緩木山登山口花散策&神掛岩トレッキング!              

 一昨日ハマボウを見たので、次はシノノメソウ(東雲草)と意気込み今日が実行日となる。思い立ったら即実行までは良いのだが裏返せば気が早いだけ。お盆前後まで待てば良いものをついつい悪癖が出てしまった。
e0272335_18133467.jpg
緩木山登山口で今季お初のシノノメソウを見ることができた。


                     記
1、緩木山登山口花散策
 今日は緩木山から越敷岳の周回コースを歩く計画がないので、緩木山登山口まで車を乗り入れる。ここの登山口での楽しみはシノノメソウとシデシャジン(四手沙参)を見る事であった。
e0272335_18595512.jpg
緩木山登山口。
e0272335_18533273.jpg
車から降りて最初に出会った花はシデシャジン。昨年と同じ場所に一株だけのシデシャジンを今年も見ることができた。ひっそりと咲いているシデシャジンに嬉しさがこみ上げてきた。
e0272335_191110.jpg
シデシャジンを見ることが出来たので気分が高揚し次はシノノメソウと意気込んでいたのだがまだ蕾ばかり。やはり時期尚早だッたかと思いながら開花を求めながら探し回る。
e0272335_205567.jpg
一輪でも見たいとの執念が実り開花株に出会うことができた。
e0272335_20133573.jpg
シノノメソウはリンドウ科の一年草または越年草。茎は高さ30~40センチメートル。8~9月、茎上部に密集した散形花序をつける。花冠は5裂し、白色で紫色の斑点(はんてん)がある。
e0272335_20174479.jpg
リンドウ科のアケボノソウに似ていますね。
e0272335_20252436.jpg
まだ咲き始めだったが見頃は15日以降かなぁ?

2、神掛岩トレッキング              
【山行日】2018年8月9日  (晴)                                         
【山行先】神掛岩              
【山行者】単独 
【行動コース】神原登山口(8:10)~5合目小屋(9:20)~神掛岩810:35/11:15)~5合目小屋(12:10)~神原登山口(12:45)
【行動時間】4時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】
 シデシャジンとシノノメソウの花を見ることが出来たので神原登山口に移動する。やはり、花だけではなく山歩きも楽しまなくては。さりとて祖母山に登る気力はさらさらなかった。
e0272335_20351789.jpg
祖母山は九州本土で5番目に高い山とは。全くの知識不足である。
e0272335_20375361.jpg
5合目小屋まではこちらのコースを歩く事に。
e0272335_2172685.jpg
祖母山登山道にもシノノメソウがあるもまだ蕾だった。
e0272335_219169.jpg
涼を求めて御社の滝に向かう。滝の岩場にはイワタバコが群生しているのだが。
e0272335_4461638.jpg
1番目の滝。この付近はヒンヤリとして爽快な気を味わうことが出来た。
e0272335_4492032.jpg
御社の滝が魚止まりの滝となっているとの事。(2008年調べ)。現在はどうなっているのかな?
e0272335_4524179.jpg
2番目の滝。自然の涼しさは素晴らしい。
e0272335_455450.jpg
岩場のイワタバコも涼感を満喫している様だった。
e0272335_4574748.jpg
イワタバコの花は既に終盤。見頃の花を探してパチリ。
e0272335_502290.jpg
イワタバコの花はこんな感じ。御社の滝でゆっくりとくつろいだ後は5合目小屋に向かった。
e0272335_56535.jpg
5合目小屋から目指すは祖母山ではなく神掛岩なので心に余裕があった。
e0272335_564677.jpg
木橋を渡り神掛岩トレッキングコースへ。
e0272335_584996.jpg
あらためて気合を入れなおし神掛岩を目指す。
e0272335_5102874.jpg
案内板の近くに茸の塊が。樹林地帯は太陽の光線が遮られているのでとてもありがたい。汗は滲むも差ほど暑さは感じなかった。
e0272335_514457.jpg
今日2つ目の滝は神仙の滝。涼を求めて滝の近くまで足を進める。
e0272335_5171277.jpg
神仙の滝の岩肌にもイワタバコの群生。
e0272335_5193578.jpg
登山道を歩いていると真っ赤な物が。山芍薬の種ですね。
e0272335_523635.jpg
山芍薬の種子はまるで花の様だった。種が零れ落ち命が再生し群生地になることを願った。
e0272335_5245565.jpg
ブナ水源です。こあたりは心地よい自然地帯で自分のお気に入り。
e0272335_5271966.jpg
ヒメシャラの群生地が好きなのです。イイネ!
e0272335_5285149.jpg
白いものがニョキニョキともたげていた。キノコの名前は?
e0272335_5304852.jpg
神掛岩とメンノツラ越の分岐点。後ひと頑張りで神掛岩だ。
e0272335_5415364.jpg
神掛岩に到着。この後、素晴らしい眺望を楽しむ。
e0272335_89893.jpg
へっぴり腰で神掛岩の先端に立ち眼下を見渡す。
e0272335_8111994.jpg
くじゅう連山の三俣屋を眺めながら先日登ったことを思い出していた。
e0272335_812447.jpg
こちらの大きな山塊は祖母山。このあと早目の昼食を済ませ下山開始。
e0272335_8204865.jpg
ツクシガシワは ガガイモ科 カモメヅル属. 山地の林下などに生える多年草で、高さは50 ~100センチ。茎の先はつる状に伸びる。
e0272335_8233043.jpg
ツクシガシワの実。10センチもある長い実が一対左右に伸びている。
e0272335_8271683.jpg
ヤマジオウの花。ヤマジオウ(山地黄)は、シソ科オドリコソウ属の多年草。
e0272335_829503.jpg
5合目小屋からトレッキングコースの指標方向に進み下山。渓流音を聞きながら山路を歩く喜びを感じる。駐車場に着いた時は自分の車だけだった。

《一口メモ》
 シノノメソウの花を見ることができたのが一番の収穫。でも少しばかり早過ぎた様だ。

                                                以上                    

by tinnan1515 | 2018-08-09 19:15 | 山歩き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー