<   2013年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2013年7月31日 水曜日

 朝食を終えた後、玄関掃除は通常パターンであるが、今日は2階の窓ガラスと網戸掃除をおこなった。自分の部屋なので誰も手を出してくれません。朝日が差し込む中で黙々と清掃作業です。網戸は水洗いで砂塵を洗い流し、窓ガラスはガラスマイペットで拭き上げると綺麗になり気分スッキリです。如何に日頃が怠慢なのか、何ごとも日頃からの掃除が大切です。

ところで、今日も里山に朝駆けでしたが水平線に太陽は現れて来ませんでした。訓練も重ねてきたので、そろそろ目標の山の朝駆けを実行に移さなくては。明日の成人病検査が終われば日程を決めよう。
e0272335_16405962.jpg
午前5時5分頃。
2013年7月30日 火曜日

 午前3時に目が覚め夜空を見上げると星が燦々と輝いていた。こうなると山虫が騒ぎ出す。今日は朝駆けだ!。4時に自宅を出て龍王山に4時40分に着く。半裸になり汗を拭きながらの撮影準備を終えて待つものの期待薄の状況で、ご来光は空振りに終わりました。今回も山頂で地元の方と会話ができたのが嬉しかったことかなあ。
e0272335_18214016.jpg


 昨日は網戸掃除、今日は墓掃除と決めていた。掃除用具を準備し龍原寺へ。墓石は青カビがつきにくい石
なので掃除は簡単です。それでも小一時間かけて丁寧に掃除を済ませました。後は盆直前にお花を入れ替えて終わりです。今ではすっかりお墓の世話は私の仕事とになってしまいました。

《その後の女郎蜘蛛の観察》
食事中に餌となる昆虫がエバにかかった時、蜘蛛が取る行動は?
e0272335_1947493.jpg
山歩きから帰る途中、車道に落ちていたショウジョウトンボを拾って帰り、女郎蜘蛛の餌として与えました。蜘蛛の糸に放り投げると素早く対応して糸でグルグル巻にします。その後、ゆっくり食べ始めます。その光景を見てある事を考えました。食事中に他の昆虫が蜘蛛の糸にかかった時、蜘蛛の取る行動は?
e0272335_1954289.jpg
餌になる昆虫は小さなバッタです。このバッタはマリーゴルドの葉っぱを食べ尽くすほど沢山の数です。まずピンセットで挟んだバッタを蜘蛛の糸につけると、蜘蛛は食事を中断してバッタをめがけて糸で絡めます。その後元の位置に戻って食事を始めます。画像は同じことを2回繰り返した時のものです。生物の生きる逞しさが自然と身についていることに感動でした。
2013年7月29日 月曜日

5日連続の朝駆けの疲れがピークに達したようだ。午前3時過ぎに一度目が覚めるが再び眠りに落ち起床したのは5時。外を見ると青空が見える。もしかして今日はご来光を見ることが出来たのではないかと思うだけであった。

時間はたっぷりある。お盆前恒例の掃除は墓掃除と網戸掃除であるが、今日は網戸の掃除をやる事にした。
掃除の手順は至って簡単で水をかけタワシで擦り汚れを落として再度水で洗い流す。最後は雑巾で水気を取り完了です。でも、17枚の網戸となると根気が必要でした。

洗浄後の網戸を見ると清々しい気分です。日常的にこのような状態で維持管理できれば良いのですが、現実は年間3回程度。もっと頻度をあげる必要がありそうです。残るはお墓掃除であるができれば今週中に足を運ぼうと思っている。

e0272335_15445330.jpg

2013年7月28日   日曜日   曇り  

 今日の朝駆けは隣町、津久見市にある彦岳でした。昨晩、早目の就寝にもかかわらず目覚めたのはトイレで起きた午前2時半。慌ただしく出かける支度を済ませ自宅を2時45分出発。途中、セブンイレブンでいつもの儀式、コーヒーを買い求め登山口に向かいます。予定では3時から山歩き開始でしたが遅れているためいつもの駐車場には向かわず林道路肩に駐車することにした。

                                   記
【山 名】彦岳 639m  
【山行者】 単独
【山行コース】林道路肩P(3:25)~彦岳(4:20/5:45)~林道路肩P(6:25)
【行動時間】3時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
林道路肩に車を停め3時25分から山歩き開始です。駐車場変更により10分は時間短縮ができるはず。4時30分山頂着を目標に歩きますが、しばらく歩き始めると額と背中に汗が吹き出してきます。今までの低山歩きと違い歩きがいあります。そうそう今日は彦ノ内コースです。

4時20分山頂着です。山頂には心地良い風が吹いていました。外海はまだまだ暗闇の世界ですが、佐伯市の街中は灯りの中でした。
汗にまみれたシャツを脱ぎ、着替えのため半裸になってもいっこうに寒さは感じなくとても気持ちが良い夜明け前でした。もちろん夜明け前のコーヒーを飲む時間の余裕はありましたが、日の出の方角を見ると今日も厚い雲に被われ結果はこの通りでした。
e0272335_10111245.jpg
赤い陽が雲の合い間から覗かせてきました。
e0272335_10112358.jpg
雲の変化が少し見られ陽が大きくなりだしましたが、これ以上の変化は見られませんでした・
e0272335_10113429.jpg
最後の日の出の状況はこのとおりです。燦々と輝く日の出はまたお預けとなりました。
e0272335_10503021.jpg
佐伯湾に浮かんでいる島は大入島です。
e0272335_10115439.jpg
彦岳山頂です。

《一口メモ》
 天気予報の曇と傘マークを気にしながらの朝駆けであったが、無事5日連続の朝駆け訓練を終えることができた。今日の彦岳の訓練で大方の目処がついたので、本番に備え微調整をしながら目標を達成させたい。

以上
2013年7月27日   土曜日   晴れ   

 連続四日目の朝駆け訓練は自宅から車で10分の白石山であった。4日目となると暗闇の中を歩くのも抵抗なく歩けるようになりつつある。もっとも近場で1時間にも満たない所要時間なので楽なのではあるが。これからはもう少し山行時間の長い朝駆けの訓練にシフトしなくてはと思っている。

                      記
【山 名】白石山  
【山行者】 単独
【山行コース】登山口P(4:00)~白石山(4:40/5:10)~登山口P(5:35)
【行動時間】1時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】

 早朝で涼しさは感じるのだが、やはり山路を歩き出すと汗が吹き出してくる。雨上がりなので湿度も高いようである。今日のコースには赤テープがところどころ付けてあり確認も問題なくできた。
山頂に着くと周りは薄暗い闇の世界。海の方は集落の灯と航行している船の灯りが小さく輝いていた。持参した三脚にカメラを取り付け夜明けを待つが今日も空振りだった。
e0272335_8244643.jpg


《一口メモ》

 ご来光の方はさっぱりだが朝駆けの方は徐々に慣れてきたようだ。何ごとも身をもって体験することが力となり自信が付いてくる。目標の由布岳朝駆けに向けてさらに訓練訓練。

以上

 
2013年7月26日 金曜日

 昨日食事中だったコガネクモを今朝観察すると大きな糸玉は影も形も存在していなかった。一晩で食べつくしてしまったようです。
e0272335_1544186.jpg

昨日、食事中の画像です
e0272335_1553875.jpg

コガネクモの食事が気になり、花に止まっていたカマキリを捕まえて蜘蛛の巣に放り投げてみると、このようになりました。(7/26 AM10:30)
e0272335_1514426.jpg
コガネクモとカマキリの位置。
e0272335_15142273.jpg
クモのエバにかかったカマキリ。

《一口メモ》
カマキリが脱出できるのか糸玉となるのか興味津津です。蜘蛛の生態を少し調べてみましたが、蜘蛛の世界では雄と雌の体が圧倒的に違います。もちろん雌の方が大きいです。鳥の世界では雄の方がとても綺麗ですよね。

その後の経過観察 ①  16:00
e0272335_17382739.jpg

蜘蛛が糸にかかったカマキリを捕える瞬間を見ることができた。それは一瞬の出来事、まず獲物に気づいた蜘蛛はあっと言う間にカマキリを捕まえ、お尻からネバネバした糸を出しカマキリを足で回転させ包み込んでしまった。僅か数秒の出来事に生物の神秘さを感じた。

その後の経過観察 ②  18:10
e0272335_18183422.jpg

蜘蛛の生活は逆さまで暮らしています。食事も逆さまでした。2時間後の様子ですがカマキリの半分は食べ尽くされていた。逆さまでもお腹に入って行くようです。体の仕組みはどうなっているのでしょう。不思議でなりません。
不思議といえば朝駆けの時に、ランプの光線が地面に当たると赤く反射する物体を度々見ました。なんと蜘蛛の目が光っているのでした。
2013年7月26日   金曜日   晴れ後一時雨   
 
 朝駆け訓練三日目、今日も近くの三角台を歩くことにした。起床時間が3時半やゃ体がだるい感じであったが服を着替えると山歩きモードに変身です。ヘッドランプを灯し暗闇の中を歩くのも徐々に慣れつつある。近場の低山歩きなので心に余裕があるのが心強い。

                             記
【山 名】三角台&龍王山   
【山行者】 単独
【山行コース】登山口P(4:05)~三角台(4:35/5:15)~龍王山(5:30)~登山口P(5:55)
【行動時間】1時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
 今日もセブンイレブンに寄り、ホットコーヒーLサイズ一杯をボトルに移していると、私がヘッドランプを着用していたので、お客様から声が掛かってきた。お話をしていると三角台の登山ルートを管理されている方だった。そう言えば一度お会いしている方だった。
今日の三角台は総合運動公園からのスタート。最初から階段を登り詰めていくので汗がじわじわと吹き出す。案内板通り30分で三角台到着です。ところどころにロープが張られており道迷いの心配一切ありません。山頂はまだ薄暗く海を見るとフェリーの灯が見え臼杵港に入港中でした。
e0272335_13442729.jpg

汗で濡れた衣服を脱ぎ上半身裸になると暑くもなく寒くもなく心地良い気分になりました。汗を拭き取り着衣してコーヒータイムです。水平線は今日も厚い雲で日の出の気配さえ感じられない状況でした。
e0272335_13462388.jpg

5時15分に山頂を離れ龍王山経由で登山口Pに戻り途中で、下山中のお方にご挨拶すると昨日お会いした方でした。山の取り持つ縁は楽しいものですね。

《一口メモ》

 朝駆け時のよっちゃんさんからのワンポイントアドバイス。
1、朝露対策、靴の中に水が溜まることがある。
2、カメラの三脚は必携。
大変参考になりました。早速に実行致します。

以上 
2013年7月25日  木曜日

 午前3時50分自宅発、今日も朝駆け訓練で里山の龍王山へ。途中コンビニにてコーヒーを買い求める。山行時のワンパターンとなってしまった。午前4時30分山頂着。汗で濡れた衣服の着替えをおこないコーヒータイム中に地元の方が登ってこられた。しばし会話していると昨日山頂の草刈をおこなったとのこと。本当にありがたいですね。
空を見上げると月が燦々と輝いていましたが、水辺線は今日も厚い雲で日の出は空振りでした。5時20分に下山です。
e0272335_18323961.jpg


午前6時過ぎから朝食の準備、歩いたあとの味噌汁はとても美味しかったです。さて、今日の行動予定はおばあちゃんのお薬の予約、散髪、図書館等です。

9時過ぎに病院へ、その後、散髪屋さんへ行くがお客さんがすでに2名、私の散髪は10時30分からでした。約1時間の待ち時間を利用してバイクロード約20km走り、予定通り散髪を済ませ午前の部終了です。

午後からは図書館へ本の返却です。そして、今日借りた本は非常に珍しく経済の本を借りました。
e0272335_18522110.jpg


夕方水やりを行なっていたら女郎蜘蛛がカマキリを捕食していました。午前中は獲物にありつけていませんでしたが大物を射止めていました。
e0272335_18562028.jpg


なんやかんやと動き回っていたら一日があっと言う間に過ぎていきます。時間よ止まれと叫びたいぐらいです。でも朝駆けの訓練ができたことで良としましょう。

以上
2013年7月24日   水曜日   晴れ   

 最近、由布岳・中岳のご来光をブログで拝見し到く感動、そして心が揺れ動きだした。これは一度は体験しないと話にならないと思い、先ずは近場の鎮南山に朝駆け訓練に出かける事にした。

                                記
【山 名】塔の尾山&鎮南山  
【山行者】 単独
【山行コース】登山口P(3:35)~塔の尾山(4:15/5:20)~ 鎮南山~山庵寺(6:10/6:15)~登山口P(6:55)
【行動時間】3時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
昨晩までは津久見の彦岳にと思っていたが、起床したら鎮南山に変更する。自宅を3時15分に出発、途中セブンイレブンによりコーヒーを買って登山口に向かう。準備を終え3時35分に出発。空を見上げると満月が輝いていた。

高架橋を渡るとなんと車が1台駐車してありました。すでに出発されているようでした。山路に入ると風の音は聞こえてきますが心地良い風は届かず汗ばんできます。足元に注意しながら歩き進むと3合目の分岐点付近で先行者のお方に会いました。少しばかり会話をさせていただくと、なんと年間300日以上鎮南山に登っておられるとの事。72歳の男性でした。

今日のご来光は塔の尾山ですが早く着きたいので先を進ませてもらいました。ヘッドランプの照明でなんら問題なく歩くことができましした。ザックの中はカメラ2台、555mlの水1本、コーヒー、衣服と軽目、集中して歩いた為か40分で塔の尾山着でした。

先ずは祠にお参りを済ませ、汗に濡れた衣服を着替えます。生温かい風で寒さは感じませんでした。静寂の中に浮かび上がる臼杵市街地には灯りがかがやていました。
e0272335_10135914.jpg

e0272335_10462433.jpg


塔の尾山で一息ついていたら先程のお方が到着されました。会話を終えると山庵寺に向かわれました。日の出は5時30分あたりと教えて頂きました。時分は5時15分頃と思っていましたのでのんびりと移り行く光景を見るのですが、どうも雲に被われて今一つ期待できそうにない雰囲気でした。
e0272335_10591576.jpg


5時を過ぎると日の出の方向がはっきりしてきましたが、水平線には厚い雲が立ち込めています。
e0272335_113725.jpg


すでに日の出は確認できるのですが、これが限界のようです。水辺線に浮かぶご来光は拝めませんでした。
e0272335_1171840.jpg


最後の1枚を撮り、朝駆けは終わりです。片付けを済ませ鎮南山に向かいました。
e0272335_1110276.jpg


すっかり夜が明けて帰路は普通の山歩きに戻り山庵寺に向かいました。6時10分記帳を済ませると男性登山者の方が1名到着されました。下山時6名のお方とすれ違いです。この時間帯に登られる方が意外に多いのにビックリです。

今日の朝駆けは不発でしたが、もう少し訓練し由布岳あたりを挑戦したいと思っているところです。

以上
2013年7月23日  火曜日

 貝塚の新芽が伸び始め、不揃いになったので剪定をしなくてはと思いつつ、今日やっと重い腰を上げた。午前中は所要で出かけていたので午後の一番暑い盛りで汗でびっしょり。お蔭で少しは見られるようになった。

1、貝塚の剪定
剪定前
e0272335_19225425.jpg
部分的に見るとこのような状態です。
e0272335_19222375.jpg
やっぱし見栄えが悪いですね。
 
剪定後
e0272335_19243836.jpg
これで暫くは安心です。年内にもう一度剪定しないといけないかもしれませんね。

2、真夏の花
e0272335_19345821.jpg
我が家で一番元気な白粉花。毎日沢山の花を咲かせてくれます。
e0272335_19374078.jpg
鉢植えのメランポジュームも夏に強い花。毎日の水遣りが欠かせません。
e0272335_1941507.jpg
我が家の夏にはルドベキアは貴重な花です。
e0272335_19433276.jpg
”朝顔につるべ取られてもらい水”句の嗜みはありませんが余りにも有名なので浮かんできました。
e0272335_19482460.jpg
ショウジョウソウが咲き始めたように見えますが、赤い部分は良く見ると葉っぱです。
e0272335_19503362.jpg
時期外れの梔子の花。一度葉っぱが全部食べられてしまいこの時期の開花となりました。

3、女郎蜘蛛
e0272335_19534186.jpg
獲物がかかるのを忍耐強く待っています。毎朝見ますが待つことが仕事のようです。蜘蛛の世界も不思議ですね。

《一口メモ》
 マリーゴールドの葉っぱが元気がありません。良く見ると小さなバッタの餌になっていました。独特な匂いにある葉っぱを好んで食べる昆虫がいるものですね。確かナメクジも食べていたような記憶が。マリーゴールドの葉っぱは昆虫にはおご馳走みたいです。

以上