昨日は鶴見岳で霧氷に感動したものの、写真の記録を残すことができなく不完全燃焼状態であった。そこで今日は暮雨の滝の氷瀑に挑戦する事にした。
e0272335_190494.jpg
暮雨の滝の氷瀑を見ることが出来てラッキーだった。

                       記

【山行日】2018年1月13日  (曇)                                         
【山行先】暮雨の滝&坊がつる(約1200m)
【山行者】単独
【行動コース】
吉部登山口P(9:30)~暮雨の滝(10:20/10:40)~坊がつる~法華院温泉山荘(11:50/12:40)~坊がつる~吉部登山口P(14:35)
【行動時間】5時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 自宅を出たのは朝食後だったの午前7時過ぎ。中九州自動車道の朝地ICまで、それから長湯、男池を通り吉部の登山口に向かうのだが、心配していた積雪は問題なかった。 吉部の300円駐車場に着くと既に5台の車が停まっていた。
e0272335_19562248.jpg
駐車場は雪景色だった。準備を済ませ午前9時半の遅いスタートとなった。
 山道の雪はしっかりと踏み固められとても歩きやすかったが、急登の場所になると流石に難儀した。急登をクリアーすれば暮雨の滝まではなだらかな山路である。暮雨の滝に着くと氷瀑の光景が目に飛び込んで来た。
e0272335_1903166.jpg
今年最初の氷瀑は暮雨の滝であった。自然が造り出す造形美は素晴らしい。
e0272335_20194680.jpg
感動!満足!
e0272335_20245687.jpg
下流の目を向けるとこのような雪景色。
e0272335_20273460.jpg
暮雨の滝を見終えたあとは登山道の雪景色を楽しみながら坊がつるに向かった。
e0272335_203055.jpg
坊がつるでは素晴らしい眺望を期待していたのだが、山頂はガスで見えなかった。さぁこれから目指すピークは大船山それとも平治岳。しかし今日はどうも気力と体力が今一つ。時間も下がっていたので法華院温泉山荘で休息する事にした。
e0272335_20355164.jpg
三俣山の山頂周辺は霧氷で真っ白。
e0272335_20372119.jpg
法華院温泉山荘の休憩所でのんびりと過ごす。
e0272335_20401983.jpg
坊がつる讃歌の歌詞を眺めて登山口に向かう。坊がつるを歩いていると時折冷たい風が吹いてくる。この風の冷たさに思わず体がしびれる。このような寒風の中を何時間も歩いていると低体温症になるだろうと思った。それにしても厳しい寒さだった。
 下山路は登りと同じコースで吉部登山口に向かう。登山口に着くと管理者の方から駐車料金は当分の間100円との事。自分は300円支払っていたので200円のお釣りを頂く。ありがとうございました。

《一口メモ》
 今回は暮雨の滝の氷瀑を見ることが出来たので良しとしましょう。

                                                以上
by tinnan1515 | 2018-01-13 20:51 | 山歩き | Comments(4)