ジャコウレンリソウ「麝香連理草」の花はスイートピー !

2018年2月15日    木曜日

 北村 薫さんの「ヴェネツィア便り」を読んでいたら「麝香連理草」という難しい漢字に出会った。読み方はジャコレンリソウで意味を調べると〔花に芳香があることから〕 スイート-ピーの異名。であった。
e0272335_17531513.jpg
スイートピーは地中海沿岸原産の一年草・多年草で、日本には江戸時代末期(1862年頃)に渡来した。との事。
 因みに、スイートピーの花言葉(赤いスイートピーの花言葉を含む)は、「門出」や「別離」や「優しい思い出」であった。

 さて、今日は雨となったがこれからは一雨ごとに暖かさが増してくることを期待している。そして、今日の雨で四浦半島の河津桜の開花が一気に早まるのでないかと思っているのだが。

《百人一首の学習》
65.うらみわびほさぬ袖だにあるものを恋にくちなむ名こそをしけれ   相 模

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“一生”
4)人間が後世にのこす事の出来る、そうして是は誰にも遺す事の出来るところの遺物で利益ばかりあって害のない遺物がある。それは何であるかならば勇ましい高尚なる生涯である。
*内村鑑三『後世への最大遺物』(明治三十年)

5)あれも一生、これも一生……、こいつあ宗旨を替えにゃあならねぇ。
*河竹黙阿弥『船打込橋間白波』(慶応二年・1866)
●他人の豪遊を見て、しがない職人暮らしを捨てた鋳掛屋松五郎の悪人宣言「宗旨を替える」は、ここでは、正道を捨てるという程の意味。

6)日々に過ぎ行くさま、かねて思ひつるには似ず。一年の中もかくのごとし。一生の間もまたしかり。
*兼好『徒然草』(十四世紀前半)
●一日一日がいつも予想外のことばかりで過ぎてゆく。一年のうちでもそうである。一生の間もそうである。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】露呈の露は「あらわれる」---常用漢字の落ちこぼれ訓?
1)春を寿ぐ  2)疲れを癒す  3)男を漁る  4)いようもない事態   5)相伴に与かる
6)友情に篤い  7)妊る  8)荒んだカフェー  9)原則に則って  10)情緒を削がれた
【解答】
1)ことほぐ  2)いやす  3)あさる  4)あらがう  5)あずかる
6)あつい  7)みごもる  8)すさむ  9)のっとる  10)そぐ

《今日の小さな歓び》
ジャコウレンリソウ「麝香連理草」の事を知り得たこと。スイートピー のこと。「麝香連理草」は和名であった。
                                            以上
# by tinnan1515 | 2018-02-15 19:10 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

掃除もまた楽しからずや!

2018年2月14日    水曜日

朝から素晴らしい好天気に心も揺れるが、今日は諸用で自宅待機。と言う事で掃除に精を出すことにした。先ずは室内掃除の始まり、先日環境美化活動で拾い集めたペットボトルや缶の分別作業を行う。ペットボトルはラベルを剥がなくてはならないのでこの作業に手間がかかる。そして、最後の掃除は洗車。しばらく洗車から遠ざかっていたので汚れ放題だったが、やっと見られるようになった。掃除もやりだすと意外と楽しいものである。

 掃除を終え一息ついたので花を眺めていたらサンシュユの花芽が心なしか大きくなりだしていた。また、ヒマラヤユキノシタの小さな花芽を確認する事ができた。
e0272335_16371221.jpg
サンシュユの花芽。サンシュユが咲く頃には万作も咲き始める事だろう。

《読書》
 今日、今月7冊目の本を読み終えたので図書館へ返却に行く。そして、借りた本は小路幸也さんの『駐在日記』。小路幸也さんの作品は初めてである。
e0272335_16364618.jpg
小路幸也(しょうじ ゆきや、1961年 - )は、日本の小説家。北海道旭川市出身。2002年、「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」により第29回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。北海道江別市在住。

《百人一首の学習》
64.朝朗うぢの川霧たえだえにあらはれわたるせぜの網代木  権中納言定頼

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
これまでは“人生”の学習だったが、今日から“一生”の学習に。
“一生”
1)平穏な、その代り死んだも同然な一生が何んだ。
*有島武郎『或る女』(大正八年)

2)人は十三歳まではわきまへなく、それより二十四五までは親のさしづをうけ、その後は我と世をかせぎ、四十五までに一生の家をかため、遊楽することに極まれなり。
*井原西鶴『日本永代蔵』(貞享五年・1688)
●町人としての理想的な生き方を示したもの。

3)後世に遺すものは何にもなくとも、我々に後世の人に是ぞと云って覚えられるべきものは何にもなくとも、あの人は此世の中に活きている間は真面目なる生涯を送った人であると云われるだけの事を後世に人に遺したい。
*内村鑑三『後世への最大遺物』(明治三十年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】吟生と吟醸、何が違う?
1)生録  2)花金  3)天板  4)親業   5)散骨  6)通塾  7)抹籍  8)弄便
9)寝装品  10)防滴仕様
【解答】
1)なまろく  2)はなきん  3)てんパン  4)おやぎょう  5)さんこつ
6)つうじゅく  7)まっせき  8)ろうべん  9)しんそうひん  10)ぼうてきしよう

《今日の小さな歓び》
 iPadで孫の写真が見られるようになった事。

                                              以上
# by tinnan1515 | 2018-02-14 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

熊崎川の土手で春の息吹を感じる!

2018年2月13日    火曜日

 のんびりと里山歩きをしながら、歩数10.000歩を達成させたいとの思いに駆られ、自宅を出たのが午前11時過ぎだった。駐車場に車を停めて歩き出すと携帯電話が鳴り出したが、ザックの中に仕舞いこんでいたので間に合わず、着信履歴を見ると肉まんさんからであった。折り返し電話を入れると山登りの件だった。

 今日の里山はいつもの三角台と龍王山の周回コース。風があり寒さを感じるも山中に入ると汗をかかない程度の上コンディションである。最近は芝尾地区から三角台に向かうコースがお気に入りになってしまった。
e0272335_1625686.jpg
12時過ぎに三角台に着いたので昼食タイム。NHKの「昼のいこい」のテーマ曲を聴きながら、海を眺めるのは至福のひとときだった。

 三角台から次に向かう里山は龍王山。いつも歩くコースを淡々と歩き龍王山に着くも、今日は14時までに自宅に戻らないといけなく山頂は素通りであった。途中で春蘭の様子を見ると、花芽がほんの少し大きくなった程度であった。

 下山しアマナが咲く場所に行くと、アマナの葉っぱが出始めていた。
e0272335_1642120.jpg
先日歩いた時に様子を見たのだが、その時点では葉っぱ出ていなかった。植物の成長は早いなぁ。
e0272335_1645251.jpg
菜の花は前回よりも花が多く咲き始めていた。
e0272335_1652658.jpg
イヌノフグリ(犬の陰嚢)も咲き誇り、熊崎川の土手で春の息吹を感じた。

《百人一首の学習》
63.いまはただ思ひたえなむとばかりを人づてならでいふよしもがな  左京大夫道雅

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
182)私は常に思っている、人生は旅である、我等は忽然として無窮より生れ、超然として無窮の奥に往ってしまう。
*若山牧水『独り歌える』(明治四十三年)

183)生きている以上は種々の日常の不快時を(他人の不正や自分自身の不完全や好ましくない運命やを)避ける事ができぬ。むしろそれらの不快時が生きている事の証拠である。
*和辻哲郎『偶像再興』(大正五年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】豚汁の読み方、あなたはどう読む---- 世間優勢読み。
1)路肩に乗りあげる  2)緒に就いた  3)逆手にとる  4)両刃の剣   5)歯肉  6)天然の生薬
7)不審火  8)修羅場と化す  9)手榴弾  10)楔形文字

【解答】最初に挙げた読みが比較的優勢(「広辞苑」などを参考にした)。
1)ろかた・ろけん  2)しょ・ちょ  3)ぎゃくて・さかて  4)もろは・りょうば  5)しにく・はにく
6)しょうやく・きぐすり  7)ふしんび・ふしんか  8)しゅらば・しゅらじょう  9)てりゅうだん・しゅりゅうだん
10)くさびがたもじ・せっけいもじ・けっけいもじ

《今日の小さな歓び》
 チョッピリ読書。

                                          以上
# by tinnan1515 | 2018-02-13 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

再び九六位連山を歩く!

 昨日に続き今日も大分市の九六位連山に足を運ぶ事にした。なにしろ昨日は九六位山に二度も登るポカで夜明ケ城や横江山)に辿り着くことが出来なかった。と言う事で今日は再挑戦する事にした。

e0272335_16205039.jpg
   どうしょうもないわたしが歩いてゐる      種田山頭火
 昨日もこの句碑を見ていたのだが、今日は心に響くものがあった。

                           記
   
【山行日】2018年2月12日  (晴れ)                                         
【山行先】夜明ヶ城(463.7m)&横江山(464.4m)&本城山~九六位山(451.8m):大分市
【山行者】単独
【行動コース】九六位森林公園P(9:35)~夜明ヶ城(10:10/10:20)~横江山(11:10/11:15)~ライオンズ森のロード昼食(11:35/11:50)~本城山登山口(12:25)~本城山?~九六位山(13:25)~九六位森林公園P(13:35)
【行動時間】4時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
 自宅から九六位森林公園キャンプ場の駐車場までは20数分。今日も冷たい風が吹いていた。
e0272335_17194654.jpg
九六位林道線は通行禁止の為、ここから林道歩きで夜明ヶ城登山口に向かう。
e0272335_17215768.jpg
法面崩壊地から夜明ヶ城登山口までは約10分程度?
e0272335_17295265.jpg
九六位中継塔が見え始めてきたので夜明ヶ城登山口までもう一息。
e0272335_17315718.jpg
進路は九六位中継塔の方へ。
e0272335_17335433.jpg
夜明ヶ城は右の方向に。どの様な山頂か興味津津。
e0272335_17504043.jpg
九六位森林公園キャンプ場の駐車場から所要時間30分で夜明ヶ城に到着。お初の山は嬉しいものである。そして、山頂からの展望は素晴らしいの一言。
e0272335_17532753.jpg
先ずは昨日2度も登った
九六位山を眺める事に。(笑)
e0272335_17553822.jpg
次は臼杵湾の光景を。津久見島はやはり直ぐに分かるなぁ。三角台の嶺もぼんやりと見えていた。
e0272335_17585415.jpg
こちらの峰はこれから目指す横江山。
e0272335_1805469.jpg
大きな枝がニョキニョキと広がっている巨木。このような大木を見るとついつい嬉しくなる。
e0272335_1833957.jpg
ライオンズの森ロードの看板が立てられていた。
e0272335_1865945.jpg
戸次の方向へ進む。
e0272335_1882210.jpg
この地点が横江山への登山口と勘違いして尾根に登るも標識がなく引き返した。
e0272335_18374081.jpg
登山口はOBS中継塔の直ぐ近くだった。
e0272335_18401325.jpg
右の道路は中継塔に。左の道が横江山へ。
e0272335_18422352.jpg
青い杭に私有地と明記されている所を通ると。
e0272335_18482160.jpg
箱型の倉庫が設置されている右の方に三角点と標識があった。
e0272335_18513366.jpg
本日2座目の横江山に立つことが出来た。展望はなく引き返す事に。
e0272335_18534157.jpg
九六位森林公園キャンプ場の駐車場に戻る途中で昼食タイム。
e0272335_1859640.jpg
大分ドームと高崎山が目を引いた。
e0272335_196187.jpg
この時期は花がなくて淋しいのだが、カンアオイを愛でる事ができた。
e0272335_1982141.jpg
本城山登山口地点まで戻って来た。この時の時刻は12時25分、今日は3時までに戻れば良いので時間の余裕はまだありそうだとの判断で、再度本城山を目指す事にした。
e0272335_19121820.jpg
荒れに荒れた作業道?テープを追い求めながらどんどん進む。昨日歩いていないコースだった。
e0272335_19142523.jpg
アオキが伐採されている方向に進むと。
e0272335_19154975.jpg
やっと尾根筋に辿り着いた。見慣れている赤テープにひと安心する。ここからアカテープに沿って歩きピーク地点に着くも標識はなかった。途中で引き返す事に。
e0272335_1920434.jpg
本城山登山口には戻らず九六位山を目指すと度展望台の近くに着くと、そこが九六位山の山頂だった。
e0272335_19224990.jpg
圓通寺でお参りを済ませ句碑を眺めていたら種田山頭火の句があるではないか。荻原井泉水の句は”空をあゆむろうろうと月ひとり”
e0272335_19253191.jpg
”どうしょうもないわたしが歩いてゐる”まるで今日の自分の様だった。
e0272335_19331818.jpg
九六位連山の山歩き終了。    

《一口メモ》
 九六位連山の3座は完全踏破。本城山は今後の課題となるがもうこれで打ち切りとしましょう。


                                      以上
# by tinnan1515 | 2018-02-12 19:40 | 山歩き | Comments(2)

九六位連山の一つ九六位山に二度登る!

大分市の九六位連山とは(九六位山&本城山&夜明ケ城&横江山)と言うことを知り得た。九六位山には何度も登っているのだが、本城山・夜明ケ城・横江山は未知の山であった。今日は日曜日なので12時半までには帰宅することを頭に叩き込んでいた。

                           記                   
【山行日】2018年2月11日  (晴れ)                                         
【山行先】九六位山(451.7m):大分市
【山行者】単独
【行動コース】九六位森林公園P(8:40)~九六位山(8:55/9:20)~九六位森林公園P(9:30)
【行動時間】0時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_17483688.jpg
九六位森林公園駐車場に車を停めていざ出発。
e0272335_1751283.jpg
登山口は、『天台宗 九鹿猪山・圓通寺』の石碑が立っているところから。
e0272335_17551986.jpg
林道九六位線法面崩壊の為、全面通行禁止となっていた。と言うことは本城山&夜明ケ城登山口までは徒歩となるのか。
e0272335_1758409.jpg
歩き始めると直ぐに三椏に出会うもまだ蕾であった。
e0272335_1834458.jpg
この二つの巨木は大分市の名木であった。
e0272335_1852188.jpg
左の巨木が樹齢1.380年の”いちょう”
e0272335_1873243.jpg
右の巨木が樹齢300年の”かや”
e0272335_18485188.jpg
修行大師像と圓通寺の山門。
e0272335_1857878.jpg
圓通寺の本堂。
e0272335_1859483.jpg
水子地蔵尊。
e0272335_1923435.jpg
境内を見学したあとは九六位山に。
e0272335_194316.jpg
気持ちの良い登山道を歩くと山頂はもう直ぐ。
e0272335_197398.jpg
三角点は展望台の側にあった。
e0272335_19628.jpg
九六位山(451.7m)にあっという間に到着。
e0272335_19124249.jpg
、『摩利支天の神』が祀られており、東屋のある展望台からの眺望は?
e0272335_191677.jpg
先ずは九六位山展望案内から。由布岳・鶴見岳は雲がかかり山容はぼんやりと見えただけだった。
e0272335_19192346.jpg
山頂周辺を歩き回っていたら青空が。手前が夜明ケ城で奥の山が横江山。
e0272335_1926073.jpg
そして、冬の花蕨にも出会う事が出来た。

 下山後、本日2座目の本城山を目指して登山口に向かったが?
e0272335_1935324.jpg
林道九六位線法面崩壊の為、全面通行禁止。九六位森林公園駐車場から歩くことに。
e0272335_19364058.jpg
本城山登山口までは林道歩きだったので順調に辿り着いたのだが。
e0272335_19384851.jpg
登山道(作業道)を歩き始めると早速に藪、さらには倒木に難儀しながらピンクのテープを目指して歩く。沼田場の水は凍っていた。
e0272335_19444126.jpg
この地点まで来てどうやら
このピンクのテープは九六位山に向かっている事に気が付くも最後まで登る事にした。
e0272335_19485248.jpg
苦労して登りついた地点は展望台のある場所だった。なんと今日2回目の九六位山だった。(笑)
 どこで間違ったのやら。多分沼田場の手前で左に降りて行く山路ではないかと思っているのだが。もうこの山道を歩く気力はなく下山後は夜明ケ城に向かって歩く事に。
e0272335_19545428.jpg
林道九六位線法面崩壊地点に着いた時は11時10分。夜明ケ城登山口は近かかったのだが今日はここで引き返す事にした。

 帰路、少しばかり環境美化活動をして家路についた。そして、今日楽しみだったNHK囲碁を観戦する事ができた。

                                               以上
 
# by tinnan1515 | 2018-02-11 20:00 | 山歩き | Comments(2)


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

山馬鹿さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 04:17
こんばんは~☆ >..
by yamabakanikki at 20:57
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:09
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 02:20
ポンちゃんさん、こんにち..
by tinnan1515 at 15:59
おはようございます。うす..
by ポンちゃん at 10:37
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 05:24
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 19:01
great sub..
by Lelandreono at 22:30
悟空さん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 17:50

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル