マンサク(佐渡窪)と福寿草(籾山八幡社)を満喫する!

 春を迎えると気になる花の一つであるマンサク。自分が見たいのは佐渡窪に咲くマンサクである。まだ早いと思ったのだが、籾山八幡社の福寿草ががテレビで放送されたので、両方の花を見たいと思い出掛ける事にした。
e0272335_19434598.jpg
佐渡窪のマンサクではないが登山道に咲いていたマンサク。
e0272335_7392944.jpg
佐渡窪の山際に咲いていたマンサク。背景の山は鳴子山。
e0272335_1944249.jpg
2月23日の時点では、まだ蕾であったが今日は見頃になっていた。

                           記

【山行日】2018年3月6日  (晴れ)                                         
【山行先】佐渡窪
【山行者】単独
【行動コース】くじゅうレゾネイトP(11:10)~くたみ岐れ~鍋割峠~佐渡窪(13:20/14:10)~くじゅうレゾネイトP(15:30
【行動時間】4時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
  くじゅうレゾネイト駐車場に着く前に籾山八幡社に寄り道をしてきたので、予定していた時間より30分程遅れる。登山準備している時間帯は風がありやゃ寒さを感じたの着込んでのスタートであった。
e0272335_2092844.jpg
くじゅう一番水を通り山路歩きになると汗ばんできたのでくたみ岐れに着く前に衣服調整を行う。
e0272335_20194955.jpg
最近の山歩きは潮騒を聞くことが多かったのだが、今日は久々に谷川のせせらぎの音を聞いた。山中のせせらぎも心に響くものがあった。
e0272335_20234133.jpg
山桜に寄生していたヤドリギ(宿り木 ・ 宿木 ・ 寄生木)。
e0272335_20261252.jpg
南西尾根コース分岐点に着く前に、今季お初のマンサクに出会った。春に他の花に先駆けて咲くので ”まず咲く花”ということで だんだんと”まんさく”に なっていったらしい。 また、花がたくさんつくので 「豊年満作」から 命名されたとも。
e0272335_20285297.jpg
花の付き具合はパラパラである。
e0272335_2032132.jpg
花びらのクルリンパーが魅力的。
e0272335_2039275.jpg
今日、2度目のマンサクとの出会いは見事な咲き具合だった。
e0272335_5422689.jpg
マンサクの花びらをアップで撮りたいのだが何しろ高いところに咲いているのでこれが精一杯。
e0272335_5433655.jpg
大きなマンサクでした。マンサクを観賞できたことでもう満足。でも佐渡窪まで行かなくては。
e0272335_54865.jpg
鍋割峠目前のところにある小さな石仏。この辺にもマンサクがあるのだが。
e0272335_5525070.jpg
まだ蕾であった。
e0272335_5542238.jpg
鍋割峠の残雪には少々驚く。
e0272335_7413633.jpg
佐渡窪に降りつくと一部が池になっていた。さあ、マンサクのある場所に急ごうとは思うのだが、実は途中で男性登山者の方にお会いし、てマンサクがまだ蕾であることを知っていたのでいささか気落ちしていたのだが。
e0272335_7465573.jpg
一番見たかった佐渡窪のマンサクは蕾だった。
e0272335_7494992.jpg
白口岳を背景にマンサクを楽しみたいと思っていたが残念。でも、思わぬ光景を見る事が出来た。
e0272335_7542083.jpg
それは鳴子山の霧氷であった。13時を過ぎているのに鳴子山の山肌は霧氷で白く輝いていた。
e0272335_7573497.jpg
蕾のマンサクと鳴子山。
e0272335_7585276.jpg
大船山の方を眺めていたら山際に黄色の景色を僅かながら発見。折角だから行って見る事に。
e0272335_831289.jpg
佐渡窪の山際に咲いていたマンサク。間近で見る事が出来てラッキー。春の訪れを実感する事が出来た。
e0272335_8145456.jpg
「マンサク(万作・満作)」の花言葉は「ひらめき」「神秘」。知りませんでした。
e0272335_821593.jpg
マンサクさん。今日はありがとう。
e0272335_8252765.jpg
マンサクと白口岳。
e0272335_8273032.jpg
白口岳と鳴子山を眺めてから佐渡窪を跡にした。
e0272335_8294958.jpg
佐渡窪でのんびりと過ごしたため鍋割峠に着いた時は14時半、急いで下山した。
e0272335_8421780.jpg
キツネノカミソリも春の陽気に誘われ新芽を出し始めていた。

《籾山八幡社で福寿草観賞》
 佐渡窪に行く前に籾山八幡社に寄った時刻が午前9時半過ぎだったので、福寿草は蕾んでいたが、前回見た時よりも株数が増えているのに驚いた。
e0272335_845357.jpg
籾山八幡社に着いた時間は16時前でかなり時間が下がっていたが、福寿草は開花しているだろうかと山道を歩いているとユキワリイチゲが目に止まる。また蕾も沢山出始めていた。
e0272335_8493156.jpg
ユキワリイチゲはこれから見頃を迎えることだろう。さて、福寿草の方は?
e0272335_8515997.jpg
見事に咲き誇っていた。
e0272335_8531615.jpg
広範囲で見られるのでキョロキヨロ、先ずは一輪咲きから。
e0272335_8553262.jpg
次は二輪の福寿草。
e0272335_8593257.jpg
そして三つの福寿草。
e0272335_925128.jpg
今日福寿草を見れてよかったなぁ。

《一口メモ》 
 今回は目的のマンサクと福寿草、おまけにユキワリイチゲを見る事が出来て有意義な一日となり満足。

                                           以上
                         

by tinnan1515 | 2018-03-06 20:10 | 山歩き | Comments(4)