人気ブログランキング |

2019年 06月 15日 ( 1 )

2019年6月15日    土曜日(曇のち雨)

 午後3時過ぎ、雨も上がり山の稜線も見え出して来た。こうなってくると部屋から飛び出したくなるのが人情というものだろう。 毎朝、花を眺めたり、花柄摘みを日課としているのだが、今日は午後からとなった。

 庭に出てみるとオシロイバナが咲いていた。このオシロイバナは宿根草に成長し毎年花を咲かせてくれる。
e0272335_16372591.jpg
今日はオシロイバナの香りはなかったが、これから香りが楽しめることだろう。
e0272335_16363643.jpg
鉢に植えたムラサキのカラーが一輪。

 さて、自宅の花はこれくらいにして山野草の事を調べていたら、昨年いーさんから教えて頂いたクジュウナミキの事が思い出した。 
 クジュウナミキの事を調べると下記の様だった。
クジュウナミキ(九重浪来) / シソ科 タツナミソウ属 多年草 / 5~6月 / 九州
樹林下。地下茎はよく分枝し、白いストロンを出し、種子で殖える他に地下茎でも繁殖。ケミヤマナミキに似ているが、花期が早い。
茎葉の上面が暗緑色で中肋と側脈に沿って白斑があり、下面が暗紅紫色。花柄に小苞を欠き、花柄や花冠、萼筒に腺毛が密生する。
花冠は基部からゆるやかに斜上する。下唇は凸面となり、紫色の斑点は中央裂片のみに見られる。

 気になる花の一つになってしまった。

《ことわざ慣用句の学習》
●盛者必衰
●生者必滅
●精神一到何事か成らざらん
●清水に魚棲まず
●清濁併せのむ

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“病気”
30)病は是れ善知識なり、我、苦痛によりて深く菩提を求む。
*橘成季 『古今著聞集』(建長六年・1254)  
●「善知識」は、往生を手引き善導するもの。「菩提」は、煩悩を去った悟りの境地。

31)世間の人は医師が病気を治すと思って居るのは間違じゃ、治すのではない、悪くならないようにするのじゃ。
*田山花袋 『妻』(明治四十二年)      

32)健康な人には病気になる心配があるが、病人は回復すという楽しみがある。
*寺田寅彦 『KからQまで』(昭和八年)     

《漢字の学習》
●学習教材:『遊んで強くなる漢字の本』 藁谷久三 著
〈第5章〉 日本人自身の生活を知る (漢字にすると意外に読めない、「身の周りの品」
【問題】 冠婚葬祭のことば。むずかしいかな。
1)祝言  2)厄年  3)産屋  4)胞衣  5)禁忌  6)祠
7)呪術  8)八朔  9)神輿  10)杓子  11)初冠  12)初元結
13)氷垢離  14)結納  15)数珠  16)注連縄  17)初他火
18)通夜  19)香奠  20)被衣  21)梵字  22)経帷子  23)忌中
24)新盆  25)月忌

【回答】
1)しゅうげん  2)やくどし  3)うぶや  4)えな  5)きんき  6)ほこら
7)じゅじゅつ  8)はっさく  9)みこし  10)しゃもじ  11)ういこうぶり
12)はつもとゆい  13)みずごり  14)ゆいのう  15)じゅず  16)しめなわ
17)はつたび  18)つや  19)こうでん  20)かつぎ  21)ぼんじ
22)きょうかたびら  23)きちゅう  24)にいぼん  25)がっき

《今日の小さな歓び》
 読書。

                                  以上
by tinnan1515 | 2019-06-15 17:50 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)