里山のイチヤクソウは間もなく開花!

2018年5月11日  金曜日  (晴)

 今日はおばあちゃんの月1回の健康診察日及び自分の治療で半日つぶれてしまった。午後からは里山歩きに出かけようと思っていたら、家内から”お米がなくなったので米搗きをお願いします”。との一言。出鼻を挫かれたが素直に米搗きに出掛ける。でもここで思わぬ花を見る事ができた。
e0272335_1961167.jpg
シロバナツユクサかと思ったらトキワツユクサであった。トキワツユクサ(常磐露草)はツユクサ科ムラサキツユクサ属の多年草。別名、ノハカタカラクサ。

 米搗きを終えて里山の龍王山と三角台に向かった。今日のコースは熊崎川の土手から龍王山に。山路に入ると早速にナワシロイチゴを見る。
e0272335_1915373.jpg
すでに花は終わっている様だった。ナワシロイチゴ(苗代苺)とは、バラ科キイチゴ属に分類される植物の一種。別名アシクダシ、サツキイチゴ、ワセイチゴ、サオトメイチゴ、ウシイチゴ。

 今日の目的はその後のイチヤクソウの観察。イチヤクソウは三角台の麓にあるので、先ずは龍王山に登る事に。好天気に恵まれ心地よいのだが額と腰周りは汗が吹き出してくる。
e0272335_1924676.jpg
途中でオオバトンボソウ?を見る事が出来た。花芽が折れかかっている様で心配である。
e0272335_1931355.jpg
カキランは順調に育っていた。コキンバイザサが咲いていなかと注意深く観察するもその気配はなかった。
e0272335_1934643.jpg
龍王山の山頂は新緑を終えて濃い緑に移行していた。
e0272335_19365918.jpg
山頂の桜は赤い実を付けていた。
e0272335_19381174.jpg
山頂から臼杵湾を眺めてから三角台に向う。
e0272335_19392986.jpg
三角台に着き、海を眺めながらコーヒータイム。
e0272335_19404087.jpg
津久見島の奥に見える島は無垢島。無垢島の山に登った事が思い出されてきた。次は麓にあるイチヤクソウのある場所に移動する。
e0272335_1944517.jpg
前回観察した時よりも蕾が大きくなっていた。開花はもう間もなくかなぁ?
e0272335_1946345.jpg
見事な株である。この後、沢筋を登り岩崎越を目指す。再び龍王山に登り返し下山する。コースを変更して下山していたら。
e0272335_19495859.jpg
オオバトンボソウの花芽を見る事ができた。
e0272335_1951972.jpg
近くには数株ありビックリ。開花が待ち遠しい。
e0272335_19524553.jpg
最後はスイカズラ。スイカズラ(吸い葛)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)。冬場を耐え忍ぶ事からこの名がついた。

 2時間余りの里山歩きで花の成長を確認する事が出来た。歩いてみると色々な花が咲いているものだと認識する。やはり、こまめに歩くことが肝要と云う事か。


                                        以上
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-05-11 20:00 | 山歩き | Comments(0)