<   2016年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

1年の締め括りは掃除であった!

   明けましておめでとうございます
e0272335_1722251.jpg

         皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします
          本年もよろしくお願い申し上げます


2016年12月31日  土曜日

 いつものように午前6時から朝食の準備を行う。朝食を済ませ歯磨きに行くと洗面所の小窓は昨日に続き結露していた。その後、掃除に取り掛かるためガラス戸を開けるとなんとなんと屋根と田圃は霜で真っ白であった。室内の掃除を終えると次は外回りの掃除を気合を入れて済ませる。今日はお墓の掃除と車の掃除もあるのだが、家内から買い物に連れ出される。年末は開店時間が午前9時からと言う事で大助かりであった。

 買い物から返り一人で墓掃除に行く。盆前と年末の墓はお花が綺麗で清々しかった。自分も念入りに墓の掃除を行う。午後からやっと自分の車の洗車。今日はポカポカ陽気だったので水も苦にならなかった。

 さて、今日で2016年も終わり。いろいろあったけど12月の目標をまとめておこう。
1、
目標:10.000歩/月平均    結果:7.968歩/月平均  
年間実績:9.618歩/年平均
●歩数は9月から12月の4ヶ月間目標未達成であった。検査入院や手術が重なり健康面に問題があったのが未達成の要因。健康の大切さをあらためて認識させられた。

2、読書
目標:7冊/月  ⇒  結果:10冊/月 
12月に読んだ本
1)月と蟹                 道尾秀介
2)愛、深き淵より               星野富弘
3)陰日向に咲く                 劇団ひとり
4)この世で一番の贈り物           オグ・マンディーノ
5)ただ生きていく、それだけで素晴らしい 五木寛之
6)失踪者                    下村敦史
7)虹を待つ彼女                逸木 裕
8)介護入門                   モブ・ノリオ
9)サウスバンド                 奥田英朗
10)生きるぼくら                原田マハ
 
1年間に読んだ冊数
 年間目標:84冊  ⇒ 年間結果:122冊

●68年の歴史において年間100冊以上の本を読んだのは初めて。良くもこんなに読んだのかと不思議なくらいである。やはり、意欲と情熱がこの結果をもたらしてくれたのかなぁ。

《今日の小さな歓び》
 家族揃ってお正月を迎えられること。

                                        以上
by tinnan1515 | 2016-12-31 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(6)

登り納めは津久見市の彦岳!

 今年も大詰めを迎えようとしている。この時期になると山好き人間にとっては登り納め登山が気になるところ。昨年は30日に由布岳であったが、今年は色々とあり近場の山に登る事にした。

 今月はリハビリを兼ねて里山歩きを開始したのが16日からで、その間鎮南山に登ったのが1回のみ。今回は鎮南山より標高が100m高い彦岳に登る事にした。

                   記

【山行日】2016年12月30日  (晴れ)                                         
【山行先】彦岳(639m)大分県津久見市
【山行者】 (単独)
【行動コース】彦岳登山口P(10:25)~床木登山口分岐点(11:10)~彦岳(11:55/12:15)~彦岳登山口P(13:15)
【行動時間】2時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
大分県道36号佐伯津久見線を津久見方面から走り、彦の内トンネルを過ぎると彦岳登山口がある。
e0272335_1682480.jpg
今朝はかなり冷え込み、自宅のガラス戸は結露していた。気温も6℃前後で肌寒さを感じる程であった。駐車場に着くとすでに車が2台停まっていた。登山者の車だろうと思いつつ10時25分のスタートであった。前回の鎮南山では下山時足が痛んだので今日はスローペースで歩くことを意識していた。
e0272335_16201817.jpg
鳥居をくぐって山路歩きとなる。そうそう、彦岳は昨年の4月7日以来であった。
e0272335_1622727.jpg
林道出合いから本格的な山路歩きである。
e0272335_16233986.jpg
彦岳の登山道はとても歩きやすい。植林地帯もあるがこの地点自然林なので気持ちが良い。
e0272335_16253338.jpg
床木登山口分岐点に到着。彦岳山頂まであと1350m地点である。途中、下山者の方とお会いする。
e0272335_1629483.jpg
山頂まであと600m地点。途中途中に標識があり道迷いすることはない。
e0272335_175258.jpg
木々の合間から彦岳の町山頂を仰ぎ見る。青空が清々しい気分にしてくれる。
e0272335_16303114.jpg
一歩一歩登り詰め山頂まであと300m地点に着く。
e0272335_1775761.jpg
鳥居から山頂まではほんの少しの頑張りだ!
e0272335_1795316.jpg
山頂直前に霜柱が立っていた。山頂はかなり冷え込んだ模様。
e0272335_17112921.jpg
彦岳着、11時55分。素晴らしい天候で気持ちが良かった。山頂に着いた時は腰周りにうっすらと汗が滲んでいたが、下着を着替える程でもなかった。
e0272335_171524.jpg
彦岳神社で登山の安全を祈願する。
e0272335_1719528.jpg
彦岳山頂より見る佐伯湾全景図。
e0272335_17212728.jpg
手前の島が大入島。鶴見半島も確認する事ができた。佐伯湾を眺めながら気持ち良いひと時を過ごす。一つには鎮南山から彦岳にちょっぴりステップアップ出来た事が嬉しかったのかも知れない。コーヒータイム後下山開始。
e0272335_175348.jpg
ここの椿は背が高くてズームアップで撮る。
e0272335_17543531.jpg
下山時はなんとなく心が浮き浮き。ここまで歩けるようになったことと、年明けの初登りに目処が立ったことが要因かも知れない。展望所から津久見市街地を眺望する。
e0272335_17583676.jpg
そして、遠くにはうっすらと由布岳が浮かんでいた。13時15分、無事下山。足の痛みもなく約3時間の山歩きを大いに楽しむ事ができた。

《一口メモ》
 登り納め登山は津久見市の彦岳であった。現状ではベストの選択であったと自己満足。これで鶴見岳登山に弾みがつきそうだ。

                                        以上
by tinnan1515 | 2016-12-30 18:30 | 山歩き | Comments(6)

里山歩きでみかんを頂く!

2016年12月29日    木曜日

 日曜日に鎮南山に登って以来、天候も芳しくなくやゃ低調気味で3日間もリハビリ運動から遠ざかっていた。今日はなんとかしなくては思うも、午前中は気力が奮い立たなかった。

 午後から漸く重い腰を上げるも空は曇り空。今一つ気分が乗らなかったが龍王山の山路を歩き出すと、気持ちも和らいできた。汗をかかないようにゆっくりペースを心がけながら山頂に着いた時はいつもの自分を取り戻していた。

 こうなると次の山頂を目指したくなり三角台に向かった。今日は気温が低いため殆ど汗をかず山頂での居心地が良かった。いつものようにコーヒータイム。

 さて、下山路はと考えたが久し振りに岩崎コースを歩く事にした。このコースは民家の道を歩くのだが、途中にみかん畑がある。みかん畑を通りかかると作業をされていたので、みかんの品種をお尋ねすると臼杵ではこの方のみが栽培されているみかんで、特徴は香りが良いとの事であった。みかんを7個頂く。ありがとうございました。岩崎コースを歩きラッキーであった。
e0272335_1736611.jpg

 帰宅後、トイレに行き尿漏れパッドを確認すると失禁していた。歩いている時は失禁したような感じはなかったのだが、まだまだ失禁が続きそうだ。

《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第二章 読めます、解ります研究編
【問題】 漢検1級への道 音編
1)情誼  2)晩餐  3)汪溢  4)慇懃  5)落胤  6)坩堝  7)遊弋  8)刮目
9)俚諺  10)憂鬱  11)鎬  12)軋轢  13)陋劣  14)罵声  15)社禝
16)曳航


【答え】
1)じょうぎ(誼(よし)み。親しみ。互の情愛。以前からの友好関係。友誼) 
2)ばんさん(夕食。特にあらたまった豪華な夕食)
3)おういつ(横溢とも。汪は水がひろがる。溢れるほど盛んなこと。水がみなぎり溢れる) 
4)いんぎん(慇(ねんご)ろなこと。ていねい。親しい交わり。~無礼な態度)
5)らくいん(皇室大名家名士などの貴人が、妻以外の身分の低い女に産ませた子。おとしだね) 
6)るつぼ(物質を溶かす耐火性のツボ。中が灼熱の状態、そこから混乱興奮の意。興奮の~)
7)ゆうよく(警備の船が敵を求めて巡回する。)
8)かつもく(よく注意して見る。刮はけずる、えぐる、目をこらす。)
9)りげん(俗世間のことわざ、民間のいいならわしや教訓、ことわざ。俚は田舎、俗っぽいこと)
10)ゆううつ(気がはれない、ふさぐ。憂いはうれい、欝はこもる、気分がふさぐ)
11)しのぎ(刀の刃と棟の間にある膨らんだ部分。~を削る(戦闘で激しく鎬がぶつかる))
12)あつれき(車輪が軋る、転じて互の仲が不調となる。不和。事態が悪化~が生じてきた)
13)ろうれつ(いやしく劣っている。陋の本意は狭い小さい。)
14)ばせい(罵り騒ぐ声。罵は悪口を言う、悪態をつく)
15)しゃしょく(国家、国体。社は土地の神、禝は五穀の神。建国に際してこれらを祀ったことから)
16)えいこう(船が他の船を引っ張って航行する。~舟。)
*漢字は読めても意味が分からない事が多く、一つでも意味を覚えなくてはと思っている。

《今日の小さな歓び》
 ヒヤシンスを植えたこと。 
                                         以上
by tinnan1515 | 2016-12-29 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

アイゼンの買い替え!

2016年12月28日    水曜日

 退院後、最初の検査日で今日の検査項目は尿検査と血液検査であった。血液検査では肝臓、腎臓の各種の検査項目で全て問題ないとの結果。貧血も問題なし。そして、尿検査結果も良好で一安心であった。次回の検査は2月22日である。

 気分も良かったので前々から思っていた山渓さんに足を運ぶ事にした。途中で由布岳が見える所を走っていると雪化粧であった。一日でも早く雪山に登りたいのだが今しばらく辛抱である。山渓さんで購入したものはストック付属品のポールキャップとアイゼンであった。
e0272335_1722453.jpg
ポールキャップは知らないうちに失っているが、注意力が足りない様だ。アイゼンは買い替えである。
e0272335_17274054.jpg
山渓さんから頂いた2017年カレンダーの表紙。

 今日書きとめておきたい事の一つ。それは『生きるぼくら』を読んでいたら「御射鹿池」と東山魁夷(日本画家)さんの『緑響く』という作品を知り得た。
e0272335_17381939.jpg
絵画の嗜みはゼロに等しいのだが心に残る作品だと思う。
 小説は半分程読み終えたのだが、今日は『緑響く』を知ることができてとても嬉しかった。

《今日の小さな歓び》
 花の手入れ。

                                          以上
by tinnan1515 | 2016-12-28 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

今日はおばあちゃんの退院日!

2016年12月27日    火曜日

 今日はおばあちゃんの退院日。なんとなく朝からそわそわしていたが、自宅に連れ帰るとほっとしいつものように静かな生活に戻る。

 振り返って見ると自分が退院したのは12月9日。それまで家内は二つの病院通いだったのである。自分が退院してからはおばあちゃんの病院だけになったのだが、1ヶ月に及ぶ病院通いはご苦労さまでした。

 夕食はおばあちゃんの退院を祝して、おばあちゃんが大好きなステーキ肉と赤飯で久々の家庭団欒であった。後期高齢者3人では盛り上がらないが、それでも家族が揃うと嬉しいものである。

e0272335_16172177.jpg
ひとりバエのプリムラマコライデスの花が一輪。毎年ひとりバエのプリムラマラコイデスを育てているが今年も元気に育っている。来春の満開時が楽しみである。
e0272335_16235949.jpg
ここのところ毎日訪問してくれるメジロ。明日もみかんを準備して待ってるからね。

《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第二章 読めます、解ります研究編
千金を買う市あれど、壱文字を買う店なし篇(文字は自分で覚えるしかない)
【問題】 漢検1級への道 音編
1)悋気  2)瞋恚  3)韜晦  4)看経  5)咀嚼  6)宸翰  7)糟糠  8)浩瀚
9)翩翻  10)桎梏  11)梗概  12)乖離


【答え】
1)りんき(嫉妬、やきもち、ねたみ)  2)しんい(瞋は怒り  3)とうかい(自分お才能や地位身分を包み隠す) 
4)かんきん(経文を声を出さずに見読みする、経文の黙読)
5)そしゃく(嚼みくだき、そして味わう) 
6)しんかん(天子みずから筆をとる文章)。宸は宮殿、天子の住む場所。翰は羽、転じて羽で作った筆、手紙、書。)
7)そうこう(糟(さけ粕)、糠(ぬか)。粗末な食べ物)。~の妻。)
8)こうかん(書物が多い。また巻が多くて長い本、書。浩も瀚も広大の意。~な蔵書、~な書)
9)へんぽん(旗などがひるがえる。翩は軽々と飛ぶ。翻はひるがえる、はためく。日の丸が~とはためく)
10)しっこく(桎(足かせ)と梏 (手かせ)。縛ること。自由を束縛する。気になって動きがとれない)
11)こうがい(社会正義を訴え、その不正、不浄に憤り嘆く。○○政権の腐敗にひとり悲憤~する)
12)かいり(背き離れること。へだたる。乖は道理にもとる、背くこと。政治と国民との~)

《今日の小さな歓び》
 おばあちゃんが退院した事。

                                        以上
by tinnan1515 | 2016-12-27 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

今日は読書日だった!

2016年12月26日    月曜日

 朝からすっきしない天候だったが何故か気分は上々だった。雨が今にも降りだしそうな天候はさすがに外に出歩く意欲はなく絶好の休息日となった。

 メールを開くと臼杵図書館から予約しておいた本が準備できましたとのお知らせ。今現在、図書館から借りてる本は5冊なので、どうしても1冊読み上げないと借りられないのである。

 午前中読みかけの本を読み上げ、午後から図書館に行った。今回予約しておいた本は桜木紫乃さんの『氷の轍』だった。
e0272335_17295511.jpg
桜木紫乃さんの新刊本は必ず読むようにしている。この本は2016年10月2日初版第1刷発行。
 
 1月4日返却の本が1冊、1月6日返却本が3冊、1月9日返却本が1冊と年末から年明けまで、少し頑張って読みたいと思っている。

《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第二章 読めます、解ります研究編
千金を買う市あれど、壱文字を買う店なし篇(文字は自分で覚えるしかない)
【問題】 漢検1級への道 音編
1)邁進  2)黜陟  3)健啖家  4)痙攣  5)封緘  6)慳貪  7)慟哭
8)既往 9)象嵌  10)驥尾  11)刀自  12)猖獗  13)瘋癲  14)暖簾
15)謦咳 16)車軸
 

【答え】
1)まいしん (勇みたって進む。邁はすすむ、過ぎ去る)
2)ちゅっちょく(功績のない者を登用する。任免)
3)けんたんか(大食いの人。健はすごい、啖は食べる) 
4)けいれん(筋肉が発作的に収縮を繰り返す) 
5)ふうかん(手紙の封。または封をすること) 
6)けんどん(物を惜しみ貪る。けちで強欲)
7)どうこく(大声をあげて泣き叫ぶ。慟はひどく悲しむ。哭は泣き叫ぶ) 
8)きおう(過ぎ去ったこと)
9)ぞうがん(金属、陶器、木材などに模様を刻み、そこに金銀銅などを埋め込む技法) 
10)きび(駿馬の尾。驥は一日千里を走る馬、転じて鋭才、秀でた者。)
11)とじ(主として年配の女性に対する敬意をこめた呼称) 
12)しょうけつ(悪い物の勢いが盛んなこと。蔓延する。猛々しく荒々しいこと)
13)ふうてん(精神がせいじょうでない、または定まった仕事を持たずふらふらしている人)
14)のれん(暖はノンと読む。もとは暖気を逃がさないための布、幕)
15)けいがい(謦はせき、咳もせきや笑い。つまり身近なこと)
16)車軸(車の軸、心棒。豪雨大雨の表現。▽降ること~の如し“車軸のような太い雨。突然の大雨”)
*黜陟は前回も読めなかった。今回は意味も覚えておきたい。

《今日の小さな歓び》
 焼き芋が美味しかった事。

                                    以上
by tinnan1515 | 2016-12-26 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

退院後、お初の3時間コース鎮南山!

昨日は白石山に登ったので、今日は是が非でも鎮南山に登ろうと気力が充実していた上、朝からの素晴らしい天気が後押しをしてくれた。さてさて、鎮南山に登れる体力は回復していたのだろうか?

                 記

【山行日】2016年12月25日  (晴れ)                                         
【山行先】鎮南山(536.4m)
【山行者】 (単独)
【行動コース】鎮南山登山口P(8:35)~山庵寺(9:55)~鎮南山(10:25/10:35)~塔の尾山(10:45)~鎮南山登山口P(11:35)
【行動時間】3時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
 鎮南山に登るのは10月17日以来であった。この時点では体力的にはなんら問題はなかったのだが、今は里山歩きで体力回復を目指しているのだが、今日の鎮南山登山でどの程度の体力が回復しているのか知りたかった。
e0272335_180663.jpg
登山口駐車場に着くと車が10数台。日曜日と好天気に恵まれて登山者が多かった。鎮南山登山口から沢筋コースを目指す事にした。
e0272335_18463724.jpg
沢筋歩きの目的は三椏の状況を見たかったからである。すでに多数の蕾を付けていた。
e0272335_18514160.jpg
山路を歩いているとイズセンリョウに出会う。イズセンリョウ属はサクラソウ科に属する植物の属の一つ。もう一つ見たかった胡椒の木の花は出会い叶わずで残念であった。
e0272335_1856456.jpg
ゆっくりゆっくり歩きながら8合目に到着。登山口の気温は7℃前後であったがこの地点に着いた時は汗が滲んでいた。この地点から塔の尾山は目指さず山庵寺に向かった。途中の展望所から由布岳を眺めるも霞んでいてはっきり見えなかった。

e0272335_18591984.jpg
山庵寺では掃除が行われていた。ここから荒れた山道を登り鎮南山に向かう。山庵寺までの所要時間はいつもより15分程オーバーしていたが体調は何ら問題なかった。
e0272335_1945776.jpg
尾根筋を登り詰めると大きなホルトの木。鎮南山は目前である。
e0272335_1962879.jpg
鎮南山に無事に辿り着く。着替えをしてコーヒータイム。
e0272335_19102451.jpg
山頂から臼杵湾を眺めるも霞んでいて眺望は残念賞であった。鎮南山から塔の尾山に向かう途中、駐車場でお会いしたご夫婦の方と再度出会った。
e0272335_19152678.jpg
今日最後のピーク、塔の尾山に着く。体調はなんら問題なかった。
e0272335_19175293.jpg
臼杵市街地。我家の地区もはっきりと確認できた。塔の尾山からの下山は一般道は降りず、5合目までの直登コースを選択した。
e0272335_1922924.jpg
直登コースを降り5合目に着き、ここからは通常コースを歩くも3合目辺りから右足が痛み出した。丁度良いことに知人と出会い話し込んでいたら痛みがなくなっていた。やはり、本調子でないことが分かり、年明けの鶴見岳登山が押し迫ってきているのにどうしたものかと暗雲が立ち込めてきた。

《一口メモ》
 里山歩きでもっと体調を整えること。

                                          以上
by tinnan1515 | 2016-12-25 20:00 | 山歩き | Comments(10)

白石山に登る!

2016年12月24日    土曜日

手術して今日で1ヶ月目を迎えた。身体の調子はほぼ問題なく普通に生活しているのだが、失禁だけはどうする事も出来ない。約3ヶ月程経過すれば自然に治るとお伺いしているのだが、今は気長に対応するしかないようだ。

 今朝は張り切って室内掃除に取り掛かる。何か魂胆があると身体の動きも良くなるようだ。掃除を終えて外を眺めていたらメジロがみかんを啄んでいた。
e0272335_16282128.jpg
ヒヨドリがまだやってこないのでメジロの一人舞台であった。

 掃除を早く済ませた訳は里山歩きを計画していたからである。昨日までは龍王山と三角台でトレーニングに励んでいたが、今日は一歩先を見据えて白石山に登る事にした。龍王山と三角台は共に200mにも満たない低山であるが、今日登る白石山は391mなのでここがクリアーできれば鎮南山を目指したいと思っている。

1、白石山登山
 臼杵市下の江から大分市神崎線の下の江側に一本松峠がある。今日の登山口は一本松峠からのスタートであった。
e0272335_17234157.jpg
路肩広場に駐車し10時50分出発。
e0272335_1643160.jpg
一本松峠から白石山を目指した。このコースを歩くのは久し振りであった。
e0272335_1733330.jpg
山口分岐点着11時15分。
いつもは山口登山路から白石山を目指すのだが、この時期は花がないのと、久し振りの白石山と言う事で一本松峠のピストンコースを選択した。
e0272335_17373615.jpg
落葉の絨毯を踏みながら一歩一歩山頂を目指す。やはり登りとなると腰回りに汗が滲み出してくる。途中で白石山の登山道や山頂の整備をなさっておられる佐藤さんにお会いする。今日も木の伐採を行われていた。
e0272335_17422518.jpg
11時50分、白石山着。思いのほか歩けたので一安心、昼時となり昼食タイム。佐藤さんも山頂に登ってこられたので会話をしながらの昼食であった。
e0272335_1745344.jpg
白石山の山頂から眺める景観は心を癒されるのだが、今日は霞んでいるため満足行く景色は楽しめなかった。12時25分、佐藤さんとお別れし下山開始。13時登山口着。所要時間2時間10分(休憩時間含む)
《一口メモ》
 今日の白石山山行で次の鎮南山は大丈夫だろうとの確信を得ることができた。


2、漢字の学習
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第二章 読めます、解ります研究編
千金を買う市あれど、壱文字を買う店なし篇(文字は自分で覚えるしかない)
【問題】 漢検1級への道 音編
1)畢竟  2)隠匿  3)流暢  4)顛末  5)炯眼  6)賄賂  7)間隙  8)啓蟄
9)忌憚  10)永劫  11)蓬髪  12)穎才  13)鞭撻  14)比喩  15)驕倣
16)救荒

【答え】
1)ひっきょう (つまるところ。つまりは)  2)いんとく(包み隠す。秘密にする。匿うこと)
3)りゅうちょう(流れるように淀みのないこと)  4)てんまつ(始めから終わりまでのさま) 
5)けいがん(洞察力に優れる。炯はキラキラ光る)  6)賄賂(不正な金品授与。)
7)かんげき(あいだ。間はあいだ、隙はすきま)  8)けいちつ(冬ごもりの虫がはい出る)
9)きたん(忌み憚る。遠慮する。わずらわせる)  10)えいごう(無限に近い歳月)
11)ほうはつ(蓬のようにのび、ばさばさの髪)  12)えいさい(英才とも書く。優れた才能やその持ち主)
13)べんたつ(いましめ励ます。励まし鞭打つ)
14)ひゆ(譬喩とも書く。物事を説明するのに類似したモノを比較しておこなう)
15)きょうごう(おごりたかぶる。驕は背伸をびして人の上にでる。倣はおごる)
16)きゅうごう(荒は飢饉。これに対して手をさしのべること。旱荒(カンコウ、日照災害)
*漢検1級への道、全問正解ではないが上々のスタート。

《今日の小さな歓び》
 白石山山行。

                                        以上
by tinnan1515 | 2016-12-24 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

図書館&里山歩き

2016年12月23日    金曜日

 もちの木の背が伸び過ぎて、これから手入れするのが大変だと思っていたので背丈を短くした。前々から計画していたのだが年内に片付ける事ができてほっとする。気分が楽になったのか、その後は草取りや花の手入れを行なった。午後からは図書館通いと里山歩きに出掛けた。

1、図書館
 肉まんさんのブログに原田マハさんの「生きるぼくら」を読んだ感想が述べられていた。” この小説も、良かったなあ。人への愛情と人を思いやる気持ちを、あらためて教えてもらった。”と。
 今日は本の返却日だったので自分も「生きるぼくら」を借りる事にした。
e0272335_17261585.jpg
原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年7月14日 - )は、日本の小説家、キュレーター、カルチャーライター。東京都小平市生まれ。
e0272335_17304816.jpg
『楽園のカンヴァス』も借りる。第25回山本周五郎賞受賞、第147回直木賞候補、第10回本屋大賞第3位。
e0272335_17324911.jpg
『生還者』 下村敦史 著。臼杵図書館に所蔵本がなく大分県立図書館から借りる事ができた。

2、里山歩き(龍王山&三角台)
 2017年の干支は酉。大分県では日本三百名山の鶴見岳が干支の山。来年は鶴見岳から初登りを考えているのだが、現状では里山歩きが精一杯。そろそろ鎮南山に登ろうと思っているのだ、その前に白石山に登ることが先である。是非とも年内には鎮南山登っておきたい。胡椒の木の花も見たいのである。
e0272335_18191738.jpg
紅葉した櫨(橙色)。龍王山の山頂にて。
e0272335_18193614.jpg
紅葉した櫨(赤色)。龍王山の山頂にて。
《行動時間》2時間00分

3、漢字の学習
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第一章 恥をかかないための入門編
【問題】(あて字とわかっていても厄介)
1)ギャンブルでスって素寒貧       2)こんなに梃子摺るとは
3)今シーズンは最下位の為体      4)お二人の首途を祝して乾杯
5)温和な為人を見込んで         6)その考えは浅墓だね 
7)盛り場の路地で強請られた       8)依怙地になって完成させた
9)洒落臭い!ほっといてくれ       10)正月の準備で大童なんです
11)不成者にからまれた          12)ごめん、仕事に雁字搦めでさ

【答え】
1)すかんぴん (一文なし)      2)てこずる(もてあます。手古摺るとも書く)
3)ていたらく(様子。ありさま)    4)かどで(旅たち。新しい生活を始めること。門出) 
5)ひととなり(生まれつきの性質。人柄)   6)あさはか(考えが足りないさま)
7)ゆすられ(おどして金品をまきあげる)   8)いこじ(いじっぱり。えこじともいう)
9)しゃらくさい(生意気だ。こしゃくだ
10)おおわらわ(なりふずかまわず大奮闘するさま)
11)ならずもの(ごろつき“破落戸、ならずものとも読む”)
12)がんじがらめ(精神的に縛られて、自由に動けなくなること)
*破落戸は読めるのだが、こちらの不成者は読めなかった。

《小さな歓び》
 入院前の生活ペースを取り戻しつつあること。 

                                        以上
by tinnan1515 | 2016-12-23 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

気分が今一つ!

2016年12月22日    木曜日

昨日で年末大掃除は完了していたので、あと残るは自分の散髪だけ。家内も顔を剃ってもらいたいと言うので近くの理髪店に行く。予約を入れておいたので開店と同時に始めて頂き、10時半に終える事ができた。

 その後、おばあちゃんが入院している病院に行く。顔の表情も元気そうで一安心。来週には退院の予定でお正月は自宅で迎えられるのでほっとする。

 午後からは里山歩きでもと思っていたら気分が乗らず、天気予報予報通り雨となったので自宅で過ごすも何となく憂鬱であった。明日の天気に期待したいと思っている。

《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
e0272335_16313267.jpg

第一章 恥をかかないための入門編
【問題】 (あて字とわかっていても厄介)
1)おいしいものを鱈腹食べた     2)身の毛が弥立つ思いをした
3)うたたねをして盗汗をかいた     4)なんとも胡散臭いやつだ
5)こら余所見をするな         6)外連みのないピッチング
7)ここで怖気づいたら男がすたる   8)満員電車で押し合い圧合い
9)思ったより呆気なかった10)は大きいが肝っ玉が…
11)この木偶坊め、しっかりやれ    12)若気た若者が増えてるよね

【答え】
1)たらふく (腹いっぱい)        2)よだつ(寒さ、怖さで身の毛が立つ)
3)ねあせ(普通は寝汗と書く)      4)うさんくさい(油断ができない) 
5)よそみ   6)ごまかし。はったり。歌舞伎で受けを狙った芸)
7)おじけ(おそろしいとひるむきもち)  8)おしあいへしあい
9)あっけなかった(はりあいがない)  10)なり(からだつき。身なり)
11)でくのぼう(気のきかない人。木偶は木彫りの人形)
12)にやけた(男が着飾ったり、化粧したりする)
*『若気の至り』わかげのいたりのワカゲでは意味が通じない。

《今日の小さな歓び》
 スーパーで知人にお会いしたこと。

                                         以上
by tinnan1515 | 2016-12-22 17:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
山歩き
17日間の入院生活
自転車ぶらぶら旅
食べ歩き
読書日記
趣味の園芸
漢字
釣り
音楽
お気に入り俳句・漢詩
風景
花散策
その他
検査入院日記
主婦業奮闘日記
17日間の入院生活
思いのままに綴る日記

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

うすきさん、こんばんは。..
by giroro at 21:21
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:26
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 06:50
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 18:00
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 05:44
こんばんは、うすきハッピ..
by 風来坊 at 01:20
うすきさん、こんにちは。..
by 豊津の信ちゃん at 10:42
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 05:11
こんばんは、うすきさん ..
by ポンちゃん at 22:02
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 05:23

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

野生ニホンザルの生息地”高崎..
at 2017-09-25 19:00
荒平の池&荒平山を歩く!(豊..
at 2017-09-24 18:00
里山の冬の花蕨&ミヤマウズラ..
at 2017-09-23 20:10
潤いの一日?
at 2017-09-22 18:00
鋸山(チャボツメレンゲ)&倉..
at 2017-09-21 18:53

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
登山

画像一覧