里山歩き&囲碁観戦!

2017年3月12日    日曜日
《里山歩き》
 朝からの好天気に体が反応して里山歩きでもと言う意欲が。反面余り無理はできないぞと言う心のせめぎ合いの中で、今日は龍王山までと自分に言い聞かせた。 昨晩、風薬を飲んだお蔭で効果てきめん、咳も鼻水もとまり体はなんら問題なかった。
e0272335_16324372.jpg
いつもは登山口まで車で行くのだが、今日は自宅から歩いて龍王山まで。熊崎川の土手を歩いていると菜の花が満開見頃。春の陽気に誘われのんびりと歩く。
e0272335_16293553.jpg
山路に入り春蘭の様子を伺うと蕾は前回と余り変わらない。また、他の場所の春蘭を見るも同じ状況だった。
e0272335_16295715.jpg
寄り道をして用水池の方を歩いていたらなんとなんとサツマイナモリが。龍王山の麓にサツマイナモリがあるのを初めて知る事となった。やはり、うろうろすると何かに遭遇するなぁ。
e0272335_16304261.jpg
登山道に戻り山頂を目指しているとあの匂いが。ヒサカキには雄花と雌花があるようだが区別が分からない。低山でも今日の陽気では汗がにじみ出る。
e0272335_16311844.jpg
今日は病み上がりということもあって三角台は諦める。山頂のアセビが咲き始めていた。11時半過ぎには自宅に戻りたく下山開始。
e0272335_163298.jpg
のんびり歩きの里山を楽しみ下山する。土手にはつい最近見たアマナを今日も見る。花は何度見ても嬉しいのだが、新鮮味がなくなるのが淋しい。
e0272335_1891681.jpg
川の中では亀さんの甲羅干し。なんとなく春ののどかさを感じさせられる光景であった。
e0272335_17121122.jpg
白花たんぽぽではなく黄花タンポポの綿毛。なんとなんくほっこりした。
 1時間半程度の里山歩きというよりもウォーキングに近いものであったが、気分転換が図れてとても楽しかった。

《NHK囲碁観戦》
 午後からは楽しみにしていた囲碁観戦。今日の対局は井山裕太棋聖対伊田篤八段。解説は高尾紳路名人だった。
e0272335_16245512.jpg

 碁石を並べながらの囲碁観戦。黒番が井山裕太棋聖。白番、伊田篤八段。
e0272335_16251845.jpg

結果は井山裕太棋聖の中押し勝ち。
e0272335_16254038.jpg
伊田篤八段に期待していたのだが残念だった。井山裕太棋聖はやはり強い。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】建築庭園
1)納戸  2)框  3)閂  4)葭簀  5)筧  6)雪隠
7)三和土  8)竈  9)冠木門  10)庇  11)校倉  12)柴門 
13)浮御堂  14)破風  15)伽藍  16)手水鉢  17)矢来 
18)枝折戸  19)甍  20)庫裏  21)数寄屋  22)虎落  23)四阿
 
 
【解答】 
1)なんど  2)かまち  3)かんぬき  4)よしず  5)かけい
6)せっちん  7)たたき  8)かまど  9)かぶきもん  10)ひさし
11)あぜくら  12)さいもん  13)うきみどう  14)はふ  15)がらん
16)ちょうずばち  17)やらい  18)しおりど  19)いらか  20)くり
21)すきや  22)もがり  23)あずまや
●「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い
簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的で使われるものの総称である。
葦簀(よしず)は、「よしすだれ」とも言うように簾の一種だが、材料に葦が使われ、大型で軒先などに立て掛けて使うものを「葦簀」と呼び、簾と区別される。
●虎落 :戦時、先を尖らせた竹を組み合わせて作った防護用柵。
e0272335_16235169.jpg


《今日の小さな歓び》
 『春に散る』下巻を読み終えたこと。

                                             以上

# by tinnan1515 | 2017-03-12 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

日がなのんびり読書を楽しむ

2017年3月11日    土曜日

 どうやら鼻風邪を引き起こして様だ。水曜、木曜と喉に異常があったのだが、昨日山歩きに出掛けて一気に症状が出始めてきた。症状は就寝中に嚔と啖であったが小一時間程でその症状は収まり、今日になり鼻水が出始めてきた。食欲は普段と変わらず熱もないのだが、今日は大事を取って自宅謹慎。この調子だと明日もおとなしくしていた方が良さそうだ。

 こんな時にやる事といえば読書。山歩きの時は集中力を切らさず何時間も歩くのだが、読書となるとこれがさっぱり長続きしない。少し読んでは椅子から離れる事の繰り返し。でも、粘り強く読んだお蔭で15日返却の2冊を読み上げることができそうだ。今読んでいる本は沢木耕太郎さんの『春に散る』上巻、下巻の2冊である。

 自宅にいても気になるのは山のこと。祖母傾最新情報によると三つ葉ツツジが開花した事。これから花の開花情報が気になる時期到来。アズマイチゲも開花しているとか。先ずは今の鼻風邪を治すことが先決の様だ。
e0272335_18554729.jpg
昨年は藤河内渓谷ミツバツツジ(2016年3月20日)。今年はどこになるのかなぁ。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 職業役柄
1)巫女  2)優婆塞  3)舎人  4)陰陽師  5)供奉  6)禰宜
7)比丘尼  8)采女  9)手弱女  10)中間  11)上臈  12)醜楯 
13)益荒男  14)法眼  15)禿  16)九十九髪  17)防人  18)垂乳根 
19)花魁  20)幇間  21)女衒  22)破落戸  23)宿直

【解答】 
1)みこ  2)うばそく  3)とねり  4)おんみょうじ  5)ぐぶ
6)ねぎ  7)びくに  8)うめね  9)たおやめ  10)ちゅうげん
11)じょうろう  12)しこのみたて  13)ますらお  14)ほうげん  15)かむろ
16)つくもがみ  17)さきもり  18)たらちね  19)おいらん  20)たいこもち
21)ぜげん  22)ごろつき  23)とのい 
●醜楯 :天皇の盾となり戦う者。防人が自分を卑下していう語。
●幇間 :遊客の機嫌を取り、酒興を助けるのを仕事とする男。

《今日の小さな歓び》
 知人宅で山談義。

                                        以上

# by tinnan1515 | 2017-03-11 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

三俣山山麓巡り

 二日間自宅に籠もっていたので山虫が騒ぎ始めてきた。さて山行先は?花は?あれこれと考えたのだが、長者原に咲いているマンサク観賞に出かける事にした。併せて坊がヅルのマンサクの様子見も兼ねていた。

e0272335_18494627.jpg
下山後に観賞できたマンサク。
e0272335_18563859.jpg
法華院温泉に立ち寄った時には、この手ぬぐいを購入しょうと思っていたのだが今日ゲットする。1200円。   

                            記
【山行日】2017年3月10日  (晴れ)                                         
【山行先】三俣山山麓巡り 
【山行者】単独
【行動コース】長者原登山口P(8:20)~自然研究路~雨ヶ池(10:05)~坊がヅル(10:50)~坊がヅル散策~法華院温泉(11:30/12:00)~北千里~スガモリ越(13:00/13:10)~長者原分岐点(13:30)~硫黄山道路~スガモリ越分岐点(13:55)~長者原登山口P(14:15)
【行動時間】5時間55分(休憩時間含む)
【行動記録】
 竹田市から瀬の本高原に向かっていたら久住山は雪で真っ白だった。くじゅうの空のライブで山肌が白くなっていたのは確認していたのだがこれ程とは思わなかった。
e0272335_19123664.jpg
長者原登山口に着き準備をしていると肌寒さを感じる程であった。さてさて、長者原のどこにマンサクが咲いているのか。情報をしっかりと確認していなかったのでとりあえすタデ原湿原へ。
e0272335_19225447.jpg
タデ湿原から久住山を見ると山肌は真っ白。さて、どのコースに進もうかと迷った挙句、一度も歩いたことがない自然研究路に足を踏み入れる。
e0272335_19261237.jpg
雨ヶ池コースとスガモリ越えコースの分岐点。ここから自然研究路。
e0272335_19285234.jpg
うっすらと雪が積もっていた。木道には踏み跡が。昨日のものか、今日のものか?
e0272335_19303479.jpg
ツルシキミの赤い実が点々と実っていた。この地帯はツルシキミの群生地だった。
e0272335_19321852.jpg
ツクシシャクナゲの葉っぱが寒さの為か縮まっていた。この周辺にはあちこちに自生している様だ。
e0272335_19343788.jpg
ウワミズサクラはどのような花?
e0272335_1938558.jpg
このような花でした。桜のような花かと思っていたが見当違いだった。
e0272335_19395875.jpg
こちらにはナツツバキ。ナツツバキ(夏椿、沙羅)は、ツバキ科ナツツバキ属 の落葉高木。別名はシャラノキ(娑羅樹)。
e0272335_19442165.jpg
自然研究路の後は雨ヶ池、坊がヅルに進む。
e0272335_19462274.jpg
何となく興味を惹かれたコケ?
e0272335_19484514.jpg
オゥ!ツクシシャクナゲの蕾が膨らみ始めているぞ。
e0272335_19502183.jpg
山中を歩いていると上空からゴォーという風が吹き荒れている音が聞こえてくる。途中で排尿をするが、自分の陰茎(ペニス)は縮み上がっていた。
e0272335_19574349.jpg
この時期に雪道歩きができるとはやはり嬉しいものだ。
e0272335_1959873.jpg
雨ヶ池煮着く。彼方には大船山が。
e0272335_200342.jpg
こちらは三俣山。
e0272335_2012060.jpg
馬酔木のトンネル。ここを抜けるともうすぐで坊がヅル。
e0272335_2033820.jpg
坊がヅルからくじゅうの山。う~ん、良いなぁ。
e0272335_2073330.jpg
三俣山の南峰直登コースも頭を過ぎったがどうもモチベーションが低かった。キャンプ場近くのマンサクの様子を見に行く事にした。マンサクは全くの期待外れだった。この時点で完全に三俣山の南峰直登は諦めた。
e0272335_2013799.jpg
法華院温泉で昼食タイム。その前に売店へ。
e0272335_20213418.jpg
手ぬぐいと山小屋だんごを買った。食事後は北千里に向かう。
e0272335_2024196.jpg
法華院温泉から北千里までの山路はなかなか手強い。休み休み登る。
e0272335_2025531.jpg
立ち止まり坊がヅルを眺める。素晴らしい青空で心地良かった。
e0272335_20283568.jpg
スガモリ越を目指して懸命に歩くが、立ち止まる回数が多い。
e0272335_20302364.jpg
北千里からの眺望も素晴らしい。風が冷たいが心地良く感じられた。
e0272335_20314491.jpg
この岩峰の一つは何かに似ていませんか?
e0272335_20342825.jpg
スガモリ越までひと頑張り。硫黄山の容姿もなかなかである。
e0272335_20361025.jpg
硫黄山を近くで見ると岩石の山だった。
e0272335_20371513.jpg
スガモリ越に着きホット一息。ここまで来れば後は降りになるので少しは楽になるかなぁ。
e0272335_20391463.jpg
長者原分岐点からは下山せず硫黄山道路を歩く事にした。
e0272335_20404155.jpg
本来であればこの分岐点に降りてくるのだが。硫黄山道路歩きは30分かかった。
e0272335_20424599.jpg
登頂時には全く気づかなかった長者原のマンサクがここにあるとは。
e0272335_20445965.jpg
今季お初のマンサク。山中に咲くマンサクではなかったがラストでの出会いに感謝。
e0272335_20465423.jpg
このちれじれの花弁がなんとも言えない。
e0272335_5331543.jpg
マンサクありがとう。

《一口メモ》
 山頂に立つことはできなかったが三俣山山麓周回コースは歩きがいがあった。それにしても、下山後にマンサクが見られて本当に良かった。

                                      以上

# by tinnan1515 | 2017-03-10 19:00 | 山歩き | Comments(6)

モナラベンダーの越冬

201739日    木曜日

 室内の掃除を終え、自分の部屋に戻り何気なくBSプレミアム放送に チャンネルを合わせたら、グリーンランドのビッグウォールの挑戦が放映されていた。タイトルは『白夜の大岸壁に挑む』。クライマー山野井泰史・妙子夫妻のドキュメント番組である。ついつい最後まで見てしまったが、山野井泰史さんが語っていた”強いモチベーション”がとても参考になった。”モチベーション”を高めるのは簡単ではないのだが。

 午後からは久し振りの洗車。そして、掃除機を持ち出して車内の掃除も念入りにおこなった。雨が降らなければ良いのだが。幸いにして明日の天気は晴れマークなので安心安心。 珍しく二日間自宅に籠っていたので家内曰く”良いことであると”。明日は山歩きの計画があるのだがと返答した。

《モナラベンダーの越冬》
 昨年はモナラベンダーの越冬対策を怠り枯らしてしまったが、今年は防寒対策として室内で管理したので、無事枯れずに元気に育っている。
1)越冬前のモナラベンダー

e0272335_17473322.jpg

2)越冬後のモナラベンダー
 新芽が伸びだし背が高くなっている。後は花の開花は5月~11月(10月~11月が開花最盛期)

e0272335_17484471.jpg

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著

第四章 読めれば楽しい漢字859

【問題】 体の異変

1)洟  2)目脂  3)鼾  4)悪阻  5)吃逆  6)嚔

7)涕  8)眩暈  9)瘧  10)含嗽  11)黒子  12)汗疹 

13)胼胝  14)面皰  15)痘痕  16)疣  17)腋臭  18)肉刺 

19)雀斑  20)白癬  21)皸窩  22)瘡蓋  23)乾瘡

【解答】 

1)はな  2)めやに  3)いびき  4)つわり  5)しゃっくり

6)くしゃみ  7)なみだ  8)めまい  9)おこり  10)うがい

11)ほくろ  12)あせも  13)たこ  14)にきび  15)あばた

16)いぼ  17)わきが  18)まめ  19)そばかす  20)しらくも

21)あかぎれ  22)かさぶた  23)はたけ 

●乾瘡 :疥とも書く。皮膚に乾燥した白色の斑紋ができ

《今日の小さな歓び》
 車の洗車。

                                        以上


# by tinnan1515 | 2017-03-09 18:06 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

園芸&読書

2017年3月8日  水曜日

 終日冷たい風が吹き寒い一日となった。今朝から喉が痒い症状が現れたので、自宅でおとなしく過ごす事にしたが、身体が自然と動き園芸に親しむ事になった。
 ここ数日間山歩きに忙しく、花から遠ざかっていたので先ずは花の手入れから。ビオラの花柄摘みを行ったがなんと220個だった。その後、草取り、水遣りを済ませて花の苗を植えた。

e0272335_17294093.jpg
オダマキウインキーのアーリスカイブルーとホワイトの2種類である。
そして、自宅に咲いている花を観賞し楽しむ。
e0272335_17553100.jpg
 最初はラッパ水仙。花は黄色一色でとても鮮やかである。開花した花はまだ一つなのでやゃ淋しいが何しろ黄色が目立つ。次はクリスマスローズ、いつの間にかいろいろの花が見頃になってきた。
e0272335_18005260.jpg
e0272335_18012538.jpg
e0272335_18020021.jpg
e0272335_18041022.jpg
 全てシングルで色違い模様違いのクリスマスローズ。見頃になってきた。この後は花が変化していくのだが暫くは楽しめそうだ。

 園芸を楽しんだ後はまだたっぷりと時間があるので読書タイム。読みかけ中だった百田尚樹さんの『雑談力』を読み終える。その後、待望の新刊『春に散る』を読み始めた。沢木耕太郎さんと自分は同年齢だったことを思い出した。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著

第四章 読めれば楽しい漢字859

【問題】 身体髪膚

1)體  2)鬚  3)肌理  4)踵  5)靨  6)旋毛

7)髭  8)髯  9)踝  10)頤  11)耳朶  12)臂 

13)腓  14)眸  15)睫  16)蟀谷  17)臍  18)臑 

19)眦  20)睚  21)腋窩  22)鳩尾  23)腿 

【解答】 

1)からだ  2)あごひげ  3)きめ  4)かかと  5)えくぼ

6)つむじ  7)くちひげ  8)ほおひげ  9)くるぶし  10)おとがい

11)みみたぶ  12)ひじ  13)こむら  14)ひとみ  15)まつげ

16)こめかみ  17)へそ  18)すね  19)まなじり  20)まぶた

21)えきか  22)みぞおち  23)もも  

●腋窩  :わきの下。上肢分布の血管・神経・リンパ管が通る。

*身体髪膚の漢字が全く読めなかった。ヒゲでも3箇所あり漢字もそれぞれ違うとは。

《今日の小さな歓び》
 園芸。

                                         以上







# by tinnan1515 | 2017-03-08 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー