山に癒されて tinnan1515.exblog.jp

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 04月 07日 ( 1 )

 昨日は里山で思わぬエビネランの開花を見ることができたので気分がルンルンだった。次の花はと考えた末にアケボノツツジとヒカゲツツジが見られる比叡山(延岡市北方町)に登る事にした。ただ気になる天候は曇のち晴れの予報だった。
e0272335_2043574.jpg
アケボノツツジはすでに一部落花しているところもあったが、充分に堪能する事ができた。 
e0272335_1956722.jpg

e0272335_19582014.jpg
ヒカゲツツジは丁度見頃であった。この色合いに魅力を感じる。
e0272335_1544079.jpg


                記
【山行日】2018年4月7日  (曇時々雪)                                         
【山行先】比叡山(760m)&カランコロン岩(864m)&ひえの山(918m):延岡市北方町
【山行者】単独
【行動コース】比叡山登山口P(8:10)~比叡山(9:45/10:00)~カランコロン岩(11:00/11:05)~ひえの山(11:30/11:35)~南側登山口~比叡山登山口P(14:20)
【行動時間6時間10分(休憩時間含む)
【行動記録】
 駐車場に着くと肌寒さを感じたので、手袋もやゃ厚目の物を着用、ウエアーも重ね着する事にした。
e0272335_21201391.jpg
比叡山登山道案内を確認していざ出発。今日はひえの山まで歩く予定。
e0272335_21203853.jpg
比叡山登山口から千畳敷(展望所)を目指す。 
e0272335_21311980.jpg
千畳敷に着くと風が吹いており寒かった。ここしばらく温かい中での山歩きだったので今日は真冬の山行の様に思えた。
e0272335_21334344.jpg
比叡山ご案内。
e0272335_21371981.jpg
比叡山Ⅰ峰と比叡山Ⅱ峰。
e0272335_2139452.jpg
千畳敷の真向かいの山は矢筈岳。
e0272335_21405539.jpg
岩場の登山道を歩き始めて20数分経過してから漸く体が温まってきた。
e0272335_2144277.jpg
ロッククライミングのメッカ「比叡山」。
e0272335_21455161.jpg
この岩峰がロッククライミングのメッカ。
e0272335_2147665.jpg
岩峰に気をとられていたのだがふと足元に目をやるとヒカゲツツジが咲いていた。これは期待できるぞと思いつつ比叡山を目指した。
e0272335_215018100.jpg
するとアケボノツツジも咲いていたが。
e0272335_2152557.jpg
すでに落花していた。でも、山頂付近は大丈夫だろうと期待を膨らませながら登る。風が吹き寒いので汗もかかなかった。
e0272335_21555769.jpg
初めて見るこの花の名前はザイフリボク。
e0272335_21592192.jpg
ザイフリボク(采振り木 )はバラ科の植物。別名シデザクラ。
e0272335_2205698.jpg
なかなかの景観であった。天気はまずまずかと思っていたのだが。
e0272335_2231832.jpg
比叡山は祖母・傾国定公園である。
e0272335_226764.jpg
比叡山(760m)に到着。 
e0272335_5344934.jpg
比叡山の山頂に咲いていたヒカゲツツジ。今日はこの山を目指して本当に良かった。
e0272335_5365798.jpg
山頂ではツルシキミの花も見る事ができラッキー。
e0272335_5382786.jpg
比叡山の次に目指す先はカランコロン岩。アケボノツツジとヒカゲツツジを大いに期待していた。
e0272335_543205.jpg
ここに咲くアケボノツツジはとても素晴らしかった。空は曇り空、陽が射してくれるまで待ちやっと撮る事ができた。
e0272335_5481329.jpg
遠くの松の中に一際輝いていたアケボノツツジ。
e0272335_552447.jpg
この岩峰に咲いていた。
e0272335_15181014.jpg
色が淡いアケボノツツジ 
e0272335_1520916.jpg
アケボノツツジの次はヒカゲツツジ。ほぼ満開でこの色には癒されるも、いちいち止まるのでカランコロン岩になかなか着かない。
e0272335_15233891.jpg
カランコロン岩に着く直前から雪が降ってきた。これにはビックリ。
e0272335_15264366.jpg
カランコロン岩の次はひえの山に向う。ヒカゲツツジが楽しみである。
e0272335_15282673.jpg
ヒカゲツツジ(日陰躑躅)の別名が、「サワテラシ」とは知らなかった。
e0272335_153411.jpg
ひえの山に着くと激しく雪が舞っていた。
e0272335_15395690.jpg
ヒカゲツツジツツジの葉に雪が落ちていた。
e0272335_15414633.jpg
( ・∀・) イイネ!
e0272335_15514158.jpg
ヒカゲツツジを存分に堪能する。
e0272335_1602074.jpg
下山時、再度アケボノツツジを楽しむ。
e0272335_155638100.jpg
白色のアケボノツツジを探すも見当たらなかった。淡いピンクもグッド。
e0272335_1641182.jpg
ミツバツツジとアケボノツツジのコラボ。
e0272335_1654375.jpg
下山は南側登山口に降りる。
e0272335_1665395.jpg
比叡山南側登山口に降り着く。あとは駐車場までもう少しである。

《一口メモ》 
目的のヒカゲツツジとアケボノツツジに感激。今季お初なのでとても嬉しかった。

《その他》 
 帰路、海岸線を走り蒲江の海を眺める。  
e0272335_16125416.jpg
山中では青空を見ることが叶わなかったが、風もおさまり穏やかな海だった。
e0272335_161754100.jpg
珊瑚礁らしきものが見えたのだが?
e0272335_16193973.jpg
海岸線の風景を眺めると心が和む。
e0272335_16215745.jpg
山際に目を向けるとヤマツツジが見事であった。
e0272335_16233083.jpg
今年はツツジ類の開花が早いのかな。         

                                以上
                
by tinnan1515 | 2018-04-07 20:20 | 山歩き | Comments(4)