2018年 02月 03日 ( 1 )

里山歩き!

018年2月3日    土曜日

《里山歩き》
 午前中は何かと用事があり、自由時間となったのは13時以降。空の様子もあまりはっきりしないのだが、里山であれば問題ないとの判断で出掛けることにした。

 今日は熊崎川の土手筋から龍王山に登る事に。土手には仏の座や菜の花はもう咲き始めていたのだが、大犬のふぐりがちらほらと見られる様になっていた。
e0272335_18494721.jpg
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)は、オオバコ科クワガタソウ属の越年草。路傍や畑の畦道などに見られる雑草。

 山路に入り気になっていた春蘭の様子を伺うと、
e0272335_18542978.jpg
花芽は出始めているのだが成長が止まっている様な状態であった。立春は明日だが今年は寒さが厳しいので開花が遅れるのかなぁ。
 春蘭の様子を見たあとは山頂を目指して一歩一歩又一歩。途中で空の様子がおかしくなり少し雨が落ち出してきたが通り雨だった。
e0272335_191635.jpg
龍王山の桜はまだまだ硬い蕾。白石山とトギシ山を眺め三角台に向かった。
e0272335_19115882.jpg
龍王山から三角台に向かうのは久し振り。ここのところ三角台は芝尾地区からの登りに力を入れていた。そして、最近は蒲江や上浦からの海を眺めていたのいだが、今日は地元の臼杵湾をじっくりと眺めたいのだが。
e0272335_19192478.jpg
残念ながら生憎の空模様だった。コーヒータイムの後はツクシショウジョウバカマの観察に。大浜地区の岩崎越え登山口に向かって下山開始。そして、ツクシショウジョウバカマのある場所に到着。
e0272335_19261734.jpg
花芽がほんのチョッピリ大きくなったかなぁ?開花が待ち遠しい。そして次はイチヤクソウ。
e0272335_19282999.jpg
新芽見たいのが出始めていたのだが花芽?
e0272335_19321465.jpg
もう開花しているのではないかと期待していたのだが、その気配すらなかったサツマイナモリ。このあとは時間も下がってきたので黙々と歩き、岩崎登山口に降りる事に。
e0272335_19371810.jpg
下の江岩崎地区から龍王山を眺める。ここから眺める龍王山は本当に里山の雰囲気を醸し出している。
e0272335_1940215.jpg
龍王山登り口を通過した時間は16時過ぎ。16時半までには自宅に戻れる目処が立ちホッとした。

 大好きな花観察で気分転換、今日も一日を楽しく終えることができた。

《読書》
 門井慶喜さんの作品、『銀河鉄道の父』が第158回直木三十五賞受賞したので、読みたくなり図書館へ予約を入れておいたのだが早速に借りられる事になった。門井慶喜さんの作品を読むのは初めてである。、

e0272335_17541527.jpg
門井 慶喜(かどい よしのぶ、1971年11月2日 - )は、日本の小説家・推理作家。群馬県 桐生市生まれ。2003年「キッドナッパー ズ」で第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2006年『天才たちの値段』で単行本 デビューする。2018年、『銀河鉄道の父』で第158回直木三十五賞受賞。

《百人一首の学習》
58.有間山ゐなのささ原風ふけばいでそよ人をわすれやはする  大弐三位

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
168)永く生きて来て気のつくことは此の生き抜く以外に何もないことなのだ。
*室生犀星『我が愛する詩人の伝記』(昭和三十三年)

169)五十年来のすぐるは、一杯の蕎麦切りよりも早く、今又五十年生み事は、田楽を翻すよりもやすし。
*森川許六『四季辞』(宝永三年・1706)
●「一杯の蕎麦切」は、一杯のソバを食べるあいだのこと。「今又五十年」は、もう五十年の意。。

170)本当の悲劇というものは、極めて散文的な非芸術的のもので、そんな誂向のキャタストローフなぞが有る筈のものではない。
*森田草平『自叙伝』(明治四十四年)
●「キャタストローフ」は、悲劇的な結末、破局の意。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】贅沢な定番の醍醐味―女性誌の常用漢字。
1)お洒落の醍醐味   2)一世を風靡する   3)素朴な風合  4)颯爽と着る  5)華やかに煌めく
6)華奢な靴  7)絢爛に彩る  8)瀟洒な館  9)響きの艶やかさ  10)美しさを纏う

【解答】
1)しゃれ  2)ふうび  3)ふうあい  4)さっそう  5)きらめく  6)きゃしゃ
7)けんらん  8)しょうしゃ  9)あでやかさ  10)まとう

《今日の小さな歓び》
 知人宅訪問。

                                           以上
by tinnan1515 | 2018-02-03 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)