空の公園(瀬平山)&石槌山(佐伯市米水津)!

 空の公園(瀬平山)で見られるヒメイカリソウに逢いたくて、佐伯市米水津に出掛ける事にした。今日は空の公園から元越山までの縦走は予定していなので、自宅を出たのが午前8時半だった。

                     記

【山行日】2018年3月13日  (晴れ)                                         
【山行先】瀬平山(282.5m)&石槌山(486.2m):佐伯市米水津
【山行者】単独
1)空の展望所
 空の地蔵尊に行く前に空の展望所に立ち寄り風景を眺める事に。
e0272335_1831811.jpg
先ずは空の展望所の景観図を見て鶴御崎半島、横島、間越を確認。
e0272335_1894997.jpg
ではもう一度おさらいをしておきましょう。鶴御崎半島、横島、間越。
e0272335_1932676.jpg
手前は居立と米水津湾。
e0272335_1975045.jpg
空の展望所と桜。
e0272335_19144294.jpg
桜をアップで見るとビューティフルだった。
e0272335_19172222.jpg
芝桜は3分咲き?
e0272335_19184684.jpg
今日の元越山は眺めるだけ。
e0272335_19201188.jpg
芝桜のピンクの絨毯は美しいことだろう。

2)瀬平山
【行動コース】
空の公園P(10:35)~瀬平山~空の地蔵尊~空の公園P(11:35)
【行動時間】1時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
 空の地蔵尊(瀬平山)は今回で2回目。前回は空の地蔵尊登山口からであった。
e0272335_19344164.jpg
今日は日時計のある駐車場から出発する。山中に入ると海の風に乗ってあの独特な香り匂って来る。そうヒサカキの花の香りである。
e0272335_1941587.jpg
瀬平山に向かう途中展望所から石鎚山を眺める。今日は石鎚山には登ろうと思っていた。駐車場に停めてある自分の車が見えていた。
e0272335_19461050.jpg
元越山の登山口である米水津・色利浦地区と元越山を眺望。
e0272335_19495164.jpg
このヒサカキの花の香りが漂っていた。
e0272335_19512821.jpg
アサギマダラ休息所に咲いていたヒュウガミズキ。先日はトサミズキの鼻をを見ていたのでヒュウガミズキとトサミズキの違いがよく理解できた。
e0272335_1954857.jpg
ラッパ水仙。青空に映えていた。
e0272335_19564431.jpg
今季、コショウノキの花は幾度となく見ているのだがついつい立ち止まる。
e0272335_19591874.jpg
この塔がある地点が瀬平山の山頂。それにしてもここまでヒメイカリソウらしきものは見当たらなかった。
e0272335_204179.jpg
午前11時山頂着。今日で2回目である。
e0272335_2065688.jpg
蒲江の山々を眺める。
e0272335_209437.jpg
陸の先端に広がる海を眺めると何となく心が安らぐ。
e0272335_2013977.jpg
自然を作り出す海水の色が面白い。
e0272335_20151014.jpg
山頂から眺める米水津湾。イイネ~。
e0272335_2018873.jpg
次は空の地蔵尊である。
e0272335_20193141.jpg
空の地蔵尊に到着。先ずはお参りを済ませてから展望台に。
e0272335_20275960.jpg
海水の変化を楽しむ。波が岩にあたり白に、その白色の海水が海中で白濁。そして元の海水の色に戻る。これは風がもたらした現象であった。
e0272335_2037671.jpg
美しいの一言。
e0272335_2039249.jpg
この桜は若葉が出ていた。桜の花をみると春うららと言った感じになる。うららと言えば先日読んだ本で知り得た大伴家持の”うらら照れる春日……”この先の句を忘れていたのだが、思い出された。最近は花の名前も忘れがちであるのだが老いを感じている。
  うらうらに 照れる春日に ひばりあがり 心悲しも ひとりし思へば 



e0272335_20411524.jpg
空の地蔵尊登山口に降りてきた。すると白い花が目に付いた。
e0272335_20422660.jpg
コショウノ木であった。このような大きなコショウノ木を見たのは初めて。
e0272335_20425994.jpg
ほとんどの枝先で花を咲かせていた。
e0272335_20433025.jpg
ジロボウエンゴサクは昨日見ていたので名前はすらすら出て来た。
e0272335_2044599.jpg

空の公園、空の地蔵尊を一周してスタート地点に戻る。目的のヒメイカリソウには出会えなかったがのんびり歩きを楽しむ事が出来た。

3)石槌山
【行動コース】
3)石槌山登山口(11:45)~石槌山(12:20/12:25)~石槌山登山口(12:50)
【行動時間】1時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 まだ歩き足りない気分を解消するため、空の公園登山口から石槌山に登る事に。
e0272335_7595827.jpg
今日は元越山までの縦走はさらさらなかった。
e0272335_842133.jpg
石槌山登山口を元気よくスタート。
e0272335_874364.jpg
縦走する時は大いに助かる標識。空の公園から600m歩いた地点。
e0272335_810144.jpg
海岸沿い特有の樹林地帯を心地よく進む。
e0272335_8162940.jpg
先ほど歩いて来た空の公園。その先の横島、間越、鶴御崎半島を眺望する。
e0272335_8222084.jpg
真っ赤は薮椿を眺める。ここのところ薮椿は何度も見ているのだがついつい立ち止まってしまう。
e0272335_826953.jpg
空の公園から歩く事、1.4Km。
e0272335_8282347.jpg
この階段を登りきると石槌山は間近な筈だ。
e0272335_8294534.jpg
12時20分、石槌山到着。山頂から眺望を楽しみ下山する事に。昼食は空の公園でのんびりとしたいと思っていた。
e0272335_8332475.jpg
小さな石槌神社が祀られています。
e0272335_8345269.jpg
春霞でなければ感激するのだが。
e0272335_8382374.jpg
再び米水津湾を眺める。
e0272335_8403386.jpg
空の公園幸せの鐘。1時間ちょっとの石鎚山山行を楽しむ事が出来た。
e0272335_8451710.jpg
空の公園に時期外れのフジツツジが咲いていた。
e0272335_8462539.jpg
キブシは今季お初。

《一口メモ》
 ヒメイカリソウは又の機会になってしまったが、暖かな春日和を山で感じる事ができたので良しとしましょう。


                                   以上

by tinnan1515 | 2018-03-13 20:50 | 山歩き | Comments(2)