鹿児島の山歩き(磯間嶽&野間岳)!

 昨年の11月に肉まんさんと予定していた鹿児島の磯間嶽登山が、自分の前立腺全摘除術の為延び延びになっていたのだが、やっとその機会が巡ってきた。

 自分にとっては久し振りの遠出の山歩き、ワクワク感と期待感が高まっていた。さらには久方ぶりの九州百名山登山でもあった。
e0272335_1825275.jpg
磯間嶽の岩稜線を歩いてみて九州百名山であることに納得。

                            記
   
【山行日】2018年2月17日  (晴れ)                                         
【山行先】磯間嶽(363m):南さつま市大浦&野間岳(591)*南さつま市笠沙町【山行者】2名
【行動コース】
1)磯間嶽
岩稜線登山口P(7:35)~325mピーク(9:00)~中嶽(9:47/9:50)~磯間嶽(10:55/11:10)~林道出合(11:40)~岩稜線登山口P(12:10)
【行動時間】4時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】
 鹿児島遠征なので気になるのは天気。有難い事に17日、18日と好天気の予想だった。今日のメイン登山は磯間嶽。標高363mで九州百名山とは。どの様な山なのか興味津津だった。
e0272335_19405467.jpg
駐車スペースは2台程。
e0272335_19385325.jpg
準備を終えて岩稜線登山口に向かう。
e0272335_1943212.jpg
林道を歩いているとあっ!サツマイナモリだ。
e0272335_19464629.jpg
林道沿いにサツマイナモリが咲いているので立ち止まる回数が多くなる。(-^〇^-)
e0272335_195016.jpg
やゃ淡いピンク色のサツマイナモリに目を奪われる。もう一つは花ではないがフウトウカズラを発見。高い所だったので眺めるだけであった。まさかこの地でフウトウカズラが見られるとは嬉しいの一言である。
e0272335_19545484.jpg
肉まんさんが、ここが登山口との合図。すみません。
e0272335_1958816.jpg
林道歩きを終えてここから登山道歩きに。
e0272335_19592475.jpg
登り始めると早速にロープ場?。
e0272335_203336.jpg
岩場の登り展望を楽しむ。
e0272335_2045934.jpg
この岩峰は大坊主岩。
e0272335_208712.jpg
次に出会った岩峰は小坊主岩。なんとなく大分の鋸山が思い浮かんで来た。
e0272335_20104483.jpg
岩稜線歩きの次は自然林の尾根筋歩き。
e0272335_20133815.jpg
歩き始めて約一時間半で325mのピーク地点に着く。
e0272335_20165451.jpg
標高365mの中嶽。磯間嶽より中嶽の方が若干高い様だ。
e0272335_5103178.jpg
中嶽を過ぎるとワンコ岩やカエル岩がある様だがこの岩は?
e0272335_5134435.jpg
歩いて来た登山道を振り返ると手前のピークが中嶽、そして、坊主岩の岩峰群も小さく見ていた。それにしても素晴らしい山日和に恵まれたのが嬉しい。
e0272335_5191619.jpg
どこかで見たような岩峰風景。一瞬、鋸山のあの岩峰に良く似ていると思った程である。
e0272335_522152.jpg
段々と近づいて来た磯間嶽の山頂。
e0272335_5253588.jpg
岩稜線歩きは慎重に。
e0272335_527335.jpg
先ほどは小さく見えていた岩峰を間近で見られる地点まで辿り着く。左の方に微かに見える尖った山は開聞岳?
e0272335_5333470.jpg
珍しい岩に遭遇、田の神さあ岩?
e0272335_5361346.jpg
大浦登山口の分岐点。下山時のコースである。
e0272335_5373914.jpg
上津貫登山口の分岐点。磯間嶽の登山口は3箇所、岩稜線登山口、大浦登山口、上津貫登山口。今回は2箇所の登山口を歩く事に。
e0272335_5442891.jpg
この岩の鎖場を登り上がると磯間嶽。
e0272335_5552934.jpg
磯間嶽初登頂。九州百名山50座目。
e0272335_5484039.jpg
山頂目前の肉まんさん。
e0272335_5521457.jpg
肉まんさん、九州百名山97座目登頂。
 
