<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2014年度の目標結果!

2014年12月31日    水曜日  

 毎日が日曜日の生活2年目の2014年を振り返てみた。具体的に目標数値を掲げたのは歩数と読書冊数である。

 歩数は山歩きが中心で目標達成。読書は僅かながら未到達に終わったが、両方共ほぼ満足行く結果を残すことができた。

 要因の一つはブログに投稿することで自分自身にプレッシヤーを与えたのが好結果に繋がった様だ。もう一つは語り尽くされた言葉であるが”継続は力なり”。毎日の小さな積み重ねが知らず知らずのうちに習慣化の力を宿していた。

 本年度の結果に満足することなくこれからも小さな努力を怠らず生き続けなくてはならない。人生の通過点に過ぎないのである。

 さて、明日からは相田みつをさんの言葉を糧にコツコツと歩いて行きましょう。

         イキイキ
     はつらつ
     感動いっぱい
     いのちいっぱい



1、12月の目標結果
1)歩数10.000歩/月平均  ⇒  11.568歩で目標達成。
●年間歩数は11.329歩/年平均
 年間では2月のみ9.098歩で未達成に終わったが、後の11ヶ月は目標達成。1年間を通じて健康体を保てたのが好結果につながった。これも山歩きのお陰でしょう。

2)読書冊数7冊  ⇒  8冊
●年間読書冊数79冊。達成率94%
 後半は好調さを維持できたが5月、6月、7月の落ち込みをカバーできなく、年間目標が達成に終わる。来年も挑戦を続ける事にした。

2、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
 【問】伝統色(その3)  
1、二藍  2、半色  3、鈍色  4、芝翫茶  5、菫  6、江戸紫  7、紫色  8、青鈍  9、団十郎茶  
10、杜若  11、京紫  12、黒橡  13、梅幸茶  14、滅紫  15、古代紫  16、素鼠  17、銀鼠 18、新橋  19、深紫  20、卯の花  21、白鼠  22、利休鼠  23、生壁
      
【答】
1、ふたあい  2、はしたいろ  3、にびいろ  4、しかんちゃ  5、すみれ  6、えどむらさき 
7、ふしいろ  8、あおにび  9、だんじゅうろうちゃ  10、かきつばた  11、きょうむらさき
12、くろつるばみ  13、ばいこうちゃ  14、けしむらさき  15、こだいむらさき  16、すねずみ 
17、ぎんねず  18、しんばし  19、こむらさき  20、うのはな  21、しろねず  22、りきゅうねずみ  23、なまかべ
●芝翫茶 …三世中村歌右衛門が好んで使った桃色がかった茶色。
●紫色 …紫木の前汁で染めた灰色みのくすんだ黄褐色。
●深紫…臣下の最高位を象徴した暗い紫色。黒紫ともかかれた。
*鼠を”ねずみ”と読んだり”ねず”と読んだりで頭がこんがってしまった。


《今日の小さな歓び》

 この1年間健康で過ごすことができたこと。

                                             以上

by tinnan1515 | 2014-12-31 12:12 | 思いのままに綴る日記 | Comments(8)

登り納は鎮南山であった!

2014年12月30日    火曜日  

 登り納は30日で傾山と考えていたが、昨日の夕方より一気に気合の空回りであった。その代替案が今日の
鎮南山で今年の登り納となった。

 やはり市民の山なのか下山者の方10数名と挨拶を交わした。その中でザックを背負っている方が半数以上。おや、今日は市外の方が多い様だ。地元の方は殆どザックは背負わないのであります。

 塔尾山に着くとPM2.5で眺望はサッパリ。小休止して鎮南山に向かった。鎮南山では帰省されて30数年ぶりに鎮南山に登った方と出会い会話が弾んだ。東京在住で日本アルプスに登っているとの事であった。

 下山時、由布岳が眺望できる場所で昼食タイムであるが、残念ながら由布岳は微かに見えるだけ。好天気に恵まれているのに残念であった。

 今年の登り納はやゃ消化不良であったが山歩きが出来た事に感謝です。因みに今年の山行回数は里山歩きを含めると160回であった。


1、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
 【問】伝統色(その2)  25
1、柳葉  2、浅葱  3、納戸  4、竜胆  5、若苗  6、海松   7、水浅葱   8、藤色   9、桔梗
10、萌葱  11、木賊  12、藤紫  13、菖蒲  14、苗色  15、青白橡  16、露草  17、薄色
18、若紫  19、苔色  20、青磁  21、縹色  22、紫苑   23、楝色

      
【答】
1、やなぎは  2、あさぎ  3、なんど   4、りんどう   5、わかなえ  6、みる   7、みずあさぎ
8、ふじいろ   9、ききょう   10、もえぎ   11、とくさ   12、ふじむらさき   13、しょうぶ
14、なえいろ   15、あおしろつるばみ  16、つゆくさ   17、うすいろ   18、わかむらさき
19、こけいろ   20、せいじ   21はなたいろ   22、しおん   23、おうちいろ
●納戸…藍染のにぶい青。納戸の暗がりの色に由来する。
●青白橡 …カリヤスと紫根による緑みの灰色に近い染色。
●縹色…純粋な藍染の青色。昔はツユクサの汁で染めた。
●楝色…おうちはセンダンの古名。初夏に咲く淡紫の花の色。

《今日の小さな歓び》
 鎮南山で登山者の方と会話。
 
                                              以上

by tinnan1515 | 2014-12-30 20:17 | 思いのままに綴る日記 | Comments(8)

ささやかな誕生プレゼント!

2014年12月29日    月曜日  

1)誕生プレゼント
明日は家内の誕生日。昨年は入院していたので何もしなかったが、今年はささやかな贈り物をする事にした。これまではバラの花を贈ったことはあるが、今回はシンビジウムとシクラメンであった。

 実はシンビジウムをプレゼントした裏にはシンビジウムを育ててみたい気持ちがあったのである。来年も咲かせることができれば楽しい思い出になるのではないかと。これから大事に管理しなくては。楽しみが一つ増えた。

2)里山歩き
 今年の4月までは遠出の山歩きができず里山歩きばかりであった。そのような中で藪こぎしながら登山道を少しづつ整備し縦走ができるようになった。今日はその縦走路を3時間ほど歩いた。今日は時間がなく途中で引き返したが、とても気持ち良く里山歩きを楽しむことができた。

3)漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
【問】伝統色(その1)  24
1、珊瑚   2、牡丹  3、臙脂  4、海老茶  5、桜  6、紅梅   7、躑躅   8、周防   9、葡萄
10、曙  11、撫子  12、丹色   13、檜皮  14、   15、一斤染   16、深紅   17、緋色
18、真朱  19、退染   20、梅鼠   21、茜   22、猩猩緋    23、栗梅
     
【答】
1、さんご   2、ぼたん   3、えんじ   4、えびちゃ   5、さくら   6、こうばい   7、つつじ
8、すおう   9、えび  10、 あけぼの  11、なでしこ   12にいろ   13、ひわだ  14、 とき   15、いっこんぞめ 16、こきくれない  17、ひいろ   18、まそほ  19、あらぞめ  20、うめねず   21、あかね 22、しょうじょうひ  23、くりうめ

●葡萄…ヤマブドウのエビカズラの実の熟したような色
●深紅…ベニバナで染めた濃い紅色。「真紅」とも書く。
*コキクレナイないの読みには驚いた。

《今日の小さな歓び》

  カボスぶりが美味しかったこと。


                                                  以上

by tinnan1515 | 2014-12-29 21:18 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

今年も黒豆を炊く!

2014年12月28日    日曜日  

 昨年、初めて炊いた黒豆が好評だったので今年も自分が炊くことになった。そう云えば、昨年のこの時期は慣れない主婦業を懸命にやっていたことが思い出される。

 昨晩から砂糖水に浸漬していた黒豆を今朝から煮込み開始。今日は火を2回通す。夕方一粒試食してみたが順調に仕上がっているようだ。明日の出来具合が楽しみだ。

 山歩きに出掛けた翌日は掃除に熱が入る。特に今日は自分の部屋を念入りにおこなった。気持ちスッキリしたところで図書館通い。午前中は体がスムーズに動いたが午後からは外に出ることもなかった。


