2012年11月25日  日曜日  晴れ

 豊後大野市清川町にある”道の駅きよかわ”まで自転車ぶらぶら旅をしてきました。目的は練習と”やさい畑ビュッフエ”での食事と買い物でした。朝の気温は11℃でやゃ肌寒い感じであったが、坂道を懸命に漕ぐと額と腰に汗がじわりと出てくる。しかし、冷たい風が体から出る熱を放出させ心地よい走りであった。    

                  記

1、目的地:道の駅きよかわ(大分県豊後大野市清川町(旧清川村)
       砂田1574番地1)
2、コース:大分県臼杵市から竹田市へ伸びる国道502号線沿い。
       臼杵市~野津町~三重町~清川町(道の駅きよかわ)
3.自転車記録計
①走行距離:80.47㎞           
②所用時間:4時間04分55秒          
③平均時速:20.4㎞ 
④最高速度:54.9㎞
4、行動記録
e0272335_15485528.jpg
道の駅きよかわにある大きなお神楽像。清川町は神楽の里で有名です。
e0272335_16242885.jpg
道の駅では地元の野菜が販売されています。
e0272335_1626252.jpg
”やさい畑ビュッフエ”のお知らせです。バイキングで100g(150円)です。
e0272335_1636199.jpg
バイキング形式です。品数は豊富でどれにしようかなと迷うくらいあります。
e0272335_16292118.jpg
道の駅まで41km漕いできましたのでお腹が空いていました。こんな料理を選んでみました。お値段は990円です。今回はデザートなし。コーヒーは無料で飲めます。時間をかけてゆっくり食べ完食、おごちそうさまでした。
e0272335_16405067.jpg
道の駅での買い物はお餅。夕食の献立は早速にお雑煮でした。

《一口メモ》
 自転車と食べ歩きを組み合わせた企画で楽しい一日を過ごすことができた。道の駅きよかわは良くお世話になるところで今日は食事と買い物であったが、本来は傾・祖母山山行時の休憩で利用させていただくことが多い。食事も買い物も楽しめるお気に入りの道の駅です。
清川町には山頂の見晴らしの良い御獄神社があります。標高560mの御嶽山の山頂からは祖母・久住・傾の山々が一望できますよ。

                                       以上
2012年11月24日  土曜日

 読めそうで読めない間違いやすい漢字(出口宗和:著)は今回で終了。次回からは新たな本での漢字に取り組む予定。一冊読み終えても読解力は然程向上していないと思うが、 自分なりに漢字学習の意義を見出していきたい。 

                     記
読めなかった漢字
1、外国都市名編 (その2)
①亜歴山    読み分からず       正解:アレキサンドリア
②墨加      読み分からず       正解:メッカ
③波土敦    読み分からず       正解:ボストン 
④耶路撒冷   読み分からず       正解:エルサレム
⑤聖林      読み分からず       正解:ハリウッド
⑥馬耳塞    読み分からず       正解:マルセイユ
⑦威尼斯    読み分からず       正解:ベネチア   
⑧路照      読み分からず       正解:ロッテルダム 
⑨壽府      読み分からず       正解:ジュネーブ    
⑩海牙      読み分からず       正解:ハーグ
⑪剣橋      読み分からず       正解:ケンブリッジ
⑫牛津      読み分からず       正解:オックスフォード

《一口メモ》

  正解を見てなる程と思えばしめたものだがなかなかそこまで到達しない。見た瞬間読めなかったら諦めてしまう癖を直さないと力がついてこない。剣橋は一度読めれば忘れる事はなさそうだ。色々な角度から読む想像力が必要である。
e0272335_1461380.jpg
                   ケンブリッジ

                                    以上
2012年11月23日 金曜日

 今日は霜降、山間部では霜が降りて朝には草木が白く化粧をする頃。また、野の花の数は減り始めるそうだが、我家の花もめっきり少なくなってきた。冬の花がひとつふたつ楽しめてくれている。

               記

1、シャコバサボテンの開花
e0272335_14382613.jpg
蕾だったシャコバサボテンいつの間にか開花。
e0272335_14421279.jpg
花の色は1種類です。ほぼ満開状態で今年も楽しませてくれました。来年の4月に整枝と植え替えを行います。
2、ひとり生えのヴィオラ
e0272335_1525038.jpg
ひとり生えの花はなんと黄色のヴィオラでした。大事に育ててきて良かったです。
3、水仙の蕾
e0272335_1552482.jpg
日に日に大きくなる水仙の蕾、霜降が過ぎた頃から開花する花ですね。
4、千両(赤と黄色)
e0272335_1591036.jpg
千両の黄色の苗を買ったのですが赤が混じっていました。
e0272335_15112160.jpg
黄色の千両。千両の実は天に向かって実を付けますね。
e0272335_15135540.jpg
赤色の千両。万両の実は下向きに付いていますが。
5、時ならぬランタナ
e0272335_15155419.jpg
この時期に咲いていました。放置したままでごめんなさいです。来年はもっと咲くように手入れを行いましょう。

《一口メモ》
 11月から2月までの園芸はしばらく休眠状態。でもポチポチと咲いてくれる花もあり一人悦に浸っています。春に咲く花の苗もしっかりと根付いているようです。目には見えないが土の中でしっかりと根を這わせていることでしょう。球根類の芽吹きも楽しみな一つです。                                                                                                                                                                        

                                        以上
2012年11月22日  木曜日

 臼杵市野津町にある普現寺の紅葉情報を入手していたので、自転車ツーリングを兼ね紅葉観賞に出掛けた。情報によると寒さのせいで10日程度色付きが早く5~6割は色付き、今週末にかけてが見頃とのこと。境内には約200本ものもみじがあり、紅葉シーズンには赤と黄色のじゅうたんで楽しめるそうです。期待できますね。
                  
                    記                   

1、目的地:普現寺(臼杵市野津町野津市1346番地)での紅葉観賞
2.自転車記録計
①走行距離:40.16㎞           
②所用時間:1時間52分58秒          
③平均時速:21.3㎞ 
④最高速度:49.6㎞
3、行動記録
e0272335_20485289.jpg
ここの坂道を上り詰めると
駐車場です。紅葉にワクワクしながら懸命にペダルを踏みました。
e0272335_2183469.jpg
峨眉山普現禅寺。臨済宗妙心寺派。
e0272335_21172612.jpg
緩やかな石段を登ると楼門です。撮影会にたくさんのお方が見えていました。
e0272335_21203532.jpg
まずは本堂にお参りです。”おかげさま”の立札が置いてありました。いい言葉ですね。
e0272335_21301383.jpg
本堂を背景にもみじを入れてみました。
e0272335_2133581.jpg
鮮やかなもみじに鐘楼の存在が薄れてしまいそうだ。
e0272335_21393652.jpg
境内に大きな座禅像があります。
e0272335_21401665.jpg
石の五重塔もありました。
e0272335_21441817.jpg
こちらの仏石像の名称はは未確認でした。
e0272335_21471864.jpg
200年前の本堂大屋根の鬼瓦でした。
e0272335_21474855.jpg
紅葉の三色のコラボです。
e0272335_2150824.jpg
約200本のもみじがあります。まだまだこれから紅葉を楽しみます。
e0272335_2151533.jpg
温かさを感じる色合いでした。
e0272335_21522852.jpg
心ゆくまで眺めたいのですが心がはやります。
e0272335_21572091.jpg
小屋から白煙が立ち上っていました。何をする小屋でしょうかね。
e0272335_21582918.jpg
紅葉は奥深くまで続いています。
e0272335_2205366.jpg
美しい紅葉でした。
e0272335_222975.jpg
これからまだまだ紅葉するのでしょうか?
e0272335_227545.jpg
何度見ても飽きません。
e0272335_22122460.jpg
上ばかり見てないで下を見てみるとイチョウの絨毯でした。
e0272335_22133074.jpg
ボヤーッとした風景も素晴らしいです。
e0272335_2216277.jpg
別棟の裏に行くと真っ赤な紅葉でした。
e0272335_22184840.jpg
石壁の近くに行くとこんな風景がありました。
e0272335_2221121.jpg
楼門を側面から眺めてみました。
e0272335_22215713.jpg
壁のコーナーは落葉で埋め尽くされていました。
e0272335_22224255.jpg
石壁と紅葉。赤と白のコラボもシンプルで美しい。
e0272335_22245852.jpg
生垣の上には鮮やかな紅葉が映えていました。
e0272335_22271350.jpg
駐車場です。私の自転車を撮りました。
e0272335_22293872.jpg
桃源郷の世界から現実の世界に戻りました。”子育ては幸せ育て””子の幸せは親の幸せ”子育て祈願塔です。
                 
《一口メモ》

 往復40km自転車を懸命に漕いで紅葉も楽しめたし、平均時速20kmを少しオーバーして走れたことが嬉しかった。そして、普現寺の紅葉にいっときの至福と癒しを頂きありがとう。


                                      以上
2012年11月21日  水曜日

 読書時間を早朝中心に変更してから徐々に読書量が増えつつある。夜の読書は読み始めると直ぐに眠むたくなり3ページも進まない。
私の読書スタイルは寝転んで蒲団の中で読む悪い癖であるが、今のところこのスタイルが快適だ。
  
                    記
1、借りた本
①舞台の神に愛される男たち    関容子 著
②人生讃歌               小楢山博 著
e0272335_1094940.jpg
2冊とも初めての作家でタイトルを眺めて借りた。第六感は果たしてどのような結果になるだろうか。?   

2、読書進捗状況
2012年11月18日  笑顔のおくりもの   完読
              仕事はおもしろい 
2012年11月19日  仕事はおもしろい  完読
2012年11月20日  日本でいちばん大切にしたい会社

《一口感想》

1、『笑顔のおくりもの』で参考にしたい文章 (中島未月 著)

    過ぎた時間は 変わらないけれど
    これからの時間は
    どんなふうにも 変えてゆける
    失くしたものは 戻らないけれど
    あたらしい世界は
    どんなふうにも 作ってゆける
    心の持ちかたや、 心の視点を
    ほんの少し変えてみるだけで…
    だから、今日がすこし辛くても
    それでも 笑顔を心がけよう
    笑顔でいれば
    些細なことは 気にならなくなる
    心が少しずつ 丈夫になってゆく
    笑顔でいれば
    見つめるまなざしが 優しくなる
    心はかるく 穏やかになってゆく
    そうして、 少しずつ
    生きることが 素敵に思えてくる

(家庭の中で笑いや笑顔が出せるように心がけているが、簡単なようで意外とできないものだ。ちょっとした体調不良で喜びが湧いてこない。まずは健康そして美味しく食べれること。)

2、「仕事はおもしろい」で参考にしたい文章 (斎藤一人 著)
   “天国言葉”と“地獄言葉”
    【天国言葉】
    ◎愛してます
    ◎ついてる
    ◎うれしい
    ◎楽しい
    ◎感謝してます
    ◎しあわせ
    ◎ありがとう
    ◎ゆるします
きれいな言葉、自分も相手も聞いてて楽しくなるような言葉を使っていると、人生は、よくなってきます。

    【地獄言葉】
    ●おそれている
    ●ついてない
    ●不平不満
    ●愚痴・泣き言
    ●悪口
    ●文句
    ●心配事
    ●ゆるせない
自分も苦しくなるし、人も苦しくなるような言葉をしゃべってると、しゃべっているとおりの人生になってきます。

(天国言葉が日常の場ですらすら出てくれば仕事も楽しいでしょうね。ありがとう・感謝の気持ちをだしながら生きて行きましょう)

                                         以上