 初登頂を楽しんだあとは大浦登山口、そして、岩稜線登山口までの周回コースである。
e0272335_8225299.jpg
大浦コース下山道でフウトウカズラに出会った。今回は写真を撮ることに。花が少ない時期なのでとても嬉しい出会いであった。
e0272335_8294951.jpg
一輪の薮椿。
e0272335_8313125.jpg
林道出合に立てられている
磯間嶽登山標識。
e0272335_8333733.jpg
車道出合。ここまで降りてくれば岩稜線登山口の駐車場まであとひと頑張り。
e0272335_84274.jpg
周回コースを歩き終えて岩稜線登山口に無事ゴールイン。駐車場には自分の車を含めて3台停めてあった。

2)野間岳
【行動コース】
野間神社登山口P(13:00)~野間岳(13:35/13:」40)~野間神社登山口P(14:05)
【行動時間】1時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 磯間嶽岩稜線登山口に降り着いた時間が12時10分。この時間帯であればもう一山登れると言う事で下調べをしていた野間岳に登る事に。野間岳も九州百名山であり気合が入っていた。
e0272335_943471.jpg
野間神社登山口から山頂まで0.7Km。本来ならば宮ノ原登山口から歩けば良いのだが、今回は山頂に立つだけで良しとした。
e0272335_91175.jpg
先ずは野間神社にお参りを。最近は孫の事を祈願するようになった。
e0272335_9181457.jpg
九州自然歩道南薩コースの案内図。
e0272335_9132696.jpg
案内図。この時点では開聞岳には明日登る計画であったのだが。
e0272335_920277.jpg
春の日差しを浴びながら心地良く歩く。
e0272335_9233229.jpg
山頂周辺にあった祠。
e0272335_925188.jpg
野間岳の三角点。
e0272335_926572.jpg
本日2座目の野間岳(標高591m)に初登頂。さて、展望は。
e0272335_9281519.jpg
山頂から眺めた野間半島。果てしなく広がる海は東シナ海。
e0272335_931255.jpg
炬火採火の地。第27回国民体育大会&昭和47年10月11日と明記されていた。
e0272335_9364592.jpg
1時間ちょっとの山歩きを終えて駐車場に着く。

”余談”
その1、フンドーキン醤油
e0272335_9432054.jpg
ローソン昼食用に買った”焼きおにぎりさば”なぜ買ったかというと、フンドーキン醤油使用と書かれていたからであるのだが、ついつい愛社精神が蘇てきたのである。退職して6年も経過してたのかと思った次第である。

その2、知覧武家屋敷
 2座歩いた汗を落とすために温泉に寄る。すっかりくつろいだ後は観光気分が擡げて来たので知覧武家屋敷に向かった。
e0272335_9502320.jpg
知覧の武家屋敷庭園案内図。
e0272335_102252.jpg
知覧型二ッ家。
e0272335_10234510.jpg
知覧独特の知覧町の建築文化と書かれている。
e0272335_10261173.jpg
知覧武家屋敷の道路が広いのには驚いた。素晴らしい武家屋敷を末永く後世に受け継いでもらいたいと思った次第である。

《一口メモ》
 山と温泉と観光、充実した鹿児島の一日であった。


                                             以上
                      

by tinnan1515 | 2018-02-19 20:19 | 山歩き | Comments(2)
Commented by furaibow581203 at 2018-02-20 10:43
うすきハッピーリタイアメントさん、こんにちは。
先日のブログに肉まんさんから電話・・・とあったので、てっきり大障子と思っていました。
磯間嶽、低山ながらなかなか手ごわい山ですよね。
珍しい花もある良い山でもあります。
知覧の武家屋敷、食事のお店もあります。
次は奥様と一緒にぜひ。
翌日は開聞岳では無くどちらに行かれたのか?気になります。
Commented by tinnan1515 at 2018-02-20 15:21
風来坊さん、こんにちは。
今回は肉まんさん、再チャレンジの磯間嶽がメインでした。
岩稜線歩きは鋸山を歩いているような感じで手強いコースでした。
今季お初のサツマイナモリも見ることが出来嬉しかったです。
知覧の武家屋敷も素晴らしいですね。
計画では開聞岳でしたが急遽、大箟柄岳に変更致しました。
とても素晴らしい山でした。
大障子岩山行は5月に計画されていました。
私もご同行を検討しているところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー