山に癒されて

四浦半島&長目半島の山歩き(大分県津久見市)!

 四浦半島の城山(久保泊城跡・四浦合戦古戦場)に興味が湧き出掛ける事に。ついでに河津桜の開花状況も見られるとの一石二鳥の思惑。ついでにもう一座登ろうと思って調べていたら『やまやま再発見』で鉾土山山行記がアップされていた。グッドタイミングであった。
e0272335_1950230.jpg
この時期にアヤメの花が見られるとは、もう感動の一言。この時期に咲くアヤメはカンザキアヤメ(寒咲菖蒲(文目)であった。カンザキアヤメは地中海から西アジア原産の常緑多年草である。冬に温暖な地中海地域の原産である。
 
                         記

【山行日】2018年2月8日  (晴れ)                                         
【山行先】城山(久保泊城跡・四浦合戦古戦場)& 鉾土山(380.8m):大分県津久見市 
【山行者】単独
1)つくみ四浦半島
 久保泊城跡に行く前に四浦展望台に寄る。
e0272335_2022062.jpg
四浦半島河津桜マップで久保泊城跡を確認する。
e0272335_20767.jpg
四浦合戦古戦場は久保泊と刀自ヶ浦の間に突き出た小高い山であった。
e0272335_20115566.jpg
天正14年(1586年)島津軍が豊後に攻め込みました。この戦い(津久見四浦合戦)で久保泊城にたてこもった四浦衆は、大筒や鉄砲で島津の大軍を撃退したと伝えられています。と記されていた。
e0272335_201909.jpg
眼下に見える、城山(久保泊城跡・四浦合戦古戦場)。
e0272335_20213553.jpg
四浦展望台からの眺めの図で長目半島を確認する。
e0272335_20251920.jpg
手前の島が貴船島、その奥の島が黒島。黒島の奥が長目半島である。鉾土山(ほこつちやま)は、大分県津久見市と臼杵市との境にある山で標高380.8m。
e0272335_20304074.jpg
今日は佐賀関半島もはっきり。そして佐賀関名物の煙突も。
e0272335_2035127.jpg
河津桜はまだ蕾状態であったが、数輪の開花を見ることができた。

2)城山(久保泊城跡・四浦合戦古戦場)
 四浦展望台から移動して、ここの港から城山(久保泊城跡・四浦合戦古戦場)を向かう事に。
e0272335_53487.jpg
港の大きな広場に車を停めさせていただく。
e0272335_4573484.jpg
先ずは久保泊城跡と三ッ石の光景を眺める。
e0272335_584939.jpg
港に咲いていた数輪の河津桜。見頃になるのはまだ先の様だ。
e0272335_5114152.jpg
天満神社にお参りしてから。この地点からが登山道になる。
e0272335_5145987.jpg
登山道はコンクリートの道であった。
e0272335_5164785.jpg
梅の花は満開だった。海辺だから開花が早いのかな。
e0272335_5182558.jpg
暖かい陽射しを浴びながら心地よく歩く。
e0272335_5205897.jpg
車道出会い地点。さて、ここからどの方向に?城山は右側だから右に。
e0272335_5244774.jpg
この場所が取り付き地点であった。
e0272335_527315.jpg
取り付き地点から登り始めるとこの花に出会った。この花はアヤメ。それにしてもこの時期に咲くとは。
e0272335_5285146.jpg
蕾も。しかも株も沢山あった。写真を撮り終えた時、地元の方がお墓におられたので、花の事をお聞きすると寒アヤメで5月頃まで咲くとの事であった。
e0272335_5351653.jpg
この時期に花を愛でられルンルンな気持ちで歩き出すと赤テープ確認。このコーで間違いなし。
e0272335_5375542.jpg
ほらね。やっと山路歩きとなり心も弾む。
e0272335_5395793.jpg
石仏が祀られていた。
e0272335_5411164.jpg
ここにも。
e0272335_5415232.jpg
そしてここにも石仏が祀られている。やはり、四浦合戦古戦場跡地だからでしょうか?
e0272335_5435647.jpg
祠の中には何もなかった。
e0272335_5452464.jpg
こんなに多くの石仏があるとは。
e0272335_5481762.jpg
東端の展望露岩から刀自ケ浦の光景を見る。無垢島の先にある四国半島も見ることができた。
e0272335_7401864.jpg
四浦展望台も見えるよ。
e0272335_7435895.jpg
三ッ石を上から眺めると一つ岩に見える(笑)
 このあと歩いて来た道を降りながら、この地が400有余年前の話古戦場だったとは感慨深く思った次第である。それにしても当時の遺構を見出すものはなかったようだ。

3)長目半島の鉾土山
 久保泊城跡でカンザキアヤメを見たことで心も軽やかになっていた。次に目指すじゃお初の山である。大分かくれ名山の一つでもあるのだが、自分はこの山があることさえ知らなかった。津久見と臼杵の間にある長目半島稜線の山であった。【行動コース】鉾土山登山口(12:15)~鉾土山(12:55/13:30)~稜線歩き~鉾土山登山口(15:00)
【行動時間】2時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
 四浦半島から長目半島に移動中、つらつら思ったことはここのところ大分県南部の半島巡りが多いこと。それだけ大分のかくれ名山に意識がなかったことでもあるのだが、歩いて行く内に段々と面白くなってきた。自分の知らない知識も学べるし、そしてもう一つは海が眺められることであった。
e0272335_855690.jpg
県道707号線を走っていると長目と長目山の分岐点があり、この地点から長目山の方向に進む。
e0272335_8355489.jpg
里道を登りつめると転回場所がありそこが鉾土山登山口である。
e0272335_8381961.jpg
ここの転回場所に停めさせて頂いた。
e0272335_8403665.jpg
登山道はみかん畑の中を歩くコースであった。
e0272335_8415974.jpg
要所、要所にテープがあり安心して登られた。
e0272335_843254.jpg
貯水槽?下山時ひとつの目安になるからしっかりとインプット。
e0272335_8452038.jpg
竹林の中を進む。
e0272335_8465452.jpg
何となく稜線が近づいて来た感じ。登りも急になった来た。
e0272335_8482753.jpg
大きな穴が掘られていた。
e0272335_8514915.jpg
稜線に登り詰め山頂を目指すと山頂にはNHKの大きな中継塔聳え立っていた。
e0272335_855866.jpg
大分かくれ名山の鉾土山(381m)に発登頂。まだ昼食を済ませていなかったので、のんびりとお腹を満たす。今日はコーヒーではなくココアを飲む。甘いものを飲むとなんだかパワーがみなぎる様だ。さあ、期待の眺望は?
e0272335_912383.jpg
目前に見える島は黒島、彼方には保戸島。それから先ほど歩いて来た四浦半島も展望できた。
e0272335_962787.jpg
津久見市内の方角に目を向けると彦岳が際立っていた。
e0272335_984543.jpg
このあと臼杵の方向に向かっての稜線歩き。すると石祠があった。
e0272335_9112212.jpg
稜線歩きの途中で佐賀関の煙突を眺めた。佐賀関半島のシンボルである。
e0272335_9132229.jpg
次に見た光景は臼杵市街地。三角台の小高い山や自分が住んでいる住宅地まで見ることができた。
e0272335_9165115.jpg
そして、臼杵湾に浮かぶ津久見島。
e0272335_9181934.jpg
稜線をどんどん進んで行くとここの中継塔に辿り着く。この地点から作業道があったのだが今日はここで引き返す事に。
 
 鉾土山の山頂に戻り下山しかかるともう一方の稜線があり歩く事に。すると、お姫様の岩の標識が横たわっていた。
e0272335_9242623.jpg
なんとなんと素敵なお姫様に目を奪われる。ではいざ進め進め。稜線の突端まで歩くもそれらしき岩は見当たらなかった。今、思えば岩場の所に読み取れない標識があったのだが、もしかしたらその場所がいお姫様の岩かなぁ。
e0272335_9325589.jpg
何気なく撮った岩場。ひょっとしたら? かくして長目半島鉾土山の山行を終えた。

《一口メモ》
 大分県南部の半島は日豊海岸国定公園の一部であり、素晴らしいリアス式海岸を堪能できる。時期を変えて歩けば色々な花を見ることがで来るのではないかと思っている。まだまだ歩き続けなくては。

《日豊海岸国定公園(にっぽうかいがんこくていこうえん)は、九州東部の大分県中部( 佐賀関半島)から南は宮崎県北部(美々津海岸)にかけての海岸線に設置された国定公園。》

                                                   以上
by tinnan1515 | 2018-02-08 20:00 | 山歩き | Comments(2)
Commented by 悟空さん at 2018-02-09 15:52 x
こんにちは^^
最近雪山行かれないのですね。
うすきさんの車雪道強くてうらやましいのに^^

そうそう、陽希さんきっと来週の火曜日が大崩、その後2日開けてくらいで祖母じゃないでしょうか?予想です(笑)
みんなと遭遇しないように土日は避けてるように思います。
祖母や大崩はそんなに人が来ないけど月曜日まで雪マークですし避けて火曜日大崩かなぁ~って
鶴見までまだまだ時間かかりそうですね^^;

それにあまり大変な山ではない所はご来光が多いように感じますよ。
Commented by tinnan1515 at 2018-02-09 17:50
悟空さん、こんにちは。
そうなんですよ。
どういう訳か気力が奮い立たず雪山を避けております。
今は低山歩きを楽しんでいるところです。

陽希さんの日記を見ると2月3日が椎葉村でした。
仰有るように由布岳・鶴見岳はまだまだ先の様ですね。
一時は傾山山行も予定していたのですが、今では諦めております。
涌蓋山は予定しているのですが、いつごろになるのでしょうかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

以前の記事

フォロー中のブログ

最新のコメント

ミラさん&tetu-1さ..
by tinnan1515 at 08:18
お早うございます☺ 何..
by otohime_22 at 07:29
giroroさん、おはよ..
by tinnan1515 at 05:23
うすきさん、こんばんは。..
by giroro at 21:14
山馬鹿さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:08
>問題なしとの検査報告 ..
by yamabakanikki at 22:24
そよかぜさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:17
フウトウカヅラ いいです..
by そよかぜ at 11:06
ポンちゃんさん、こんばん..
by tinnan1515 at 18:06
こんにちは、うすきさん ..
by ポンちゃん at 16:39

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