順調なスタート!

2018年1月10日    水曜日

初詣にお参りしたのがつい先日の様な気がしているのだが、今日で1月の前半は終了。年末から年始にかけて健康を維持し堅調な生活リズムを刻み順調なスタートをきることができた。 目標の歩数は一万歩クリアーで推移中、読書は4冊読了とまずまずの経過である。

 今朝は昨日の環境美化活動後の後始末。缶類はスチール缶とアルミ缶に分類。ペットボトルはラベル剥がしである。また、汚れている容器は水洗いと環境美化活動も大変であることを認識する。今日は缶類のゴミ出し日なので丁度良かった。

さて、今日は里山歩きに出掛けた。歩きながら頭に浮かんできたのはブログにアップされていたハマジンチョウのこと。見たいと逸る気持ちはあるのだが何しろ遠すぎる。諦めてその代わりにコショウノキやオニシバリで我慢する事にしたのだが、帰宅してハマジンチョウ(浜沈丁)のことを調べたらゴマノハグサ科だった。道理で花が大きいと思った。
ハマジンチョウ(浜沈丁) はゴマノハグサ科に分類される 植物の一種。南日本から中国南部、インドシナ半島に分布する常緑低木であり、塩沼や マングローブに自生する塩生植物でもある。別名はモクベンケイ、キンギョシバ。和名「 ハマジンチョウ」は、海岸に生えていることと形態がジンチョウゲに似ることに由来するが 、ジンチョウゲとの類縁は遠く、全く別のグループである。”
因みにコショウノキとオニシバリはジンチョウゲ科ジンチョウゲ 属である。

 余談になってしまったが里山歩きの途中で霙が少し落ちてきたが直ぐに止んでしまった。くじゅうの山々は雪だろうと思いつつ里山歩きをのんびりと楽しむ事が出来た。

《読書》
 図書館から予約をしておいた本が準備ができたとのメールが入っていたので図書館に出掛ける。返却する本もあったので丁度良かった。
1)夫の後始末  曽野綾子 著
 予約していたのは”夫の後始末”。夫・三浦朱門と過ごした夫婦の「最後の日々」の内容を知りたくこの本を読むことにした。
e0272335_17575942.jpg


2)トップリーグ
 相葉英雄さんの本を読むのは今回が初めて。とてもたのしみである。
e0272335_17581769.jpg
相場 英雄(あいば ひでお、1967年9月18日 - )は、日本の小説家、経済ジャーナリスト。 新潟県三条市生まれ。

《百人一首の学習》
47.八重葎しげれるやどのさびしきに人こそ見えぬ秋は来にけり    恵慶法師
ヤエムグラ(八重葎、Galium spurium var. echinospermon)はアカネ科の越年草。道端の雑草としてごく普通にみられる。種子はひっつき虫の性質も持つ。

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
135)これを知ること一日ならば、一日は猶ほ百年の如し、無知にして百年なる、これを酔生夢死といふ。
*尾崎二州『素餐録』(寛政三年・1791)

136)人間というものは、自分の歩いて行く道が平路であれ、嶮路であれ、それが苦しかれ、愉快であれ、何とかして自分の道を是認しようという性向を持っている。
*広津和郎『わが心を語る』(昭和四年)

137)人生は見る影もなき蛆虫に等しく、朝の露の乾く間もなき、五十年か七十年の間を、戯れて過ぎ逝くまでのことなれば、我一身を始め万事万物を軽く視て、熱心に過ぐることある可らず。
*福沢諭吉『福翁百話』(明治三十年)
●人生は戯れのようなものに過ぎないが、その戯れを本気で生きるべきだというのが諭吉の人生観であった。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】よく使われる「一~一」型と、「千~千」型の言葉です。
1)一世一代   2)一汁一菜  3)一朝一夕  4)一芸一能  5)一顰一笑  6)一張一弛
7)千客万来  8)千変万化  9)千差万別  10)千言万語  11)千辛万苦 12)千軍万馬


【解答】
1)いっせいいちだい  2)いちじゅういっさい  3)いっちょういっせき  4)いちげいいちのう
5)いっぴんいっしょう  6)いっちょういっし  7)せんきゃくばんらい  8)せんぺんばんか
9)せんさばんべつ  10)せんげんばんご  11)せんしんばんく  12)せんぐんばんば

《今日の小さな歓び》
 知人宅訪問。

                                          以上
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2018-01-10 18:10 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)