山に癒されて tinnan1515.exblog.jp

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 04月 02日 ( 1 )

孫の買い物!

2018年4月2日    月曜日

 ワサダタウンにコーヒーを買いに行きましょうとの一声に、直ぐにアッシー君に変身する。こんな時は素直に従っていることが無難の様だ。家内の魂胆はコーヒーはだしで本命は孫の買い物であった。孫の事となると自分もついつい夢中になるのだが買い物はやはり楽しい。それにしてもガソリン代の事ではブツブツと文句を言われるのだが、孫の買い物はどうやら別の様だ。

《園芸》
 朝食の洗い片付けが済むと次の行動はゴミだしである。このパターンはほぼ一日の生活の中に組み込まれているのだが、このあとのひと時が最近はとても楽しい。それは花を眺めることである。3月中旬頃から花の成長が早く、知らないうちに花が咲いていることが度々あった。今日はこの花の写真を撮らなくては、花柄摘みしなくてはとか、いろいろな事を思い巡らすだけで楽しくなるのである。
e0272335_18451413.jpg
つい先日前までは芽吹きしたと思っていたらあっという間に葉が生い茂ってきた。
e0272335_18454824.jpg
花名はナスタチウム。 和名は金蓮花(キンレンカ)。ひとりばえであるが元気に育っている。
e0272335_18461482.jpg
ボタンの花芽が出始めてきた。毎年咲いてくれるのでとても楽しみ。もうひとつの花木である芍薬を昨年植えていたのであるがやっと葉が出始めてきたのでひと安心。

《読書》
 図書館にリクエストしておいた本が、思いの外早く借りられる事になり嬉しい出来事となった。
1)イザベルに薔薇を  伊集院静 著
e0272335_18314740.jpg
2018年2月25日 第一刷発行、双葉社。
2)長く高い壁  浅田次郎 著
e0272335_1832695.jpg
2018年2月28日 初版発行、角川書店。

《百人一首の学習》
80、ながからむ心もしらずくろかみのみだれてけさは物をこそ思へ  待賢門院堀河

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“生死”
25)人は死の雰囲気に包まれている時に限りなく生を思うものです。
*福永武彦『別れの歌』(昭和四十四年)
●肺結核で療養していた日々を回想して述べた言葉。

26)生きているものと死んでいるものとは、一銭銅貨の表と裏とのように、非常に遠く、しかも非常に近いのだ。
*堀辰雄『死の素描』(昭和五年)
●ある詩人の言葉、として紹介されている。

27)哲学や神学の百千の理窟も私にはついに何の甲斐もない。「生は淋し死は恐ろし」という実態のみはつねに私の心に根を張っている。
*正宗白鳥『腕くらべ』(大正十年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著 
【例題】これが読めないと週刊誌が読めない-----③常識・四字熟語
1)切磋琢磨   2)右顧左眄  3)有象無象  4)自縄自縛  5)傍若無人
6)毀誉褒貶   7)合従連衡  8)鎧袖一触  9)不倶戴天
10)跳梁跋扈  

【解答】
1)せっさたくま  2)うこさべん  3)うぞうむぞう  4)じじょうじばく  5)ぼうじゃくぶじん
6)きよほうへん  7)がっしょうれんこう  8)がいしゅういっしょく  9)ふぐたいてん  
10)ちょうりょうばっこ

《今日の小さな歓び》
 孫の買い物。

                                  以上
by tinnan1515 | 2018-04-02 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)