山に癒されて tinnan1515.exblog.jp

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:思いのままに綴る日記( 1337 )

園芸と囲碁観戦!

2018年8月19日   日曜日(晴)

《園芸》 
 午前中、買い物に行ったついでに2種類の花の苗を購入した。日々草と?。この時期になると植える花も少なく、空きプランタが増えるばかり。さらには花が枯れていくばかりである。
e0272335_1957853.jpg

 花の苗を植えた後はブルーベリーの収穫。木にはまだ沢山実が付いているのだが今日の収穫はこれだけ。
甘さは上々だった。
e0272335_2042435.jpg
 

《NHK囲碁観戦》
 今日の対局は羽根直樹 九段対佐田篤史 三段で、結果は羽根直樹 九段の中押し勝ちだった。
e0272335_20101120.jpg


《ことわざ慣用句の学習》
●夷を以て夷を制す
●因果応報
●因果の小車
●殷鑑遠からず
●印形は首とつりかえ


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
68)初め有る者、必ず終り有り。生ずるは死す、此れ人の常の道なり。
*『今昔物語』(十二世紀初)    

69)聖人、死に安んず。賢人、死を分とす。常人、死を畏る。
*佐藤一斎『言志録』(文政七年)          
●「死を分とす」は、死を定めとして受けとめる、の意。

70)さようなら、…みなさんも安心なさい、死んでくのは、存外なもんですよ、…ああ、楽だ…。
*里見淳『多情仏心』(大正十一~二年)    
●主人公藤代信之の最後の言葉。
                                    
《漢字の学習》
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
1、まちがいやすい漢字
●チェックテスト5  次の語は二通りの読み方をします。それぞれ読みなさい。
1)追従   ①政治権力に(   )する。    ②心にもないお(  )を言う。
2)気質   ①彼は激しい(   )の持ち主だ。  ②彼の職人(  )は徹底している。
3)末期   ①世の退廃ぶりも(   )的だ。  ②涙ながらに(  )の水をとる。
4)祝詞   ①新年の(   )を述べる。  ②神主が神前で(  )をあげる。
5)一目   ①どうしても彼女に(   )会いたい。  ②だれでも彼には(  )おいている。

【解答】
1)①ついじゅう  ②ついしょう   2)①きしつ  ②かたぎ
3)①まっき  ②まつご  4)①しゅくし  ②のりと
5)①ひとめ  ②いちもく

《今日の小さな歓び》
NHK囲碁観戦。

                                        以上
by tinnan1515 | 2018-08-19 20:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
2018年8月17日   金曜日(曇のち晴)

 今日は湿原に咲く花散策を予定していたのだが、天気の方が余り良くないということで急遽中止にした。近場の山歩きも考えたのだがどうも気分が乗らず自宅で過ごすことに。

 室内と外回りの掃除を済ませてから、最近ほったらかしにしていた庭とプランタノの草取りをおこなう事にした。雑草の逞しさに感心しながら一本一本と引っこ抜いていくと自然と楽しくなってくる。山歩きと同じ心地良さであった。

 草取りを済ませた後は石楠花の伐採。40数年楽しませてもらった石楠花が、7月に入る枯れ始めたのである。非常に残念なことではあるがこれも自然の成り行きだろう。

 3時間余りの庭いじり、それなりに見栄えが良くなったが、日頃からこまめな作業が大事だと思う。でも、これが実行できない精神力の弱さが克服できない自分である。

《ことわざ慣用句の学習》
●鰯網で鯨を捕る
●鰯で精進落ち
●鰯の頭も信心から
●言わぬは言うに優る
●言わねば腹脹る


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
65)若きにもよらず、強きにもよらず、思ひかけぬは死期なり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)      
●「死期」は、死の時期の意。

66)中有の旅の空には誰か伴ふべき。生ぜし折も一人来たりき。去りて行かん折もまたしかなり。
*後深草院二条『とはずがたり』(嘉元四年・1306頃)     
●尼になって東国をめぐる主人公の言葉。「中有の旅」は「死出の旅」の意。

67)流るる水、海に入らざるは無し。生ぜる者、必ず滅せざるは無し。
*『今昔物語』(十二世紀初)    
                                    
《漢字の学習》
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
1、まちがいやすい漢字
●チェックテスト4 次の語を読みなさい。
1)精進  2)出納  3)相殺  4)柔和  5)意図  6)斡旋  7)誤謬  8)円滑
9)罷免  10)真摯  11)更迭  12)逼迫  13)成就  14)諮問  15)反古
16)捺印  17)杜撰  18)措置  19)納得  20)陶冶   21)稟議  22)示唆
23)斟酌  24)賄賂  25)克己  26)借款  27)定款  28)赴任  29)提携  30)歪曲


【解答】
1)しょうじん  2)すいとう  3)そうさい  4)にゅうわ  5)いと  6)あっせん
7)ごびゅう  8)えんかつ  9)ひめん  10)しんし  11)こうてつ  12)ひっぱく
13)じょうじゅ  14)しもん  15)ほご  16)なついん  17)ずさん  18そち  19)なっとく 
20)とうや  21)りんぎ  22)しさ  23)しんしゃく  24)わいろ  25)こっき  26)しゃっかん
27)ていかん  28)ふにん  29)ていけい  30)わいきょく  

《今日の小さな歓び》
 久しぶりの庭いじり。

                                      以上
by tinnan1515 | 2018-08-17 19:05 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
2018年8月15日   水曜日(雨)

 終日変な天気だった。雨が上がりこのまま天気に向かうのかと思えば突然雨が降り出してくる。この繰り返しが数度あったが、夕方から青空が少しづつ見え始めてきた。

 このような状況だったので図書館通いだけで終日自宅で過す。今日の唯一の行事は送り火をしたこと。今年も無事おじいちゃんを送ることが出来た。来年も再来年も元気で盆を迎えたいと思っている。

《読書》
 図書館で借りていた本を読み終えたので、新たに長井彬さんの本を3冊借りる事にした。前回読んだ長井彬さんの山岳ミステリー「槍ヶ岳殺人行」が面白かったのでまた読んで見たいと思っていた。
1)北アルプス殺人組曲  長井彬 著
e0272335_17521413.jpg

2)白馬岳の失踪  長井彬 著
e0272335_17523995.jpg

3)奥穂高殺人事件  長井彬 著
e0272335_1753174.jpg

4)俳句歳時記 夏  角川書店編 著
e0272335_17532122.jpg
俳句歳時記の本を捲ることも気分転換になるのではないかと思いつつ借りる事にした。

《ことわざ慣用句の学習》
●入るを量りて出づるを為す
●色気より食い気
●色の白いは七難隠す
●色は思案の外
●曰く言い難し


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
62)死は前よりしも来たらず、かねてうしろに迫れり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)      

63)人はただ、無常の身に迫りぬる事を心にひしとかけて、つかのまも忘るまじきになり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)     

64)人皆生を楽しまざるは、死を恐れざる故なり。死を恐れざるにはあらず、死の近き事を忘るるなり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)    
●人の語ったこととしての引用の一部。こう言った人は、周囲の人々に嘲られたという。
                                    
《漢字の学習》
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
1、まちがいやすい漢字
●チェックテスト3 次の語を読みなさい。
1)海女  2)田舎  3)息吹  4)海原  5)神楽  6)蚊帳  7)玄人  8)景色
9)心地  10)雑魚  11)時雨  12)竹刀  13)砂利  14)数珠  15)素人
16)草履  17)山車  18)足袋  19)梅雨  20)投網   21)読経  22)雪崩
23)野良  24)日和  25)迷子  26)土産  27)猛者  28)紅葉  29)浴衣
30)寄席


【解答】
1)あま  2)いなか  3)いぶき  4)うなばら  5)かぐら  6)かや  7)くろうと
8)けしき  9)ここち  10)ざこ  11)しぐれ  12)しない  13)じゃり  14)じゅず
15)しろうと  16)ぞうり  17)だし  18)たび  19)つゆ  20)とあみ  21)どきょう
22)なだれ  23)のら  24)ひより  25)まいご  26)みやげ  27)もさ  28)もみじ
29)ゆかた  30)よせ  

《今日の小さな歓び》
 図書館通い。

                                    以上
by tinnan1515 | 2018-08-15 18:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

孫の買物!

2018年8月13日   月曜日(晴)

 9月に孫が帰省予定なのでぼつぼつとプレゼントの準備。昨日は絵本だったが今日は玩具購入にワサダタウンに出掛けた。

 つい先日九ケ月を迎えたので、1歳前後に相応しい玩具をあれこれと見ながら購入した玩具は二つ。
e0272335_19424370.jpg
ベビーブロック・デイジーボックス。
e0272335_19454326.jpg
ルービング・スクィード。
 孫と一緒に玩具遊びするのが楽しみである。

《ことわざ慣用句の学習》
●移木の信 
●芋の煮えたも御存知ない
●倚門の望
●いやいや三杯
●炒豆に花


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
61)しづかなる山の奥、無常のかたき、競ひ来たらざらんや。その死にのぞめる事、軍の陣に進めるに同じ。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)      
●「しづかなる山の奥」は、遁世者が草庵を結んで住む場所。「無常のかたき」は、死という敵。隠遁生活も戦陣と同様で、死が間近にあることに変わりはない。それなのに、死を他人事のように考えるのは頼りない、という。
                                    
《漢字の学習》
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
1、まちがいやすい漢字
●チェックテスト2 次の太字の漢字の正しい読みはどちらでしょう。
1)彼には彼の思惑(しわく・おもわく)もあろう。
2)この機械の操作(そうさ・そうさく)はなかなかむずかしい。
3)鉄道に代えてバス路線を敷設(しせつ・ふせつ)する。
4)事件の真相を暴露(ぼうろ・ばくろ)する。
5)疾病(しっぺい・しつびょう)保険の種類がふえた。
6)過去への執着(しゅうちゃく・しっちゃく)を捨てる。
7)不正を嫌悪(けんあく・けんお)する。
8)先客に軽く会釈(かいしゃく・えしゃく)して席に着く。
9)寺の由緒(ゆいしょ・ゆいちょ)を尋ねる。
10)句読点(くどくてん・くとうてん)を正しく打つ。 

【解答】
1)おもわく  2)そうさ  3)ふせつ  4)ばくろ  5)しっぺい  6)しゅうちゃく
7)けんお  8)えしゃく  9)ゆいしょ  10)くとうてん

《今日の小さな歓び》
 本を1冊読んだこと。

                                      以上
by tinnan1515 | 2018-08-13 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

静かな一日!

2018年8月12日   日曜日(晴)

 今日は家の用事で遠くに出掛ける事もままならず、唯一の外出は臼杵病院に行ったこと。臼杵病院は新しくできた病院であるがとても感じが良かった。

 楽しみにしていたMHK囲碁は観戦途中に、家内から呼び出しの電話があり最後まで見ることが出来なかった。予想はしていたのだがちょっぴり残念であった。

 午後からやっと山の稜線がはっきりと見られる様になると、ついつい山への思いが強くなる。明日は家内のお供で山はお預け。体を休めなさいと云う事か。

《ことわざ慣用句の学習》
●意馬心猿 
●衣は新に如くは莫く人は故に如くは莫し
●衣鉢を伝う
●茨の中にも三年
●葦編三絶


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
58)人は死の為に死するに非ず、死の為に生くるなり。
*黒岩涙香『天人論』(明治三十六年)    
●生命の根本でもある細胞は、生命の流れを通じて不死であり、死は生の反対ではない。こうした観点からみると、人の死は向上の一過程と考えられるという。
                                    
59)往生は、一定と思へば一定、不定と思へば不定なり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)  
●「往生」は、極楽浄土に生まれ変わること。「一定」は、確実。「不定」は、不確か。

60)四季はなほ定まれるついであり、死期はついでを待たず。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)    
●「ついで」は、順序。

《漢字の学習》
今日から学習教材の変更。新たな気持ちで学ばなくては。
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
e0272335_19212577.jpg

1、まちがいやすい漢字
●チェックテスト1 次の熟語で正しいのはどちらでしょう。
1)合棒―相棒   2)怠慢―怠漫  3)仲栽―仲裁  4)応対―応待
5)貨幣―貨弊  6)着腹―着服   7)完徹―貫徹   8)感冒―寒冒  9)無謀―無暴
10)接衝―折衝  11)不始末―不仕末  12)前後策―善後策  13)先入感―先入観 
14)最高潮―最高頂  15)難波船―難破船  16)打撲傷―打撲症  17)黙否秘権―黙秘権 
18)有頂天―有頂点  19)漢方薬―漢法薬  20)天主閣―天守閣


【解答】
1)相棒  2)怠慢  3)仲裁  4)応対  5)貨幣  6)着服  7)貫徹  8)感冒
9)無謀  10)折衝  11)不始末  12)善後策  13)先入観  14)最高潮  15)難破船
16)打撲傷  17)黙秘権  18)有頂天  19)漢方薬  20)天守閣

《今日の小さな歓び》
 孫の絵本を買ったこと。


                                   以上
by tinnan1515 | 2018-08-12 19:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

お寺の行事!

2018年8月10日   金曜日(晴)

 今日はお寺でお施餓鬼法要があり午後から出掛ける。この行事はここ数年自分が出席するようになってしまった。これも自然の成り行きだろうと今は諦めている。

 また、お墓の管理も然り。夏場はお寺へ通う頻度が多くなる。その理由は花立がステンレス製花筒なので水の蒸発が早く、油断すると花を枯らしてしまうからである。 山歩きと同様にお寺へのお参りも回数が多くなりそうだ。
 
《ことわざ慣用句の学習》
●命長ければ恥多し 
●命に過ぎたる宝なし
●意に中の蛙大海を知らず
●祈らずとても神や守らん
●祈るより稼げ


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
55)人は容易に、「死」その者を直視することが出来ない、従ってその測り知られざる大不思議に打たれるとが出来ない。
*国木田独歩『死』(明治三十一年)  
●。親友の突然の死に際会した主人公の述懐。親友の死に泣いたのは、死者に対する同情、離別の悲しみであって、「死」そのものの秘義に打たれたからではない。
                                    
56)死は霊に帰するなり、永久に活くるなり。
*黒岩涙香『天人論』(明治三十六年)  
●深い内省によって霊的に宇宙と合体し、永久に活きる道を選ぶのが、真の人のとるべき道であると説く一節。

57)人は時々刻々に死しつつ有り、昨我は作既に死し、今我は今将に死せんとす、汝は、死する前に何事をか為せ。
*黒岩涙香『一年有半を読む』(明治三十四年)  
●中江兆民の死生観に賛同し、「死前に我が力の限を尽くさんとモガける」涙香自身の生き方を示す。

《漢字の学習》
【知らないと恥をかく間違いやすい漢字】 やくみつる  著 
【第3章特別編】知っているだけで尊敬される漢字
●外来語の漢字を正しく読めますか?
1)天鵞絨   2)火燧罷  3)莫大小  4)手風琴  5)襯衣  6)骨牌 
7)骰子  8)洋燈  9)合羽  10)護謨  11)提琴  12)比亜乃  13)羅紗
14)繻子  15)卓子  16)襦袢


【解答】
1)ビロード  2)マッチ  3)メリヤス  4)アコーディオン  5)シャツ  6)カルタ
7)サイコロ  8)ランプ  9)カッパ  10)ゴム  11)バイオリン  12)ピアノ  13)ラシャ
14)サテン  15)テーブル  16)ジュバン

《今日の小さな歓び》
知人宅訪問。

                                         以上
by tinnan1515 | 2018-08-10 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
2018年8月8日   水曜日(晴)

 ハマボウの花を初めて知り得て一度散策に出掛けた。その時は事前調査が甘く不発に終わっていたのだが、その後諦めきれずに今日に至った。

 ハマボウの事を調べていたらこの記事を目にすることが出来た。『杵築市八坂川の汽水域にある身投げ石近辺と河口の守江湾干潟で希少生物の観賞会・観察会が行われました。汽水域には、直径7~8cmで鮮やかな黄色のハマボウの花が咲いています。』

 また、大分県のホームページには『四国,九州などを分布域とする。本県では海岸の河川汽水域に生育する。港湾改修や河川改修工事などにより,生育地の減少や消滅が懸念される。』
県内分布
周防灘海岸,姫島・国東海岸,別府湾沿岸域,豊後水道域
と記されていた。

 以上の情報を参考にしながら今日杵築市に出掛けた。八坂川の河口付近を歩いていたら黄色の花が咲いていたので近づいて観察するとハマボウであった。
e0272335_18352066.jpg
初めて見る花だったのでとても新鮮で感動した。
e0272335_18404777.jpg
ハマボウ(浜朴あるいは黄槿)は、アオイ科の落葉低木。西日本から韓国済州島、奄美大島まで分布し、内湾海岸に自生する塩生植物である。夏に黄色の花を咲かせる。
e0272335_18424453.jpg
ハマボウは塩生植物。とても勉強になりました。
e0272335_18485431.jpg
ハマボウの花蕾。
e0272335_18494828.jpg
花期が終わっているものや開花中のハマボウ。
e0272335_18523950.jpg
ハマボウに満足し砂浜を歩いているとカブトガニの抜け殻に出会った。
e0272335_18555697.jpg
ハマボウとカブトガニに出会った場所。
e0272335_18574334.jpg
干潟の風景。
e0272335_18583192.jpg
河口付近から杵築城を眺める。

《国東半島山ガイド》
 杵築に向かう前に大分の山渓により防水スプレーと『国東半島山ガイド』の本を購入した。
e0272335_1901422.jpg
豊嶺会 編 2018年7月5日発行。



                                            以上
by tinnan1515 | 2018-08-08 19:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)
2018年8月6日   月曜日(晴)

 体調がほぼ回復したので、張り切ってお墓掃除に行く。いつもは墓の周囲を掃くだけの掃除。でも今日は盆前と云うことで約1時間かけて墓石のふき掃除をおこなう。見た目も綺麗になり清々しい気分になった。

 ふき掃除をやっている時に気付いたことは太陽に照らされた墓石が予想以上に熱かった事。これではステンレス製の花筒の水が蒸発する筈である。しっかりと水の管理を行うことを肝に銘じる。

《買い物》
 今日の買物はキャノンのコンパクトデジタルカメラIXY 650。
 撮影距離がレンズ先端より
オート:1cm~∞(W)/1.0m~∞(T)
マクロ:1cm~50cm(W)
が購入の決め手だった。
e0272335_19265027.jpg


《ことわざ慣用句の学習》
●いつまでもあると思うな親と金 
●いつも柳の下に泥鰌はいない
●乙夜の覧
●佚を以て労を待つ
●犬が西向きゃ尾は東


《今日の小さな歓び》
 カメラ購入。

                                          以上
by tinnan1515 | 2018-08-06 19:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

覇気の無い一日だった!

