クマガイソウ&丁字草の花散策

 二日間家に籠っているとストレスが溜まる。幸いにして月曜、火曜と佐伯まで治療に行っているためなんとか、ストレスが緩和できている状況であった。
 5月5日の祖母山行時の足筋肉痛も治まり山歩きは大丈夫。しかし、天候は昨日夜半まで降り続いていた。でも今日と明日の予報は晴マーク。本来なら木曜日の方がベストなのだが我慢することができなかった。
 その理由は鳥屋岳のクマガイソウがアップされているのを見た時から、とある山麓のクマガイソウへの思いを強めていた。
e0272335_1931320.jpg
毎年この花を見るのが楽しみ。今年古希を迎えたのだが喜寿まではこのクマガイソウを見続けたいと思っている。

                記
【山行日】2018年5月9日  (曇のち晴れ)                                         
【行動記録】
1)クマガイソウ
 別府に向かって車を走らせていると鶴見岳の山容ははっきり見えていたのだが、城島高原パーク辺りに来ると晴れ間は見られずガスにおおわれていた。
 路肩に車を停めて午前9時半スタート。やはり明日の方が良かったかもと思いつつ目的地に向う。このコースには確かギンランが見られる筈だ。
e0272335_19485712.jpg
作業道の両脇に注意深く見回しながら歩いていると白い花が目にとまる。今日最初のギンランであった。
 途中で衣服調整をしながら歩くも青空が見える気配はなかった。登山口に着くと一人の男性登山者の方とお会いする。この時思ったことはこのコースを登られると言うことはきっと目的が同じだろう。ご挨拶をしそれとなくお話をするとやはり目的は同じであった。
 ここでこの花を教えて頂いた。
e0272335_19592981.jpg
ササバギンラン。実は昨年、ポンちゃんさんからササバランの事を教えて頂いた事をすっかり失念していたのであるが、ここでこのササバランの存在を知る事となった。○○さん、ありがとうございました。
 この後、○○さんとご同行することになり心強くなる。お花の事が詳しくとても参考になった。
e0272335_2073017.jpg
ユキザサの花を愛でながら小休止。
e0272335_2083623.jpg
一人静かはまだ健在であった。
e0272335_2094265.jpg
そろそろ目的地に着く筈だが?この花も今日の目的の花。サルメンエビネはまだ蕾?確か開花した株があるのだが。
e0272335_2013347.jpg
ひと株のみ開花していた。でも開花を見られたのでまんぞく、まんぞく。次はクマガイソウだ!
e0272335_20152731.jpg
今年もクマガイソウを見る事が出来た。自分の健康体に感謝、さらには自然界にありがとう。
e0272335_20183371.jpg
自分の見た感じであるが株数が増えている様な気がした。
e0272335_2019557.jpg
来年もこの地でクマガイソウを是非見るぞ!
e0272335_14241578.jpg
可愛らしい蕾はこんな形。
e0272335_1426281.jpg
ウリハダカエデ(瓜膚楓)の名前を教えていただく。ウリハダカエデ(瓜膚楓)は、カエデ科カエデ属の落葉小高木ないし高木。
 クマガイソウを満喫したあとは男性の方と下山する。
e0272335_14294660.jpg
この花の名前も教えて頂いたのに忘れてしまった。
e0272335_14324770.jpg
下山時に再びギンンランに出会う。見事な株であった。
e0272335_14344450.jpg
○○テンナンショウ?この名前も教えて頂いたのに忘れていた。
e0272335_1525963.jpg
ササバギンランが意外と多い事を知り得た。

 そうそうご一緒したから名刺を頂き、お名前を拝見するとハンドルネームがyamabousiと言うお方だった。yamabousiさん、今日は大変お世話にありがとうございました。

2)丁字草
 丁字草の花が見られる神楽女湖に移動する。さて開花しているかが少々心配であったが?
e0272335_15172944.jpg
神楽女湖の丁字草は咲き始めのような感じであった。
e0272335_15191099.jpg
背景の山は鶴見岳。
e0272335_15204661.jpg
由布岳は小さく見えていた。
e0272335_15232550.jpg
チョウジソウ(丁字草)は、リンドウ目キョウチクトウ科に分類される多年生草本植物。
e0272335_15253993.jpg
今年もチョウジソウを愛でる事が出来ました。
e0272335_2024422.jpg
丁字草の花の色は地味ですね。
e0272335_15364183.jpg
最後は花筏で締めましょう。

《一口メモ》
 yamabousiさん、色々な花の情報ありがとうございました。
                    
                                        以上
Commented by ポンちゃん at 2018-05-10 16:42 x
こんにちは、うすきさん
クマガイソウ、ちょうど良いときですね。
おサルさんは、クマさんのホンの近くのやつですね。
30メートルほど下にもう一か所あったと思うのですが、前回はそちらが早かったです。
お会いになった方は、多分、山帽子さんかと
平尾台の達人で、信ちゃんのお友達ですよ。
ササバギンラン多そうで、来年はこちらから行ってみようかな?
Commented by furaibow581203 at 2018-05-10 16:48
うすきハッピーリタイアメントさん、こんにちは。
山帽子さんのアドレスを貼り付けようとして、コピーしたら、ポンちゃんに先を越されました(笑)
ポンちゃんもご存じで、私も二度ほどお会いしたことがあります。
ブログは、https://blog.goo.ne.jp/yamabousi1225
Commented by tinnan1515 at 2018-05-10 19:18
ポンちゃんさん、こんばんは。
クマガイソウはグッドタイミングの様でした。
この時期になるとこの花は見逃せませんね。
サルメンはもう一ヶ所ありましたか。
来年はしっかりと確認したいと思います。
そうなんですか。道理でお花に詳しいと思いました。
ササバギンランは意外と多く見かけました。
ただし時期が早かった様です。
Commented by tinnan1515 at 2018-05-10 19:25
風来坊さん、こんばんは。
ご丁寧にありがとうございます。
山帽子さんと言うお方でしたか。
またの出会いが楽しくなりました。
Commented by 山沢周平 at 2018-05-10 20:17 x
うすきさん、こんばんは。
雨の中のクマさんもいいですね!
私も今週末に行く予定です。とても楽しみになりました。

それから、山帽子さんにお会いになったんですね!
私も、先日仰烏帽子でたまたま会うことができました。
九州も広いようで狭いのかもしれませんね。

目的の花が一緒であれば遭遇するチャンスが増えますよね。
そのうちに、うすきさんともどこかのお山でバッタリとなりたいものです。
Commented by tinnan1515 at 2018-05-11 05:37
周平さん、おはようございます。
今年もクマガイソウを楽しむ事ができ嬉しかったです。
周平さんは週末ですか。まだ見頃だと思います。
ササバギンランが開花していると良いですね。

yamabousiさんに色々な花の名前を教えて頂き、とても参考になりました。
周平さんもお会いになっていたのですね。仰烏帽子とはビックリです。

花散策でサプライズが起きるかも知れませんね。
楽しみです。

Commented by 豊津の信ちゃん at 2018-05-11 11:41 x
うすきさん、こんにちは。
一日違いでしたね。私どもは昨日(10日)に行ってきました。
ちょっとパソコンの調子が悪くて、先ほど写真をやっと取り込むことができました。
山帽子さんにお会いになったのですね。
平尾台では茶が床園地に車を停めていると、お互いに「今、どこにいますか~」で一緒にお花散策をしております。
先日はMishanの山行に参加して、二ツ岳と鳥屋岳のクマガイソウを見に行ったんですよ。
世の中 狭いですね^^
Commented by tinnan1515 at 2018-05-11 18:01
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんにちは。
10日の方が天気が良くて素晴らしい山日和でしたね。
今季2度目のクマガイソウを満喫なされた事でしょう。

山帽子さんとお会いしたのは初めてでした。
信ちゃんのお友達とは。道理で花の知識が豊富なのですね。
色々な事を教えて頂きました。
私にとりましては良き出会いとなりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-05-09 20:21 | 山歩き | Comments(8)