山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは^^ 私も天..
by 悟空さん at 22:25
毎週のこのお天気で、よい..
by のんびり夫婦 at 20:32
悟空さん、こんばんは。 ..
by tinnan1515 at 19:35
風来坊さん、こんにちは。..
by tinnan1515 at 14:33
うすきハッピーリタイアメ..
by furaibow581203 at 11:29
ポンちゃんさん、こんにち..
by tinnan1515 at 15:35
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:28
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:08
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 07:04
周平さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 05:55
メモ帳

<   2014年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

10月は好調であった!

2014年10月 31日    金曜日

  昨日の日本シリーズはハラハラドキドキ、そして劇的な幕切れに一瞬何が起きたのかと思ったが、守備妨害でゲームセット。ソフトバンクから素晴らしいプレゼントを頂いた。今朝、新聞のスポーツコーナを読むのが楽しかった。という事で今日も一日心が浮き浮きしていた。

 昨日までの好天気が今日になり崩れ始めて来た。11月は初っ端から出鼻を挫かれそうだ。さて、10月は今日で終わり。個人目標はと言うと今月も地味な活動ではあったが着実に成果を得ることができた。目標意識を持続できたことが大きな要因であった。

1、10月の目標結果
1)読書
 目標冊数7冊 ⇒ 8冊
●印象に残った本は立松和平さんの『人生の現在地』と風野真知雄さんの『沙羅沙羅越え』であった。

2)歩数
 目標歩数10.000歩/月平均 ⇒12.140歩
●8ヶ月連続で目標達成中。コンスタントな山歩きが続いている。


2、明日から11月
  相田みつをさんの11月カレンダーから。
e0272335_19105550.jpg
かなしいときには全身でかなしみ  うれしいときには手放しでよろこぶ  そういう人間でわたしはありたい

人生を素直に生きて行けたらいいな。と思います。


3、《漢検1級への道》 訓編    
【問】読み4
1、集く  2、啀みあう  3、廃る  4、媚びる  5、拵える  6、手懐ける  7、滾る  8、焦らす
9、塗す  10、捏ち上げる  11、竦む  12、銜える  13、嗾ける  14、屯する  15、勤しむ
16、括る  17、燻る  18、疎んじる   19、購う  20、蹲る    

【答】
1、すだ く  2、か みあう  3、すた る  4、こ びる   5、こしら える  6、てなづ ける 
7、みなぎ る   8、じ らす   9、まぶ す  10、でっちあ げる  11、すく む  
12、くわ える  13、けしか ける  14、たむろ する   15、いそ しむ  16、くく る  
 17、いぶ る  18、うと んじる  19、あがな う   20、うずくま る

《今日の小さな歓び》
 読書目標を達成したこと。
                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-31 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(6)

黒岳山麓を歩く!

2014年10月30日(木)     晴れ
 
ブログで黒岳山麓の紅葉を拝見し、早く行かねばと思いつつ今日が山行日となった。時期を逸した感があるが登れば納得するのである。コースは今水~風穴~黒岳を選択した。

今日のマイベストセレクション
 祖母山系では黄葉の素晴らしさに酔いしれたが、黒岳山麓は紅葉が多いようである。
e0272335_1757889.jpg

e0272335_17572849.jpg

e0272335_17574791.jpg

 
                                 記

【山 名】黒岳・天狗岩(1556m)&高塚山(1587m)
【山行者】単独
【山行コース】
今水P(6:45)~入山公墓分岐(7:35/7:50)~風穴 (8:20/8:25)~ 天狗分れ (9:15)~天狗岩 (9:35/9:55)~天狗分れ (10:20)~高塚山(10:35/11:20)~風穴(12:05)~岳麓寺分岐(12:30)~今水P(13:15)
【行動時間】6時間30分(休憩時間含む)
【行動記録】
今水登山口の駐車場に午前6時過ぎに着き一番乗りであった。平日でもあり今日の登山者はと思っていると1台の車が到着。準備を終えご挨拶してから出発です。
e0272335_1835363.jpg
今水コースを歩くのは今回で2回目。復習の意味も兼ねてこのコースを選択。勿論、このコースが好きになりつつある。黒岳(風穴)を目指しました。
e0272335_1964137.jpg
歩き始めは足が重たかったが、30分程歩いたら身体も馴染んできた。息を切らすような登りがないのでたんたんと歩くだけである。
e0272335_1914278.jpg
淡い紅葉が見られる様になってきた。
e0272335_19145621.jpg
黒嶽荘~雨堤~上峠から歩いてくるとここの分岐点に着くのだ。
e0272335_19231673.jpg
このあたりから徐々に紅葉が見られる様になった。
e0272335_19241298.jpg
ポツンポツンと紅葉を楽しみながら風穴を目指しました。
e0272335_19293353.jpg
山路には沢山の落葉が。すでに紅葉は終わっているような感じである。
e0272335_19315788.jpg
8時20分、風穴着。ここから気合を入れ天狗岩を目指しました。
e0272335_19362785.jpg
滑らないように一歩一歩。でもズルズル。でも、紅葉を愛で気を落ち着けます。
e0272335_1944335.jpg
天狗分れ。ここまでは登山者との出会いはありませんでした。
e0272335_19464812.jpg
今日一番の鮮やかな紅葉です。
e0272335_19481152.jpg
天狗岩の岩場にかかると若い男性の登山者が。ここは先に登ってもらわないと迷惑をかけますので先に行ってもらいました。天狗岩に着くと素晴らしい眺望。今日も好天に恵まれ最高でした。
e0272335_19544125.jpg
27日に登った祖母山も見えました。
e0272335_19585837.jpg
由布岳の紅葉はいつのことになるのやら。土日の天候が気になる。
e0272335_2042631.jpg
今水からの直登コースはきつかった大船山。
e0272335_2083956.jpg
ちっちゃく見えるのは阿蘇山と根子岳。そうそう若い登山者の方は太宰府からでした。
e0272335_20131619.jpg
高塚山を目指している途中で。
e0272335_201513100.jpg
高塚山到着。すでに到着されていた若い人と談笑しながら早目の昼食タイム。食事が終わつた頃に2名の登山者が到着。博多区と由布院の方であった。山談義が盛り上がりとても楽しかった。3名の方は前岳への縦走、自分は今水登山口に向かった。
風穴への下山中に多くの方が山頂を目指しておられた。その中の一人にくじゅう100回登山を目指しておられる方と遭遇する。確か、自分が車道歩きをしていた時の一度出会っている人でした。会話中にひょんなことから上峠から今水コースを歩こうかと考えている旨の話をしたらこのコースは非常に分かりづらいとの事であった。貴重なアドバイスを頂いたので来た道を歩くことにした。
e0272335_20422114.jpg
紫式部の実。美しい紫だった。
e0272335_20451254.jpg
青空に映える紅葉。
e0272335_20495070.jpg
淡い黄葉も素晴らしい。
e0272335_2051569.jpg
色々な紅葉が楽しめてまんぞくまんぞく。
e0272335_2054466.jpg
今日の締めです。
e0272335_20552755.jpg
13時15分駐車場着。今日も無事に下山できました。

《一口メモ》
 目的の紅葉はそれなりに楽しむことができたが、全体的に紅葉の見頃は終わった感じである。今回も素晴らしい天候に恵まれ山の醍醐味を充分に味わうことができた。


                                                 以上 
by tinnan1515 | 2014-10-30 18:03 | 山歩き | Comments(8)

 セイロンライティアの越冬準備!

2014年10月29日    水曜日

  昨日ストーブの準備を終えたばかりであったが、早速に今朝ストーブ焚く事になった。自分はまだ我慢できるのだが、なにしろ冷え性のおばちゃんにはこの冷え込みはこたえるだろう。部屋を温かくして朝食を済ませた。 これから、灯油買いやストーブの管理が自分の担当になり仕事が一つ増えることになった。

  さて、今日の冷え込みを機に昨年もおこなったセイロンライティアの越冬準備をする事にした。一度越冬に成功しているので要領は得ているつもりだ。  
 
1、セイロンライティアの越冬対策
1)越冬前の状態
e0272335_19194893.jpg

2)枝の剪定
e0272335_19213014.jpg
伸びている枝を切って背の高さを揃える。
3)鉢の保温
e0272335_19232529.jpg
プチプチシートを鉢に巻きつける。
4)ハッポスチロールの箱に入れる
e0272335_19273927.jpg
この状態で室内管理です。気温が下がる12月にはナイロン袋被せます。

 10月も余すところ後二日となり、自分の身の回りもいつの間にか半袖から長袖に。その上にベストやジャケット重ね着するようになった。健康管理に気を使うシーズン到来だ。
 

2、漢字の学習
《漢検1級への道》 訓編  
【問】読み3
1、漫ろ  2、宜なるかな  3、頗る  4、艶やか  5、 数多  6、仰けから  7、煌く  8、拙い
9、挙って  10、目眩く  11、恭しく  12、夥しい  13、恙なく  14、太々しい  15、扠措
16、疚しい  17、嫋やか  18、歪な   19、烏滸がましい    


【答】
1、そぞ ろ  2、むべ なるかな  3、すこぶ る  4、あで やか   5、あまた  6、のっけから 
7、きらめ く   8、つたない   9、こぞ って  10、めくるめ く  11、うやうや しく  
12、おびただ しい  13、つつが なく  14、ふてぶてしい  15、さておき  16、やま しい  
17、きっと 18、たお やか  19、いびつ な   20、おこ がましい

● 語彙の知らなさを痛感する。

《今日の小さな歓び》
 知人宅に訪問し山談義。
                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-29 19:44 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

浅田次郎の新刊、衝動買い!

2014年10月28日    火曜日

 今日はなんとなくすかっとした朝であった。午前6時から朝食の準備、食事後の片付けが生ゴミだし、外の掃除が終わると室内の掃除と体が良く動くのであった。買い物に行くまでにほんの少しのブログ編集。そうするうちに買い物に行く時間がやってきた。

 最初の店舗での買い物を順調に終えて、2店舗目での出来事であった。サンリブ臼杵店で支払い後、ポイントカードをつくりませんかとの問い合わせに、早速の申し込み続き中に私は本屋で時間を潰すことにした。

 新刊コーナーを覗いていたらなんと浅田次郎『神坐す山の物語』がならべられていた。定年退職後のひとつの目標は図書館通いをすることであったので、定年後購入した本は10冊にも満たない冊数であった。

 今日ばかりは昨日の山歩きの余韻が残っていたのかも知れないが、ファンに一人である”浅田次郎”と”山の物語”を見て思わず衝動買いをすることになった。
e0272335_1623614.jpg


2、漢字の学習
《漢検1級への道》 訓編  
【問】読み2
1、強ち  2、聊か  3、抑も  4、迚も  5、 雖も  6、努努  7、苟も  8、殆ど  9、吝か 
10、然したる  11、仄仄  12、概ね  13、仮初め  14、終ぞ  15、粗方  16、就中  17、屹度
18、率爾ながら  19、  20、 

【答】
1、あなが ち  2、いささ か  3、そもそ も  4、とて も   5、いえど も  6、ゆめゆめ
7、いやしく も  8、ほとん ど   9、やぶさ か  10、さ したる  11、ほのぼの  12、おおむ ね 
13、かりそ め  14、つい ぞ  15、あらかた  16、なかんずく   17、きっと 18、そつじ ながら  19、ほぼ   20、みぎり

●努努と仄仄は覚えやすいと思うのだが前回も今回も読めなかった。

《今日の小さな歓び》

 ソフトバンク6回の裏まで5対0でリード中。                                                     


                                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-28 16:49 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

私が見たかった紅葉二景(大障子岩・池の原)&祖母路ミニ縦走

2014年10月26日(日 )晴れのち曇り~ 2014年10月27日(月)晴れ
  
 山小屋泊、一泊二日のボッカ訓練を終えて大障子岩~祖母山~古祖母山のミニ縦走を計画した。主目的は大障子岩から池の原縦走路の紅葉を観賞することであった。と同時にたっぷりと山に浸ってみたかった。

1、岩峰紅葉二景
1)大障子岩から眺めた岩峰の紅葉
e0272335_19284874.jpg
八丁越から喘ぎながらやっとたどり着いた大障子岩。山頂から真向かいにある岩峰の景観を眺めることができ至福のひと時でした。
2)池の原から眺めた岩峰の紅葉
e0272335_19291413.jpg
大障子岩から八丁越まで戻り、アップダウンを繰り返しながら池の原展望台へ。ここで見たかった紅葉の景観はすでに終盤でしたが充分に満足することができました。

2、紅葉マイベストセレクション
八丁越から池の原、尾平分岐点辺りまでの紅葉を堪能することができました。このコースでは黄葉がとても素晴らしかった。
e0272335_1952326.jpg

e0272335_19521993.jpg
 
e0272335_19524211.jpg

e0272335_1953029.jpg

                             記
1、山歩き(一日目)
【年月日】 2014年10月26日(日 )
【山 名】大障子岩(1451m)
【山行者】単独
【山行コース】
尾平P(6:30)~尾平林道分岐(6:45)~登山道分岐(7:15)~八丁越 (9:30/9:40)~ 大障子岩 (10:30/10:50)~八丁越 (11:40)~池の原 (13:20/13:50)~宮原分岐点(14:25/14:35)~9合目小屋(15:50)
【行動時間】9時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_5395876.jpg
尾平の有料駐車場に車を停めて車道歩き。尾平林道に進みます。
e0272335_546449.jpg
登山届が設置してある場所を通過。うっすらと紅葉していますが落葉樹林の枯葉が林道を覆い尽くしていました。
e0272335_5502620.jpg
途中から荒れた林道を歩きここから山路に入ります。
e0272335_90051.jpg
最初の渡渉地点。クーチ谷を上り詰めていきます。
e0272335_941893.jpg
3度目の渡渉地点に8時着。この地点までは少しの余裕がありました。
e0272335_993698.jpg
愛しの滝あたりから徐々に足が重たくなり始めました。
e0272335_9111856.jpg
大障子岩への近道コースを歩く余裕はなく八丁越に向かいました。
e0272335_914232.jpg
今日初めての黄葉に癒されました。
e0272335_9164399.jpg
歩き始めてから3時間。やっと八丁越に到着。疲れていたので大障子岩はパスして池の原に向かおうかと思ったが、ここは初志貫徹頑張るしかないだろう。休憩していると白水コースの方から人の声が聞こえてきた。八丁越に到着されたが行先は大障子岩だろうか?
e0272335_1125676.jpg
八丁越から大障子岩までは結講ハード、ふと大障子岩を見上げると終わりに近づいている紅葉を見ることができた。
e0272335_118596.jpg
山頂まで4時間。心配していた天候もまだ大丈夫でした。温かい飲み物で疲れを癒します。そして、楽しみにしていた景観は。
e0272335_1115739.jpg
この岩峰の紅葉でした。黄色と緑は申し分ないのですが赤系の色が乏しい感じ。でもここの景観が楽しめて良かったです。#IMAGE|e0272335_11172823.jpg|201410/28/35/|mid|400|300#]彼方の聳え立つ祖母山の山容。ここから9合目小屋に向かいます。紅葉を楽しんでいると八丁越からおいでになられた方たちが到着。記念写真を撮ってあげ自分は下山です。
e0272335_1127135.jpg
八丁越から池の原縦走路での紅葉を楽しみにしていたが、まだ充分に楽める雰囲気を醸し出していた。ただ、気になるのは午後からの天気。雲が出たかと思えば青空は見え出すやらで心中は複雑であった。ここの場所は岩尾根を歩くところです。
e0272335_11335543.jpg
池の原縦走路の紅葉を愛でながら展望台に13時20分着。ここで昼食タイム、アンパンとコーヒでお腹を満たしました。
e0272335_11375862.jpg
紅葉2景の中の二つ目は、池の原展望台から眺める紅葉に包まれた岩峰でした。。時期が少し遅かったようです。
e0272335_12224476.jpg
こちらの山肌の紅葉も見ごたえがありました。
e0272335_12265419.jpg
池の原の下りは心地よい樹林地帯。見事に色付いた黄葉が際立っていました。
e0272335_12313239.jpg
なんとなく心が和む紅葉風景。
e0272335_12342538.jpg
ここでは3色の紅葉が楽しめました。
e0272335_12351828.jpg
ここの風景も好みのひとつ。なんとなくロマンイェックになるような素敵な場所でした。
e0272335_12381411.jpg
尾平分岐点に着き一安心。ここからひと頑張りで9合目小屋に着きます。天気予報では午後から40%の確率で雨、心配ですが小屋に辿り着くまで落ちてこないことを願うのみでした。
e0272335_1242580.jpg
馬の背から山肌の紅葉を見てみると素晴らしい光景でした。

《山小屋にて》
 尾平分岐点から9合目小屋の間、一人の下山者とも会うことなく15時50分小屋に着く。ドアを開けると音楽が流れてくるも部屋は閑散としていた。どうも今晩は貸切になりそうな気配。先ずは汗にまみれた衣服の着替えを済ませ、食事の準備に取り掛かると16時330分頃から雨が落ち出してきた。

 夕食の献立はFDの梅とわかめのご飯、金のビーフシチュー、スモークチキン、FD豚汁。どれも簡単で超便利。食事後はコーヒーでくつろぐ。アルコール類がないので食べ終わるのも早い。明日の準備を済ませるともう何もすることがないのであります。

 18時過ぎから寝袋の中に入り日本シリーズのナイター中継を聴くのが唯一の楽しみ。1回の攻撃で内川選手の先制タイムリーで先取点。この試合は勝てそうだと思いながら3回あたりでラジオのスイッチはOFFに。
あれやこれやと考えているうちにいつの間に眠りに落ちていた。

 やぁ良く眠れたと目覚めたのがなんと23時30分。トイレに行った後、外に出てみると風と物凄いガスで目の前が辛うじて見えるくらいであった。明日はどうなることかと心配しながら再び寝袋に潜り込む。

2、山歩き(二日目)
【年月日】 2014年10月27日(月)
【山 名】祖母山~障子岳~古祖母山
【山行者】単独
【山行コース】
9合目小屋(5:40)~祖母山(5:55/6:45)~尾平分岐点 (8:05)~ ミヤマ公園 (8:20/8:30)~障子岳 (9:00/9:15)~古祖母山(10:25/10:45)~コシキ岩(12:00)~ヒムカノ国分岐点(12:10)~登山口(12:40)~近道尾平分岐点(13:05)~尾平P(13:45)
【行動時間】8時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 15時30分頃寝袋から這い出しゴソゴソ始める。なんといっても小屋の中には自分一人なので気を使う心配がないのである。気になる天候はガスが流れているものの空には星が燦々と輝いていた。

 疲れていた身体もかなり回復していた。朝食もいたって簡単。お握り一つ、FDみそ汁、スモークチキン、ホットコーヒー。片付けを終えて5時40分小屋を出る。管理人さんは不在でしたがお世話になりました。 
e0272335_13251690.jpg
祖母山頂でご来光を待つも雲に被われて小さな輝きを眺める程度であった。
e0272335_13275468.jpg
山頂での静かな夜明け、空は青空で今日は好天が期待できそうでした。
e0272335_13311050.jpg
ちょつピリ赤焼けした阿蘇山。
e0272335_13331951.jpg
こちらは久住山系と由布岳。
e0272335_13345450.jpg
昨日歩いてきた大障子岩、池の原、馬の背がはっきりと確認できた。 山頂で50分間、早朝のひと時を過ごし、古祖母山を目指しいざ出発です。
e0272335_13412888.jpg
山頂直下と梯子場の下りは最善の注意を払いながら慎重に進みました。漸く写真を撮る余裕が出てくるも縦走路の紅葉は完全に終わり登山道は枯葉の絨毯になっていた。
e0272335_13454354.jpg
尾平分岐点。ここに辿り着くと何故だかホットします。ここから古祖母を目指して進みます。時間がまだ早いのか祖母山頂を目指している人には出会いませんでした。
e0272335_13503330.jpg
途中で天狗岩や展望台は立ち寄らずにミヤマ公園に只管向かいました。ここから眺める祖母山が大好きなのであります。
e0272335_13581755.jpg
昨日歩いた大障子岩~馬の背、この様に切り立っているとは。手前は天狗岩。
e0272335_1413613.jpg
彼方には阿蘇山と根子岳もはっきりと見えました。
e0272335_1435572.jpg
障子岳に着くと2名の男性登山者。なんと朝駆けでした。四季見原から登られたとのことでした。古祖母に向う時ブラックサンダーを頂きありがとうございました。
e0272335_14105128.jpg
四季見原の峰々です。山肌には紅葉が点々と見えました。
e0272335_14123658.jpg
縦走路歩きは少々のアップダウンがあるものの立ち止まることなくゆっくりと前進、前進です。ここは土呂久分岐点です。
e0272335_14161546.jpg
障子岳から歩くこと1時間10分。やっと着いた古祖母山です。アンパンと紅茶でしばし休憩タイム。それにしても素晴らしい好天気でした。次に向かうのは尾平越えトンネル手前にある古祖母山登山口です。
e0272335_14224214.jpg
この場所に来る前にひと組のご夫婦と遭遇、古祖母山までとのことでした。はさみ岩からの眺望です。
e0272335_14254196.jpg
展望台に立ち寄ると。
e0272335_1427389.jpg
祖母山が彼方に見えました。随分と歩いてきたものです。
e0272335_1429335.jpg
縦走路での紅葉。
e0272335_14302436.jpg
ここはコシキ岩です。
e0272335_14314366.jpg
祖母山が小さくなりました。
e0272335_14325876.jpg
紅葉もちらほらと見られる様になってきた。まもなく登山口分岐点だと思うが。
e0272335_1435861.jpg
12時10分、ヒノカノ国登山口分岐点に到着。ここまでくれば尾平駐車場までひと頑張りです。
e0272335_14372111.jpg
紅葉からすっかり遠ざかっていたがこの地点は紅葉が見事であった。
e0272335_143955.jpg
どこかで見たような風景に再度見ることができた。
e0272335_1443468.jpg
降り注ぐ太陽の光線を浴びて鮮やかな紅葉を演出していた。
e0272335_14484712.jpg
古祖母山登山口に無事着きました。ここから車道歩きです。
e0272335_14514797.jpg
高千穂の 神深々と 初紅葉    (芳 満)
e0272335_14565811.jpg
このトンネルを抜けると大分県側です。
e0272335_14584464.jpg
トンネルを歩くこと10数分、この間車1台と離合。トンネルを抜けると素晴らしい紅葉だった。
e0272335_1552775.jpg
車道歩きで見た紅葉も実に素晴らしかった。
e0272335_1562512.jpg
近道尾平分岐点、ここから山道歩いたあとまた車道歩きとなります。
e0272335_158633.jpg
無事に一泊二日の山旅を終えることができました。感謝。

《一口メモ》

 大船山・御池の紅葉に始まり、三俣山の大鍋・小鍋、そして今回は祖母山系の紅葉を求めて山小屋泊まりの山歩きであった。期待していた紅葉は縦走路では落ち葉と化していたが、大障子岩と池の原での紅葉を堪能することができ目標を達成することができ満足することができた。
 
 山小屋泊のボッカ訓練は二日のみであったがなんとかミニ縦走を達成できた。小さな積み重ねの上に小さな自身も大きな手助けとなったようだ。
 
 ブログの編集をしながら振り返ると様々なことが蘇ってくる。小さな思い出を胸いっぱいに詰め込むことができた山小屋どまりであった。

 疲れも徐々に取れ出すと、また山歩きのことがもたげてくる。山の魅力は私の心を釘付けにしてしまう。

                                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-27 19:53 | 山歩き | Comments(16)

休息日!

2014年10月25日    土曜日

朝、玄関に新聞を取りに行くとプ~ンと香りが漂ってきた。あっ、この香りは石蕗だ。辺りを見回すと石蕗の花は満開で晩秋だと感じた。 彼岸花と水栓の葉がすくすくと育っていた。

 二日続けてボッカ訓練したので今日は休息日。やはりなんとなく体が気怠い感じであった。気分転換に大分のワサダタウンへショッピング、その後山渓で山備品を購入して帰宅。

 午後からは読書タイムであったがいつの間にか眠りこけていた。目覚め後『沙羅沙羅越え』やっと読み終えることができた。

 
1、漢字の学習
《漢検1級への道》 訓編  
【問】読み1
1、窃かに  2、序に  3、懇ろに  4、況や  5、妄りに  6、偏に  7、等閑に  8、徐に 
9、微かに 10、夙に  11、疾つくに  12、恣に  13、頑に   14、俄に  15、詳らか  16、蓋し 
17、具に  18、忽ち  19、宛ら   20、専ら 、


【答】
1、ひそか に 2、ついで に  3、ねんごろ に  4、いわん や   5、みだり に  6、ひとえ に 
7、なおざり に  8、おもむろ に   9、かすか に  10、つと に  11、と つくに 
12、ほしいまま に  13、かたくな に  14、にわか に  15、つまび らか  16、けだ し 
17、つぶさ に  18、たちま ち  19、さなが ら   20、もっぱ ら
●訓読みは読めない漢字が多い。



《今日の小さな歓び》
 日本シリーズ第一戦。                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-25 19:41 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

ボッカ訓練二日目・鎮南路を歩く!

 2014年10月24日    金曜日

 昨日のボッカ訓練に引き続き今日もボッカ訓練に出掛ける事にした。ザック重量は1kg増やし約13kgとする。天候は昨日同様素晴らしい秋晴れであった。
 今日はスタート時間が午前10時前であり駐車場には8台の車があった。

 
1、ボッカ訓練
 登山口P(9:40)~塔尾山(10:45/11:05)~鎮南山(11:25)~山庵寺(11:50/12:20)~登山口P(13:30)
 昨日と同コースを歩くが足が重たく、20分も歩くと額から汗が滴り落ちてきた。すでに山頂から降りていられる方が7名。常連さんの様だ。
 塔尾山に着くまで65分の所要時間、いつもより10分オーバーしていた。山頂で寛いでいたら2名の方が登ってこられた。後で記帳を見ると81歳と77歳の年齢であったが随分と若い感じがした、特に81歳のお方は体がとても軽やかそうであった。 
e0272335_1623039.jpg
今日は山庵寺昼食タイムです。秋の陽射しも暑くなく無風状態なのでとても心地よいひと時。静かな佇まいの中で今日はチキンカツサンドとコーヒーでお腹を満たしました。
 大好きな「昼のいこい」のテーマが鳴り出すと同時に下山開始です。今日のNHKラジオ深夜便は[大分発]深夜便との放送があり、早目に就寝して[大分発]を聞きたいと思います。
e0272335_1624997.jpg
少しばかり足取りも軽やかになりましたが下りなので当たり前のこと。低山での紅葉はまだ先のことですがハゼは色付き落葉が始まったいました。
e0272335_163736.jpg
紅葉の葉はまだグリーンです。紅や黄色に染まるととても素晴らしい所ですが楽しみは当分先のようです。

 下山時は昨日よりも体が慣れてきた感じであったが、長丁場の祖母路を考えるともう少し訓練が必要かもしれないが、そろそろ紅葉も気になり出してきた。




2、漢字の学習
《漢検1級への道》 音編  
【問】読み13
1、軽佻浮薄  2、一意専心  3、鴛鴦之契  4、眼光紙背  5、君子豹変  6、経世済民
7、堅忍不抜  8、一知半解  9、門前雀羅  10、一病息災  11、八紘一宇  12、斎戒沐浴
13、鬼哭啾啾  14、夜郎自大  15、右顧左眄    

【答】
1、けいちょうふはく  2、いちいせんしん  3、えんおうのちぎり  4、がんこうしはい
5、くんしひょうへん  6、けいせいさいみん  7、けんにんふばつ  8、いっちはんかい
9、もんぜんじゃくら  10、いちびょうそくさい  11、はっこういちう  12、さいかいもくよく
13、きこくしゅうしゅう  14、やろうじだい  15、うこさべん

《今日の小さな歓び》

 ボッカ訓練でチョッピリ自信が持てたこと。 
  
                                             以上
by tinnan1515 | 2014-10-24 17:56 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

ボッカ訓練 山小屋泊一泊二日仕様!

2014年10月23日    木曜日

1、ボッカ訓練
 そろそろ山の虫が騒ぎ出してきた。今日の秋晴れを仰ぐとじっとして居られなくなり鎮南山に登る事にした。今回は山小屋泊一泊二日を想定しボッカ訓練を兼ねる事にした。

 ザック重量は約12kg。担ぐと肩にずっしりと重みが伝わってくる。出発は午前11時35分であった。秋の日差しが眩しいほどに照らされている。山路に入るとやはり足取りが重たく日頃よりゆっくり歩くも早速に汗が滲みでてきた。

 この時間帯になると登山者は極端に少ない。下山者の1名の方にお会いしただけであった。5合目では通常よりも10分遅れで通過。重みを堪えて黙々と歩くだけである。塔の尾に12時35分着で所要時間60分。いつもより10分超過であった。

 塔の尾からの眺望は抜群でした。
e0272335_1649873.jpg
眼下に見えるのは臼杵市街地。臼杵城址もはっきり見えました。
e0272335_16493593.jpg
お握りの形をした島は津久見島。その彼方には四国の佐田岬半島がうっすらと確認することができました。
e0272335_1972577.jpg
こちらの方角にうっすらと見える山容は由布岳、鶴見岳、内山です。

 昼食、展望を楽しみながら休憩タイム。その後、鎮南山、山庵と巡り下山です。下りになると肩の重みは少し楽になるもののいつもの軽やかさはありませんでした。駐車場着14時35分、所要時間2時間のボッカ訓練でした。

 祖母山を想定した歩荷訓練、今日一日の訓練では実行に踏み切れない。明日も訓練だ!


2、漢字の学習
《漢検1級への道》 音編 

 
【問】読み12
1、周章狼狽  2、昼夜兼行  3、鎧袖一触  4、三百代言  5、明眸皓歯  6、一陽来復
7、秋霜烈日  8、閑話休題  9、苛斂誅求  10、衆人環視  11、髀肉之嘆  12、玩物喪志
13、蟷螂之斧  14、遼東之豕  15、旗幟鮮明    

【答】
1、しゅうしょうろうばい  2、ちゅうやけんこう  3、がいしゅういっしょく  4、さんびゃくだいげん
5、めいぼうこうし  6、いちようらいふく  7、しゅうそうれつじつ 8、かんわきゅうだい
9、かれんちゅうきゅう  10、しゅうじんかんし  11、ひにくのたん  12、がんぶつそうし
13、とうろうのおの  14、りょうとうのいのこ  15、きしせんめい

●三百代言:弁を弄して、社会を惑わし、信用されないこと。
●遼東之豕:遼東で白いブタが発見され、珍しいと都に行ったら、都にはどこにでもいた。世間知らず。

《今日の小さな歓び》
 ボッカ訓練の意欲が湧いてきたこと。 
 
                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-23 19:29 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

立松和平さんの本を借りる!

2014年10月22日    水曜日

 台風以降素晴らしい秋空が続いていたが今日は予報通り雨の天候であった。こうなると山の方はきっぱり諦めざるえを得ない。

 曇天や雨が降る日は目が霞んでしまい本を読むのも一苦労。本の返却日でもあったのでいそいそと図書館へ出掛ける。時間がたっぷりあったので書架をじっくり眺め読みたい本を探すも、これはと思う本を見つけることができなかった。

 1冊は立松和平さんの本を借りる予定であったが今回は2冊借りた。しばらくは立松和平さんの本を読むことにした。

 さて、明日から霜降。もみじや楓の紅葉がさらに進むことに期待したい。また、冬支度も怠り無く進めて行きたいと思います。


1、図書館で借りた本
 立松 和平(たてまつ わへい、1947年12月15日 - 2010年2月8日)さんは、自分より1年先輩で団塊の世代である。前回に続き今回も立松さんの本を読むことにした。
1)浅間    立松和平著
e0272335_16282185.jpg

2)生命継ぎの海   立松和平著
e0272335_16283962.jpg
ページを捲っていたら大分・すみつけ祭りのことが書かれていた。
3) 里山を食いものにしよう   和田芳治著
e0272335_16285936.jpg
里山の二文字に惹きつけられてしまった。

2、漢字の学習
《漢検1級への道》 音編  
【問】読み11
1、蝟集  2、陥穽  3、閨房  4、輻輳  5、容喙  6、嚆矢  7、偃武  8、知悉 
9、暴戻  10、花卉  11、悔悟  12、膠漆    

【答】
1、いしゅう  2、かんせい  3、けいぼう  4、ふくそう  5、ようかい  6、こうし  7、えんぶ
8、ちしつ  9、ぼうれい  10、かき  11、かいご  12、こうしつ
*今回はなんとか全問正解であったが意味は分からないものが多かった。

《今日の小さな歓び》
 ヒラアジの塩焼きが美味であった。
 
                                      以上
by tinnan1515 | 2014-10-22 19:27 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

佐賀関海星館にて”旅する蝶”アサギマダラの見学

2014年10月21日    火曜日

 昨日、佐賀関海星館にてアサギマダラが見られる情報をキャッチした。午前中は散髪、午後からは家内のパソコン教室への送迎であったが、午後の自由タイムを利用して佐賀関まで足を伸ばすことにした。

e0272335_19254787.jpg
「マーキング」されているアサギマダラ。初めて見ることができた。
e0272335_19192521.jpg
こちらの羽根には「マーキング」はありません。

1、アサギマダラ
e0272335_1932722.jpg
佐賀関にある海星館です。
e0272335_19331532.jpg
佐賀関観光マップ。
e0272335_1937253.jpg
関崎灯台があります。
e0272335_19411574.jpg
フジバカマの植栽地です。
e0272335_19433816.jpg
フジバカマ。キク科ヒヨドリバナ属。アサギマダラはフジバカマ、ヒヨドリバナ、アザミなどのキク科植物の花によく集まり、吸蜜するそうです。
e0272335_200529.jpg
フジバカマは淡いピンクの花でした。
e0272335_19564057.jpg
アサギマダラは、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動する。
e0272335_2054528.jpg
先ずは羽根をたたんでいるアサギマダラから。
e0272335_2082316.jpg
少し開きかけた状態です。
e0272335_2034748.jpg
次は半分以上開いた状態です。
e0272335_20161725.jpg
いっぱいに広げるとこのような姿に。
e0272335_20204611.jpg
ダブルです。

 山歩きで時たま見かけるアサギマダラ。今日はじっくりと観察することができました。


2、漢字の学習
《漢検1級への道》 音編  
【問】読み10
1、玩弄  2、鉄漿  3、使嗾  4、弑逆  5、衒学  6、逼塞  7、蓋然  8、改竄 
9、悉皆  10、贔屓  11、阿諛  12、奸佞  13、垂涎  14、検校  15、蹲踞  16、葷酒  

【答】
1、がんろう  2、おはぐろ  3、しそう  4、しぎゃく  5、げんがく  6、ひっそく  7、がいぜん
8、かいざん  9、しっかい  10、ひいき  11、あゆ  12、かんねい  13、すいぜん 
14、けんぎょう  15、そんきょ 16、くんしゅ

●鉄漿 :本来はかね。歯を黒くする習慣。
●葷酒 :酒と。つまりニラ、ネギなどの臭気のきつい植物。


《今日の小さな歓び》
 アサギマダラの羽根にマーキング発見。

                                                   以上
 
 
by tinnan1515 | 2014-10-21 20:42 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2017年10月20日、大船..
at 2017-10-20 20:00
娑羅双樹(サラソウジュ)の学習!
at 2017-10-19 17:00
鎮南山に登る!
at 2017-10-18 18:00
1日に一つの目標!
at 2017-10-17 19:10
冬支度!
at 2017-10-16 20:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