2018年 03月 12日 ( 1 )

2018年3月12日    月曜日

 『百歳人生を生きるヒント』 五木寛之・著を読んでいたら「茨木のり子」さんの詩が紹介されていた。この詩は茨木のり子さんはが73歳の時詠まれた詩である。今年、古希を迎えた自分には何かしら共鳴するものがあった。

 倚りかからず

もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない
もはや
できあいの宗教には倚りかかりたくない
もはや
できあいの学問には倚りかかりたくない
もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
ながく生きて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ


《園芸》
 昨日、明日は庭作業をやらなくてはとの思いが募っていたので、今日は予定通り庭作業をおこなった。先ずは草取り、花の手入れ、庭掃除等であった。
 お花の方はこの一週間で勢いが増しどんどんと成長して来た。チューリップも小さな花芽が出始めているし、なんといってもノースポールが大きくなっているのにはビックリ。ビオラも花柄摘みも忙しくなってきた。
e0272335_16162275.jpg
楽しみにしていたやゃ黒っぽい色のクリスマスローズの花が見頃になっていた。

《道端・家周りの山野草》
 読書を終えて14時過ぎから花散策に出掛けた。一番の目的は自宅近くの畑地に咲くアマナである。
e0272335_1625599.jpg
この花は7分咲き?まだ黄色の雄しべが見られませんね。
e0272335_1626270.jpg
こちらのアマナは黄色の雄しべが見られました。
e0272335_16264034.jpg
花の外側を見ると縦縞が見られます。ここのアマナ見学終えて次の場所に移動です。
e0272335_16345584.jpg
畑に群生していた仏の座。
e0272335_1635528.jpg
小さなハコベの花もよく見ると可愛らしい。
e0272335_1638417.jpg
この黄色の花はカタバミ。
e0272335_17124177.jpg
花の名前が面白いジロボウエンゴサク。 別名. 次郎坊延胡索、 分類:ケシ科キケマン属 (越年草) 。
e0272335_17162433.jpg
菫の花。
e0272335_17171273.jpg
ひめうず(姫鳥頭)。きんぽうげ科おだまき属。とても小さな花である。
e0272335_17181186.jpg
ウマノアシガタ。
e0272335_17223059.jpg
オドリコソウが咲き始めていた。
e0272335_17233125.jpg
土筆さんの背比べ。
e0272335_17404886.jpg
再びアマナ観賞。
e0272335_17423658.jpg
こちらの場所の方が開花状態はやゃ遅れ気味だった。
e0272335_1743823.jpg
今日は2箇所のアマナを見ることができ満足。
e0272335_1744859.jpg
アマナ(甘菜)は、単子葉植物ユリ科アマナ属の多年草。 側面から見るとチューリップの様だ。
 道端・家周りの山野草も花の種類が豊富である。これらの花以外にもまだ数種類咲いていた。


                                          以上
by tinnan1515 | 2018-03-12 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)