1、図書館で借りた図書館
 2冊返却したので正月用に12月の新刊コーナーから借りた本は
1)本物には愛がある。  黒柳徹子  

2、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
 【問】数/単位 23
1、  2、厘  3、毛   4、寸   5、  6、   7、分   8、勺   9、尺   10、   11、 
12、合   13、間  14、   15、   16、匁   17、升   18、町   19、   20、
21、貫   22、斗   23、里

      
【答】
1、ミリ   2、りん   3、もう   4、すん   5、インチ   6、センチ   7、ぶ   8、しゃく  9、しゃく10、フィート   11、リットル   12、ごう    13、けん  14、ヤード   15、グラム   16、もんめ
17、しょう   18、ちょう   19、マイル   20、キログラム   21、かん   22、と   23、り

●カタカナの単位を読むことができなかった。

《今日の小さな歓び》
 黒豆を炊く。 


                                                  以上

by tinnan1515 | 2014-12-28 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(1)

大分県の離島・姫島の矢筈岳に登る!

 2014年12月27(土)   晴

  
 今年の後半になり大分百山の完登に向けて再挑戦。予てより思っていた姫島の矢筈岳に登る日がついにやってきた。

 自宅を午前3時50分と早目の出発だったので、一般道を走り夜明け前のドライブを楽しみながら伊美港に着いたのが午前6時過ぎ。第1便が6時20分であったがトイレ、準備に手間取り、7時30分の第2便に乗船した。

                               記
【山行日】2014年12月27日(土)   
【山行先】矢筈岳(266.6m)&鷲巣岳(436.5m)
【山行者】単独
【山行コース】
1)矢筈岳
 姫島港(8:00)~登山口(8:15)~矢筈岳(8:53/9:10)~東浦漁港・大海(9:35)~姫島港(10:17)
【行動時間】2時間17分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_19452292.jpg
伊美港での夜明け。自然の荘厳さを感じるひと時であった。
e0272335_19514354.jpg
伊美港から眺めた矢筈岳。姫島までの乗船時間は20分なので間近に見えた。
e0272335_1955440.jpg
日の出はフェリーから。すでに陽は昇っていた。
e0272335_20114273.jpg
フェリーから矢筈岳を眺望する。
e0272335_20161886.jpg
もう直ぐ湾内に。それにしても矢筈岳の容姿が素晴らしい。
e0272335_20232327.jpg
7時50分姫島に降り立つ。トイレを済ませ矢筈岳に向かう。海岸線の一般道は下山後に歩く事になるのだが。左の道路から登り詰めます。
e0272335_2029352.jpg
姫島港から15分でこの標識の地点に到達。
e0272335_20331012.jpg
段々と山道らしくなってきた。初めての登山道を歩くのは興味津津。
e0272335_20373917.jpg
石コロの山路。そして自然林の中を心地よく歩きます。
e0272335_20412519.jpg
姫島港から53分で山頂着。大分百山86座目。
e0272335_2044668.jpg
展望所に上がり国東半島の山々を眺望。
e0272335_2047525.jpg
一休みして下山は縦走路を歩くことにした。
e0272335_2048430.jpg
ツワブキがまだ咲いているのにちょっとビックリ。
e0272335_20501784.jpg
下山口はこちらの地区。。矢筈岳を振り返てみるとこのような容姿であった。
e0272335_20565129.jpg
ひめしまブルーラインを歩いて姫島港に向かった。
e0272335_2058719.jpg
海藻のヒジキを煮ているところ。約2時間煮るそうです。
e0272335_2145331.jpg
ヒジキの乾燥はこのようにして。勉強になりました。
e0272335_2183826.jpg
こちらはヒジキの洗濯物でした。
e0272335_2110442.jpg
海蝕崖(鷹の巣)の説明。
e0272335_21144329.jpg
この崖に鷹(ハヤブサ)棲んでいたと書いてあります。
e0272335_21202983.jpg
整備された車道と歩道。

e0272335_21221662.jpg
海辺を眺めると石だらけの浜であった。
e0272335_21243370.jpg
砂浜が素晴らしい海水浴場。
e0272335_21271812.jpg
姫島港10時25分発に乗船し伊美港に戻る。

《一口メモ》
 初めての姫島であったが今回は矢筈岳に登るだけで島内の観光はしなかったが、初めてづくしの姫島への小さな旅はとても楽しかった。


2)鷲巣岳
登山口P (11:35)~鷲巣岳(11:55)~南端(12:00/12:20)~登山口P (12:45)
【行動時間】1時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】
 姫島の矢筈岳を後にして、次に向かったのは国東半島の山で未踏であった鷲巣岳。駐車場の管理人さんに道を尋ね登山口に向かった。国見トンネルを抜け、約300m後の櫛海バス停を左折。このことを記憶していたので、不安もあったが迷わずに登山口までたどり着きことができた。

 国東半島の山で大分百山の鷲巣岳が未踏であったので、矢筈岳とセットで登ることにした。山頂までの大半は広い尾根歩き、しかも緩やかな登りで30分足らずで山頂に着く。山頂からの展望は樹林に遮られ今一つ。

 南端に向かうと由布岳が眺望できた。国東半島の山も一望できる素晴らしいところであった。丁度昼時だったのでNHKのひるの憩いを聞きながら小腹を満たす。至福のひと時であった。 風もなく心地良い尾根歩きはあっという間に終わった。

《一口メモ》
 今日の2座で大分百山は87座。目標達成に向けて少しずつやる気が出てきた。2015年前半には完登したいと思っている。

追記:画像容量がオーバーにつき文章のみ。


                                                    以上

by tinnan1515 | 2014-12-27 21:44 | 山歩き | Comments(14)

明日は姫島へ!

2014年12月26日    金曜日  

 師走を感じる今日この頃。午前中は大分へショッピング、午後からは病院への送迎とゆっくり落ち着く時間もなく、慌ただしく一日が過ぎてしまった。

 今日の自由時間は夕方からであった。パソコンに向かいブログ投稿と明日山行予定の下準備。大分県に住みながらまだ一度も行った事のない姫島の事を少しばかり調べた。目的は大分百山の矢筈岳である。前々から思っていた矢筈岳が漸く実現できそうだ。


1、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
【問】風雨雪氷  22
1、時化  2、旱  3、霙   4、氷柱   5、  6、  7、陽炎   8、霰  9、斑雪  10、風巻
11、飆  12、雹  13、風花  14、疾風  15、凩  16、五月雨  17、霖雨  18、 19、東風
20、南風  21、叢雨  22、沛雨  23、靄
      
【答】
1、しけ   2、ひでり  3、みぞれ  4、つらら   5、つちふる  6、おろし  7、かげろう   8、あられ
9、はだれ  10、しまき  11、つむじかぜ   12、ひょう  13、かざはな  14、はやて  15、こがらし
16、さみだれ  17、りんう   18、しずく   19、こち   20、はえ   21、むらさめ   22、はいう
23、もや

●霾…黄砂現象。
●斑雪…はらはらとまばらに降る雪。うっすら積もった雪。
●風巻…風の激しく吹きまくること。
●霖雨…幾日も降り続く長雨。
●叢雨…短期的に強く降る雨。
●沛雨…沛然と降る雨。さかんに降る雨。

《今日の小さな歓び》
 霖雨、叢雨、沛雨の用語を知る。
                                                    以上

by tinnan1515 | 2014-12-26 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

頭も正月準備OK!

2014年12月25日    木曜日  

  いよいよ秒読みの段階になってきた。家の大掃除はほぼ完了したので後は自分の身の回りという事で散髪を済ませることにした。

 薄くなった頭髪でも時期が来れば必ず伸びてくる。寒い時期なので少しぐらい髪を伸ばしても良いのだが、やはり習慣になっているのでついつい髪を切りたくなる。

 日常的に帽子を被っているので髪が短くなると頭がひゃっとしてくる。ますます帽子が外せなくなった。慣れとは恐ろしいものですね。 

 頭もスッキリ、天気も良し。午後から鎮南山に登ってきた。




1、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
【問】男の道具  21
1、鋸  2、 鉋  3、鉞  4、魚籠  5、鏝  6、鏨  7、大鋸屑  8、鉈   9、銛  10、鑢  11、鑿
12、剪刀  13、剃刀  14、錐  15、曲尺  16、撥条  17、匕首  18、半田  19、蝶番  20、
21、捻子  22、骰子  23、刷毛
 
   

【答】
1、のこぎり  2、かんな  3、まさかり  4、びく   5、こて   6、たがね   7、おがくず   8、なた
9、もり  10、やすり  11、のみ  12、はさみ  13、かみそり  14、きり  15、かねじゃく  
16、ばね 17、あいくち  18、はんだ  19、ちょうつがい  20、かすがい  21、ねじ  22、サイコロ  23、はけ

●剪刀が読めなくてガックリ。「鋏」こちらのハサミは読めるのだが。

《今日の小さな歓び》
 起床後の乾布摩擦。

                                                   以上

by tinnan1515 | 2014-12-25 19:46 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

趣味の園芸!

