人気ブログランキング |

カテゴリ:思いのままに綴る日記( 1524 )

孫の買物!

2019年6月24日    月曜日(晴)

今日は素晴らしい天気に恵まれたにも関わらず山歩きの計画はなかった。前々から約束で今日は孫の買物でトキハわさだタウンに出掛ける事になっていた。孫の事となるとついつい熱が入る夫婦である。

 今回、自分からのプレゼントは幼児の絵本で、五味太郎の『きんぎょが にげた』。さて、興味を持ってくれるかな。大きくなったら本に興味を持ってくれることを願っている。

 今朝、家内の部屋の掃除を行なっていた時、ふと窓の外に目をやると白い花が咲いているのに気が付いた。昨日の日中には咲いていなかったのだが。
e0272335_18452877.jpg
このサボテンが花を咲かせたのは今回が初めて。しかも白色だったのでとても感激。夕方、花を見に行くともう萎んでいた。

《ことわざ慣用句の学習》
●席巻
●舌耕
●切磋琢磨
●切歯扼腕
●折衝

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
42)はじめての病気というのは、新しい奇怪な風景の中に投げ込まれることだ。鮮烈なおどろきがあり、緊張しないわけにはいかない。
*吉行淳之介 『淳之介養生訓』(昭和四十一~四年)  
●「持病はいやだ。マンネリズムである」ともいう。

43)病気がちのものは、病気というマイナスから、何とかしてプラスの部分を引出してこようとする気持があるようだ。病気の記憶には、かならずこういった愉しい部分がある。
*吉行淳之介 『淳之介養生訓』(昭和四十一~四年)  

44)私は自分の持病と一生連れ添う覚悟をきめて、できるだけ病気を飼い馴らして温和しくさせるという方針を立てた。
* 吉行淳之介 『淳之介養生訓』(昭和四十一~四年)     

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第6章〉 入試・入社試験に頻出する漢字(出題される漢字は、どこでもほとんど同じだ)
【問題】 三字の熟語。読んでください。
1)寄生木  2)烏帽子  3)正念場  4)独壇場  5)神無月
6)十八番  7)案山子  8)依怙地  9)御利益  10)精霊船
11)幸若舞  12)偉丈夫  13)疫病神  14)端境期  15)旋頭歌
16)垂乳根  17)入母屋  18)一丁字  19)誣告罪  20)稀覯本
21)十六夜  22)胴間声  23)袖珍本  24)蓋然性  25)網代車

【回答】
1)やどりぎ  2)えぼし  3)しょうねんば  4)どくせんじょう  5)かんなづき
6)おはこ  7)かかし   8)え(い)こじ  9)ごりやく  10)しょうりようぶね
11)こうわかまい  12)いじょうふ  13)やくびょうがみ  14)はざかいき
15)せどうか  16)たらちね  17)いりもや  18)いっていじ  19)ぶこくざい
20)きこうぼん  21)いざよい  22)どうまごえ  23)しゅうちんぼん
24)がいぜんせい  25)あじろぐるま

《今日の小さな歓び》
 ショッピング。

                                   以上
by tinnan1515 | 2019-06-24 18:50 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

朝のひと時!

2019年6月23日    日曜日(曇のち晴)

 朝食・片付け後、庭に出て玄関先の掃き掃除を行なっていたらぷ~んと花の香りが匂ってきた。あっ、この香りは山梔子だ。そっと近づくと山梔子の花が咲いていた。束の間の幸せを感じた朝のひと時だった。
e0272335_18493113.jpg
八重クチナシの蕾。品種の特徴 濃厚な香りを放つ香りの女王との事。
e0272335_18495431.jpg
八重クチナシは実を付けないのが特徴?
e0272335_18501329.jpg
くちなしの花言葉である「幸運を運ぶ」というのは、くちなしの甘い香りが人の心を幸せにしてくれるところからきているとの事。
           薄月夜花くちなしの匂ひけり    正岡子規

《ことわざ慣用句の学習》
●世間知らずの高枕
●世間の口に戸は立てられぬ
●世間は張り物
●是是非非
●折檻

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
39)治りたがらない病人などには本当の病人の資格がない。
*三島由紀夫 『小説家の休暇』(昭和三十年)  
●太宰治を批判して述べられた言葉。

40)病気しても天命を甘受するものは仕合せだ。。
*武者小路実篤 『幸福者』(大正八年)  

41)「一病息災」という言葉があるが、あれは健康な人間が病人を慰めるための言い方に過ぎない、と私はおもっている。
*吉行淳之介 『人工水晶体』(昭和六十年)  
   
《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第6章〉 入試・入社試験に頻出する漢字(出題される漢字は、どこでもほとんど同じだ)
【問題】 二字の熟語。読んでください。
1)謀反  2)覿面  3)脆弱  4)普請  5)哀悼  6)拉致  7)言質
8)濫觴  9)剽窃  10)帰依  11)邀撃  12)引率  13)忖度
14)反古  15)嚆矢  16)杜撰  17)真摯  18)膾炙  19)賄賂
20)謦咳  21)軋轢  22)無辜  23)歪曲  24)無碍  25)矜持

【回答】
1)むほん  2)てきめん  3)ぜいじゃく  4)ふしん  5)あいとう  6)らち
7)げんち   8)らんしょう  9)ひょうせつ  10)きえ  11)ようげき 
12)いんそつ  13)そんたく  14)ほご  15)こうし  16)ずさん  17)しんし
18)かいしゃ  19)わいろ  20)けいがい  21)あつれき  22)むこ
23)わいきょく  24)むげ  25)きょうじ

《今日の小さな歓び》
 ソフトバンク交流戦優勝。


                                       以上
by tinnan1515 | 2019-06-23 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

チョッピリ園芸!

2019年6月21日    金曜日(曇のち晴)

一晩寝ると気だるい感じはなくなっていた。通常の生活に戻る事が出来たが山行予定はなく、家内と買物に行く事にした。たまにはコミュニケーションを図っておかないと。(笑)

 買物を済ませ帰りに花屋さんに寄り花を買う事にした。日々草が枯れだしたので補充する為だった。プランターに植えている日々草は元気に育っているのだが、地植えの日々草はどうも調子が悪い。
e0272335_1849471.jpg
今回は日々草と花こしょうを購入。

《ことわざ慣用句の学習》
●赤縄を結ぶ
●積善の家には必ず余慶あり
●石塔の赤い信女が又孕み
●跖の狗尭に吠ゆ
●赤貧

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第6章〉 入試・入社試験に頻出する漢字(出題される漢字は、どこでもほとんど同じだ)
【問題】 (  )の部分を読んでください。
1)(匿名)の寄付金  2)さすが(玄人)  3)(憔悴)しきった顔  4)(訥弁)だが誠実
5)神社の(神楽)  6)(常夏)の島  7)(相殺)されてゼロ  8)(行脚)のあけくれ 
9)大臣の(諮問)  10)(久遠)の名声  11)詩集が(上梓)された
12)これを(敷衍)すれば  13)疑惑は(払拭)された  14)(盤石)の構え
15)(掉尾)をかざる  16)順調な(進捗)ぶり  17)(紅蓮)の炎が上がる 
18)次官も(更迭)された  19)事情を(斟酌)する  20)念願を(成就)する

【回答】
1)とくめい  2)くろうと  3)しょうすい  4)とつべん  5)かぐら  6)とこなつ
7)そうさい   8)あんぎゃ  9)しもん  10)くおん  11)じょうし  12)ふえん 
13)ふっしょく  14)ばんじゃく  15)ちょう(とう)び  16)しんちょく 17)ぐれん
18)こうてつ  19)しんしゃく  20)じょうじゅ

《今日の小さな歓び》
 買物で気分転換。

                                     以上
by tinnan1515 | 2019-06-21 19:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

倦怠感を感じた一日!

2019年6月20日    木曜日(晴)

 今朝午前4時前に目が覚めるとなんとなく体が怠い感じだった。6時前から朝食の準備に取り掛かった時は特に何事もなかったが、朝食を済ませ自由時間になるとパソコンに向かう気力もなかったが、今日はおじいちゃんの月命日で、和尚さんがお詣りに来られる日なので室内掃除だけはと思いつつ体を動かした。

 和尚さんが帰られるともうバタンキュー、ベッドに寝転んで本を読むも睡魔に襲われる始末だった。もう里山に出掛ける気持ちはさらさらなかった。

 午後から読みかけの本を読了したので図書館に出掛ける事にした。その帰りに気になる花の観察に行く事にした。駐車地から歩いて数分の所にあるコクランである。
e0272335_19123026.jpg
コクランンの小さな花が沢山咲いていた。写真を撮っていると近くで羽音がするので辺りを見廻すとスズメバチが飛び回っていた。これはやばいと思い急ぎその場から遠ざかった。

 さて、今日借りた本は2冊だった。
1)山海記   佐伯一麦  著
e0272335_19202636.jpg
佐伯 一麦(さえき かずみ、1959年7月21日 - )は日本の小説家。本名は佐伯 亨。私小説の書き手として知られる。

2)プロジェクトX 14 命輝けゼロからの出発
e0272335_19243252.jpg
プロジェクトXシリーズも14冊目となる。

《ことわざ慣用句の学習》
●生命のある所希望あり
●積悪の家には必ず余殃あり
●席暖まるに暇あらず
●積羽舟を沈む
●尺蠖の屈するは伸びんがため

《今日の小さな歓び》
  今月7冊目の本読了。

                                    以上
by tinnan1515 | 2019-06-20 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

2019年6月18日    火曜日(曇)

《里山歩き》
 午前中はデスクワークと読書、それに花の手入れであっと言う間に終わる。午後から一息ついたので里山に花散策に出掛ける事にした。

 今日は自宅から歩いて歩数稼ぎ。熊崎川の土手筋に差し掛かると白とピンクのハマナデシコが咲いていた。
e0272335_1962221.jpg
川べりに咲いている白のハマナデシコ。
e0272335_19102251.jpg
ハマナデシコは、フジナデシコとも呼ばれる。ナデシコ科ナデシコ属の多年草で、切り花あるいは花壇用にベニナデシコの名称で栽培もされる。海岸の崖や砂地に生育し、本州から沖縄および中国に分布する。
e0272335_19174099.jpg
こちらはピンクのハマナデシコ。
e0272335_19185265.jpg
ピンクのハマナデシコの方がどうしてもインパクトがあるな。
e0272335_19204366.jpg

 
 山路に入り登りだすと額からどっと汗が噴き出してくる。途中でカキランを見ると一部の開花花は既に枯れかかっていた。龍王山に着くも直ぐに三角台に向かった。今、気になっているオカトラノを見たい為であった。
e0272335_19352447.jpg
三角台に着くとオカトラノの観察。前回は全て蕾であったが、今日は10個程開花していた。やっとオカトラノオの開花花を見る事ができた。これで安心して一休み。
e0272335_1939115.jpg
下山中にみたオオバノトンボソウはまだこんな状態。

 この後、別ルートで下山し自宅着、16時10分。今日は低山歩きだったので気分がとても楽だった。

《ことわざ慣用句の学習》
●青天の霹靂
●青天白日
●盛年重ねて来らず
●生は難し死は易し
●生は死の始め

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
36)病気の境涯に処しては、病気を楽しむという事にならなければ生きて居ても何の面白味もない。
*正岡子規 『病牀六尺』(明治三十五年)  

37)病牀六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病牀が余には広過ぎるのである。
*正岡子規 『病牀六尺』(明治三十五年)  
●「僅かに手を延ばして畳に触れる事はある」程度の不自由な病の床にも、新聞雑誌で「読めば腹の立つ事、癪にさわる事、たまには何となく嬉しくて為に病苦を忘るる様なことが無いでもない」と言う。      

38)笑え笑え、健康なる人は笑え、病気を知らぬ人は笑え、福なる人は笑え。
*正岡子規 『病牀六尺』(明治三十五年)  
●病気の苦痛を述べる悲痛な一節。   

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 いろいろな職業。横道にそれたのもあるけれど。
1)門付  2)瞽女  3)節季候  4)海女  5)餌差  6)大原女
7)隠亡  8)錺職  9)木地屋  10)経師  11)桂庵  12)紺屋
13)山窩  14)悉皆屋  15)定斎屋  16)箍屋  17)杜氏
18)研師  19)香具師  20)侠客  21)掏摸  22)花魁  23)陰間
24)禿  25)幇間

【回答】
1)かどづけ  2)ごぜ  3)せきぞろ  4)あま  5)えさし  6)おはらめ
7)おんぼう   8)かざりしょく  9)きじや  10)きょうじ  11)けいあん
12)こう(ん)や  13)さんか  14)しっかいや  15)じょうさいや
16)たがや  17)と(う)じ  18)とぎし  19)やし  20)きょうかく
21)すり  22)おいらん  23)かげま  24)かむろ  25)ほうかん

《今日の小さな歓び》
 読みかけの本を完読した事。

                                      以上
by tinnan1515 | 2019-06-18 19:45 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

2019年6月16日    日曜日(晴)

 一週間前までは満開見頃だったサツキもすっかり花が落ち新芽が伸び始めていた。今日は遠出の計画もなかったので、午前中約2時間かけてサツキの剪定作業を終える事ができた。その後、ひとりばえのケイトウの植替えとケイトウの新芽間引も行った。
e0272335_1834860.jpg
自宅に植えているヤブコウジ。花が咲き始めて来た。

 午後からは日曜日の楽しみの一つであるNHK囲碁観戦であった。今日は心身ともリフレッシュできたので明日は山歩きに出掛ける予定である。

《ことわざ慣用句の学習》
●清談」
●成竹
●掣肘
●井底の蛙
●急いては事を仕損じる

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
33)あらゆるイズムの中で最悪なのは、リュウマティズムだ。
*中島敦 『光と風と夢』(昭和十七年)  
●ある老人の言葉「イズム」とは、主義の意。「リュウマティズム」は、リュウマチのこと。イズムを皮肉っている。

34)薬と云物は、値の高下によらず、病に用て其病を治する所をよき薬とする。
*如儡子 『可笑記』(寛永十九年・1642)      

35)何の罪で此因果、血を吐くばかりの口でもあるまいに。
*広津柳浪 『残菊』(明治に十二年)  
●肺病が悪化し、薬ものどを通らなくなったお香の母の述懐。   

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 日本の年中行事。むずかしすぎるかな。
1)節日  2)日待  3)栗穂稗穂  4)左義長  5)生剥  6)繭玉
7)蘇民将来  8)事八日  9)初午  10)涅槃会  11)灌仏会 
12)葵祭  13)白馬節会  14)佞武多  15)盂蘭盆会  16)大祓 
17)放生会  18)重陽  19)夷講  20)鞴祭  21)追儺  24)新盆 
25)月忌

【回答】
1)せちにち  2)ひまち  3)あわぼひえぼ  4)さぎちょう  5)なまはげ
6)まゆだま  7)そみんしょうらい  8)ことようかく  9)はつうま 10)なはんえ
11)かんぶつえ  12)あおいまつり  13)あおうまのせちえ  14)ねぶた
15)うらぼんえ  16)おおはらえ(い)  17)ほうじょうへ  18)ちょうよう
19)えびすこう  20)ふいごまつり  21)ついな

《今日の小さな歓び》
 園芸。

                                    以上
by tinnan1515 | 2019-06-16 18:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

2019年6月15日    土曜日(曇のち雨)

 午後3時過ぎ、雨も上がり山の稜線も見え出して来た。こうなってくると部屋から飛び出したくなるのが人情というものだろう。 毎朝、花を眺めたり、花柄摘みを日課としているのだが、今日は午後からとなった。

 庭に出てみるとオシロイバナが咲いていた。このオシロイバナは宿根草に成長し毎年花を咲かせてくれる。
e0272335_16372591.jpg
今日はオシロイバナの香りはなかったが、これから香りが楽しめることだろう。
e0272335_16363643.jpg
鉢に植えたムラサキのカラーが一輪。

 さて、自宅の花はこれくらいにして山野草の事を調べていたら、昨年いーさんから教えて頂いたクジュウナミキの事が思い出した。 
 クジュウナミキの事を調べると下記の様だった。
クジュウナミキ(九重浪来) / シソ科 タツナミソウ属 多年草 / 5~6月 / 九州
樹林下。地下茎はよく分枝し、白いストロンを出し、種子で殖える他に地下茎でも繁殖。ケミヤマナミキに似ているが、花期が早い。
茎葉の上面が暗緑色で中肋と側脈に沿って白斑があり、下面が暗紅紫色。花柄に小苞を欠き、花柄や花冠、萼筒に腺毛が密生する。
花冠は基部からゆるやかに斜上する。下唇は凸面となり、紫色の斑点は中央裂片のみに見られる。

 気になる花の一つになってしまった。

《ことわざ慣用句の学習》
●盛者必衰
●生者必滅
●精神一到何事か成らざらん
●清水に魚棲まず
●清濁併せのむ

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
30)病は是れ善知識なり、我、苦痛によりて深く菩提を求む。
*橘成季 『古今著聞集』(建長六年・1254)  
●「善知識」は、往生を手引き善導するもの。「菩提」は、煩悩を去った悟りの境地。

31)世間の人は医師が病気を治すと思って居るのは間違じゃ、治すのではない、悪くならないようにするのじゃ。
*田山花袋 『妻』(明治四十二年)      

32)健康な人には病気になる心配があるが、病人は回復すという楽しみがある。
*寺田寅彦 『KからQまで』(昭和八年)     

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 冠婚葬祭のことば。むずかしいかな。
1)祝言  2)厄年  3)産屋  4)胞衣  5)禁忌  6)祠
7)呪術  8)八朔  9)神輿  10)杓子  11)初冠  12)初元結
13)氷垢離  14)結納  15)数珠  16)注連縄  17)初他火
18)通夜  19)香奠  20)被衣  21)梵字  22)経帷子  23)忌中
24)新盆  25)月忌

【回答】
1)しゅうげん  2)やくどし  3)うぶや  4)えな  5)きんき  6)ほこら
7)じゅじゅつ  8)はっさく  9)みこし  10)しゃもじ  11)ういこうぶり
12)はつもとゆい  13)みずごり  14)ゆいのう  15)じゅず  16)しめなわ
17)はつたび  18)つや  19)こうでん  20)かつぎ  21)ぼんじ
22)きょうかたびら  23)きちゅう  24)にいぼん  25)がっき

《今日の小さな歓び》
 読書。

                                  以上
by tinnan1515 | 2019-06-15 17:50 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

里山の花観察!

2019年6月14日    金曜日(曇のち雨)

 昨日は祖母山に登ったのだが体調も良いので、雨が降り始める前に里山の花観察に出掛ける事にした。今日の里山は臼杵総合公園から三角台を目指すコースで午前8時40分スタート。サネカズラの花芽を確認するもまだ出ていなかった。

 山路を歩き始め階段歩きになると足が思うように進まなかった。ゆっくりゆっくり登っているとオオバノトンボソウを見っけ。
e0272335_14522757.jpg
 オオバノトンボソウ(大葉の蜻蛉草)は、ラン科ツレサギソウ属の地生の多年草。別名、ノヤマトンボ、ノヤマトンボソウ。

 15分程歩くと空模様が怪しくなってくる。雨が落ちるのは午後からだと勝手に推測していた。また、オオバノトンボソウに出会う。  
e0272335_1554621.jpg
花芽が成長しているのを確認することができた。
e0272335_1563289.jpg
花芽をアップするとこんな状態。

 三角台に着くと楽しみにしている事が。それはオカトラノオの開花した姿であった。
e0272335_1594182.jpg
でもオカトラノオはまだ蕾の状態。気の早い時分にとっては気になっていたのだがまだ先のようだった。空からポツリポツリと雨が落ち出して来た。このまま引き返そうかと思ったが、足はコクランのある場所に向かったいた。
e0272335_15154531.jpg
前回見た時よりも開花の数が確実に増えていた。
e0272335_1519922.jpg
コクランの花。画像が鮮明ではないので次の機会を待つことに。

 途中から雨が降り出して来たが、山中を歩けば木々が雨を防いでくれる。でも、いつの間にか帽子はビッショリになっていた。なんで傘を持参しなかったかと後悔するも自業自得だった。

《ことわざ慣用句の学習》
●生ある者は必ず死あり
●青雲の志
●寸青雲の士
●青眼
●青史

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
27)病のある身ほど、人の情の真と偽りとを烈しく感ずるものは無い。
*島崎藤村 『破戒』(明治三十九年)  

28)うらやましげなるもの…心地などわづらひて臥したるに、笑うちわらひ、ものなど言ひ、思ふ事なげにて歩みありく人みるこそ、いみじううらやましけれ。。
*清少納言 『枕草子』(長保三年)      
●うらやましき見えるもの。病気でぐあいが悪くて寝ている時、声をたてて笑ったり、話をしたり、心配事などなさそうにあちこち歩きまわっている人を見ると、たいそううらやましい。

29)病のおのづから愈ゆべき頃に、医師の功をいふもの多し
*滝沢馬琴 『俊寛僧都島物語』(文化五年・1808)     

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 花・香・書・茶道、の用語。さて、何が何道野の何。
1)薄端  2)剣山  3)文人生  4)垂撥  5)斑鳩流  6)伽羅 
7)佐曾羅  8)沈香  9)寸門多羅  10)蘇合香  11)龍涎香  12)空炷
13)十炷香  14)端渓  15)茶巾  16)柄杓  17)帛紗  18)点前
19)飾り雪隠  20)雁行  21)次札  22)飯頭  23)湯相

【回答】
1)うすばた  2)けんざん  3)ぶんじいけ  4)すいばち  5)いかるがりゅう
6)きゃら  7)さそら  8)じんこう  9)すもんだら  10)そごうこう 
11)りゅうぜんこう  12)そらだき  13)じっちゅうこう  14)たんけい 
15)ちゃきん  16)ひしゃく  17)ふくさ  18)てまえ  19)かざりせっちん
20)がんこう  21)つぎれい  22)はんとう  23)ゆそう

《今日の小さな歓び》
 漢字の学習。

                                  以上
by tinnan1515 | 2019-06-14 15:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今日は静養日!

2019年6月12日    水曜日(晴)

 素晴らしい天気なのに体は反応せず、終日自宅で過す事に。唯一の外出は図書館だった。やはり、昨日の山行疲れが残っていた様だ。それと睡眠不足が一番の要因かも知れない。

 と言う事で花の手入れ、読書、デスクワークをしたりと、のんびりと過ごす。心の中では次の山行先はどこにするかと考えていた。天気予報を見ると金曜と土曜は雨マーク。そうなると明日がチャンスかと思い準備に取り掛かる事にした。

《読書》
 図書館で借りた本を読み終えたので返却に出掛けた。そして、今回借りた本は2冊。今月は現在5冊読了と順調に推移している。下記の2冊を早目に読了し、目標の8冊に王手をかけたいと思っている。
1)住友を破壊した男(伊庭貞剛伝) : 江上剛 著
e0272335_1832725.jpg
江上 剛(えがみ ごう、1954年1月7日 - 、本名小畠晴喜(こはた はるき))は、日本の作家、コメンテーター、実業家。

2)プロジェクトX 13 願いよ届け運命の大勝負 : NHK出版
e0272335_1834325.jpg


《ことわざ慣用句の学習》
●住めば都
●寸善尺魔  【類句】好事魔多し
●寸鉄人を殺す
●寸を誳して尺を伸ぶ  【類句】尺を枉げて尋を直くす
●井蛙は以て海を語るべからず⇒井の中の蛙大海を知らず

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
24)人の病を訪ふほど我心の勇ましく、勢よきものはなし。
*寺田露伴 『冷干氷』(明治二十三年)  

25)無常の風のはげしきと、病の悪鬼のおそろしきは、仏もまぬかれ給ふことあたはず。
*小林一茶 『病臥七十五日』(文化十年・1813)      
●死と病気のおそろしさには、釈迦も避けることができないの意。

26)病気からなおるということは、習慣のなかに死ぬことである。。
*椎名麟三 『重き流れの中に』(昭和二十三年)     
●「生命が習慣の中に死んでいる」ことがけんこうだという。

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 日本食に欠かせない山野で採れる幸。いくつ読めるかな。
1)胡麻  2)牛蒡  3)葱  4)生姜  5)胡椒  6)滑子 
7)芹  8)萵苣  9)胡桃  10)莢隠元  11)甘藷  12)転柿
13)鉈豆  14)蚕豆  15)糯米  16)小豆  17)辛子  18)黍
19)粳  20)紫萁  21)蕨  22)稗  23)山葵  24)独活  25)慈姑

【回答】
1)ごま  2)ごぼう  3)ねぎ  4)しょうが  5)こしょう  6)なめこ
7)せり  8)ちしゃ  9)くるみ  10)さやいんげん  11)かんしょ
12)ころがき  13)なたまめ  14)そらまめ  15)もちごめ  16)あずき
17)からし  18)きび  19)うるち  20)ぜんまい  21)わらび  22)ひえ
23)わさび  24)うど  25)くわい

《今日の小さな歓び》
 今月5冊目の本読了。

                                       以上
by tinnan1515 | 2019-06-12 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今日は検査日だった!

2019年6月10日    月曜日(晴)

 今日は半年毎の泌尿器での検査日だった。実は6月5日であったが6月6日と思い込み間違いで今日になった次第である。

 検査項目でPSA(前立腺特異抗原)腫瘍マーカーの数値が0.008で、全く問題がないとの説明を受けて一安心。他の項目も正常であり健康体を維持できている様だ。

 「健全なる精神は健全なる身体(しんたい)に宿る」の如く、高齢になっても健全なる身体を求め続けて行きたいと思っている。

《園芸》
 腐葉土と支柱が必要だったので園芸用品店に行ったついでにポーチュラカの苗を購入した。
e0272335_1843225.jpg
色はピンク、イエロー、レッドの3種類。見頃になるのは7月かな?

《ことわざ慣用句の学習》
●雀百まで踊り忘れず
●捨てる神あれば拾う神あり
●すべての道はローマに通ず
●滑り道とお経は早い方がよい
●すまじきものは宮仕え

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
21)はからざるに病を受けて、たちまちにこの世を去らんとする時にこそ、はじめて過ぎぬるかたの誤れる事は知らるなれ。
*兼好 『徒然草』(十四世紀後半)  
●「知らぬなれ」は、自然とわかるということだ、の意。
22)病の重るも、住するひまなくして、死期すでに近し。
*兼好 『徒然草』(十四世紀後半)      
●満月がすぐに欠けるように、病気が重くなるのも、一定の症状にとどまっている期間はほとんどなく、いつのまにか死期に近づいている。

23)病を受くる事も、多くは心より受く。外より来たる病はすくなし。
*兼好 『徒然草』(十四世紀後半)     

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 日本食の“海の幸”。意外にむずかしいかも。
1)河豚  2)烏賊  3)栄螺  4)蛤  5)田螺  6) 水母 
7)蛸  8)蜆  9)海鼠  10)醤蝦  11)浅蜊  12)牡蠣
13)海老  14)貽貝  15)鮑  16)雲丹  17)若布  18)鯑
19)洗膾  20)鱘鰉  21)筋子  22)蝦蛄  23)鱲  24)海鼠腸

【回答】
1)ふぐ  2)いか  3)さざえ  4)はまぐり  5)たにし  6)くらげ
7)たこ  8)しじみ  9)なまこ  10)あみ  11)あさり  12)かき
13)えび  14)いがい  15)あわび  16)うに  17)わかめ
18)かずのこ  19)あらい  20)ちょうざめ  21)すじこ  22)しゃこ
23)からすみ  24)このわた
e0272335_18542669.jpg
貽貝

《今日の小さな歓び》
 西部戦線異状なしではないが検査結果異常なしであったこと。

                                    以上
by tinnan1515 | 2019-06-10 19:25 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)