山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳

<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3月も終わりだ!

2016年3月31日      木曜日 

 3月は前半に体調を崩し苦しんだが、月半ばから徐々に体が動くようになり自分の生活ペースを取り戻すことができた。後半は目標達成に目処がついたので心身とも楽になった。終わってみれば結果を残すことができて嬉しかった。

1、3月の目標結果
1)歩数
目標1万歩/月平均 ⇒結果 10.737 /月平均
●2ヶ月連続の未達成は避けたいと思いつつ、月半ばから懸命に頑張りどうにか目標をクリアーできて良かった。何事も諦めないことが肝心である。

2)読書
目標7冊/月 ⇒  結果10冊/月 
①ジョン・マン 波濤編 山本一力 著
②ジョン・マン 大洋編 山本一力 著
③ジョン・マン 望郷編 山本一力 著
④風かおる  葉室 麟 著
⑤橘花抄  葉室 麟 著
⑥風の王国  葉室 麟 著
⑦ジョン・マン 青雲編 山本一力 著
⑧ジョン・マン 立志編 山本一力 著
⑨神々の山嶺(いただき) 上 夢枕 獏 著
⑩柚子の花咲く 葉室 麟 著
●8冊目までは順調に進んでいたのだが『神々の山嶺(いただき)』で一気にペースダウン。下巻を読まなくてはと思っているのだが未だに手がつかない状態である。

2、自宅の花
 3月に入り花に勢いが出てきた。新たに咲いた花はシャクナゲ、ユリオプスデージー、エリカ。
e0272335_14575933.jpg
蕾を観察しながらいつ咲くのかと思っていたら月末に咲いてくれた。桜の時期と重なったようだ。
e0272335_1458467.jpg
自宅のシャクナゲの次は山に咲くシャクナゲがたのしみである。
e0272335_14592063.jpg
ユリオプスデージー。一斉に咲いてくれると嬉しいのいだが間を置いて咲くようだ。
e0272335_14594374.jpg
エリカの花付きは良くないのだが咲いてくれてありがとう。

最近になり花に勢いが出てきて見頃になってきた。毎日眺めては楽しんでいる。
e0272335_15134697.jpg
初めて植えた花が3種類あるがそれぞれに特徴があり面白い。
e0272335_1514085.jpg
今年はビオラは何度も植え替えしたがやっと花が賑わい始めてきた。
e0272335_15141368.jpg
寄せ植えは今年が初めて。これから寄せ植えの虜になりそうだ。
e0272335_15142625.jpg
寄せ植えのチューリップは植える場所を間違えたようだ。
e0272335_15143968.jpg
クリスマスローズの花期も終盤だと思うがまだ楽しまさせてくれる。

3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題1】押さえておきたい変わり身読み(変わり身でないのも含まれています)。
1)手折る 2)目庇 3)金気臭い 4)木漏れ日 5)木の香
6)火影 7)白茶ける 8)鼻白む 9)苗代 10)雨合羽

【解答】
1)たおる 2)まびさし 3)かなけくさい 4)こもれび 5)きのか
6)ほかげ 7)しらちゃける 8)はなじろむ 9)なわしろ 10)あまがっぱ
●まびさし【眉庇・目庇】
① 兜(かぶと)の額のひさし。 → 兜
② 帽子のひさし。
③ 窓の上の狭いひさし。

《今日の小さな歓び》

 数年ぶりの懇親会。


                                    以上
by tinnan1515 | 2016-03-31 21:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

ちょっとだけ趣味の園芸!

2016年3月30日      水曜日 

 3月もあっという間に終盤を迎えている。今月は前半苦しんだが中盤以降なんとか持ち直すことができた。顕著に現れたのが歩数である。今月も1万歩未達成かと危ぶんでいたが、後半の追い上げで目標達成が可能になった。

 心に余裕が生じてきたのでウオーキングはお休みして、今日は自宅でのんびりすることができた。もっとも水曜日はアッシー君の日で時間に制約があり遠出はできないのだが。

 自宅にいると結構仕事言いつかるのだが今日は米搗きを頼まれた。午後の約3時間の自由時間で園芸をおこなった。花の苗植え、花柄摘み等々。でも好きなことなので一向に苦にならない。この時期の花の生き生きとした姿を見ると心が晴れやかになる。若い頃は花に興味がなかったのだがいつの間にやら花好きになっていた。

