山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

菜種梅雨!

2017年4月10日   月曜日

 朝から降り続ける菜種梅雨には太刀打ち出来ない。さりとて、自宅で花を眺める程度で体がなまってしまうのだが、こうなると読書しかない。でもこのような天気では目が霞むので集中して読めないのである。もう踏んだり蹴ったりの一日であった。

 明日の予報も傘マーク。雨が上がれば里山に出かけられるのだが、どうやら明日までおとなしくしておきなさいとの天のお告げ。ここは忍の一字という事か。。
 
1)自宅の花
①カラー
 昨日は開きかけたばかりだったが、今日は雨の中で逞しく開花してくれた。これから暫くはカラーの花が楽しめそうだ。
e0272335_15401326.jpg

②ジュウニヒトエ(十二単)
 宿根草の十二単は背が低く横に広がり繁殖力が強い。いつの間にか辺り一面に十二単に覆い尽くされていた。まだ咲き始めたばかりである。
e0272335_15402616.jpg


2)漢字の学習
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
1、簡単そうでも読めない漢字
【問題】 
1)外郎  2)発条  3)木耳  4)忽ち  5)向背  6)綻び
7)一寸  8)生憎  9)徐に  10)流石  11)一昨昨日  12)寒復習
13)序で  14)美人局  15)天晴  16)兵  17)店子  18)平文
19)拗ねる  20)飯事 

【解答】 
1)ういろう  2)ばね  3)きくらげ  4)たちまち  5)こうはい  6)ほころび
7)ちょっと  8)あいにく  9)おもむろに  10)さすが  11)さきおととい  12)かんざらい
13)ついで  14)つつもたせ  15)あっぱれ  16)つわもの  17)たなこ  18)ひょうもん
19)すねる  20)ままごと
●寒復習  ⇒寒中、のどを寒さにさらしながら、歌をうたって鍛える様子。
●平文 ⇒漆工芸の技法。金銀の薄い延べ板を漆面に張る。

《今日の小さな歓び》
 知人と山談義。

                                           以上
# by tinnan1515 | 2017-04-10 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

由布岳横断&飛岳の福寿草!

 由布岳の登山ルートは正面登山道コース、東登山道コース、西登山道コース、塚原登山道コースは知り得ていたが、佐土原登山道コースは全く知らなかった。

 今回、佐土原登山道コースから塚原登山道コースの由布岳横断の計画があり、そのお誘いを頂き参加する事にした。心配していた天気は今日のみ晴れマークと言う事で、天までが味方してくれた様だ。
e0272335_19321396.jpg
今回初めて登る飯盛山(1347m)が目前に。

                         記
                   
【山行日】2017年4月9日  (晴れのち曇り)                                         
【山行先】飯盛山(1347m)&由布岳西峰(1583.5m)
【山行者】11名
【行動コース】佐土原ルート登山口P(7:15)~飯盛山(10:05)~由布岳西峰(12:00/12:05)~昼食タイム~塚原登山口(13:35)~塚原登山口P(14:05)
【行動時間】6時間50分(休憩時間む)
【行動記録】
 今日は由布岳横断と言う事で、塚原登山口に車をデポし佐土原ルート登山口に移動する。
e0272335_19424890.jpg

県道617号線に「上重見橋」があるのだがその近くに佐土原ルート登山口がある。
e0272335_19555792.jpg
佐土原ルート、暫くは林道歩きであった。
e0272335_19582158.jpg
こんな所も。山の斜面が崩壊しての落石?
e0272335_2031294.jpg
山路歩きになるとシキミの花を愛でる事ができた。
e0272335_2044480.jpg
でも登山道は植林地帯で
倒木がありスムーズに歩けない。
e0272335_2062077.jpg
そんな時、花を見ると心が休まる。シロモジ (白文字)
e0272335_2093287.jpg
自然林歩きは心地よいのだが段々と体力が消耗していく。辛い辛い登りになっていた。
e0272335_2013243.jpg
そんな時立ち止まり一息つく。ありがたやありがたやである。山芍薬の可愛らしい蕾が出始めていた。
e0272335_20152453.jpg
あっ!ここにはフデリンドウが。
e0272335_2016372.jpg
山中に聳えるブナの大木。
余りの巨大さに圧倒された。
e0272335_20181346.jpg
佐土原ルートで初めて見た標識。赤テープはあるのだがマイナーなコースの為、標識は殆ど無いようだ。
e0272335_202123.jpg
目指すは飯盛山。
e0272335_20221162.jpg
福万山を眺望しながら一息つく。
e0272335_20232021.jpg
やっと飯盛山が見え出してきたが難所が続く。
e0272335_2025675.jpg
佐土原ルートで二つ目の標識を目にする。
e0272335_20261230.jpg
飯盛山が段々と近づくもきつさは増してくる。
e0272335_2028951.jpg
飯盛山に着くも山頂標識はなかったが、初めての登頂だったので嬉しさが込み上げて来た。由布盆地を眺める。
e0272335_20302960.jpg
飯盛山の後は由布岳西峰近くのお鉢巡りの登山道に向かったのだが、この急斜面には難儀した。何度も何度も立ち止まり息を整える回数が多いこと。この地点のお鉢巡りの登山道にに着いたときはホッとした。この地点から由布岳西峰を目指した。
e0272335_20355970.jpg
初めての佐土原ルートからなんとか由布岳西峰に立つことができた。それにしてもきつかたなぁ。
e0272335_10274847.jpg
その時の写真です。風来坊さんから記念の一枚を撮ってもらいました。ありがとうございました。
e0272335_20381310.jpg
マタエ周辺には多くの登山者が。一方西峰は淋しい山頂であった。さあ、これから塚原登山道で下山だ。おっと、その前に昼食タイム。塚原登山道分岐点手前の斜面でお腹を満たし下山に備えた。
e0272335_20434128.jpg
下山は少し体が軽くなり足取りも心なしか弾んでいたが、なんと塚原登山道は幽玄の世界。テープを確認するのに手間がかかるもやはり下山は心浮き浮き。
e0272335_2048411.jpg
塚原登山道はヤブレガサの群生地であるが、ヤブレガサが芽吹き始めていた。
e0272335_2049568.jpg
佐土原ルート登山口から歩き始めてやっと塚原登山口に降りつく。これから駐車地までは舗装道歩きになるのだが、この地点で由布岳横断の目鼻がつき、心の中で拍手喝采。
e0272335_20532684.jpg
林道歩きでミヤマウズラ観賞。この葉っぱには斑がなかった。
e0272335_20551494.jpg
由布岳横断がこの地点で完了。皆様お疲れ様でした。

《一口メモ》
 今回の企画をしていただいたポンちゃんさん、ありがとうございました。また、本日ご同行の皆様には大変お世話になりありがとうございました。
 由布岳横断は一人では成し得なかつたことを皆様のお力をお借りし達成できましたこと感謝申し上げます。

(飛岳の福寿草)
由布岳横断の後は楽しみにしていた福寿草観賞。前回は3株のみしか開花していなかったが、今回は沢山の福寿草が開花している事だろうと。
e0272335_55820.jpg
舗装道歩きから山路歩きになるとキスミレが咲いていた。山の春は日に日に変化していることを伺い知ることができた。キスミレを見ると春爛漫と言った感じが湧いてくる。
e0272335_5111072.jpg
昨年の4月12日、飛岳山行時にバイモを見ていたので、今日そっと覗いてみたらまだ蕾であった。
e0272335_516114.jpg
開花時のバイモ。(ユリ科バイモ属のバイモ)
 キスミレとバイモの姿もみて心が和むが、足取りが重たくてなかなか前に進まない。これから山中に分け入るのかと思うと一段と足が重くなったような。どんじりを歩きながら進んでいると、皆さん方がカヤの中を歩いておられた。なんとなんとそこには福寿草が咲いているではないか。自分はてっきり山中の福寿草と思っていたので大助かり。歓喜の雄叫びを発したのである。
e0272335_5264778.jpg
先ずは可愛らしい蕾さんから。
e0272335_528253.jpg
まだこれからといつた蕾さん達があちこちに。
e0272335_5304591.jpg
なんと素敵な福寿草さん。開花し始めかなぁ。
e0272335_5325385.jpg
おぅ!見事な開花。美しい。
e0272335_2141830.jpg
最後はこちらの福寿草で締めましょう。今季は福寿草を何度も見ることができのでとても嬉しかった。

                                            以上
# by tinnan1515 | 2017-04-09 21:10 | 山歩き | Comments(14)

里山で今季お初の春蘭を見る!

2017年4月8日   土曜日

1)里山歩き
 朝から降る雨に、今日は一日自宅待機かと思っていたところ、14時過ぎ頃から雨も上がり晴れ間が見られる様になってきた。
 こうなると体がそわそわ、明日の山行の為にも少しでも体を動かしておきたいという気持ちが強くなり、里山歩きに出かける事にした。
e0272335_17144783.jpg
山路歩きに入るとすぐのところにエビネランがあるのだが、ちらっと覗くとなんともう花芽が伸び始めていた。4月に入り雨も適度に、そして温かくなったので花の成長が早まったのか。それにしても、また楽しみが一つ増えた。こうなると春蘭も期待できるのでは?
e0272335_17382241.jpg
春蘭がある場所に着くと蕾が二つ。すぐ近くの春蘭を見ると開花していた。
e0272335_17425774.jpg
何度も何度も通った春蘭の場所。今季お初の春蘭の花に歓喜する。
e0272335_17474288.jpg
雨に濡れた花びらの横顔を眺める。
e0272335_17531354.jpg
下から眺めるも今一つ花の様子が分からなかった。
e0272335_1757967.jpg
春蘭の花を見たので浮かれた気分で龍王山に着くと桜も開花していた。
e0272335_17594452.jpg
4月5日の時点ではちらほらであったがこの三日間で一気に開花していた。そして、あの花も。
e0272335_1824740.jpg
ヒメハギも小さな花を咲かせていた。そして、もう一つ驚いたことはなんとなんとツチグリを見たことであった。
e0272335_18589.jpg
まさか里山の山頂でツチグリに出会うとはもうビックリ。それにしても今まで気付かなかったとは。また、これから里山に通う楽しみが一つ増えた。
e0272335_1882162.jpg
外皮がすべて開いた個体。
ツチグリ(土栗)は、担子菌門菌蕈綱ニセショウロ目ツチグリ科ツチグリ属のキノコ。夏から秋、林内の道端や土の崖などで普通に見られる中型のキノコで、ツチガキ(土柿)とも言われる。

 雨が上がり、思い切って里山歩きに出掛けて本当に良かった。一気にテンションが上がり明日の山行に弾みが付きそうだ。

2)園芸
 昨日、アゲラタムとクモマグサの苗を購入していたのだが今日になってようやく植えた。
e0272335_17141329.jpg
アゲラタムは7~11月に咲くキク科の花。クモマグサ(雲間草)は、ユキノシタ科ユキノシタ 属の耐寒性多年草である。
e0272335_17134643.jpg
園芸店に出回っている クモマグサはヨウシュクモマグサで草丈は6cmぐらいで、茎は地面を這って伸び、 カーペット状に茂る。

3)漢字の学習
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
1、簡単そうでも読めない漢字
【問題】 
1)下手人  2)松明  3)三和土  4)頻り  5)麻疹  6)帳
7)炙る  8)行火  9)野点  10)只管  11)大童  12)四方山
13)南風  14)干菓子  15)弛む  16)百舌  17)則る  18)十六夜
19)古雅 

【解答】 
1)げしゅにん  2)たいまつ  3)たたき  4)しきり  5)はしか  6)とばり
7)あぶる  8)あんか  9)のだて  10)ひたすら  11)おおわらわ  12)よもやま
13)はえ  14)ひがし  15)たるむ  16)もず  17)のっとる  18)いざよい
19)こが
●古雅  ⇒古風でみやびなこと。古風で品があるさま。

《今日の小さな歓び》
 春蘭の開花を見た事。

                                             以上
# by tinnan1515 | 2017-04-08 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

臼杵城址の桜!

