人気ブログランキング |

久住山&星生山!

 先日、くじゅう17サミットに挑戦したのだが最後の星生山を残して断念した。体力と気力が回復するとどうも心の中がもやもや。そうだ、星生山に登れば心の整理ができるだろうと思い今日の山行となった。
e0272335_18401218.jpg
星生山の山頂に立ち気分スッキリ、これで心の整理ができた。

                    記
【山行日】2018年11月14日  (曇のち晴)                                        【山行先】久住山(1786.5m)&星生山(1762m)
【山行者】単独 
【行動コース】牧の戸登山口(7:40)~扇ヶ鼻分岐点(8:50/8:55)~久住山(10:00/10:30)~星生山(11:40/11:50)~牧の戸登山口(13:15)
【行動時間】5間35分( 休憩時間を含む)       
【行動記録】
 自宅を午前5時半にでて中九州自動車道から瀬の本、そして、牧の戸登山口を目指した。途中で夜空を見ると星が輝いていたので素晴らしい天気を期待していた。
 牧の戸登山口に着き登山準備をしているとなんとなんと寒い事。防寒対策をしっかりしてスタートした。
e0272335_1905047.jpg
扇ヶ鼻分岐点に着く途中で一度衣服調整。極力汗をかかないようにと思っていたが、風があり汗はごく僅かだった。手の指はかじかんで30分程歩いてやっと指先が温まってきた。素晴らしい青空を期待していたのだがガスが流れていた。
e0272335_1965556.jpg
星生山分岐点。今回は久住山から星生山を目指すことにしていた。
e0272335_199875.jpg
やっと青空が見えるようになり久住山の山容が見えてきたがガスは流れていた。
e0272335_19112637.jpg
今日は天狗ヶ城と中岳を歩く予定なし。先ずは久住山に登らなくては。
e0272335_19244651.jpg
久住山10時到着。11月10日に久住山に着いた時はなんと18時15分で暗闇の中だった。今日は山頂でゆっくりとくつろぐ事に。コーヒータイム中に次から次へと山頂に着く登山者。やはり人気の山である。休憩を済ませてこれから新たな気持ちでスタート。
e0272335_1935954.jpg
気持ちはくじゅう17サミットの続きと思いながら久住別れに着く。星生山登山道が目前に迫ってきた。
e0272335_19412999.jpg
北千里と三俣山。大船山に登るときはバテバテだったなぁ。
e0272335_19441297.jpg
星生山登山道を歩きながら11月10日は星生山を断念して本当に良かったと思った。
e0272335_1950682.jpg
岩のトンネルを進む。
e0272335_19584481.jpg
星生山を目指しながら扇ヶ鼻を眺める。すっかり冬山になっていた。
e0272335_2025181.jpg
星生山登頂で心の整理が出来た。星生山登山を計画して良かったなぁ。山頂の温度計は3℃であった。
e0272335_20112781.jpg
この時期になると花がなく写真を撮るのは山の風景がばかり。硫黄山から噴煙が立ち上っていた。
e0272335_5413496.jpg
段々と青空が広がり始めてきた。肥前ヶ城と扇ケ鼻を眺める。
e0272335_545102.jpg
星生山からの下山路は手前の岩峰コースで。
e0272335_5473579.jpg
途中で由布岳を眺める。その夜、BSプレミアムでにっぽんトレッキング100で鶴見岳・由布岳を見るとはタイミングが良かった。
e0272335_5525863.jpg
阿蘇山系も見え始めていた。
e0272335_5543828.jpg
ここの展望台まで降りて来れば登山口はもう少し、空はすっかり晴れ渡っていた。今日の山行は余裕をもって楽しむ事ができた。そして、星生山に登り記念登山に終止符を打つことができたことを嬉しく思う。

《一口メモ》
 ザックの中には防寒具を入れておいたので、。今回は随分と助かった。

                                            以上
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-11-14 20:11 | 山歩き | Comments(0)