山に癒されて tinnan1515.exblog.jp

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 02月 10日 ( 1 )

2018年2月10日    土曜日

 朝から降り始めた雨は一日降り続いた。こうなるともう開き直りで部屋に閉じこもるだけ。することもなくパソコンとテレビの前に座る時間が長かったが、なんとなくゆったりした気分で一日を終えることができた。

 さて、今《日本名言名句の辞典》をぽつぽつと学習しているのだが、その中で吉行淳之介さんの名前が出てくるようになった。実は30数年前に吉行淳之介さんの『砂の上の植物群』を読んでいたことが思い出されたのである。

 今日の雨は過去の読書ノートを繙かせてくれた様だ。

《百人一首の学習》
62.夜をこめて島のそら音ははかるとも世にあふさかのせきはゆるさじ  清少納言

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
179)私は現在でも「ついでに生きている」という気分が、心のどこかにある。
*吉行淳之介『暗室』(昭和四十四年)

180)花よ月よと暮らせただ、程はないもの、憂世は。
*『隆達節』(文禄~慶長・1592~1615頃)

181)つらつら生とし生けるものを見るに、皆生涯の計はあるぞかし。
*良寛『書簡』(昭和四十二年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】制帽は「せいぼう」、では製靴は? ― 読み不明語の読み方
1)湯面  2)弱肩をカバーする  3)豚塊肉  4)素木  5)直毛  6)名の売れた板長
7)粗熱をとる  8)喪家  9)巻毛の環飾  10)食紅と食緑で染めた色

【解答】
1)ゆおもて  2)じゃっけん  3)ぶたかたまりにく  4)しらき  5)ちょくもう
6)いたちょう  7)あらねつ  8)そうか  9)かんしょく  10)しょくみどり

《今日の小さな歓び》
 のんびりと過ごすことができた事。

                                        以上
by tinnan1515 | 2018-02-10 16:08 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)