山に癒されて tinnan1515.exblog.jp

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 07月 16日 ( 1 )

2018年7月16日  月曜日(晴)

 今日は庭木剪定用にRYOBIのチェーンソーを購入したので、剪定をしなくてはと思ったのだが余りの暑さに腰が折れてしまった。そして、まだ剪定後の後始末も手つかず状態と云う体たらくである。

 こんな状態でも山歩きとなると一変するのが不思議である。山行準備に向けて着々と準備する時は楽しいものである。

《読書》
 今月の読書はわりかし順調に推移している。この調子で月末を迎えたい。さて、今日は本の返却で図書館へ。そして借りた本は『恨みっこなしの老後』。古希を迎えて老後に関する本を読むことが多くなってきた。何か参考になることがあれば学んで行きたいと思っている。
e0272335_18593137.jpg
 橋田 壽賀子(はしだ すがこ、1925年(大正14年)5月10日 - )日本の脚本家、劇作家、タレントである。

《ことわざ慣用句の学習》
●一字千金
●一日三秋
●一日の計は朝にあり
●一日の長
●一字の師


《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
20)三十で死ぬも六十で死ぬも、死んだ跡から見れば同じだ。
*伊藤左千夫『廃める』(明治四十二年)                                        

21)わが死せむ美しき日のために 
連嶺の夢想よ! 汝が白雪を
消さずにあれ
*伊藤静雄『曠野の歌』(昭和十年)  
●詩人が祈念する死んでゆく日の風景。

22)南無阿弥陀仏、なあ、この世のお暇乞いは楽じゃないんだよ、楽じゃないんだよ
*伊藤整『発掘』(昭和三十七~九年)  
●主人公土谷圭三の姉の臨終で、姉の幼友達ヤマキの婆さんの励ましの言葉。
  
《漢字の学習》
【知らないと恥をかく間違いやすい漢字】 やくみつる  著 
【第2章応用編】知っていたら自慢できる漢字
●つい間違えやすい慣用句。正しいのはどっち?
1)濡れ手で「泡/粟」  2)人質を「解放/釈放」
3)「窮すれば/貧すれば」通ず  4)物議を「呼ぶ/醸す」
5)的を「得た/射た」発言   6)「胸先三寸/胸三寸」に納める
7)歯に「衣/絹」着せぬ  8)「腸/腹」が煮えくりかえる
9)「失血/出血」死  10)櫛の歯が「抜けた/欠けた」よう

【解答】
1)粟  2)解放  3)窮すれば  4)醸す  5)射た  6)胸三寸
7)衣  8)腸  9)失血 10)欠けた

《今日の小さな歓び》
 孫の買物。

                                   以上
by tinnan1515 | 2018-07-16 19:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)