おおいた島巡り・無垢島(椿山:111m)&四浦半島の河津桜

  おおいた島巡りの2度目は津久見市の無垢島。この離島は地無垢島と無人島の沖無垢島の両島を総称する場合は単に無垢島と呼ばれる。
 地無垢島は椿の里づくりに取り組んでおり、島の北側の斜面には約5,000本のツバキが植えられているとのこと。島巡りと椿観賞目的で今回の計画に至った。
e0272335_1992161.jpg
椿山の山頂でこの花を見ることができた。
e0272335_19104283.jpg
四浦半島の河津桜(越智小学校(休校)

                           記
                   
【山行日】2018年2月27日  (晴れ)                                         
【山行先】椿山(111m):大分県津久見市
【山行者】単独
【行動コース】 
無垢島港(9:10)~椿山(9:55/10:15)~無垢島港(10:55)
【行動時間】1時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
 保戸島への島巡りがとても楽しかったので、次も島巡りをとチャンスを伺っていた。島巡りは自分の知らない世界がいっぱいあり新鮮な気持ちを与えてくれる。自分にとっては小さな旅なのである。
e0272335_19473943.jpg
津久見と無垢島間の運鉱船。船名はカメリア・スターでカメリアは椿の意味。津久見港8時30分出発。
e0272335_19525775.jpg
臼杵から眺める無垢島と船上から眺める無垢島をみて感慨深いものがあった。手前の島が地無垢島と奥の島が無人島の沖無垢島。
e0272335_19573885.jpg
昨日は三角台から眺めた津久見島。今日は船上からの津久見島。
e0272335_2001089.jpg
椿アイランド無垢島の説明。
e0272335_2035095.jpg
椿ロードに向かっていると公園の花壇にヒマラヤユキノシタが咲いていた。我家のヒマラヤユキノシタはまだ蕾なのだが無垢島の方が温暖と云う事か。
e0272335_2071031.jpg
公園内にあった遊技施設。
e0272335_2084958.jpg
こちらは展望所。そうそう無垢島発の時刻は12時ジャスト。時間がたっぷりあるのでぶらぶらの寄り道であった。
e0272335_20114523.jpg
ふと思いついた海抜0mからの椿山登山。
e0272335_2013214.jpg
無人島の沖無垢島を眺める。
e0272335_20154296.jpg
この地点から山歩き開始。
e0272335_2017699.jpg
ツルソバところどころに咲いていた。
e0272335_20191436.jpg
この花は?ヤマアイでした。
e0272335_2020651.jpg
ヤマアイ は、トウダイグサ科の草本の1つ。古来より染料として用いられた。
e0272335_20214542.jpg
竹林に。枯れて倒れた竹が通せんぼでも進め進め。
e0272335_20241790.jpg
途中でコースアウトしたような。尾根を目指して歩く。
e0272335_20255548.jpg
今日最初の椿は赤だった。
e0272335_20271249.jpg
フウトウカズラはもう顔馴染みになってしまった。
e0272335_20281445.jpg
やっと椿ロードに登っり詰めてひと安心。
e0272335_20303695.jpg
電波塔のある場所が地無垢島の最高点。三角点なし。この周囲で椿をたっぷりと堪能する事ができた。
e0272335_20335430.jpg
この程度の開花も羞じらいがあり魅力を感じる。
e0272335_20363054.jpg
とは云っても全開はやはり素晴らしい。
e0272335_20542165.jpg
淡いピンクもいいね。
e0272335_2047972.jpg
白色系の色もグッド。
e0272335_20485591.jpg
情熱的な赤色も素晴らしい。
e0272335_20511764.jpg
山中の梅は満開見頃。
e0272335_2051485.jpg
今日も青空でよかったな。
e0272335_20522337.jpg
元大分県知事の立木勝さんの標札が掛けてあった。
e0272335_539417.jpg
林床には石蕗群生していた。花が咲く頃は黄色の絨毯に変身する事だろう。
e0272335_5411875.jpg
椿ロードで再度椿を楽しむ。雄しべも美しい。
e0272335_5472338.jpg
白色の椿を見ていたらオオヤマレンゲの事が思い出されてきた。
e0272335_5492282.jpg
7~8分程度の開花かな。
e0272335_5495791.jpg
純白もいいね。
e0272335_5552998.jpg
再び淡いピンクの椿は8分咲き?
e0272335_556514.jpg
ピンクの次は赤のお出まし。
e0272335_5563684.jpg
ラストは満開のこの椿で締めましょう。
e0272335_5574693.jpg
椿を楽しみ下山していると枝ぶりが見事なこの木に出会った。このような巨木を見るとついつい嬉しくなる。自分の人生の何倍も生き続けることだろう。
e0272335_12555115.jpg
もう椿は終わったつもりだったが再び椿観賞。何しろこの島には5.000本あるからたっぷりと見られる。それにしても青空で良かった。
e0272335_1314614.jpg
まだ蕾が沢山ついており、当分の間は椿を楽しみ事ができそうだ。
e0272335_1335813.jpg
花びらがシンプルな赤色の椿に可憐さを感じた。
e0272335_1351988.jpg
柄模様と色合いがとても素敵なお嬢さん、きょうはありがとう。
e0272335_1373945.jpg
降りつくと薊が咲いていた。
このあと出航まで時間があるのでぶらぶら散策。
e0272335_1394136.jpg
無人島の沖無垢島を海岸に降りて見る。この島から化石が出てきたとか。
e0272335_13143228.jpg
校舎の外壁のこの絵を見て感激。法華院温泉山荘での記念壁画である。2011年7月4日~5日法華院温泉山荘にてと記されていた。
自分の住んでいるところは周りは海なので、くじゅう登山は良き思い出になったことだろう。
e0272335_13223148.jpg
無垢島中学校(休校)です。
e0272335_13273485.jpg
無垢島から眺めた津久見島。
e0272335_13375096.jpg
この海藻はクロメ。クロメ(黒布)は、レッソニア科カジメ属の褐藻の1種で、潮下帯付近の岩に付着して生育する海藻である。
e0272335_13385711.jpg
クロメの加工作業をされていたので拝見させていただいた。
e0272335_1329174.jpg
向島漁港と椿山をみて”さよなら”です。12時出航のカメリア・スターに乗船し津久見港に戻る。

(四浦半島の河津桜)
 12時半頃に津久見港に着く。まだ時間はたっぷりあるので河津桜を見に行く事に。情報によると越智小学校が満開見頃とか。
 展望台付近お河津桜はまだ蕾であったが、刀自ケ浦付近ではかなり開花していた。
e0272335_13455692.jpg
海を背景に。
e0272335_13471698.jpg
山を背景に。
e0272335_1348935.jpg
ほぼ満開。
 次に目指したところは越智小学校。ここの河津桜は見事だった。
e0272335_13501568.jpg
1番は河津桜のトンネルだった。
e0272335_13513285.jpg
まさに満開見頃。
e0272335_13524023.jpg
見事見事。
e0272335_13531160.jpg
充分に河津桜を堪能することができ大いに満足。

(赤石:216m)
 歩数が一万歩に達していなかったので帰路、津久見市四浦半島の付根にある赤石に登る。往復歩いて約50分程の山であった。
e0272335_1465562.jpg
山頂標識はなく三角点のみ確認。
e0272335_1471333.jpg
山頂の様子。 
e0272335_1473022.jpg
アンテナが立っているところが山頂。カメラの電池切れで携帯電話から撮影。またポカをやってしまった。

《一口メモ》
 離島めぐりが面白くなってきた。次は大入島に行ってみたいと思っている。

                                                   以上

by tinnan1515 | 2018-02-27 21:00 | 山歩き | Comments(2)