人気ブログランキング |

ハマボウ観賞&倉木山!

2019年7月16日  火曜日  (曇のち晴)

《杵築の海岸でハマボウ観賞》
 ハマボウを知ったのは昨年だった。花の形態は同属のハイビスカス、ムクゲ、フヨウ等に似て、夏に黄色の花を咲かせる。 今年もこのハマボウを見たくて杵築の海岸に出掛ける事にした。 自分が把握できている場所は漁港付近で、ハマボウは数本しかなかった。
e0272335_18351787.jpg
最初に出会ったハマボウはすでに枯れたもの、新たに咲いたもの、まだ蕾だったりと色々な状態を観察する事が出来た。ハマボウは黄色のとても爽やかな花である。
e0272335_18423076.jpg
ハマボウは、アオイ科の落葉低木。西日本から韓国済州島、奄美大島まで分布し、内湾海岸に自生する塩生植物である。
e0272335_18515949.jpg
ハマボウの花が枯れかかるとこのように変色。
e0272335_18485886.jpg
ハマボウの花蕾。
e0272335_1850238.jpg
ハマボウノの全体像。
e0272335_18541889.jpg
ハマボウさん、今年もありがとう。
e0272335_18575495.jpg
ハマナデシコも咲いていた。
e0272335_1856363.jpg
満開見頃だった。

《倉木山山行》
 杵築からの帰りに倉木山に登る事にした。目的はギンバイソウを見る事であった。
e0272335_1955728.jpg
前回の山行時ではセイタカスズムシソウを見付ける事が出来ず苦杯をなめた。今日はセイタカスズムシソウに出会う事ができたが開花はもう終わっていた。
 ギンバイソウがないかと注意深く歩くも出会い叶わず、とうとう山頂まで登ってしまった。
e0272335_19111963.jpg
山頂はガスで眺望はサッパリ。直ぐに下山することに。
e0272335_19123927.jpg
ノハナショウブ(野花菖蒲)が一輪咲いていた。
e0272335_19143529.jpg
赤い花かと思ったらキノコだった。
e0272335_19154289.jpg
ヤマブキショウマ?

 倉木山の花散策は期待外れだったが、山歩きはやはり楽しかった・


                                              以上

 
# by tinnan1515 | 2019-07-16 19:25 | 山歩き | Comments(3)

2019年7月15日   月曜日(曇のち晴)   

 雨が上がれば花散策に出掛ける事にしていた。花はハマボウかヤマユリかと悩んだのだが、選択した花はヤマユリであった。その理由は黄牛の滝(あめうしのたき)でイワタバコの開花状況を観察できることであった。
e0272335_1823486.jpg
ヤマユリは2株のみの開花であった。
e0272335_1802644.jpg
イワタバコの花が咲いていたがまだ早やかった様だ。

《花散策》
1)ヤマユリ
 竹田市郊外にあるポケットパークに足を運ぶ事3回めでヤマユリの開花に出会えた。
e0272335_18471952.jpg
今季最初に見たヤマユリ。もう嬉しいの一言。周囲を見回すもまだ蕾ばかり。さらに探しているともう一株咲いていた。
e0272335_18404688.jpg
ヤマユリとはユリ科ユリ属の球根植物。 日本特産のユリ。
e0272335_1850934.jpg
ササユリ、ヒメユリを楽しんだ後はヤマユリを見る事が自分のパターンである。そのあとはカノコユリとノヒメユリ。カノコユリは蕾を確認することができた。

2)イワタバコ
 ポケットパークから黄牛の滝(あめうしのたき)に移動する。
e0272335_18584451.jpg
黄牛の滝入口。昨年は19日だったので少し早いかと心配しながら滝に向う。
e0272335_1945143.jpg
あっ!イワタバコが咲いている。ここまで足を運んで良かったな。
e0272335_19152360.jpg
ちょっとアップで。イワタバコは、イワタバコ科イワタバコ属に分類される多年草1種。
e0272335_19165541.jpg
満開までは行かないがあちこちに咲いていた。
e0272335_19185690.jpg
イワタバコの魅力は花の色。
e0272335_19205835.jpg
ホラね。
e0272335_19223257.jpg
今日は水量が多く滝に迫力を感じた。
e0272335_19243285.jpg
今年も楽しまさせて頂きました。
e0272335_19263021.jpg
ありがとう。

3)ひょうたん島公園
 3箇所目の花散策地はひょうたん島公園。ここでの目的はヤツシロウソウの成長状態の確認であった。
e0272335_19292148.jpg
黄牛の滝からひょうたん島公園へ。駐車場に車を停めて花散策開始。
e0272335_19322886.jpg
最初に向ったところはヤツシロソウが咲く場所へ。ヤツシロソウは順調に育っていた。
e0272335_1934532.jpg
白色ギボウシの開花が始まっていた。
e0272335_19372467.jpg
ホソバオグルマ?里山に見に行こうと思っていたところだったが、一足先に見る事ができた。
e0272335_19393784.jpg
ホタルブクロは良く見るのだが。
e0272335_19414549.jpg
ヤブカンゾウは点々と咲いていたが、もう終盤の様だった。
e0272335_19431695.jpg
ネジバナ(捻花)はいっぱい咲いていた。
e0272335_1945559.jpg
クサフジを見てひょうたん島公園での花散策は終了。

4)祖母山麓渓谷トレッキング
 花散策だけでは運動量が足りないので、短時間で歩ける祖母山麓渓谷トレッキングコースを歩く事にした。
【山行日】2019年7月15日  (曇のち晴)                                         
【山行先】祖母山麓渓谷トレッキングコース
【山行者】単独 
【行動コース】神原登山口(12:55)(~5合目小屋(13:30)~神原登山口(14:05)
【行動時間】1時間10分(休憩時間を含む)
【行動記録】
e0272335_19511062.jpg
祖母山麓渓谷トレッキングコース案内マップ。
e0272335_19522811.jpg
本登山道コースからの周回コースである。今回は軽装備で歩く事にした。。
e0272335_19541145.jpg
ハンカイソウが咲く場所を通過。山中は陽が差していないので暗いイメージだった。
e0272335_19575096.jpg
御社の滝で見たイワタバコはまだ蕾だった。
e0272335_19585952.jpg
今日2箇所目の滝見学。
e0272335_562322.jpg
5合目小屋に到着。今回は祖母山や神掛岩を登る予定がなくとても気が楽だった。
e0272335_593195.jpg
トレッキングコースと神掛岩の分岐点。
e0272335_5131212.jpg
ツチアケビがこんな所に。ツチアケビは、森林内に生育するラン科植物である。ラン科植物として、また腐生植物としては非常に草たけが高く、大きな真っ赤な果実がつくので、大変人目を引く植物である。日本固有種。別名ヤマシャクジョウ。
 
 トレッキングコースのみを歩いたのは今回が初めて。少し物足りなさを感じたが自然の中に身を置く事が出来たので爽やかな気分であった。

《一口メモ》
 ヤマユリとイワタバコを観賞することができたのだが、若干早過ぎた様だ。いつものパターンに苦笑する。

                                       以上
# by tinnan1515 | 2019-07-15 20:00 | 山歩き | Comments(2)

読書と学習!

2019年7月14日      日曜日(雨)

 朝から降る雨に意気消沈。鎮南山も雲の中に隠れたままで、夕方からやっと薄っすらと山容が見え出して来た。
 7月に入り雨の日が多く運動量が極端に落ちている。こうなると日常生活において充実感も今一つ。一日でも早く真夏の陽ざしを浴びながら里山を歩きたいと思っている。

 ところで、今日は本の返却が明日になっている1冊をやっと読み終える事ができた。月半ばでやっと目標の半分に到達。残された半月の中であと4冊、気合を入れて読んでいきたい。

《ことわざ慣用句の学習》
●啐啄同時
●袖すりあうも他生の縁
●備えあれば憂いなし
●備わるを一人に求む
●その手は桑名の焼き蛤

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“性欲”
4)老齢の好色と言われているものこそ、残った命への抑圧の排除の願いであり、また命への讃歌である。
*伊藤整 『変容』(昭和四十二~三年)  

5)若く盛んなる人は、殊に男女の情慾、かたく慎んで、過ち少なかるべし。
*貝原益軒 『養生訓』(正徳三年・1713) 
●「男女」はセックス。

6)多淫の人は、画ける女にも欲を生ず。
*景戒 『日本霊異記』(弘仁年間・810~824)  
●好色な人は絵に画いた女でも愛欲の心を起こす、の意。

《漢字の学習》
●学習教材:『読めないと恥ずかしい・漢字』 日本語倶楽部〔編〕
1、これくらいは大人の常識・さらりと読みたい漢字
【問題】 新聞やテレビのニュースでよく見る熟語
1)刷新  2)極刑  3)捏造  4)改竄  5)金看板  6)粗利益
7)逼迫  8)招聘  9)鼎談  10)傀儡  11)贖罪  12)誣告罪
13)嗚咽  14)糊塗

【回答】
1)さっしん  2)きょっけい  3)ねつぞう  4)かいざん  5)きんかんばん 
6)あらりえき  7)ひっぱく  8)しょうへい  9)ていだん  10)かいらい
11)しょくざい  12)ぶこくざい  13)おえつ  14)こと

《今日の小さな歓び》
 今月4冊目の本読了。


                                     以上
# by tinnan1515 | 2019-07-14 19:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

久し振りの外食!

2019年7月13日      土曜日(曇・雨)

 今日は珍しく家族で焼肉なべしまで食事をする。当たり前のことであるが、自宅で食べる焼肉より格段に旨かった。
 山歩きが趣味となった現在では、食べ歩きはしなくなってしまったが、あと数年後には孫との外食も良いかなと思った。その為には山歩きで健康体を維持しなくてはという事で、山歩きの事しか考えていない自分であった。

 雨が激しく降る前に自宅のカサブランカをパチリ。
e0272335_19392636.jpg
自宅のカサブランカを眺めて思い出したのはヤマユリの事。昨日は膨らんだ蕾を確認しているので開花は間近。週末jに行って見たいと思っいるのだが天気が気になる日々が続く様だ。

《ことわざ慣用句の学習》
●底に底あり
●俎上の魚
●俎上の肉
●育ちは育ち  【類句】氏より育ち
●卒寿

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“性欲”
1)性欲なんて腹が減ったのと同じことでその時々に満たしていけばいいもので、それをやれ貞操だとか何だとか拘わるのはずいぶんコセコセしてると思うわ。
*石坂洋次郎 『麦死なず』(昭和十一年)  
●階級運動の闘士を気取るアキの浅薄な言葉。

2)淫事対治、不浄・無常は猶次なり。ただ貧を以て最とす。
* 『一言芳談』(1300年頃) 
●淫事(性欲)の対治(おさえる方法)には、肉体の不浄・世の無常をみつめることは、最上の方法ではない。ただ、貧であることが最上の方法である、の意。敬仏房の言葉。

3)男女、形やぶれ、妄境おのづから滅しなば、生死本無にして、迷情ここに尽ぬべし。
*一遍 『一遍上人語録』(鎌倉時代)  
●「形やぶれ」は、男女の形の差別を考えないこと。「妄境」は、男女が愛欲にとらわれている境界。

《漢字の学習》
●学習教材:『読めないと恥ずかしい・漢字』 日本語倶楽部〔編〕
1、これくらいは大人の常識・さらりと読みたい漢字
【問題】 新聞やテレビのニュースでよく見る熟語
1)過渡期  2)破綻  3)遠因  4)亡者  5)刃傷沙汰  6)癒着
7)糟糠の妻  8)是正  9)対峙  10)形骸化  11)猥褻  12)醜聞
13)騒擾

【回答】
1)かとき  2)はたん  3)えんいん  4)もうじゃ  5)にんじょうざた 
6)ゆちゃく  7)そうこうのつま  8)ぜせい  9)たいじ  10)けいがいか
11)わいせつ  12)しゅうぶん  13)そうじょう

《今日の小さな歓び》
 家族と外食。

                                  以上
# by tinnan1515 | 2019-07-13 20:10 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

2019年7月12日   金曜日(曇のち晴)

 今週の天気予報を見ると13日から19日まで連続して傘マークである。12日の今日だけが曇マークなので
花散策に出掛ける事にした。波野のスズラン公園でマツモトセンノウを見ていたので、次はオグラセンノウを期待して大観峰、阿蘇野草園に行く事にした。
e0272335_17482339.jpg
大観峰ではオグラセンノウとの出合い叶わずだったが、ノハナショウブ(野花菖蒲)の群生を楽しむ事ができた。
e0272335_16224210.jpg
阿蘇野草園で見たかったギンバイソウ。まだ蕾だった。

                       記
1)大観峰 
 午前6時半より花散策スタート。この時間帯はどんよりとした曇空であった。
e0272335_17541824.jpg
先ずはこの句碑から。    秋晴の大観峰に今来り   高浜虚子
e0272335_1813630.jpg
今日最初の花はカワラマツバ(河原松葉)。今季はもう何度も見ているのだがついついパチリ。
e0272335_1835175.jpg
オカトラノオはこれからが本番か。
e0272335_1845379.jpg
里山のカキランはすでに花期は終わっているのだが、大観峰のカキランは今が見頃。でも株数が少ない。
e0272335_1883794.jpg
大観峰からの眺望は期待外れ。
e0272335_18103247.jpg
カワラナデシコ。オグラセンノウは見当たらなかった。
e0272335_18115431.jpg
タカトウダイ(高燈台)。日当たりのよい荒地や畑、湿地などに生えるトウダイグサ科トウダイグサ属に属する多年草。
e0272335_1836389.jpg
ウツボグサは、シソ科ウツボグサ属の多年生の一種。
e0272335_18382712.jpg
この時期、至る所で見られるホタルブクロ。
e0272335_18403043.jpg
アソノコギリソウ(阿蘇鋸草)。一度ピンクのアソノコギリソウを見てみたい。
e0272335_18425069.jpg
チダケサシ(乳茸刺)も何度も見ているのだが。
e0272335_18463620.jpg
オオバギボウシ。オオバギボウシはリュウゼツラン亜科ギボウシ属の多年草。
e0272335_18474234.jpg
オオバギボウシの若葉はウルイと呼ばれ、山菜として賞味される。
e0272335_18523065.jpg
キスゲの群生地。
e0272335_1853427.jpg
キスゲは、ススキノキ科ワスレグサ属に分類される多年草の1種。

2)菊池渓谷
 大観峰での花散策を終えて次に向かった先は菊池渓谷。菊池渓谷ではウチョウランを楽しみにしていた。
e0272335_193301.jpg
菊池渓谷は初めて。前々から思っていたのだが足がむかず今日に至った。駐車場から菊池渓谷入口まで200m。
e0272335_1964917.jpg
菊池渓谷。管理棟で受け付けのお方にウチョウランの事をお尋ねすると、今日は何と通行止になっているとの事。う~ん残念。
e0272335_19283155.jpg
最初に見る滝は黎明の滝。
e0272335_19293711.jpg
滝を見る前にツチアケビが目に飛び込んできた。
e0272335_19421564.jpg
黎明の滝。
e0272335_19435410.jpg
荒天の為、通行止で残念。
e0272335_19462383.jpg
竜ヶ渕と天狗滝。
e0272335_19481278.jpg
竜ヶ渕と天狗滝の由来。
e0272335_1949157.jpg
オオキツネの花芽。
e0272335_19502168.jpg
エビネに花芽が!これは夏エビネだ。嬉しい出会いだった。
e0272335_19523131.jpg
キツリフネ。
e0272335_19532937.jpg
菊池渓谷でやっと花に出会えた。笑

3)阿蘇野草園  
 菊池渓谷から移動して阿蘇野草園へ。昨年見たマヤランとギンバイソウが気になっていた。
e0272335_5181468.jpg
マヤランを探すも見つからずギンバイソウがある所に行くと。まだ蕾だった。
e0272335_5205634.jpg
梅の花に似た花を見たかったのだが残念。ギンバイソウは、 アジサイ科ギンバイソウ属の多年草。
e0272335_5242645.jpg
今季お初のハグロソウ。キツネノマゴ科. 山地の沢沿いの林のふちなど木陰に生える多年草。
e0272335_5272539.jpg
花を求めて展望所まで足を延ばすも花はなかった。らくだ山の景観を眺める。
e0272335_5292387.jpg
根子岳の山容。イイネ。
e0272335_5315612.jpg
湿地花園付近に咲いていた黄色の花。ビョウヤナギ(美容柳 金糸桃)?
e0272335_5333463.jpg
ハンカイソウはとても元気そうだった。
 マツモトセンノウはもう花期が終わっていた。花の移ろいは早いな。
花散策を終えて駐車場に戻ると、1台の黒色の乗車が阿蘇ビジタセンターに入ってくる。あっ!信ちゃん&俊ちゃんさんだ。これにはおったまげ。こんな思わぬ出会いがあるとは。久し振りだったので嬉しいひと時であった。

4)その他
 帰路、時間に余裕があったので荻町の高鼻公園に寄る事にした。
e0272335_7561420.jpg
高鼻公園は史跡で馬背野峠であった。そして、ここは戦地であったとは。
e0272335_82523.jpg
文化八年の文化一揆と明治十年五月の西南の役である。
e0272335_864145.jpg
公園の奥に行くと馬頭観音があった。

《一口メモ》
 今日は信ちゃん&俊ちゃんさんとの出会いが一番嬉しかった。


                                       以上
# by tinnan1515 | 2019-07-12 20:05 | 山歩き | Comments(7)