今日から静かな生活に戻る!

2018年9月13日   木曜日(雨)

 二日続く雨には少々うんざりだったが、孫のお蔭で我家は大賑わいだった。しかし、今日山口の方へ帰ったのでいつもの様に静かな生活に逆戻り。

 ここ二日間孫の一つ一つの行動に大喜び。準備していたおもちゃにも興味を示してくれたので安堵したりとついつい舞い上がってしまった。あと2ヶ月で1歳を迎えるのだがますますのめり込みそうだ。

《読書》
 雨の日が続いているので出掛ける所は図書館、返却と借りだしであった。今回は遺言書の事を少しばかり勉強したいと思ったのでこの本を借りる事にした。
1)騎士団長殺し 第2部   村上春樹 著
e0272335_1856615.jpg

2)「きちんとした、もめない遺言書」の書き方・のこし方  山田和美 著
e0272335_18562816.jpg


《ことわざ慣用句の学習》
●越鳥南枝に巣くう  
●得手に帆を揚ぐ  【類句】追風に帆を揚げる
●江戸っ子は五月の鯉の吹き流し 
●江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ
●江戸の仇を長崎で討つ

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“死”
121)死のうとしている自分の姿が、一度心の中に這入ってくると、どうしても死にきれない。
*北条民雄『いのちの初夜」(昭和十一年) 

122)死があたかも一つの季節を開いたかのようだった。
*堀辰雄『聖家族」(昭和五年)           

123)愛する者、親しい者の死ぬることが多くなるに従って、死の恐怖は反対に薄らいでゆくように思われる。
*三木清『人生論ノート」(昭和十六年)       

《漢字の学習》
【こんな漢字・あんな漢字(上)】 著者:木村正男 発行:日本技能教育センター 
1、むずかしい漢字
●チェックテスト14  次の古語を読みなさい。 
1)入相  2)前栽  3)几帳  4)烏帽子  5)宿世  6)懸想
7)読経  8)直衣  9)指貫  10)手水所

【解答】
1)いりあい  2)せんざい  3)きちょう  4)えぼし  5)すくせ  6)けそう
7)どきょう  8)のうし  9)さしぬき  10)ちょうずどころ  

《今日の小さな歓び》
 知人宅訪問。

                                           以上
Commented at 2018-09-13 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tinnan1515 at 2018-09-14 08:42
aranciaさん、おはようございます。
このたびは貴重な情報をご提供いただきまして、誠にありがとうございます。
また、拙いブログにご訪問頂きありがとうございました。
さて、川端康成の『波千鳥』とても参考になりました。是非読んで見たいと思いました。
山の文学には興味津々であります。
「久住高原美術館」には一度も行ったことがありませんので、「川端康成が見た久住・竹田」展には足を運びたいと思います。
ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-09-13 20:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)