鶴見岳から由布岳まで縦走。ミヤマキリシマに満足すれど、 ああ無情バスに1分遅れ!

2013年5月30日   木曜日   曇り一時小雨

 鶴見岳一気登山は無理だが鶴見岳から由布岳の縦走は挑戦したいコース。この日に向けて鶴見岳縦走路を何度か歩き漸く決断に至った。体調の方はまだ完全とは云えないのでエスケープコースを2案計画した。1)南平台から下山、2)日向観察路から由布岳正面登山口に下山。
今日の天候は汗は出るものの日向岳観察路までは比較的順調に歩いて来たが、剣の峰までの難所で疲れ果ててしまった。
                              記
【山 名】 鶴見岳(1375m)&由布岳(1580m)
【山行者】 単独
【山行コース】鶴見岳P(5:20)~南平台分岐(6:00)~鶴見岳(7:05/7:10)~馬の背(7:25)~南平台分岐(7:40)~西登山口(8:05)~由布岳東登山口(8:20)~日向越・東峰分岐(9:05 /9:10)~東峰・西峰分岐(10:55)~由布岳東峰(11:10)~マタエ(11:30)~合野越(12:40)~正面登山(13:02)
【行動時間】7時間42分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_1812527.jpg
今日は由布岳まで足を伸ばすため5時20分のスタートでした。南平台分岐まで順調に進んできました。ガスに覆われて景色は期待できませんでした。湿度が高く汗が滲み出てきます。
e0272335_18123539.jpg
鶴見岳の山頂はあたり一面霧で全く景色が見えない状態です。
e0272335_18133999.jpg
ほぼ満開のミヤマキリシマも今日の霧では美しさも半減です。
e0272335_1814513.jpg
青空であれば爽快な気分に酔いしれるのですが、今日は幾分か緊張しています。
e0272335_18142218.jpg
馬の背です。今日は由布岳を目指すため鞍ヶ戸はパスして由布岳登山口を目指しました。
e0272335_1851366.jpg
鶴見岳西登山口まで降りてきましたがまだまだ余裕がありました。由布岳東登山口までもう少しです。
e0272335_18544837.jpg
今年初めて観るヤマボウシでした。
e0272335_1857629.jpg
案内板でコース確認です。
e0272335_18594169.jpg
目標の東峰に向かう前にトイレ休憩。気合を入れてまずは日向越を目指します。9時5分に日向越・東峰分岐に到着。この調子では東峰に向かっても大丈夫。途中下山者の方とお会いしました。なんと北海道の方々でした。好天気であれば良かったのに残念ですね。でも、ミヤマキリシマを喜ばれていたから安心致しました。
e0272335_2071375.jpg
剣の峰の手前から霧雨、難所が続く中で一気に疲労、足が進まず立ち止まることが多くなる。その用な時に癒してくれるのがミヤマキリシマ、霧で美しさが半減ですが見事でした。
e0272335_20131692.jpg
お鉢めぐり西峰分岐点に漸く到達。息きれぎれの状態です。
e0272335_2015252.jpg
写真を撮る余裕がないのですが余りの美しさに立ち止まります。
e0272335_20162293.jpg
やっと辿り着きましたが視界ゼロ。周囲のミヤマキリシマが見渡せなかったのが残念です。東峰は通過点になってしまいました。
e0272335_20205547.jpg
でも、岩場に咲くミヤマキリシマは満開見頃ビューティフルでした。青空でないのがとても残念です。
e0272335_20222044.jpg
山肌も見事な光景です。
e0272335_2028431.jpg
マタエからの下山路もミヤマキリシマで心が満たされました。雨に濡れたミヤマキリシマ色がとても鮮やかでした。
e0272335_2033111.jpg
淡いミヤマキリシマもなかなか風情がありました。
e0272335_20343223.jpg
ついつい撮りたくなる光景です。もううっとりでした。
e0272335_20354493.jpg
緑の中に燃えてるミヤマキリシマも素敵でした。まだまだ見頃なミヤマキリシマ沢山ありましたがきりがありませんね。バスの乗車時間は13時01分と13時51分。合野越まで少しはスピードを上げたのですが合野越についた時が12時40分。気が焦るが足は進まずバスが走りさって行く。1分及ばずで無念でした。
e0272335_20512247.jpg
気お取り直して由布岳を振り返ると由布岳の山容が見え始めていました。
e0272335_20523436.jpg
鳥居バス停から歩いて行く途中でマタタビに出会いました。近くで観るのは初めてです。遠くのマタタビを眺めると白色の葉っぱが花と錯覚しそうですが、花はしっかりとついていました。

《一口メモ》
鶴見岳から由布岳の縦走を計画してからモタモタしていたが今日なんとか歩き通すことができた。体調の方も徐々に回復の兆し、また、新たな挑戦に取り組みたい。
バスの待ち時間中に、横浜から自転車で九州巡りをされているお方とお話をさせていただいたが、バスに乗り遅れて良かったと思った次第である。

                                                       以上


 

by tinnan1515 | 2013-05-30 18:08 | Comments(8)