山に癒されて

鶴見半島巡り&八ケ久保山・ワルサ山!

2018年2月6日   (晴れ)

 ここのところ海岸線の山歩きを楽しんでいるのだが、今回は鶴見半島巡りを計画した。一番の目的は鶴御崎灯台と鳥羽一郎さんの『男の港』の歌碑を見ることであった。もちろん山歩きも。
e0272335_1918251.jpg
展望ブリッジから眺望した鶴御崎灯台。

                           記
1)はざこ展望台
 鶴御崎灯台を見る前にワルサ山の登山口確認に行くとはざこ展望台があった。
e0272335_19322058.jpg
はざこ展望台の上から眺めた光景は?
e0272335_19333424.jpg
紺青の海と空。それはそれは素晴らしい眺めだった。彼方に見える半島の山は蒲江の山?
e0272335_19461857.jpg
展望台の近くにこの歌碑も。
            春は花 夏浜風に 秋の月 冬霜知らず 楽しやはざご
e0272335_19514039.jpg
そしてこの歌碑も。
            垂直に 落ち広がる 海を見む 間越の里は いく曲がり行く 
e0272335_19584625.jpg
そして、ワルサ山の登山口を確認。この後、鶴御崎灯台へ移動する。

2)丹賀砲台園地
 今日は定休日で見学出来なかった。
e0272335_2061688.jpg

悲劇の巨砲 丹賀砲台! 砲塔井には今も爆発事故のあとが残り、厚さ2メートルを超す コンクリートに刻まれた傷は爆発の大きさを記しています。と。
e0272335_2011980.jpg
丹賀砲台園地から大島を見る。

3)段々展望所
 鶴御崎灯台へ向かっていたら段々展望所があり眺望することに。

e0272335_20152783.jpg
九州最東端鶴御崎には見所がいっぱい。
e0272335_201655100.jpg
元の間海峡について。
e0272335_20213683.jpg
目前の島は大島。
e0272335_20252816.jpg
大島の全容。
e0272335_20272896.jpg
岩峰の穴は”壇の窓”
e0272335_2031338.jpg
もう一度大島を眺めて移動開始。

4)展望ブリッジ・登山口 (八ケ久保山:254.6m)
 鶴見半島めぐりともうひとつの計画はやはり山歩き。展望ブリッジの山頂が八ケ久保山である。そして、ここの駐車場で『男の港』の歌碑が見られるのである。
e0272335_8203894.jpg
板子一枚 生命をはった男度胸の 海が呼ぶ競う船出を 送ってくれるありがとう 浜千鳥の 群れよ豊後(ぶんご) 鶴御崎(つるみざき) 男の港

 思わず口ぶさみたくなるが、ここはじっと我慢子。360度の大パノラマが待っている。
e0272335_8383178.jpg
その前に鶴御崎周辺の植物を勉強しておきましょう。
e0272335_8132345.jpg
360度の大パノラマ展望ブリッジの登山口。
e0272335_8454931.jpg
整備されていろ登山道を歩く。気持ちは早くも大パノラマ。
e0272335_848899.jpg
なんとこの地は砲台や防空壕の跡地だった。
e0272335_8502144.jpg
兵舎あと。
e0272335_8514762.jpg
こちらが砲台跡。
e0272335_904935.jpg
ここには防空壕の跡。
e0272335_853928.jpg
展望ブリッジの景観。
e0272335_8544915.jpg
展望ブリッジから眺めた鶴御崎灯台。
e0272335_8583340.jpg
アップしてみると幸せの鐘も見えた。
e0272335_92063.jpg
半島の風景その1。
e0272335_933074.jpg
半島の風景その2。
 さて、八ケ久保山の三角点はどこに?ウロチョロ歩き回るがそそっかしさが災いして見つける事ができずに下山し、鶴御崎灯台に向かった。

5)鶴御崎灯台
e0272335_913167.jpg
鶴御崎自然公園の案内図。
e0272335_915723.jpg
日豊海岸国定公園鶴御崎園地を見てから鶴御崎灯台に向かう。
e0272335_9171579.jpg
あっ!こんなところにカワラナデシコが咲いている。
e0272335_9182783.jpg
例の如くウロチョロしていると展望地に辿り着く。そこには九州最東端水ノ子島灯台の絵が描かれていた。
e0272335_9215996.jpg
さらに進むとお社が。
e0272335_9232410.jpg
鶴御崎地蔵尊が祀られているお社だった。
e0272335_925787.jpg
今日の主たる目的だった鶴御崎灯台。
e0272335_9462696.jpg
九州最東端に位置する鶴御崎自然公園。海抜200mの絶壁に鶴御崎灯台があります。鶴御崎灯台は昭和56年(1981年)に完成、点灯との事。
e0272335_9512961.jpg
鶴御崎要塞案内板も設置されていた。
e0272335_9531589.jpg
この施設が要塞跡かなぁ。
e0272335_9541047.jpg
九州最東端・豊後鶴御崎。”男の港”発祥の地。
e0272335_95750100.jpg
幸せの鐘。つい先日は空の公園で幸せの鐘を見ていたのだが、この地の幸せの鐘も素敵だった。
e0272335_1014873.jpg
九州最東端に足跡を残す。
e0272335_1041126.jpg
鶴御崎灯台から展望ブリッジを眺める。

6)水の子島海事資料館
 水ノ子島灯台を見たくてここまで来たのだが海事資料館は休館日だった。
e0272335_10111278.jpg

e0272335_10124518.jpg
豊後水道海事博物館&豊後水道渡り鳥開館。
e0272335_10161027.jpg
海辺の景観。ゆっくりと見たいのだが風が冷たくて。
e0272335_10173628.jpg
水ノ子島灯台。水ノ子島灯台は、明治33年から4年の歳月をかけて明治37年3月20日に点灯した。灯台守たちを題材にした映画「新・喜びも悲しみも幾歳月(1986年)」のロケ地になっている。

7)鶴見半島自然研究路&ワルサ山(264.7m)
 今日の最後はワルサ山で終わる筈だったが?
e0272335_1026081.jpg
ワルサ山の登山口となるひょっとん峠。
e0272335_10273272.jpg
今日2度目の鶴見半島自然研究路鶴御崎4.9Km地点から出発。
e0272335_1036199.jpg
自然観察道(鶴見半島の縦貫道)のご案内。この稜線沿いに三つの展望台と道の左手に「シシ垣」あると記されている。シシ垣は畑作を猪や鹿から守るために築かれたとの事。
e0272335_10432073.jpg
自然観察道4.6Km地点。とても広い縦貫道である。
e0272335_10451885.jpg
最初の展望地に着く。景観は?
e0272335_10463073.jpg
実に素晴らしい眺めであった。
e0272335_10473715.jpg
ウバメガシについての説明。ウバメガシを焼いた炭が備長炭。
e0272335_10513898.jpg
自然観察道3.6Km地点まで辿り着いたのだが自然観察道2.8Km地点
の取り付き地点を見逃した様だ。
e0272335_10542843.jpg
自然観察道2.8Km地点
までやってきた。
e0272335_10554043.jpg
この石垣が「しし垣」である。
e0272335_10571018.jpg
この猪垣、危険との立札。
e0272335_10591357.jpg
15時に自然観察道2.6Km地点に到達。14時から歩き始めて丁度1時間だった。時間も下がっていたのでここから引き返す事に。残念な事にワルサ山の三角点を見ることなくひょっとん峠に戻った。

《一口メモ》
 資料は持参していたのだが車の中に。いつもこのような調子に反省。

                                                  以上
by tinnan1515 | 2018-02-06 20:30 | 山歩き | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

以前の記事

フォロー中のブログ

最新のコメント

viagra price..
by cuvaefj at 03:52
お久しぶりです。 先週..
by れい at 22:46
ミラさん&tetu-1さ..
by tinnan1515 at 08:18
お早うございます☺ 何..
by otohime_22 at 07:29
giroroさん、おはよ..
by tinnan1515 at 05:23
うすきさん、こんばんは。..
by giroro at 21:14
山馬鹿さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:08
>問題なしとの検査報告 ..
by yamabakanikki at 22:24
そよかぜさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:17
フウトウカヅラ いいです..
by そよかぜ at 11:06

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

由布岳の霧氷!
at 2018-12-13 19:40
小さな山歩き!
at 2018-12-12 19:20
音楽と読書!
at 2018-12-11 16:00
孫の買物!
at 2018-12-10 18:10
鶴見岳の霧氷に大感動!
at 2018-12-09 18:10

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