2017年4月7日   金曜日

1)臼杵城址の桜
 図書館に行った時、臼杵城址公園の桜が開花しているのが見えたので桜見に。もう一つは吉丸一昌(よしまるかずまさ)像が設置されたので併せて見学する事にした。
e0272335_17171588.jpg
吉丸 一昌(よしまる かずまさ、1873年9月15日 - 1916年3月7日)は、日本の作詞家、 文学者、教育者。代表作は『早春賦』など。
e0272335_17201670.jpg
1873年、臼杵市に生まれる。
e0272335_17233249.jpg
素晴らしい歌ですので是非聴いてみてくださいね。
e0272335_17313213.jpg
昨日は終日雨だったが、今日は雨もなく桜の花も一気に開花の兆し。やはり桜を見ると生きていることを実感する。桜の思い出は沢山あるのだが臼杵城址の桜もその一つである。 さまざまのこと思い出す桜かな (松尾芭蕉)
e0272335_17374442.jpg
城壁と桜の光景も良いなぁ。
e0272335_17391210.jpg
大門櫓(だいもんやぐら)と桜。
e0272335_17403052.jpg
大門櫓を額縁に。
e0272335_17444045.jpg
桜見物者もチラホラと。
e0272335_17455571.jpg
ほぼ満開?。
e0272335_17472386.jpg
桜祭り開催中なので紅白の幕で祭り気分。
e0272335_17492277.jpg
臼杵城内にある廃墟の像。
e0272335_17524689.jpg

e0272335_1753217.jpg
今年は桜の開花が遅れているのでこれから見頃を迎えるのだが、この短歌が思い出される。
 ひさかたの 光のどけき 春の日に  静心(しづごころ)なく 花の散るらむ (紀友則)
e0272335_1754343.jpg
今日は臼杵城址の桜を見れて良かった。     初桜折しも今日はよき日なり (松尾芭蕉)

e0272335_17544446.jpg
臼杵大岩周辺の山桜も見頃を迎えている様だ。

 今日、臼杵城址の桜を見に行くとは思っていなかったのだが、図書館のお蔭で思わぬ桜見学になってしまった。一日浮き浮きした気分に浸ることができた。

<なぜ日本人は桜が好きなのか> 
 満開の姿が見事だから?散り際に儚さやもの悲しさを感じるから? さて、どちらでしょう。このほかにもいろいろとあるのでしょうが。

2)呼吸器の定期診察
 成人病検査の胸部X-P検査で”精密検査を必要とします”との判定がここ数年続いていたので、一年に2回の定期検査を行っている。今日がその検査日であった。
 今日の検査は胸部のレントゲンとCT撮影の2項目である。検査結果、肺には異常が見られないとの診断であった。これまでは年2回の定期検査であったが、今後は年1回で良いとのこと。嬉しい結果になりホッとする。

3)読書
 五木寛之さんの『青春んの門・第八部』を予約していたのだが、借りられる様になったので昨日に続き今日も図書館通い。
e0272335_15563576.jpg
五木寛之さんの『青春の門・筑豊篇』を読んだのは確か20代であった。40数年を経て風雲篇を読むことができるとは感慨深いものがある。

4)漢字の学習
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
e0272335_15503054.jpg

1、簡単そうでも読めない漢字
【問題】 
1)頗る  2)不世出  3)万年青  4)予め  5)祝詞  6)尤も
7)列なる  8)海神  9)抓る  10)提灯  11)漁火  12)案山子
13)惚ける  14)概ね  15)理  16)欠伸  17)健気  18)伊達  19)中る
 

【解答】 
1)すこぶる  2)ふせいしゅつ  3)おもと  4)あらかじめ  5)のりと  6)もっとも
7)つらなる  8)わたつみ  9)つねる  10)ちょうちん  11)いさりび  12)かかし
13)とぼける  14)おおむね  15)ことわり  16)あくび  17)けなげ  18)だて
19)あたる
●頗る ⇒はなはだしい。かなり。たいそう。「―――悪い」。
●海神 ⇒海の神。「み」は神霊の意味で「わだつみ」とも読む。
●中る ⇒(事実や基準が)的中、合致。「----らずとも遠からじ 」 

《今日の小さな歓び》
 呼吸器の定期診察で問題がなかった事。

                                             以上
# by tinnan1515 | 2017-04-07 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

雨の日は読書日!

2017年4月6日   木曜日

 今日の行動は散髪と図書館通い。雨が上がればウォーキングと決めていたが、朝から降り続く雨ではさすがにウォーキングは却下。と言う事で読書の日となった。

 散髪の方は午前中にと思っていたのだが、雨の日ということもあってお客さんで混んでいたので午後からとなった。いつもの事ながら思うことは頭髪が白髪になる時期が必ずやってくるという事。今は側頭部は真っ白、天辺も白髪が見え始めてきた。心の準備は出来ているのだが、やはり黒髪には未練がある。

1)読書
 4月になりやっと1冊の本を読了。しかもこの本は今日が返却日だった。早速に返却に行く。そして、4月の新刊コーナーを眺めていたら『山行記』の本が目に止まり即借りる事にした。そのあと、3月の新刊コーナーを見ていると”黒川博行”の名前に釘付けとなる。この本も借りたいと思ったのが借りられる本は5冊までなので諦めていたのだが、なんと規則が変更になり一人10冊まで借りられるとの事。この本も借りて手元には6冊となった。
①山行記   南木桂士 著
e0272335_1625859.jpg
南木 佳士(なぎ けいし、本名:霜田 哲夫、1951年10月13日 - )は、日本の小説家、医師。代表作は『ダイヤモンドダスト』『医学生』『阿弥陀堂だより』等、生と死をテーマにした作品が多い。「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞受賞。

②喧嘩    黒川博行 著
e0272335_1631778.jpg
最近、黒川博行さんの本を読むことが多くなりつつある。

2)自宅の花
 雨の中、外に出てみると石楠花が開花していた。昨年は4月4日の時点で5分咲きだったので、やはり今年は開花がやゃ遅れている様だ。
e0272335_1559561.jpg
雨に打たれながら開花していた石楠花は僅かだった。
e0272335_1601884.jpg
シャガの花もやっと咲き出す。シャガ(射干、著莪、胡蝶花)は、アヤメ科アヤメ属の多年草である

3)漢字の学習
 今日から漢字学習の教材が【読めそうなのに読めない漢字の本 】日本常識研究会編に変更。気持ちを新たにコツコツと学習に取り組む事とする。
e0272335_15443078.jpg

1、簡単そうでも読めない漢字
【問題】 
1)専ら  2)頑な  3)時化  4)確り  5)踵  6)況して  7)具に
8)雲脂  9)象る  10)曰く  11)小童  12)小火  13)庫裏 
14)円やか  15)健か  16)転寝  17)普く  18)殿  19)姦しい 
20)司る  21)束子 
 
【解答】 
1)もっぱら  2)かたくな  3)しけ  4)しっかり  5)きびす 6)まして
7)つぶさに  8)ふけ  9)かたどる  10)いわく  11)こわっぱ  12)ぼや
13)くり  14)まろやか  15)したたか  16)うたたね  17)あまねく 18)しんがり
19)かしましい  20)つかさどる  21)たわし
●確り ⇒確か。丈夫。ぎっしり。「―した身元」
●況して⇒なおさら。いっそう。一段と。より以上に。「いつにも―混雑している」
●具に⇒いちいち。もれなく。詳細に。「―に語る」
●健か⇒しっかりしていて強いさま。手強い。「強か」とも。

《今日の小さな歓び》
 『確』の後に”か”が付くと《たしか》。”り”がつくと《しっかり》。しっかりと覚えなくては。                                               
                                               以上
# by tinnan1515 | 2017-04-06 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー