2012年10月24日  水曜日

 和洋折衷編の漢字の読み方に挑戦したが正解ゼロ。誕生石に興味があれば少しは読めたかも知れないが
全くお手上げ状態だった。

                   記

読めなかった漢字
1、和洋折衷 編  (その2)
①翠玉      すいぎょくと読む         正解:エメラルド
②石榴石    ざくろいしと読む         正解:ガーネット
③青玉      あおだまと読む          正解:サファイア  
④橄欖石    読み分からず           正解:ペリドット
⑤金剛石    こんごうせきと読む       正解:ダイヤモンド
⑥紫水晶    むらさきすいしょうと読む    正解:アメジスト
⑦紅玉      こうぎょくと読む         正解:ルビー   
⑧蛋白石    たんぱくせきと読む       正解:オパール 
⑨黄玉      きだまと読む           正解:トパーズ    
⑩緑柱石    りょくちゅうせきと読む     正解:アクアマリン

《一口メモ》

 知識のなさを露呈してしまった。これも勉強、腐らずに前へ進むのみ。 
e0272335_19385761.jpg
                   ペリドッット

                                         以上
2012年10月23日  火曜日

 ”みをつくし料理帖”シリーズ全7冊の内5冊読み終えた。その中で主人公の澪が小松原に寄せる恋ごごろ。
切なく感じたがこのような恋の仕方もあるのかと思った。

 “今朝の春”からの抜粋文
●無理に小松原への想いを断とうとすれば、苦しいだけ。
 自身の心の一番深いところで、この想いを大切にしておこう。
 相手に想いを伝えることもないし、報われることなど端から望まない。
 ただ、想い続けられるだけで良い、そんな恋があっても良い。
 ふいに、りうの声が鮮やかに蘇った。
 ― 恋はしておきなさい
 あんたならどんな恋でもきっと、己の糧にかてますよ
 ああ、そうだ、あの時の、と澪はそっと開いた掌を胸にあてた。
 りうさん、これが私の恋です、私が選んだ恋の形です、と娘はそっと
 胸の中で老女に語りかけていた。

                    記
1、借りた本
① ゼロ    片野ゆか 著
e0272335_16271637.jpg
新刊コーナーで手にとった本”ゼロ”こぎゃんかわいか動物がなぜしなねばならんと?との熊本弁が読んでみようと思った動機です。

   
2、読書進捗状況
2012年10月23日  小夜しぐれ    継続中
2012年10月22日  小夜しぐれ    読書開始
2012年10月21日  今朝の春     完読 
2012年10月20日  今朝の春     継続中
2012年10月19日  今朝の春     継続中
2012年10月18日  今朝の春     読書開始


《一口感想》
 ”みをつくし料理帖”から知り得た詩
(大伴家持)
●白雪の色わきがたき梅が枝に友待つ雪ぞ消え残りたる

(徳川家康)
●咲く花を散らさじと思ふ御吉野は心あるべき春の山風 

                                     以上  
2012年10月22日  月曜日
 
 久しぶりの漢字難読の学習だったがサッパリ読めなかった。それにしても古の人はよく当て字を考えたものだ。後で考えるとなる程なる程と思うのだが…。
 

                記

読めなかった漢字
1、和洋折衷 編 (その1)
①喞筒     読み分からず      正解:ポンプ
②仮漆     読み分からず      正解:ニス    
③虎列剌    読み分からず      正解:コレラ   
④窒扶斯    読み分からず      正解:チフス
⑤加答児    読み分からず      正解:カタル  
⑥自鳴琴    読み分からず      正解:オルゴール
⑦洋提     読み分からず      正解:バイオリン   
⑧手風琴    バイオリンと読む    正解:アコーディオン 
⑨骸炭     読み分からず       正解:コークス    
⑩風琴     読み分からず      正解:オルガン
⑪口風琴    読み分からず      正解:ハーモニカ
⑫鉄葉     読み分からず      正解:ブリキ
⑬洋燈     読み分からず      正解:ランプ
e0272335_15451145.jpg

《一口メモ》
加答児の意味:粘膜の滲出(しんしゅつ)性炎症。粘液の分泌が
          盛んになり、上皮の剥離(はくり)、充血などもみられる。

                                         以上
2012年10月21日  日曜日 晴れ

 第4回2012サイクルマラソン九六位・御所峠in大分大会に参加した。昨年はBコース80kmに参加したが今年はAコース110kmに挑戦。秋晴れの好天気に汗ばみながら山路・海岸道をひた走りゴールを目指した。      
                     記
1、開催要項
e0272335_18321374.jpg
Aコース参加者81名、Bコース参加者31名。
2、開会式
e0272335_18362386.jpg
本日の受付および開会式会場です。
e0272335_18392261.jpg
来賓挨拶。臼杵市、中野五郎市長。
e0272335_18435895.jpg
最年少者表彰、12歳男性。
e0272335_1845391.jpg
最年少者表彰、13歳女性。
e0272335_18465052.jpg
遠来者賞。今年は鹿児島県鹿屋市の男性の方でした。
●最高齢者賞は69歳の男性の方、本日は欠席でした。因みに私は2番目の年齢でした。
e0272335_1851047.jpg
大会事務局長の佐藤さんから走行上の注意事項の説明です。少しルールが遵守できませんでした。反省!
e0272335_18543953.jpg
私の受付番号はラッキー7でした。
3、大会結果
e0272335_18574834.jpg
お陰様で制限時間内に完走できました。
スタート:9時00
ゴール:15時10分
平均時速:19.5km /h
所要時間省:6時間10分(食事時間・休憩時間含む)

《一口メモ》
大会ともなるとやはり緊張するものだ。記録系の0調節を忘れていた。今日の走行はただ制限時間内にゴールすることだけを念頭に平均時速をみながら20.0km /h を目指しての走りだった。
次々と追い越されていく悲哀を味わいながら、前半はオーバーペースになり峠の登りではヨタヨタ走行だった。後半は一人旅の走行でマイペースを取り戻すが前を走る人は皆無。スピードはさほど 上がらないが自分の持てる力を全て出し切りゴールに辿りついた。この瞬間は疲れも忘れ達成感に酔いしれることができた。
そうそう、少年・少女の二人には10kmも走り切らないうちに追い抜かれ、その後は後ろ姿も見ることができなかった。あの二人の精神力には脱帽である。
今回の目標は制限時間内にゴールすることだったが50分早くゴールすることができた。登りの苦しい時は山友さんたちのお顔を思い浮かべながら走り力と勇気をいただきました。皆さんの励ましのお言葉ありがとうございました。
最後に大会関係者の皆様方、暑い中コース案内と温かいご声援誠にありがとうございました。厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

                                      以上
2012年10月20日  日曜日

  梔子の葉っぱが食べられて裸になっている。よく見ると青虫が2匹いた。家には梔子の木が2種類あるのだが実が付く梔子は青々と茂っている。青虫も好き嫌いがあるのだろうか。
今日は昨日に続き春咲く花を植えた。

                  記
1、梔子の葉が食べられた
e0272335_18325899.jpg
葉っぱが1枚もありません。犯人は?
e0272335_1833756.jpg
肥満気味の青虫が犯人で2匹いました。
e0272335_18333151.jpg
こちらは実が付く梔子ですが青虫から食べられていません。葉が硬くて食べられないのか?きっと外に理由があるのでしょう。

2、彼岸花のその後
e0272335_18422635.jpg
花はすでに枯れ葉っぱが青々と茂っていました。球根の成長を促進させているのでしょうね。こちらの彼岸花は赤色です。
e0272335_18424272.jpg
葉が大きい方は黄色の彼岸花です。

3、
e0272335_1848836.jpg
薮柑子の実が少しづつ色付き始めました。
e0272335_1851477.jpg
カンアオイも元気でした。

4、今日植えた花
e0272335_18533793.jpg
今日植える球根はカサブランカ2球、イエローカサブランカ2球、ヒアシンス3級です。
e0272335_18563393.jpg
カサブランカは1球づつ鉢に植えました。
e0272335_18564592.jpg
ヒアシンスはプランタに3球。

《一口メモ》

 園芸店に行くと春の花が沢山販売されていた。しかし、今日植えるのはカサブランカとヒアシンスのみ。これからぼちぼちと春の花を植えて行きたい。

                                         以上