1、園芸
 ホームワイドに赤玉土、腐葉土、化成肥料を買いに行ったついでに、花売り場を覗くと常緑クレマチスがあったので購入した。
e0272335_17533671.jpg
今日買った花の苗は常緑クレマチス、ロベリア、ペチニュアア。
e0272335_17535359.jpg
 小さな鉢に植えた常緑クレマチス。キンポイゲ科カートマニ^ジョウ。増やし方は挿し木。冬は室内で15℃以上に保つと開花する様だ。

 今日の園芸は花植え以外に、先日買った金魚草と矢車草の種を植えた。果たして無事に花を咲かせることができるだろうか?

2、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題1】気をつけて変わり読みことばをしっかり読もう。
1)酒蒸し 2)目の当たりにした 3)眼差し 4)頬の火照り 5)声高な抗議
6)手繰り寄せる 7)プラモデル用の金型 8)声が木霊する 9)上絵具
10)胸突八丁 11)風花の舞う草原 12)爪楊枝 13)稲穂

【解答】
1)さかむし 2)まのあたり 3)まなざし 4)ほてり 5)こわだか
6)たぐる 7)かながた 8)こだま 9)うわえのぐ 10)むなつきはっちょう
11)かざはな 12)つまようじ 13)いなほ

《今日の小さな歓び》
 ホームワイドの花売り場で元喫茶店のママにお会いしたこと。

                                           以上
by tinnan1515 | 2016-03-30 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

小さな幸せを求めて里山歩き!

2016年3月29日      火曜日 

 今日は遠出の山歩きはOKだったのだが、目覚めが今一で早朝からの山歩きは諦める事にした。朝食の準備・片付け、ゴミ出し、部屋の掃除を行っていると段々と気分も高揚してきた。

 ここ数日間怠けていた漢字の学習に意欲が高まる中、なんと珍しいことにクラシック音楽を聴きたくなった。何と気まぐれな性格なのか。チャイコフスキーの三大バレエ組曲を聴いた。

 学習を済ませるとやはり山の事が気になりだした。ブログでセンボンヤリが開花していることを知り、センボンヤリを見たくなった。

1、里山歩き
 自宅を10時半過ぎに出て先ずは龍王山を目指す。このコースに咲く春蘭が気になるところ。
e0272335_19431950.jpg
この春蘭は初めての場所であった。丁度見頃のようでラッキー。これまで何度も足を運んだ別のところの花期はおわっていた。山頂の春蘭はまだ蕾のままであった。
e0272335_204201.jpg
サルトリイバラの蕾。
e0272335_20104928.jpg
陽当りの良い山路には見頃のスミレが沢山咲いていた。
e0272335_2022150.jpg
龍王山山頂の桜も蕾がすっかり色付いていた。中にはすでに開花したものも。
e0272335_20235975.jpg
日本人と桜は切り離すことができませんね。
e0272335_20261734.jpg
満開時に一人ぼっちの花見をする事にしましょう。桜の開花状況も分かったので次は三角台に向う事にした。
e0272335_20285553.jpg
野いばらの花。刺には悩まされるが花は美しい。
e0272335_2032566.jpg
こちらは淡いピンクの花びらだった。
e0272335_20341426.jpg
三角台の日章旗は風に靡いていた。ここで昼食を済ませ一度センボンヤリを見た場所に向かった。
e0272335_20381753.jpg
黄色一色のサルトリイバラの花。とても小さな花だがよく見ると綺麗な花であった。
e0272335_20425011.jpg
センボンヤリを見た場所に着く。
e0272335_20475157.jpg
先ず最初に目に付いたのはこの花。ヒメハギ。
e0272335_20533819.jpg
紫の花は好きなのであるが余りに小さな花だった。センボンヤリを必死に探すが見つける事が出来なかった。まだ時期尚早か?
e0272335_20572747.jpg
山路から車道歩きに。早速にキランソウに出会った。
e0272335_2103023.jpg
海岸線に咲く山桜はすでに赤い葉が出始めていた。山桜に満足したあとはフジツツジに咲く場所へ。今日会いたかった一つである。
e0272335_5435870.jpg
その前にもう一度山桜を楽しもう。
e0272335_2111893.jpg
実は今日元越山に行こうかと思っていたのだが、ここに来ればフジツツジが咲いているのではと。思いが叶い嬉しかった。
e0272335_2122273.jpg
まだ咲き始めなのか木々によってはまだ蕾の物もあった。
e0272335_2124742.jpg
海岸線の山沿いに咲くフジツツジはここの一帯に咲くようだ。センボンヤリは見ることができなかったがフジツツジに会えて満足。

2、自宅の花
 里山歩きから帰り自宅の花を眺めていたらシャクナゲが開きかけていた。
e0272335_19144283.jpg
花が終わったら必ず花柄摘みを行なっているので、毎年花付がよく楽しんでいる。
  
3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題1】こんなヤヌス漢字も読めるようにしておきたい。
1)A 見栄もある     B 美しい見栄
2)A 風穴をあける     B 富士風欠
3)A 入魂の一作     B 入魂の間柄    
4)A エリツィンの真面目   B 生真面目

【解答】
1)A みえ      B みばえ
2)A かざあな    B ふうけつ
3)A にゅうこん   B じっこん
4)A しんめんぼく B まじめ

【問題2】こんなヤヌス漢字も読めるようにしておきたい。
1)一角の仕事    2)徳の高い大人然   3)仏教のお声明
4)大音声が轟いた  5)外面がいい

【解答】
1)ひとかど  2)たいじん  3)しょうみょう  4)(だい)おんじょう  5)そとづら

《今日の小さな歓び》
●小さな幸せを胸中に掴み取ることができたこと。
●帰路、三角台のお世話をなされている方にお会いしたこと。
  
                                   以上
by tinnan1515 | 2016-03-29 20:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

フイットネスバイクを購入!

2016年3月28日      月曜日  

  家内がフイットネスバイクを購入したいと云うのでスポーツデポ大分店に行く。足の骨折以来、ウォーキングができない状態が続いているため、自宅で足腰の強化を図りたいとの願望であると思うが。さてさていつまで継続できるのやら。

 自分も20分程ペダルを踏んでみると額には薄らと汗が出始めてきた。意外と運動になる様だ。これは病みつきになりそうだが、やはり自分は山の中を歩くのが一番だ。そうそう雨天の日は気分転換になりそうだ。
e0272335_1923287.jpg
メイドイン中国。

1、自宅の花
 まだかまだかと首を長くして待っていた花ニラがやっと咲き出した。どうやら陽当りの良くない場所が原因のようだ。
e0272335_19235364.jpg
全ての花に云えることだが本当に可愛らしい。特に小さな花ほど感激が高まる。

《今日の小さな歓び》
 神々の山嶺(いただき)上をやっと読み上げたこと。


                                  以上
by tinnan1515 | 2016-03-28 20:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

男池と清滝で花散策&平治岳!

 男池での花散策を主目的に時間と体力に余裕があれば平治岳に足を伸ばす予定を立てる。何しろ自宅を出たのが午前7時半で男池出発が9時20分であった。
e0272335_1951851.jpg
い~さんから教えて頂いたユキワリイチゲの咲く場所で。
e0272335_2052473.jpg
今季のユキワリイチゲはこれで存分に楽しむことができた。

                  記
【山行日】2016年3月27日  (曇り)                                         
【山行先】平治岳(1643m)                                           
【山行者】単独
【行動コース】男池P(9:20)~かくし水(9:50/10:05)~ソババッケ(10:40/10:45)~大戸越(11:45)~平治岳 (12:20/12:25)~直登コース~ソババッケ(13:05)~男池P(13:45) 
【行動時間】4時間25分(休憩時間を含む)               
【行動記録】
 おいちゃん家に立ち寄りどのような花が咲いているかお尋ねすると、現在咲いている花の名前を記したメモがテーブルに置かれていた。                                                 
e0272335_19204433.jpg
かくし水までにどのような花に出会えるか楽しみであったが、今季初めてのハルトラノオを見ることができ嬉しかった。
e0272335_1925859.jpg
山中に咲くユキワリイチゲを見たかったが今日は蕾であった。ユキワリイチゲの葉っぱが美しかった。
e0272335_19313564.jpg
かくし水に着くと衣服調整。この周辺で花散策すると?
e0272335_19352467.jpg
再びハルトラノオ、でもまだ小さかった。
e0272335_19381778.jpg
ユキワリイチゲの容姿がなんとも素敵だった。
e0272335_20192989.jpg
かくし水まではキョロキョロしながら歩いて来たがソババッケまでは無心に歩いてきた。
e0272335_20214432.jpg
今日は直登尾根コースは避けて大戸越を目指す事にした。この登山道を歩くのは心地良い。特に新緑の時期は素晴らしい。
e0272335_20253574.jpg
なんとなんと登山道には白い物が。
e0272335_20263218.jpg
なんとかダブルストックを操りながら大戸越に到着。三俣山はガスの中だった。そして空からは粉雪が舞い散ってきた。
e0272335_20285682.jpg
平治岳に12時20分着。晴れておれば昼食タイムと思っていたがとてもその気にならない。温度計を見ると?
e0272335_20305410.jpg
なんと気温は-3℃である。急ぎ下山する事にした。コース直登尾根を下る。途中でこのコースを登っておられる男性登山者に出会う。やはりこのコースでお会いすると自然とお話をしたくなる。なんと夕日観賞を計画されていると。凄い人がいるものですね。
e0272335_2038871.jpg
男池からかくし水までの登山道はバイケイソウの小径だった。
e0272335_20425366.jpg
聳え立つ巨木を眺めて登山口を目指す。
e0272335_20443848.jpg
男池のシンボル。やはりこの巨木を見ないことには。そうそうここまでアズマイチゲに出会わなかったが?
e0272335_20463583.jpg
やっと見つけることができた小さなユキワリイチゲ。
e0272335_20475691.jpg
最後にハルトラノオを楽しみおいちゃん家に向かった。
e0272335_20491719.jpg
ここまで来れば無事ゴールインでしょう。このあとおいちゃん家で温かいうどんを頂き清滝に向かった。

【清滝での花散策】
 帰路、帰宅時間を気にしながら清滝に向かった。しかし、花に出会うと時間の事は忘れて花に夢中になっていた。
e0272335_2056446.jpg
清滝は今回で2回目。最初は信ちゃんのご案内でこの清滝を知ることができた。厳寒期は氷瀑するのだろうか?
e0272335_2183865.jpg
ヤマネコメノソウ。
e0272335_2114334.jpg
シロバナネコノメソウ。
e0272335_2175821.jpg
やはり白い花は華麗である。
e0272335_216261.jpg
今季お初のサバノオ。
e0272335_217880.jpg
可愛らしい小さな花を見たかったのだが蕾の様な感じであった。
e0272335_21103749.jpg
ワサビの花は初めて。ラッキー。
e0272335_2112756.jpg

e0272335_21124370.jpg
ミツバコンロンソウだったら初めて見る花。
e0272335_21133082.jpg
オオキツノノカミソリの群生地があるとは。開花時期がたのしみである。
e0272335_2114297.jpg


《一口メモ》
 山を歩きながら思うこと。山歩きの魅力とは漠然としながら未だに判然としないのだが、一つには自分の限界への挑戦かなぁ。それから一人だけの自分の姿をさらけだすこと?

                                   以上
by tinnan1515 | 2016-03-27 20:00 | 山歩き | Comments(4)

休息日を楽しむ!

2016年3月26日      土曜日  
 
 山歩きが4日連続続いていたので今日は休息日とした。実はスタッドレスタイヤを未だに装着していたのでノーマルタイヤに交換する為に遠出は控える事にした。振り返ってみると今季はスタッドレスタイヤの活躍の場がなかった様だ。

 午後からは花植え、花柄摘みそして花の置き場の変更や移動やらで小まめに躰を動かした。

読書の方も読みかけの『神々の山嶺・上』があと僅かとなりどうやら返却日までに読了の目処がついたのでひと安心。暖かい日差しに恵まれ良き休息日となった。

1、園芸
 休息日といえども何かしら躰を動かしたくなり花を植える事にした。暖かい日差しの中で花に接するととても楽しい。
1)購入した花の苗
e0272335_16481643.jpg
ペチュニア、紅葉ゼラニューム、ダリアの球根、矢車草と金魚草の種。
e0272335_16483635.jpg
ペチュニアは現在赤、白、ピンがあり、紫色がなかったので植える事にした。赤のペチュニアは寄せ植えの鉢に追加した。
e0272335_1648563.jpg
昨年植えた紅葉ゼラニュームが枯れたので今回植える事にした。

2)自宅の花
e0272335_1701632.jpg
サボテンの小さな花が咲き出した。計測してみると直径7mmだった。
e0272335_1751899.jpg
やっと咲いてくれたラッパ水仙。でも一輪のみ、来年に期待しましょう。
e0272335_177499.jpg
シャクナゲの蕾が日に日に大きくなってきた。間もなく開花か?
e0272335_178966.jpg
コンクリートの割れ目から大きく成長した根性金魚草。花期が長く何度も咲いてくれるのでそのままにしている。
 
2、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題】顔を潰してはいけないヤヌス漢字の面々です。
1)一途   A 一途に勉強する    B 混迷の一途をたどる
2)一見  A 百聞は一見に如かず B 一見の客
3)追従  A アメリカ追従の外交  B 追従した笑い       
4)手練  A 手練の技        B 手練手管
5)強力  A 富士山の強力  B 強力
6)地下  A 地下足袋        B 地下
7)一端  A 一端をになっている  B 一端の専門家
8)甲高  A 甲高い声        B 甲高幅広
9)開眼  A 開眼供養        B 開眼手術
10)物心 A 物心がついた時    B 物心ともに厳しい旅
11)希有 A 希有な人        B 希有元素
12)有為 A 有為な人         B 有為転変
13)文言 A 捏造された文言     B 文言

【解答】
1)A いちず B いっと       2)A いっけん B いちげん
3)A ついじゅう B ついしょう  4)A しゅれん B てれん
5)A ごうりき B きょうりきこ   6)A じかたび B じげにん
7)A いったん B いっぱし    8)A かんだかい B こうだか
9)A かいげん B かいがん   10)A ものごころ  B ぶっしん
11)A けう  B きゆう      12)A ゆうい  B うい
13)A もんごん B ぶんげん

《今日の小さな歓び》
 車のタイヤ交換。

                                    以上
by tinnan1515 | 2016-03-26 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

雨乞三山縦走!

体力も徐々に回復してきたので無理しない程度の雨乞三山縦走を計画した。併せてホソバナコバイモが咲いていることを期待していた。
 雨乞三山とは雨乞岳(別府市)、黒岩山(由布市?)、城ヶ岳(由布市)である。
e0272335_1917447.jpg
城ヶ岳から眺めた由布岳。

                 記
【山行日】2016年3月25日  (晴れ)                                         
【山行先】雨乞三山縦走  雨乞岳(1073.7m)&黒岩山(1106m)&城ヶ岳(1168m)            
【山行者】単独
【行動コース】雨乞岳1号集材路P(7:35)~雨乞岳登山口(8:00/8:10)~尾根分岐点(8;22)~雨乞岳(8:33/8:35)~尾根分岐点 (8:45)~黒岩山(9:00/9:05)~鞍部(9:20)~倉木山&城ヶ岳分岐点(10:20)~城ヶ岳(10:55/11:30)~倉木山&城ヶ岳 分岐点(12:00)~林道終点(12:10)~雨乞岳1号集材路P(12:30)                                                   
【行動時間】4時間55分(休憩時間を含む)                                        
【行動記録】
 自宅を出たのは午前5時半。別府市に入り由布岳を見ると山頂は霧氷で白くなっていた。由布岳正面登山口では登山者の方が登山開始準備中だった。今日は由布岳は見過ごして雨乞林道に向かった。雨乞岳1号集材路の外気温は1℃であった。
e0272335_19373928.jpg
今日の出発地点は雨乞岳1号集材路から。コンクリートの舗装道を歩き雨乞岳登山口向かう。やゃ厚手の手袋をはめていたのだが指先が冷たかった。
e0272335_194288.jpg
雨乞登山口に着いた時は流石に体も温まり衣服調整。
e0272335_19453429.jpg
何か花が咲いていないかと期待していたがまだ時期尚早だった。雨乞岳登山道にはところどころに霜柱が見られた。雨乞岳山頂から由布岳を見るのは初めてである。
e0272335_19502994.jpg
落葉しているためはっきりと由布岳を眺望できた。このあとは分岐点に戻り黒岩山を目指す。
e0272335_19523670.jpg
黒岩山への登山道は倒木があり難儀した。
e0272335_1954871.jpg
悪戦苦闘するもあっという間に二つ目のピーク黒岩山に着く。次に目指すは城ヶ岳、ここからは気合を入れ直さなくては。
e0272335_19595848.jpg
やっと倉木山と城ヶ岳分岐点に到着。ここから最後のピーク城ヶ岳に向う。
e0272335_2022020.jpg
ラスト近くの登山道には切り倒された木々があり歩きづらかったが山頂に着いた時はホッとする。目前には倉木山と由布岳が。
e0272335_20224865.jpg
手前の山が倉木山。今日は倉木山には登る予定はないのだが直登の登山道も確認できた。
e0272335_20241920.jpg
倉木山と城ヶ岳分岐点から倉木山に向う縦走路のこの樹林地帯を歩くと心地良い。お気に入りの場所である。
e0272335_2027699.jpg
目前に倉木山。倉木山は花が咲く時期が楽しみだ。
e0272335_2029323.jpg
駐車場近くの谷筋にキツネノカミソリが芽吹いていた。
e0272335_20304841.jpg
今日も無事にゴールイン。雨乞三山を楽しむことができた。
e0272335_2039249.jpg
やはり最後は雄大な由布岳で締めるとしましょう。

《一口メモ》
 花が無いと淋しいが今日歩けたことに感謝。

                                以上
by tinnan1515 | 2016-03-25 18:05 | 山歩き | Comments(4)

白石山の一本桜を見に行く!

2016年3月24日      木曜日 
e0272335_18542596.jpg
白石山の一本桜(勝手に命名)
1、白石山(臼杵市)の山桜
 昨日は大岩の山桜観賞。そして今日は白石山の山桜観賞に午後から出掛けた。午前中は青空を覗かせていたのだが、山に登り始める頃から空模様が一変してきた。

 今日のコースは田中公民館からのスタートであった。このコースは色々な野草の花を見られるのが楽しみである。
e0272335_17392661.jpg
山里の民家を通り過ぎ山路の差し掛かるとカキドオシが道の両側に咲き誇っていた。キケマンもところどころに咲いていた。
e0272335_17471537.jpg
ふきのとうの花。
e0272335_180335.jpg
ムラサキケマンもよく見かける様になった。
e0272335_17584048.jpg
このコースで初めてショウジョウバカマを見ることができた。やはり小まめに歩けば何かしら出会いがある様だ。このあと春蘭の花に出会うも写真がボケていてアップならず。

 山中の山路に入ると流石に汗ばんでくる。一本松登山道と山口部落登山道の分岐点に着くと、お目当ての山桜がある地点は近い。
e0272335_18574468.jpg
山桜の全貌を上から眺望する。

e0272335_1985024.jpg
幹を見るために降りてみると大きな枝が幾通りにも枝分かれしていた。
e0272335_1992665.jpg
正面から見た幹元。
e0272335_1814254.jpg
こちらは側面から見た幹。
e0272335_1918499.jpg
なんとなく好きな1枚だったのでアップする事にした。
e0272335_19191395.jpg
桜の枝の向こうには海が見える。青空が欲しかった。
e0272335_19203067.jpg
近くの里山でこの大木の桜があることに感謝。
e0272335_1923565.jpg
斜面をあちこちに移動しながら撮る。
e0272335_19265366.jpg
下から眺めた光景がないのが残念。
e0272335_19281684.jpg
 山桜を存分に楽しむ。写真の技術は未熟だが撮るときは無我夢中。このひと時に至福を感じる。このあと山頂を目指し下山する。今年も白石山の一本桜を見ることができ嬉しかった。

2、自宅の花
 面白い花を咲かせてくれるのだが花の名前が分からない。しこり過ぎているの株分けをしなくてはと思っているのだが。
e0272335_1724379.jpg

  
3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題】ダブル音読み漢字の覚え方(ゴチックの漢字をダブルで読んでください。
1)子は丸いが布は四角
2)家族一同向は一        
3)儀は各自持ちの賀会
4)懸の相手に愛が尽きた
5)行が神社に絵馬の
6)剖前に熱剤の注射
7)納豆も出納帳も納屋の中
8)道を絶たれ兵尽きた
9)一切合財私財を捨てた
10)悪腫瘍の悪男
11)音取りの船頭は偏
12)屋裏で並べる太平
13)面に描く帝国の版
14)大きな都の名所図

【解答】
1)団  だん、とん  2)回  え、かい  3)祝  しゅう、しゅく 
4)想  そう、そ 5)奉  ぶ、ほう  6)解  かい、げ  
7)納  なつ、とう、な  8)糧 りょう、ろう 9)財  さい、ざい
10)性  せい、しょう  11)頭  ど、どう、ず 12)楽  がく、らく 
13)図  ず、と  14)会  かい、え

《今日の小さな歓び》
山桜観賞。

                              以上
by tinnan1515 | 2016-03-24 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

大岩(臼杵市・東海添)で山桜観賞!

2016年3月23日      水曜日 

1、大岩(臼杵市・東海添)で山桜観賞
 午後から曇り空になったが大岩の山桜を見に行く事にした。先日、臼杵城跡から大岩の山桜を目にしていたので間近で山桜を観賞する事にした。
e0272335_1804516.jpg
この時期になると臨時駐車場が提供されるので大助かり。大岩入口への標識を確認できればあとは標識が整備されている。山頂まで30分程度である。
e0272335_1861347.jpg
ユーモアを感じた標識。
e0272335_1811136.jpg
大岩の山頂からは臼杵市街地が一望できる。今日は残念ながら曇り空なので眺望は期待外れであった。
e0272335_184799.jpg
フジツツジ?満開見頃であった。
e0272335_18474910.jpg
大きな岩場付近に咲いていた。
e0272335_18584558.jpg
今年も大岩の山桜を楽しむことができた。
e0272335_1859917.jpg
山肌はこれからも白く染まることだろう。
e0272335_18571271.jpg
青空が欲しかった。思うようにならないのが人生。これからもチャンスがあるだろう。
e0272335_194478.jpg
満開見頃。
e0272335_1951829.jpg
少しアップで。
e0272335_1963750.jpg
さらにアップすると清楚でとても綺麗な花であった。
e0272335_1974983.jpg
思わぬ所でキリシマミズキを見ることができた。
e0272335_1982095.jpg
おそらく植樹されたものであると思うが、珍しい花を見ることができて嬉しかった。
●山桜が見頃になってきた。ここしばらく桜観賞が続きそうだ。

2、自宅の花
 チューリップの開花をあちこちで見かける様になった。我家のチューリップも元気に咲き始めてきた。
e0272335_1750452.jpg
寄せ植えの中のチューリップが咲き出した。
e0272335_1745369.jpg
黄色のチューリップも開花。
  
3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題】きわめて常識的なダブル音読みです。
1)蛇 A 蛇行  B 蛇口
2)従 A 従容として  B 従三位        
3)格 A 格子縞    B 律令格式
4)納 A 出納帳    B 大納言   C 納戸
5)体 A なにげない風体  B 容体が悪かった
6)頭 A 船頭小唄 B 花見音頭 C 頭熱 D 土饅頭
7)宮 A 宮司    B 内宮  C 双子宮  D 宮内庁
8)紅 A 真紅のポインセチア B 紅蓮の炎

【解答】
1)A (だこう) B (じゃぐち)
2)A (しょうよう) B (じゅさんみ) 
3)A (こうしじま) B (りつりょうきゃくしき) 
4)A (すいとうちょう) B (だいなごん) C (なんど)
5)A (ふうてい) B (ようだい)  
6)A (せんどう) B (おんど) C (ずねつ) D (どまんじゅう)
7)A(ぐうじ) B (ないくう)  C (そうしきゅう) D (くないちょう)
8) A (しんく) B (ぐれん)
●従三位 ~ 従三位や正三位は位階(いかい)と呼ばれるもので、 位階とは官吏における個人の地位を表す序列・等級。

《今日の小さな歓び》
 歩数1万歩、なんとか目標達成できるところまで近づいててきたこと。

                                    以上
by tinnan1515 | 2016-03-23 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

由布岳山麓は野焼き日だった!

 今季まだホソバコバイナを見ていないので、雨乞岳若しくは城ケ岳辺りを歩けばホソバコバイナを見ることができるのではないかと思っていた。

 今日は自宅発が午前8時過ぎだったので大分自動車道で別府に向かうことにした。素晴らしい青空で快適に車を走らせていると目前に高崎山、鶴見岳、由布岳が見えてきた。

 由布岳の山容を見続けていたら急に由布岳に登りたくなった。今季の由布岳は1月4日以来でもあるし、そろそろ山歩きに力を入れたいと思っていた。と言う事で今日は花を諦める事にした。

e0272335_1863545.jpg
登頂前の由布岳。 
e0272335_1865858.jpg
下山後の由布岳。

                   記

【山行日】2016年3月22日  (晴れ)                                         
【山行先】由布岳東峰(1580m)                                           
【山行者】単独
【行動コース】正面道登山口(9:35)~合野越(10:15)~マタエ(11:30/11:35)~由布岳東峰(11:45/12:30)~合野越 (13:33)~正面道登山口(13:55)                             
【行動時間】4時間20分(休憩時間を含む)                                        
【行動記録】
 今日は素晴らしい山日和。スタート時間が遅れたが張り切って山頂を目指す事にした。もちろんダブルストックを持参で。
e0272335_18111133.jpg
正面登山道から眺める飯盛ケ城は素晴らしい雰囲気を醸し出していた。下山後、この光景が一変するとは。
e0272335_18205040.jpg
この時期登山道では花を見ることはない。よってダブルストックを操り無心に歩く。まだまだ体に馴染んでいないが早くマスターしたい。展望の良い場所から眼下を眺める。遠くのくじゅう山系もはっきり見えていた。
e0272335_18572339.jpg
由布盆地。彼方に山容の素晴らしい山は涌蓋山。
e0272335_18591563.jpg
息を切らしながらマタエに到着。今日はお鉢巡りする意欲が湧かず東峰に向かった。
e0272335_1923161.jpg
3月遠出の山歩きで山頂に立つのは2回目であった。
e0272335_1961858.jpg
鶴見岳山系も素晴らしい眺めであった。男性登山者は後で分かったことだが京都のお方だった。
e0272335_1993521.jpg
山頂から正面登山口をふと眺めるとなんとなんと野焼きが。登りでは一向に気付かなかった。

《由布岳山麓野焼き風景》
 山頂から刻々と変化する野焼きを眺める。火の勢いがあり一気に焼き尽くした。
e0272335_191521100.jpg
正面登山口付近。その1
e0272335_19171458.jpg
徐々に広がってきた。
e0272335_1918275.jpg

e0272335_19185445.jpg
火に勢いが。
e0272335_19192967.jpg
あっという間に終焉を迎えた。
e0272335_19201041.jpg
野焼き完了。野焼き後の山麓には黄スミレやサクラソウで賑わう事だろう。
e0272335_1921378.jpg
こちらは雨乞山麓。花の宝庫であり芽吹きがたのしみである。

 山頂でのランチタイムは「吉野の鶏めし」2個。最近はこの鶏めしにハマっている。コーヒーと大分銘菓ザビエル1個、果物はみかんのはるみ1個。今日は食欲盛り盛りであった。山頂で眺めた野焼き光景に満足したので下山開始。

e0272335_1952845.jpg
下山は懸命に歩いた。まだまだダブルストックが板についていないがそれなりに対応できた様だ。正面登山口近くで飯盛ケ城を見たが野焼きで風景が激変していた。
e0272335_201322.jpg
無事にゴールイン。由布岳を存分に楽しむことができた。

《一口メモ》
 野焼き後の花が楽しみ。姫百合が咲く季節が楽しみである。

                               以上
by tinnan1515 | 2016-03-22 19:30 | 山歩き | Comments(10)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