2014年12月24日    水曜日  

 クリスマスイブであるが平均年齢72歳の我が家では普段通りの生活である。但し、3時のティータイムでモンブランケーキを食べたことが唯一のイブであった。

 さて、山歩きの翌日は清々しい気分で体がスムーズに動く。前々から計画していた園芸に精を出すことにした。先ずは花の苗植えである。
e0272335_17503747.jpg
今日購入した花は金魚草で、の色は5種類。前回も金魚草を植えたが、どうしても好きな花に偏るようだ。花の香りも素敵だが花期期間が長いところがベストである。

 さらにはプリムラマラコイデスとノースポールのひとりばえの移植、セッコクの株分けをおこなった。最後は草取りをおこない、園芸を楽しむことができた。

 余談であるが千両の実がいつの間にか消えていた。ヒヨドリが食べてしまったようだ。正月用にと思っていたたので残念であるが、もう1箇所の千両は今のところ大丈夫の様だ。

《自宅の花》
1)プリムラマラコイデス 
e0272335_1915265.jpg
最初の開花である。葉っぱが元気よく育っているので年明けが楽しみだ。
2)水仙
e0272335_19201242.jpg
水仙が咲き始めた。陽当りの良い場所なので開花も早い様だ。

1、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》 
 【問】日常什器  20
1、団扇   2、蚊帳  3、蝿帳  4、薬罐  5、筵 6、湯湯婆  7、蚊遣   8、卓袱台   9、急須 
10、茣蓙  11、炬燵  12、行李  13、俎  14、絨毯  15、懐炉  16、行火 17、行灯 18、簀子
19、毛氈  20、焜炉  21、炭団   22、杓文字 23、束子
     
【答】
1、うちわ   2、かや   3、はいちょう   4、やかん   5、むしろ   6、ゆたんぽ   7、かや 
8、ちゃぶだい 9、きゅうす  10、ござ  11、こたつ   12、こうり   13、まないた  14、じゅうたん
15、かいろ  16.、あんか  17、あんどん  18、すのこ  19、もうせん  20、こんろ  21、たどん   22、しゃもじ   23、たわし

●蝿帳…蠅を防ぐ戸棚。紗や金網を張って通風をよくした。

《今日の小さな歓び》
 花壇の整備。
                                        
                                                   以上

by tinnan1515 | 2014-12-24 19:34 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

祖母山の霧氷に大感動!

 2014年12月23(火)   晴
 
 祖母山の雪道歩きのチャンスを狙っていたが本日が山行日となった。天気の方も今日は晴マークなので大いに期待していた。山行コースは雪道歩きを予想して自分にとっては無理のない神原コースを選択した。                                     
e0272335_1875146.jpg


                                   記
【山行日】2014年12月23日(火)   
【山行先】祖母山(1756.4m)
【山行者】単独
【山行コース】
 神原登山口P(6:30)~5合目小屋(7:05/7:15)~国観峠(9:25)~祖母山(10:35/11:20)~5合目小屋(13:50/14:00)~神原登山口P(14:20)
【行動時間】7時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
 自宅出発午前4時30分。空を見上げると星が見えない。今日は晴れの筈だが。竹田市辺りから星が見えるようになった。神原登山口に着くと燦々と輝いたいた。気温は2℃であるが無風のため余り寒さを感じなかった。準備を終えて6時30分スタート。この時間帯はまだ暗いためヘッドランプ着用です。
e0272335_19244420.jpg
登山道に入ると雪がうっすら積もっていた。
e0272335_19354243.jpg
国観峠までの雪道歩きはアイゼンは不必要であった。水分を含む雪質であったが凍結がなく滑ることは全くなかった。でも登りになると息が上がり立ち止まることがしばしば。国観峠のお地蔵さんも雪をかぶり寒そうです。
e0272335_19452491.jpg
国観峠周辺の霧氷はこのような光景であった。
e0272335_1947418.jpg
アップで霧氷をとらえると樹木の子枝には霧氷がびっしり。青空が霧氷を引き立てていた。
e0272335_19504052.jpg
8合目辺りになると積雪量10cm程。熊笹には雪が降り積もっていた。
e0272335_19532340.jpg
9合目。もうひと頑張りで山頂。山頂手前で宮原コースから登ってこられた方と遭遇。なんと佐伯市の方であった。
e0272335_195915.jpg
10時35分山頂着。素晴らしい景観に疲れも吹っ飛びました。
e0272335_2015286.jpg
滅多に撮らない自分の写真ですが今回は撮っていただきました。
e0272335_2042454.jpg
山頂で霧氷を見ることができ感激。
e0272335_2062573.jpg
くじゅう山系の山も雪化粧です。由布岳は雲の中でした。
e0272335_2081924.jpg
阿蘇山からは噴煙が上がっています。
e0272335_20104629.jpg
天狗岩、障子岳の縦走路は真っ白です。
e0272335_20121185.jpg
黒岳方面でしょうか?
しばし、山頂で休憩タイムは風もなく温かい日差しでとても心地良いひと時であった。
e0272335_20163780.jpg
白い雪の上に小さな黒い点々が。阿蘇山の噴煙の影響でしょうか?
e0272335_20185289.jpg
9合目小屋にちょっと立ち寄りました。
e0272335_2020921.jpg
自然が織り成す景観をたっぷり堪能する。
e0272335_20204495.jpg
今日の青空は最高であった。何度も立ち止まり霧氷を見上げた。
e0272335_20214031.jpg
満ち足りた気分で今日の山行を終えることができた。素晴らしい自然美に感謝。

《一口メモ》
 なんといっても今日の素晴らしい天候に感謝である。祖母山の霧氷も見事であった。ベスト山行日となりラッキーであった。

 今日の山歩きでは汗がさほどでなくてよかったのだが、その代わり排尿の頻度が多くてどうしょうもなかった。老いが確実に進んでいることを痛感した。

                                                 以上

by tinnan1515 | 2014-12-23 19:14 | 山歩き | Comments(10)

柚子湯を楽しむ!

2014年12月22日    月曜日  

 三日間も自宅に篭っているとなんとなく心が落ち込みそうである。そろそろ山歩きに出掛けなくてはと思い、今日は残されていた掃除を一気に片付けた。これで年内の大掃除は完了、 大手を振って山歩きができそうだ。

 そうそう今日は竹箒とハタキを買った。今では掃除は自分の仕事になってしまったので、創意工夫しながら掃除用具をうまく活用していきたい。

 さて、明日の天気だが好天気が期待できそうだ。年忘れ登山には少し早いのだが山歩きを楽しみたい。
柚子湯に入り早く寝ることにしよう。



1、漢字の学習
 《読めれば楽しい漢字859》  
【問】生地衣装  19
1、束帯  2、狩衣  3、直垂  4、  5、別珍  6、水干  7、十二単  8、唐衣  9、汗衫 
10、繻子  11、刺子  12、縅  13、裲襠  14、緞子  15、更紗  16、絣  17、衣桁   
18、一張羅  19、縮緬  20、臈纈  21、晒し  22、  23、襤褸
      
【答】
1、そくたい  2、かりぎぬ  3、ひたたれ  4、うちき   5、べっちん  6、すいかん  7、じゅうにひとえ
8、からぎぬ  9、かざみ   10、しゅす   11、さしこ   12、おどし   13、うちかけ  14、どんす
15、さらさ  16.、かすり   17、いこう  18、いっちょうら  19、ちりめん  20、ろうけつ  21さらし 22、たとう  23、ぼろ

●別珍…綿ビロード。婦人服・子供服・下駄の鼻緒・足袋などに。
●水干…糊を用いず、水張にして乾かした絹。狩衣系の装束。
●汗衫…汗取りの単衣の短衣。
● 帖…厚紙に渋や漆を塗り、和服や結髪の道具をしまうもの。

《今日の小さな歓び》
 南瓜を食べて柚子湯に入ったこと。

                                                以上

by tinnan1515 | 2014-12-22 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー