山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳

<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

米良三山やま開き!

2017年3月21日    火曜日

 午前中まで降り続いていた雨は昼頃には上がり、青空も見られるようになった。里山歩きにでもと思ったのだが、米搗きを頼まれたのでコイン精米機でひと仕事。と言っても我家の精米量は僅か10kgである。

 帰宅後、春の陽射しにつられて洗車をする。先日雨乞林道を走った時、タイヤ周りに泥が付着し気になっていた。漸く躰が動くようになり明るい兆しだ。

 夕方郵便ポストを覗くと宮崎県西米良村観光協会から自分宛に封書が届いていた。なんと、米良三山やま開きの案内だった。

 毎年恒例の米良三山(市房・石堂・天包)やま開きを4月29日に開催するとの事。米良三山は2015年12月に一度登っているのだが、市房山と石堂山は自分好みの山であった。

 今季、市房山に登りたいと考えていたので、米良三山やま開きに参加したいとの思いが強くなってきた。まだ時間があるのでじっくりと計画を立てて見たい。
e0272335_16421157.jpg


【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 伝統色
1)珊瑚  2)牡丹  3)臙脂  4)海老茶  5)桜  6)紅梅
7)躑躅  8)蘇芳  9)葡萄  10)曙  11)撫子  12)丹色 
13)檜皮  14)鴇  15)一斤染  16)深紅  17)真朱
18)退紅  19)梅鼠
  20) 21)茜   22)猩猩緋  23)栗梅

  
【解答】 
1)さんご  2)ぼたん  3)えんじ  4)えびちゃ  5)さくら  6)こうばい
7)つつじ  8)すおう  9)えび  10)あけぼの  11)なでしこ
12)にいろ  13)ひわだ  14)とき  15)いっこんぞめ  16)こきくれない
17)ひいろ  18)まそほ  19)あらぞめ  20)うめねず  21)あかね
22)しょうじょうひ  23)くりうめ
●葡萄 : ヤマブドウのエビカズラの実の熟したような色。
e0272335_17222465.jpg

●一斤染 : ベニバナ一斤で絹一疋を薄紅色に染めること。
e0272335_17245977.jpg

●深紅 : ベニバナで染めた濃い紅色。「真紅」とも書く。
●真朱 : 天然の硫化水銀原鉱から作られた顔料。辰砂ともいう。
●退紅 : 薄い紅染めピンク。色あせた紅染の意。たいこう。
e0272335_17233687.jpg

●梅鼠 : 灰色がかったピンク。
*伝統色の漢字も読めなかったが、色のイメージも湧いてこなかった。


《今日の小さな歓び》
 稀勢の里、連勝続く。

                                        以上
by tinnan1515 | 2017-03-21 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

休息日!

2017年3月20日    月曜日

 毎月20日はおじいちゃんの月命日。和尚さんが見えられると言う事で、朝から張り切って室内掃除から外回り掃除とこまめに体を動かした。それにしてもひと月が経過することがなんと早いことだろう。

 今日は天気予報通り午後から雨となり一気にテンションが下がった。昨日の山歩きはルンルンだったのにと思って見たとて今日は今日なのである。平たく言えばなるようにしかならないという事か。

 しかし考えようでは天が与えてくれた休息日。山行の疲れが少しばかり出ていたので英気を養いなさいと言う事かも知れない。少しは前向きに考えましょう。

 今日の雨は潤いの雨になったのかなぁ。ビオラが見頃を迎えている。
e0272335_17481183.jpg


【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 数/単位
1)粍  2)厘  3)毛  4)寸  5)吋  6)糎
7)分  8)勺  9)尺  10)呎  11)立  12)合 
13)間  14)碼  15)瓦  16)匁  17)升  18)町
19)哩  20)瓩  21)貫  22)斗  23)里
 
 
【解答】 
1)ミリ  2)りん  3)もう  4)すん  5)インチ  6)センチ
7)ぶ  8)しゃく  9)しゃく  10)フィート  11)リットル
12)ごう  13)けん  14)ヤード  15)グラム  16)もんめ
17)しょう  18)ちょう  19)マイル  20)キログラム  21)かん
22)と  23)り

《今日の小さな歓び》
 今月6冊目の本読了。

                                          以上
by tinnan1515 | 2017-03-20 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

雨乞岳&黒岩山&倉木山!

 3連休の中日であり天候も良好と言う事で、各地の山は賑わう事だろうと予想していた。今朝、由布岳正面登山口の前を通った時駐車場はほぼ満杯であった。
 さて、今日の自分の山行先であるがホソバナコバイモが見られる雨乞山系に登る事にした。しかし、花が見られる時期は4月なので期待薄であった。

                              記
【山行日】2017年3月19日  (晴れ)                                         
【山行先】雨乞岳(1073.7m)&黒岩山(1106m)&倉木山(1160m) 
【山行者】単独
【行動コース】雨乞岳1号集材路P(9:40)~雨乞岳登山口(10:10/10:20)~雨乞岳(10:45/10:50)~黒岩山(11:20/11:30)~城ヶ岳分岐点(12:45/12:55)~倉木山(13:55/14:10)~倉木山&城ヶ岳分岐点(14:25)~雨乞岳1号集材路P(14:45)
【行動時間】5時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 佐渡窪のマンサクも見たかったのが、今日は知人が佐渡窪に出かけるので、その結果を待ってからマンサク観賞にと思っていた。
e0272335_1912681.jpg
雨乞牧場付近で車を停め由布盆地の朝霧を眺める。彼方に見える山は福万山。
e0272335_19233046.jpg
そして由布岳。今日は登山者で大賑わいだろう。
e0272335_19264263.jpg
倉木山の登山口を通り過ぎて雨乞岳1号集材路の広場が今日の駐車場である。今日登る山はマイナーな山なので車は自分の1台のみ。ここから舗装道歩き。
e0272335_19304295.jpg
花の季節になると色々な花が見られるのだが、その面影も見られなかった。それにしても今日は素晴らしい春日和。
e0272335_19403130.jpg
雨乞岳の登山口。ここから山路歩きとなる。
e0272335_19441465.jpg
植林地帯の中を登り詰め雨乞岳山頂を目指すも花らしき姿を見ることはなかった。
e0272335_19483328.jpg
雨乞岳山頂。周囲が高い木々に覆われているので眺望はサッパリ。花も残念ながらこの時点で断念。雨乞三山でも目指そうかと思い黒岩山に向かう。
e0272335_1958242.jpg
黒岩山に向かう登山道は倒木で大荒れ。
e0272335_2035142.jpg
今日二つ目のピーク、黒岩山に着く。雨乞岳からは意外と近かった。黒岩山から城ヶ岳分岐点までの縦走路は苦戦するも、山路歩きに心は満たされていた。
e0272335_2092543.jpg
城ヶ岳分岐点で一休み。お握り1個食べる。さて、雨乞三山を目指すか、それとも下山路に向かい倉木山に。二者選択の結果、倉木山に登る事にした。城ヶ岳まで45分はちと荷が重すぎた。
e0272335_20162446.jpg
自分が大好きな樹林地帯。間も無く新緑に染まる事だろう。
e0272335_20181486.jpg
倉木山鞍部より山頂を見上げるも登山道は枯れた薄に覆われている。しかも急登であった。
e0272335_20204241.jpg
しっかりと標識を確認後、気合を入れて登るもやはりきつい。何度も立ち止まり一息入れる。やっとの事で倉木山に。
e0272335_20235861.jpg
花の名山、倉木山に着くと男性登者の方が1名。この時間帯に会えるとは嬉しい出来事であった。
e0272335_20262512.jpg
山頂から眺望を楽しむことに。先ずは双耳峰の由布岳から。天気良好なのにやゃ春霞。
e0272335_20294033.jpg
こちらは雨乞岳・黒岩山山系。
e0272335_2032978.jpg
そして、今日は辿り着くことができなかった城ヶ岳。倉木山で眺望を楽しみ下山開始。
e0272335_20355153.jpg
急登の降りはあっという間だった。鞍部に降り立ち駐車場まで林道歩き。
e0272335_2038285.jpg
林道歩きはこの地点まで。ここからショートカットコースで駐車場に降りる。
e0272335_20393491.jpg
無事ゴールイン。今日は花との出会いがなく黙々と歩いた。

《一口メモ》
 緊張する登山コースではないのだが、一部登山道が荒れているのでそれなりに大変であった。とは言うものの3座登れて満足。

                                            以上

 



                                     
by tinnan1515 | 2017-03-19 21:00 | 山歩き | Comments(4)

今日も色々と!

2017年3月18日    土曜日

 今日やるべきことは墓掃除と思っていた。おじいちゃんが健在の時は自分の出る幕はなかったのだが、今ではすっかり自分の仕事になっている。でも、最近は山歩きにかまけてサボる事もたまたまでチョッピリ反省。今日ばかりはしっかりと掃除をおこなった。

 ひと仕事を終えて、さかいやにおはぎ買いに行くと売り切れ。11時に出来ると言う事でその間知人宅に訪問し山談義。その後、さかいやに行くとお客さんで賑わっているではないか。あわや売り切れ寸前かと思ったがやっとゲットできた。

 午後からはスノータイヤからノーマルタイヤへの交換の為、ガソリンスタンドへ。今季は雪道走行は余りなかったのだがやはり装着しておれば安心する。約1時間程度で終わり、その後ノーマルタイヤで走行を試みた。向かった先は山桜が咲く農免道路へ。
e0272335_199963.jpg
小高い山中の農免道路沿いには山桜がチラホラと咲き始めていた。
e0272335_1994594.jpg
純白の花が清楚でなかなかよかった。臼杵の山桜の名所、大岩は少しばかり白く染まり始めていた。
e0272335_1919078.jpg
山桜を見に行った帰りにツクシショウジョウバカマがある場所に立ち寄るとまだ蕾であった。しかし、カキドオシの花を見ることができたので良かった。

《自宅の花》
 自宅の花も賑わい始めてきた。今日はクリスマスローズとガーベラ。
e0272335_1925107.jpg
ダブルのホワイトがやっと見られるようになってきた。この株はひと株しかないのでもっと増やしていきたい。
e0272335_19254958.jpg
宿根草のガーベラ。今年も元気に咲き始めていた。

《読書》
 今朝、メールを開くと臼杵図書館からのお知らせが。予約しておいた本が準備出来たとのこと。葉室麟さんの新刊は必ず読むようにしているので楽しみである。 
e0272335_1835783.jpg
あおなり道場始末  葉室 麟 著

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 風雨雪氷
1)時化  2)旱  3)霙  4)氷柱  5)霾  6)颪
7)陽炎  8)霰  9)斑雪  10)風巻  11)  12)雹 
13)風花  14)疾風  15)凩  16)五月雨  17)霖雨  18)雫
19)東風  20)南風  21)叢雨  22)沛雨  23)靄 
 

【解答】 
1)しけ  2)ひでり  3)みぞれ  4)つらら  5)つちふる
6)おろし  7)かげろう  8)あられ  9)はだれ  10)しまき
11)つむじかぜ  12)ひょう  13)かざはな  14)はやて  15)こがらし
16)さみだれ  17)りんう  18)しずく  19)こち  20)はえ
21)むらさめ  22)はいう  23)もや
●霾 :黄砂現象。春の偏西風に運ばれた黄土で空が黄ばむ。
●斑雪 :はらはらとまばらに降る雪/うっすら積もった雪。
●風巻 :風の激しく吹きまくること。その風。シは風の古語。
●飆 :渦のように巻いて吹き上がる風。街角などによく発生。
●沛雨 :沛然と降る雨。さかんに降る雨。

《今日の小さな歓び》
 今季お初の山桜を見た事。

                                    以上
by tinnan1515 | 2017-03-18 19:40 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今日も良く動きました!

2017年3月17日    木曜日

 今年の春の彼岸入りは3月17日である事をすっかり忘れていた。お墓には明日行く事に。
朝食後、パソコンに向かっていたら、買い物に連れて行っての一言で準備を済ませ、ふと時計を見るとまだ8時40分。大在のアムス店のオープン時間は午前10時なので再びパソコンに向かった。あらためて9時半過ぎに自宅を出て先ずはグッッディに向かった。
e0272335_18303291.jpg
購入した花はリナリア (姫金魚草)とペチュニア。
 帰宅後、早速に植えた。その後、花を眺めていたらオダマキウィンキーが咲き始めていた。
e0272335_19361163.jpg
紫のオダマキウィンキーが光に照らされ活き活きと輝いていた。
e0272335_19363342.jpg
白はまだ一輪の開花。清楚で清々しさを感じた。

《里山歩き》
 午後から春の陽気に誘われ里山歩きに出かける。歩数一万歩が未到達なので、少しでも歩かなくてはとの思いで頑張ることにした。
 山路に入ると早速に菫の花に出会った。ここで浮かんできたことは松尾芭蕉の俳句であった。
e0272335_1948645.jpg
                         山路来て何やらゆかしすみれ草 
 山の中にだんだん進むとぷ~んと匂ってくる。独特な香りを漂わせているのヒサカキである。ヒサカキの白い花は目前に咲いているのだが、次回は淡いピンク色のヒサカキを見てみたいと思った。
 そして、いつもの場所の春蘭を見るとまだ蕾であった。今日の日差しは流石に暑さを感じる。なんと半袖のシャツで充分だった。
 龍王山から周囲の山の山桜を見るもまだ咲いている様子は確認できなかった。歩数計を見るも数千歩、まだ歩き足りないということで三角台に向かう。三角台からは海を眺めて即下山開始。16時半までには自宅に着かないと小言を言われるので急ぎ下山した。
  
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 男の道具
1)鋸  2)鉋  3)鉞  4)魚籠  5)鏝筵  6)鏨
7)大鋸屑  8)鉈  9)銛  10)鑢  11)鑿  12)剪 
13)剃刀  14)錐  15)曲尺  16)撥条  17)匕首  18)半田 
19)蝶番  20)鎹  21)捻子  22)骰子  23)刷毛 

 
【解答】 
1)のこぎり  2)かんな  3)まさかり  4)びく  5)こて
6)たがね  7)おがくず  8)なた  9)もり  10)やすり
11)のみ  12)はさみ  13)かみそり  14)きり  15)かねじゃく
16)ばね  17)あいくち  18)ハンダ  19)ちょうつがい  20)かすがい
21)ねじ  22)さいころ  23)はけ

●鎹 
e0272335_18142595.jpg


《今日の小さな歓び》
 里山歩き。

                                         以上
by tinnan1515 | 2017-03-17 20:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

夏木山(大鋸・小鋸を歩く)

 祖母傾最新情報を見るとミツバツツジが咲き始めた様子。こうなるともう血が騒ぎ出すが、さて山行先となると頭を悩ます。考えた山は宮崎県の可愛岳、そして大分県の藤河内渓谷のミツバツツジだった。藤河内渓谷であれば夏木山にも登れると。
e0272335_1958221.jpg
藤河内渓谷のミツバツツジは咲き始めで、時期がまだ早かった。

                              記
【山行日】2017年3月16日  (晴れ)                                         
【山行先】夏木山(1386m) 
【山行者】単独
【行動コース】夏木山新道登山口(7:40)~あけぼの平(8:40)~夏木山(9:40/10:10)~大鋸・小鋸~犬流越(12:55/13:15)~犬流登山口(14:00)~夏木山新道登山口(14:15)
【行動時間】6時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】
 夏木山と言えばアケボノツツジが魅力の山。その時期にはミツバツツジも同時に見れて良いのだが、今回は花が何もない時期だが、ひょっとするとマンサクが咲いているかも知れないと淡い期待を抱いていたのだが。
e0272335_202105.jpg
この時期に、しかも平日に登る人はいないだろうと思っていたが予想通り。頂上まで1900mを確認しゆっくりゆっくり山頂を目指した。登りの登山道は急登が続き意外と手古摺る。
 登山口の気温は1℃とかなり冷え込んだ模様。薄い手袋をはめていたので指先が温まるまで時間がかかった。花が無い時期は黙々と歩くのみで味気ないのだが、集中力は高まるようだ。
e0272335_20204510.jpg
あけぼの平付近になると薄らと雪ん子が落ちていた。
e0272335_20232558.jpg
久し振りの本格的な山登りは流石に疲れた。山頂から傾山を眺める。一時は傾山に登ることを考えたのだが、今回は夏木山で良かった。
e0272335_2027215.jpg
傾山は眺めるだけであった。
e0272335_20285799.jpg
休憩しながら大崩山を楽しむ。ササユリが咲く時期に登ろうかなぁ。一休み後、五葉岳も考えたのだが花もないので大鋸・小鋸を歩く事にした。
e0272335_20345847.jpg
大鋸・小鋸登山道はロープ場あり、梯子場ありと緊張の連続、集中力を維持するのも大変である。
e0272335_20352086.jpg
二段梯子。梯子場は気分も和らぐのだが。
e0272335_20354647.jpg
ロープ場は慎重に。、
e0272335_2046827.jpg
氷柱が誕生していた。山中は結構冷える。そういえばマンサクのある場所を通過したのだが、まだ蕾であった。
e0272335_8234740.jpg
アップダウンとテープを確認しながらの歩きは緊張の連続。漸く風景が楽しめる地点で立ち止まり傾山を眺める。傾山から祖母山につながる連山、祖母山がチョッピリ見えた。
e0272335_8293642.jpg
大鋸・小鋸登山道から真正面に見えるのは檜山(1297m)。
e0272335_8452281.jpg
根っこだらけの上に薄らと雪があり、しかも降り。滑らない様に降りも緊張した。
e0272335_8482496.jpg
降り時の梯子場。梯子がないとぞっとするのだが。先人の皆様方に感謝、感謝。良くもこの山中に運んだものかと感心するばかりであった。
e0272335_851377.jpg
両手両足を活用。意外と楽に登れる。
e0272335_8533743.jpg
やっと犬流越に。ひとまずは一安心、そして、お握りとアンパンでお腹を満たした。ヒメシャラの光景に癒されながら下山開始。
e0272335_8574362.jpg
犬流登山口はこちらの登山道から。
e0272335_8585249.jpg
コースに間違いがないことをしっかり確認。
e0272335_8595788.jpg
木につかまりながら急登を慎重に降る。登山道には石楠花が沢山自生していた。
e0272335_92094.jpg
犬流登山口までもう少しと自分を励ましながら歩く。
e0272335_934024.jpg
この地点は確か三つの沢が合流している所。間も無く犬流登山口だ。
e0272335_9520100.jpg
犬流登山口に降り立ち、急に疲れたような。それにしてもその筈、緊張の連続だったからなぁ。夏木山新道登山口までひと歩きだが足が重たいこと。何か花でも咲いていればテンションも上がるのだが。
e0272335_99065.jpg
ゴールイン。夏木山(大鋸・小鋸)を歩き通せる体力が戻っていたのは嬉しかった。

《ミツバツツジ観賞》
 夏木山登山では花との出会い叶わず意気消沈していたが、帰路やっとミツバツツジとご対面。
e0272335_9111483.jpg
観音滝付近で見ることができたミツバツツジ。漸く咲き始めたと言った感じ。
e0272335_9114030.jpg
木山内岳の登山口。
e0272335_9171430.jpg
藤河内渓谷キャンプ場近くの車道に咲いていたミツバツツジ。
e0272335_9174042.jpg
まだ、咲き始めだったが目的の花を少しでも見ることができ嬉しかった。
e0272335_9183891.jpg
次の出会いはどこの山になるか楽しみだ。
e0272335_9192440.jpg
これで心もほっこり。今日も一日山歩きを楽しむことができ感謝。

《一口メモ》


                                           以上
by tinnan1515 | 2017-03-16 20:35 | 山歩き | Comments(8)

鎮南山の三椏にまんぞくまんぞく!

2017年3月15日    水曜日

《鎮南山》
 今日は山歩きに出かけたい気分、さりとて遠出の山歩きは避けたいと言う事で、市民の山”鎮南山”に登る事にした。
 鎮南山に登るのは2月15日以来で実に1ヶ月振り。そろそろ三椏の花も見頃ではないかと期待を膨らませていた。登山口に向かっている途中に雨が落ち始めてきたが、登山開始時は全く問題なかった。

 午前11時半頃からスタートし沢筋を歩き三椏のある場所に向かっていると。
e0272335_17431143.jpg
こんな花が?
 歩き初めて10分にも満たないうちに三椏のある場所に着くと。
e0272335_17473649.jpg
この場所に何度足を運んだことか。これだけの開花であればもう充分でしょう。
e0272335_1751560.jpg
黄色の花一色。
e0272335_17514923.jpg
こちらは白色の花と黄色の花の二色。
e0272335_17555947.jpg
場所を変えながら写真を撮り続ける。
e0272335_17583325.jpg
あっという間に20分程経過するもなかなか離れがたかった。
e0272335_1801047.jpg
今年も存分に三椏を堪能できてもう言うことなし。ありがとう。
e0272335_1853652.jpg
満ち足りた気分で歩いていると木の間に赤い花が?
e0272335_1894082.jpg
5合目を過ぎたあたりから目は山際に。ハルリンドウの成長が気になっていたのだが、小ちゃな花芽が3個出始めていた。
e0272335_18465318.jpg
アップで見ると今にも咲きそうな感じ。
 今日のコースは先ず山庵寺を目指す事に。途中の展望台から由布岳を眺めるも雲の中。そして今日の鶴見岳は雪が降っているとラジオで聞く。
e0272335_1921053.jpg
山庵寺でコーヒータイムとトイレ休憩。山庵寺の臥龍梅はすでに終わっていたが桜が満開だった。
e0272335_19224414.jpg
山庵寺駐車場に咲く吉野桜。
e0272335_1975840.jpg
吉野桜は満開であったが山桜の開花は見られなかった。
e0272335_1993343.jpg
この桜の名前は?
e0272335_19103654.jpg
思わぬ吉野桜に満足後、鎮南山に着くと、新たな山頂標識が付けられていた。別府山楽会の物だった。
e0272335_19151365.jpg
今日の締めは塔の尾山からの眺望。臼杵湾に浮かぶ津久見島を眺めて下山開始。今日の行動時間は午前11時半から14時半であった。

《読書》
予約しておいた本が借りられるようになった。今月はこの本を読み終えると目標到達。返却日が3月29日なので大丈夫だろう。
e0272335_1722855.jpg
君の膵臓をたべたい  住野よる 著。 2016年本屋大賞 2位。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 日常什器
1)団扇  2)蚊帳  3)蝿帳  4)薬罐  5)筵  6)湯湯婆
7)蚊遣  8)卓袱台  9)急須  10)茣蓙  11)炬燵  12)行李 
13)俎  14)絨毯  15)懐炉  16)行火  17)行灯  18)簀子 
19)毛氈  20)焜炉  21)炭団  22)杓文字  23)束子 

 
【解答】 
1)うちわ  2)かや  3)はいちょう  4)やかん  5)むしろ
6)ゆたんぽ  7)かやり  8)ちゃぶだい  9)きゅうす  10)ござ
11)こたつ  12)こうり  13)まないた  14)じゅうたん  15)かいろ
16)あんか  17)あんどん  18)すのこ  19)もうせん  20)こんろ
21)たどん  22)しゃもじ  23)たわし
●蝿帳 :蠅を防ぐ戸棚。紗や金網を張って通風をよくした。
e0272335_1721091.jpg


《今日の小さな歓び》
 鎮南山登山。

                                             以上
by tinnan1515 | 2017-03-15 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

園芸”金のなる木”

2017年3月14日    火曜日

 なんとなく体の調子が今一つ。気候のせいなのか。はたまた、風邪が完全に治りきっていないのか。どうやら二つとも当てはまっている様だ。こんな時はやはり体が動かないのだが、せめて園芸だけはと思いつつ、家内から頼まれた”金のなる木”の植え替えを行う事にした。
e0272335_16145710.jpg
”金のなる木”が大きく成長し鉢とのバランスが不釣り合いになり、何かの弾みで鉢が倒れ土をこぼしたとの事。
e0272335_1615293.jpg
今回植え替えた鉢は一回り大きいので安定感が増しこれなら大丈夫。
e0272335_16154668.jpg
”金のなる木”の葉が落葉し小さな芽が出始めたので育てる事にした。今後の成長が楽しみである。
カネノナルキ(金のなる木)は、ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。カゲツ(花月)とも呼ぶ。

 午後からは明日返却の原田マハさんの『暗幕のゲルニカ』を読む。どうにか明日返却の目途が立ちほっとする。何しろ予約しておいた『君の膵臓をたべたい』が借りられるようになったので慌てふためいていたのである。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 和装和髪
1)足袋  2)鞐  3)草鞋  4)脚絆  5)袈裟  6)作務衣
7)裃  8)元結  9)股引  10)法被  11)褌  12)丁髷 
13)月代  14)半纏  15)襷  16)櫛  17)髷  18)鬢 
19)褞袍  20)襦袢  21)簪  22)桃割  23)鬘 
 
【解答】 
1)たび  2)こはぜ  3)わらじ  4)きゃはん  5)けさ
6)さむえ  7)かみしも  8)もっとい  9)ももひき  10)はっぴ
11)ふんどし  12)ちょんまげ  13)さかやき  14)はんてん  15)たすき
16)くし  17)まげ  18)びん  19)どてら  20)じゅばん
21)かんざし  22)ももわれ  23)かつら
●鞐 :足袋や脚絆などの合わせ目をとめる爪形のとめ具。
e0272335_1612378.jpg

●元結:髪を束ねたもとどりを結ぶ細い糸。
e0272335_16114725.jpg


《今日の小さな歓び》
 戸を全開し部屋の掃除。

                                             以上
by tinnan1515 | 2017-03-14 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

唯一の外出は図書館通い!

2017年3月13日    月曜日

 昨日、一昨日と好天気であったが、今日は午後から静かに降り続くこぬか雨になった。今日一日じっとしていなさいという事だろう。

 さて、こんな日の時間の過ごし方といえば読書とテレビぐらいしか持ち合わせていないのだが、「トラバース2」の放送は楽しみな時間帯であった。

 今日、唯一の外出は図書館通い。昨日読み終えた『春に散る(下)』の返却と本の借り出しであった。芥川賞・直木賞作品展示場を眺めていたら、『風に舞いあがるビニールシート』を読んでみようという気持ちになった。もう1冊の『ゴールデンスランバー』は今日借りることを決めていた。
e0272335_14582613.jpg
森絵都 著。2006年第135回直木賞受賞作品。
e0272335_14585055.jpg
伊坂耕太郎 著。2008年本屋大賞受賞作品。
 自分にとっては両作者の本は初めてなので楽しみである。また、2冊目の本続けて読みたくなるか興味津津。
 山歩きのように好きな山には何度も足を運ぶものだが、自分ごのみの作者に出会うのは滅多にない。 

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】 生地衣装
1)束帯  2)狩衣  3)直垂  4)袿  5)別珍  6)水干
7)十二単  8)唐衣  9)汗衫  10)繻子  11)刺子  12)縅 
13)裲襠  14)緞子  15)更紗  16)絣  17)衣桁  18)一張羅 
19)縮緬  20)臈纈  21)晒し  22)帖  23)襤褸
 
 
【解答】 
1)そくたい  2)かりぎぬ  3)ひたたれ  4)うちき  5)べっちん
6)すいかん  7)じゅうにひとえ  8)からぎぬ  9)かざみ  10)しゅす
11)さしこ  12)おどし  13)うちかけ  14)どんす  15)さらさ
16)かすり  17)いこう  18)いっちょうら  19)ちりめん  20)ろうけつ
21)さらし  22)たとう  23)ぼろ
●袿  :平安時代の貴婦人の服/男子の狩衣などの下に着た服。
●汗衫 :汗取りの単衣の短衣。平安時代以降、官女・童女の上衣。
e0272335_14253918.jpg

●臈纈 :蝋や樹脂などで防染し、ヒビ入りの模様を作る染め。
●帖 :厚紙に渋や漆を塗り、和服や結髪の道具をしまうもの。

《今日の小さな歓び》
 稀勢の里 2連勝。

                                           以上
by tinnan1515 | 2017-03-13 15:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

里山歩き&囲碁観戦!

2017年3月12日    日曜日
《里山歩き》
 朝からの好天気に体が反応して里山歩きでもと言う意欲が。反面余り無理はできないぞと言う心のせめぎ合いの中で、今日は龍王山までと自分に言い聞かせた。 昨晩、風薬を飲んだお蔭で効果てきめん、咳も鼻水もとまり体はなんら問題なかった。
e0272335_16324372.jpg
いつもは登山口まで車で行くのだが、今日は自宅から歩いて龍王山まで。熊崎川の土手を歩いていると菜の花が満開見頃。春の陽気に誘われのんびりと歩く。
e0272335_16293553.jpg
山路に入り春蘭の様子を伺うと蕾は前回と余り変わらない。また、他の場所の春蘭を見るも同じ状況だった。
e0272335_16295715.jpg
寄り道をして用水池の方を歩いていたらなんとなんとサツマイナモリが。龍王山の麓にサツマイナモリがあるのを初めて知る事となった。やはり、うろうろすると何かに遭遇するなぁ。
e0272335_16304261.jpg
登山道に戻り山頂を目指しているとあの匂いが。ヒサカキには雄花と雌花があるようだが区別が分からない。低山でも今日の陽気では汗がにじみ出る。
e0272335_16311844.jpg
今日は病み上がりということもあって三角台は諦める。山頂のアセビが咲き始めていた。11時半過ぎには自宅に戻りたく下山開始。
e0272335_163298.jpg
のんびり歩きの里山を楽しみ下山する。土手にはつい最近見たアマナを今日も見る。花は何度見ても嬉しいのだが、新鮮味がなくなるのが淋しい。
e0272335_1891681.jpg
川の中では亀さんの甲羅干し。なんとなく春ののどかさを感じさせられる光景であった。
e0272335_17121122.jpg
白花たんぽぽではなく黄花タンポポの綿毛。なんとなんくほっこりした。
 1時間半程度の里山歩きというよりもウォーキングに近いものであったが、気分転換が図れてとても楽しかった。

《NHK囲碁観戦》
 午後からは楽しみにしていた囲碁観戦。今日の対局は井山裕太棋聖対伊田篤八段。解説は高尾紳路名人だった。
e0272335_16245512.jpg

 碁石を並べながらの囲碁観戦。黒番が井山裕太棋聖。白番、伊田篤八段。
e0272335_16251845.jpg

結果は井山裕太棋聖の中押し勝ち。
e0272335_16254038.jpg
伊田篤八段に期待していたのだが残念だった。井山裕太棋聖はやはり強い。

【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第四章 読めれば楽しい漢字859
【問題】建築庭園
1)納戸  2)框  3)閂  4)葭簀  5)筧  6)雪隠
7)三和土  8)竈  9)冠木門  10)庇  11)校倉  12)柴門 
13)浮御堂  14)破風  15)伽藍  16)手水鉢  17)矢来 
18)枝折戸  19)甍  20)庫裏  21)数寄屋  22)虎落  23)四阿
 
 
【解答】 
1)なんど  2)かまち  3)かんぬき  4)よしず  5)かけい
6)せっちん  7)たたき  8)かまど  9)かぶきもん  10)ひさし
11)あぜくら  12)さいもん  13)うきみどう  14)はふ  15)がらん
16)ちょうずばち  17)やらい  18)しおりど  19)いらか  20)くり
21)すきや  22)もがり  23)あずまや
●「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い
簾(すだれ)は、材料に細く割った竹や葦(ヨシ)などを並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的で使われるものの総称である。
葦簀(よしず)は、「よしすだれ」とも言うように簾の一種だが、材料に葦が使われ、大型で軒先などに立て掛けて使うものを「葦簀」と呼び、簾と区別される。
●虎落 :戦時、先を尖らせた竹を組み合わせて作った防護用柵。
e0272335_16235169.jpg


《今日の小さな歓び》
 『春に散る』下巻を読み終えたこと。

                                             以上
by tinnan1515 | 2017-03-12 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