい側にある小さな広場。海と山と思い出と、津久見でいつかまた…。
e0272335_17361831.jpg
歩き始めて20分程は指先が冷たく痛さを感じていたが、30分程歩くと指先の感覚が戻って来たが風があるため寒さが厳しかった。35分で床木登山口分岐点に着く。ここで山頂は後回しにして床木登山口のコースに向かった。
e0272335_175519.jpg
分岐点からの登山道は良く整備されておりこの先が楽しみだと思っていたのだが、なんと約5分で床木登山口に着いてしまった。駐車地は床木登山口を下ると広場がありそこに停められる様だ。
e0272335_17574398.jpg
余りにもあっけなく登山口に出たので林道を歩く事に。この道路は海崎・津久見線であった。
e0272335_1831838.jpg
何か珍しいものはないかとキョロキョロ。すると黒い実を見っけ。
e0272335_184857.jpg
さて、黒い実の名前はアオツヅラフジ?
e0272335_18102792.jpg
黒い実の次は赤い実。名前が分からない。
e0272335_18115542.jpg
沢山の実を付けていた。イイギリの実?
e0272335_18494362.jpg
床木登山口から小1時間ほど歩いてこの地点まで。ここから床木登山口に引き返した。
e0272335_18531147.jpg
林道歩きでコクランに出会う。
e0272335_18542616.jpg
床木登山口からあらためて彦岳を目指した。
e0272335_1856546.jpg
先日の彦岳山行時には全く気がつかなかったフデリンドウ。意外と多いのにビックリ。
e0272335_18584986.jpg
床木登山口から彦岳までの所要時間は45分。
e0272335_1902441.jpg
彦岳の三角点はこちら。
e0272335_1913292.jpg
山頂からの眺望はまずまずだった。
e0272335_1924593.jpg
この標識を見て下山開始。
山頂付近の霜柱を踏むとザクザクと心地良い音が聞こえてくる。途中の尾根筋では強い風が吹き寒かった。彦岳登山口が近くなった頃から風花が舞いだした。

 今日の課題は海崎・津久見線で床木登山口までのアクセスが分からなかったこと。

《一口メモ》
 彦岳の登山コースは
1)彦の内コース
2)上浦浅海井コース
3)狩生コース
4)床木コース
 以上の4コースがあり、今日は初めての床木コースから登る事ができた。

                                                
                                                 以上
by tinnan1515 | 2018-01-24 19:20 | 山歩き | Comments(2)

今日は清掃日だった!

2018年1月23日    火曜日

年明けから掃除をするのに何かしら気合が入らなかったり、おさぼりしたりといささか正常さにかけていた。年末の大掃除に力が入りすぎた反動かも知れないが、今日は反省の意味も込めて気合を入れての掃除だった。

 室内掃除を終えると頭の掃除も。散髪は月1回ペースであるが、気になるのは頭髪がめっきり減少していることと、白髪が増えてきたことである。しかし、考えてみると年相応の現象なので自然の成り行きに任せる事しかなさそうだ。

 頭の天辺もスッキリしたことだし、次は心もスッキリさせたいと言う事で里山歩きに行く事に。今日は冷たい風が吹いていたので汗ばむこともなく淡々と歩く事ができた。三角台の山頂から眺めた臼杵湾は蒼い海で素晴らしかった。

 帰宅後、環境美化活動の缶類とペットの分類をおこなった。スチール缶とアルミ缶は明日のゴミだしに間に合って丁度良かった。ゴミ出しの準備を済ませ室内に入り、廊下から何気なく外を見るとメジロがいた。
e0272335_19165063.jpg
蜜柑を啄んでお腹を満たしたのかな?
       南天の実をこぼしたる目白かな      (正岡子規)

《百人一首の学習》
53.嘆きつつ独ぬる夜のあくるまはいかに久しきものとかはしる  左近大将道綱

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
153)人生は遠い、しかも人生はあわただしい。
*三木清『人生論ノート』(昭和十六年)

154)人生はフィクション(小説)である。
*三木清『人生論ノート』(昭和十六年

155)人生は未知のものへの漂白である。
*三木清『人生論ノート』(昭和十六年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】漢字を眺めると自然に浮かぶ読み。
1)茶を喫む時間  2)煙草をいながら   3)ビデオ録り  4)トリックを演る
5)演し物 6)これほどまでに酷い  7)口にったもの  8)音をてた  9)せばいい 
10)朝から

【解答】
1)のむ  2)すう  3)とる  4)やる  5)だしもの  6)ひどい  7)あう  8)たてる
9)おろす  10)やる

《今日の小さな歓び》
 今月8冊目の本読了。
by tinnan1515 | 2018-01-23 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

孫の買い物!

2018年1月22日    月曜日

 夜半から降っている雨は朝になっても止む気配はなかった。山間部は雪になっていると天気予報で聞く。さて、今日は家内のお供でわさだタウンへ買い物に出掛ける日であった。家内の買い物の目的は孫の買い物であった。

 先ずは食料品の買い物を済ませベビー用品売り場へ。ベビー用品売り場に行くのは我人生において初めて。ベビー服の50~60cmサイズを見たのだがとても可愛らしかった。

 わさだタウンへ行くと登山用品売り場へ行っていたが、これからは子供服売り場に行く回数が増えることだろう。

《花》
 自宅で咲き始めた椿の花。まだ一輪のみだが大寒も過ぎたのでこれからどんどんと咲いてくれることを楽しみにしている。そして、先日の赤石山で見た薮椿の事が思い出した。
e0272335_16512896.jpg
 「赤い椿白い椿と落ちにけり」    河東碧梧桐

《百人一首の学習》
52.明けぬればくるるものとはしりながら猶うらめしき朝ぼらけかな  藤原道信朝臣

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
150)人生においては何事も偶然である。しかしまた人生においては何事も必然である。
*三木清『人生論ノート』(昭和十六年)
●「このような人生を我々は運命と称している」と続く。

151)人生は運命である。
*三木清『哲学的人間学』(昭和十二年頃)

152)人生は運命であるように、人生は希望である。
三木清『人生論ノート』(昭和十六年)
●「運命的な存在である人間にとって生きていることは希望を持っていることである」と続く。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】原籍は漢字だったのです。
1)卍   2)歴きとした  3)碌でなし  4)埒が明かない  5)勿体ない  6)咄嗟に
7)猥褻  8)贔屓の店  9)鬱陶しい  10)顰蹙を買う  11)竹篦返し  12)矍鑠たる
13)老頭児


【解答】
1)まんじ  2)れっきとした  3)ろくでなし  4)らち  5)もったいない  6)とっさ 
7)わいせつ  8)ひいき  9)うっとうしい  10)ひんしゅく  11)しっぺがえし
12)かくしゃく  13)ロートル

《今日の小さな歓び》
 自宅で蜜柑を啄んでいるメジロを見た事。

                                            以上
by tinnan1515 | 2018-01-22 18:30 | 山歩き | Comments(6)