2018年8月5日   日曜日(晴)

 昨日の山歩きの疲労が残っているのか覇気の無い一日となりだらだらとした生活となる。当初は墓掃除に行く予定にしていたのだが、この暑さでは体を動かす気も起らなかった。(反省)

 ただし今日は日曜日なのでNHK囲碁だけは熱心に観戦した。そうそう、今日から第100回全国高校野球選手権大会開幕日。なんと大分県チームは開幕日の第一試合だったが健闘むなしく初戦敗退。これからは九州のチームを応援しなくては。
 
《ことわざ慣用句の学習》
●一朝一夕 
●一丁字を識らず
●一擲乾坤を賭す ⇒ 乾坤一擲
●一攫千金
●一頭地を抜く


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
49)生についてさえ、考え切れない。いわんや死についておやだ。生きるだけ生き、そして死が来れば百年目だ。臨終は、少し苦しいかも知れない。いよいよとなると、案外あきらめがつくような気がする。
*菊池寛『あくまで現実万能』(大正十四年)  
                                    
50)死ナムトスレバイヨイヨニ  命恋シクナリニケリ
*北原白秋『野晒』(大正三年)  
●「人妻ユエニヒトノミチ/汚シハテタルワレナレバ、/トメテトマラヌ煩悩/罪ノヤミヂニフミマヨフ」という体験をもった白秋の苦い思い。「苦シミハ人間ヲ輝カシム」と序品に記してもいる。

51)死よ、汝より易き者はあらじ
*北村透谷『蓬莱曲』(明治二十四年)  

《漢字の学習》
【知らないと恥をかく間違いやすい漢字】 やくみつる  著 
【第3章特別編】知っているだけで尊敬される漢字
●漢字一字で五文字読みになります
1)掌  2)釉  3)慮る  4)萱  5)志  6)政  7)謀  8)恣
9)晦  10)姑  11)裘  12)鰾  13)忝い  14)殯  15)蟇  16)鏖

【解答】
1)たなごころ  2)うわぐすり  3)おもんばかる  4)わすれぐさ  5)こころざし 
6)まつりごと  7)はかりごと  8)ほしいまま  9)つきこもり  10)しゅうとめ
11)かわごろも  12)うきぶくろ  13)かたじけない  14)かりもがり  15)ひきがえる
16)みなごろし
e0272335_19163554.jpg
萱(
わすれなぐさ)

《今日の小さな歓び》
 読書。

                                        以上
by tinnan1515 | 2018-08-05 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今日は午後からごろ寝!

2018年8月3日   金曜日(晴)

 午前中はお祖母ちゃんの毎月一回の定期検査日なので、送迎や買い物であっという間に経過した。
午後からは余りの暑さに室内でごろ寝しながら本を読んでいると、いつの間にか眠りについていた。後で家内から大きな口をあけていたと云われる始末。昨晩の眠りが浅かった様だ。

《ことわざ慣用句の学習》
●一銭を笑う者は一銭に泣く 
●一旦緩急あれば
●一知半解
●一籌を輸す
●一張一弛


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
47)死は結局、早死にした者も長生きした者も、一つにしてしまうという感じねえ。
*上林暁『お月さん』(昭和三十九~四十三年)  
●早世した弟の同級生が五十歳くらいで死んだことを聞いた時の感慨。
                                    
48)自分などはするだけのことはしたし、したいと思うことももしたから、いつ死んでも多くの悔いはない。自分が死んだために、多少困る人はあろうが、非常に困る人はないはずである。
*菊池寛『話の屑籠』(昭和九年)  

《漢字の学習》
【知らないと恥をかく間違いやすい漢字】 やくみつる  著 
【第3章特別編】知っているだけで尊敬される漢字
●漢字一字で四文字読みになります
1)磔  2)朔  3)橙  4)英  5)陵  6)殿  7)頂  8)階
9)踝  10)屍  11)羹  12)褌  13)簪  14)冠  15)鎹  16)諡


【解答】
1)はりつけ  2)ついたち  3)だいだい  4)はなぶさ  5)みささぎ 
6)しんがり  7)いただき  8)きざはし  9)くるぶし  10)しかばね
11)あつもの  12)ふんどし  13)かんざし  14)かんむり  15)かすがい
16)おくりな

《今日の小さな歓び》
 本を一冊読んだこと。

                                       以上
by tinnan1515 | 2018-08-03 19:25 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)