鳥屋(とや)城跡のエビネ観察!

 平成29年に干支の山に登った山が鳥屋城跡。その時にエビネがある事を知り得ていたので、どの様な花が咲くのか興味津々だった。
 もしかしたらキエビネかもと、自分勝手な想像を膨らませていた。兎に角エビネが咲く時期に是非行ってみたいとの思いを今日実行する事にした。
e0272335_155968.jpg
エビネの花を見る事ができた。

                      記

【山行日】2018年5月10日  (晴れ)                                         
【山行先】鳥屋城跡(744m):大分県豊後大野市
【山行者】単独
【行動コース】鳥屋城跡登山口P(9:30)~鳥屋城跡(10:10)~三の丸山頂(10:25/10:35)~鳥屋城跡登山口P(11:35)
【行動時間】2時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 余りにも素晴らしい天気にクマガイソウは今日の方がよかったかなと思うも、自分の判断力がまずかったと悔やんでもでそれまでの事。今日はエビネに期待しながら鳥屋城跡を目指す。
e0272335_1635445.jpg
登山口の小広場に車を停め9時半スタート。
e0272335_16113188.jpg
鳥屋城跡登山口の新しい標識が立てられていた。
e0272335_161522.jpg
歩き始めると直ぐにホウチャクソウに出会う。確か今季お初。ホウチャクソウは(宝鐸草)はチゴユリ属に分類される植物。
e0272335_16172182.jpg
次のお花さんは二人静。おっ!意外と花があるではないか?
e0272335_16191970.jpg
ホウチャクソウ?
e0272335_16203557.jpg
鳥屋城跡まであと500mの地点で衣服調整。100m単位で標識が設置されている。
e0272335_16223624.jpg
鳥屋城跡から三の丸を目指す。
e0272335_1625580.jpg
三角点は三の丸にあります。ここからの眺望が素晴らしい。
e0272335_16272492.jpg
先ずは由布岳から。山の姿に魅力を感じる。
e0272335_16292732.jpg
すっかりご無沙汰しているくじゅうの山々。
e0272335_16303769.jpg
先日登った祖母山。
e0272335_1631312.jpg
傾山にも登りたいのだが花散策が忙しい。(・∀・)
e0272335_16325579.jpg
阿蘇山は登山解禁になりましたね。さあ、今日目的のエビネは?
e0272335_16363021.jpg
淡い期待を抱いていたキエビネは見当たらなく全て地エビネだった。
e0272335_17211517.jpg
株数を数えてみたら30数株あった。このまま群生地になることを夢見る。
e0272335_1728630.jpg
夢中になり写真を撮る至福のひと時。
e0272335_1731985.jpg
存分にエビネを楽しみ下山開始。
e0272335_17324436.jpg
登山道に咲いていたエビネ。登りの時は気がつかなかったのだが。今日はエビネデーになる。

《一口メモ》
 気になっていた鳥屋城跡のエビネを見る事が出来たのでこれで宿題完了。

                                          
                                            以上
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-05-10 16:00 | 山歩き | Comments(0)