<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


読めなかった漢字、花木・木実編

2012年7月31日  火曜日

    花には興味があるが漢字はさっぱり読めない。
   平治岳山行中にトリカブトを初めて見たときは感動したがこのような漢字とは?   


花木草色編

①紫雲英      しうんげと読む      正解はゲンゲ
②鴛鴦菊      おしどりぎくと読む    正解はトリカブト
③酢漿草      ほおづきと読む      正解はカタバミ
④車前草      はこべと読む       正解はオオバコ
⑤狗尾草      ぐびそうと読む      正解はエノコログサ
⑥靫葛       さるかづらと読む     正解はウツボカヅラ

花実木実編

⑦桜桃        おうとうと読む       正解はサクランボ
⑧椪柑       名前が浮かばず      正解はポンカン
⑨棗         なつめぐと読む      正解はナツメ
⑩毬栗       名前が浮かばず      正解はイガグリ
⑪通草       名前が浮かばず      正解はアケビ

《一口メモ》

 ゲンゲ(紫雲英、翹揺、学名 Astragalus sinicus)はマメ科ゲンゲ属に分類される越年草 。
 中国原産。レンゲソウ(蓮華草)は知っているのにあきらかに勉強不足。
 木通(アケビ)は山で見かけるのに通草は知識不足。

e0272335_10115869.jpg

                        ウツボカヅラ                                                           
                                                          了

by tinnan1515 | 2012-07-31 10:21 | 漢字 | Comments(0)

夏の元越山~空の公園縦走!

2012年7月29日  日曜日  晴れ

   真夏の元越山縦走を計画した。暑さを予想して早朝歩きで
  あったが元越山はまでは全くの無風と蒸し蒸しで体から汗が
  吹き出す。尾根歩きは思いの外暑さは感じなかっが、車道歩
  きの暑さには体力消耗。真夏の縦走は厳しいものがあった。

                             記

【山行名】 元越山581.5m&色利山552.3m&仁田尾491.7m&
       石鎚山486.2m 
【山行者】 1名
【山行コース】 色利P 5:35~五合目6:15 ~元越山7:00/7:20~
         色利山8:13~仁田尾8:50~石鎚山9:45 /10:00~
         空の公園P10:32 /10:52~色利P12:25
【行動時間】 6時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】  
e0272335_21334242.jpg

  第一展望台からの色利地区の風景
e0272335_21362069.jpg

  第二展望台からの日の出と穏やかな湾。
e0272335_21393888.jpg

  第三展望台からの光景。
e0272335_2144347.jpg

  第四展望台からの光景。ガスが発生してきました。
e0272335_2146558.jpg

  第五展望台からの光景。視界が悪くなりました。
e0272335_21482490.jpg

  元越山山頂では大分市内の男性二名の方がキャンプされていた。
  山頂からご来光が素晴らしかったそうだ。
e0272335_21531111.jpg
 
  360度の光景はガスで期待はずれでした。
e0272335_21561636.jpg
 
  空の公園縦走路を歩きます。
e0272335_2157988.jpg

  心地良い縦走路歩きです。
e0272335_21583023.jpg

   色利山です。ここまで花には出会えませんでした。 
e0272335_2212438.jpg
 
  シロオニタケの幼菌。カサに錘状のイボを密生する。 有毒。
e0272335_2225453.jpg

   今回初めて確認した仁田尾。
e0272335_2263936.jpg

   石鎚山の標識。山頂からの光景は?。
e0272335_2282194.jpg

   白い雲がポッカリ浮かんでいます。今日の海は霞んでいます。
e0272335_22161232.jpg

   今日初めての出会いです。ヒオウギ
e0272335_22185214.jpg

e0272335_22184440.jpg

   色合いが素敵でした。
e0272335_22222694.jpg

   空の公園~元越山縦走路  7.6km
e0272335_22274330.jpg

   釣りバカ日誌の19のロケ地

(これより車道歩き、路傍に咲く花)
e0272335_22374178.jpg

  タカサゴユリが咲いていました。自宅のタカサゴユリはまだ蕾も出てきていないのに。
e0272335_22394040.jpg

   五つの蕾が開花待ちでした。
e0272335_22422536.jpg

   花の名前はタイトゴメ?
e0272335_22432626.jpg

   上の花の群生です。 
e0272335_22465350.jpg

   この花の名前も分かりません。
e0272335_224972.jpg

   海の風景を一つ。
e0272335_22511161.jpg

   木に咲く花。クサギ。
e0272335_22524286.jpg

   葉っぱが大きい木です。
e0272335_22541021.jpg

   蔓性植物。よく見ると可愛いですね。
e0272335_22562440.jpg

   花がビッシリ。
e0272335_22585311.jpg
  
   ?
e0272335_22591510.jpg
 
   ?
e0272335_231680.jpg
 
   ?
e0272335_2321892.jpg

   山いちじく。
e0272335_2361344.jpg

   山いちじくの花。
e0272335_891031.jpg

   ヤブラン。
e0272335_8405196.jpg

   ランタナ。
e0272335_2375557.jpg

   浜木綿の甘い香りが素敵でした。
e0272335_2392788.jpg
 
   ピンクの印度浜木綿?
e0272335_2395967.jpg

   このような葉っぱでした。
e0272335_23121244.jpg

   ?
e0272335_23175181.jpg

   栗もこんなに大きく成長していました。
e0272335_23191345.jpg

   槙の実
e0272335_23204752.jpg

   とうわた (唐綿 アスクレピアス)。
e0272335_23212215.jpg
 
  畑を占領しています。 

(車の破損)
 高速道を走行中、鹿と激突。正面に鹿の毛が食い込む。
 大きなドーンと云う衝撃音に吃驚。一車線の為、進路変更もできず
 あっという間の激突であった。鹿がどうなったかわからないが、私の
 損害も大きい。
e0272335_2323112.jpg
 
   正面。
e0272335_23234289.jpg

   側面。
   
《一口メモ》  

   真夏の元越山縦走もハードだったが、車の破損事故にダメージを
   受ける。一般道では鹿とよく遭遇するが高速道では初めてであっ
   た。これを教訓に高速道の運転に留意すること。
                                                   

                                                   了
  
 

by tinnan1515 | 2012-07-30 00:03 | 山歩き | Comments(8)

読めなかった漢字、木樹林森&花葩芳樹編!

2012年7月27日  金曜日

  花には興味があるのだが花の漢字となるとなかなか読めない。
  先ず花の名前を覚えることが大事なようである。

                  記

木樹林森&花葩芳樹編
①山毛欅      けやきと読む          正解はブナ
②楊梅       ようばいと読む         正解はヤマモモ
③椴松       だんまつと読む        正解はトドマツ
④海石榴      ざくろと読む           正解はツバキ
⑤満点星     名前が浮かばず        正解はドウダンツツジ
⑥金鳳花     名前が浮かばず        正解はキンポウゲ
⑦罌粟       ひなげしと読む         正解はケシ
⑧金雀児      名前が浮かばず        正解はエニシダ
⑨沢瀉       名前が浮かばず        正解はオモダカ 
⑩金縷梅      名前が浮かばず        正解はマンサク

《一口メモ》

  海石榴の字をつばきと読むのですね。勉強が足りません。  

e0272335_1357162.jpg
キンポウゲはこのような花でした。
e0272335_13543433.jpg

万作は知っていたが金縷梅(マンサク)と読むのですね。 
  

                                                     了

by tinnan1515 | 2012-07-27 14:25 | 漢字 | Comments(2)

涌蓋山でキスゲに大満足!

2012年7月25日  水曜日    晴れ

    涌蓋山に咲くキスゲを見たくて八丁原・登山口より山歩き開始。最初はピストンを
   予定していたが、下山中ミソコブシ山の手前から疥癬湯コースに変更し周回コース
   の歩きとなった。疥癬湯コースは初めての歩きであった。


                        記
   

【山行名】 一目山1287.4m&ミソコブシ山1296m&涌蓋山1500m 
【山行者】 1名
【山行コース】 八丁原・登山口 6:35~一目山6:55/7:05 ~ミソコブシ山8:05
          ~涌蓋山9:45 /10:25~疥癬湯登山口12:00~車道歩き~
          八丁原・登山口12:50
【行動時間】 6時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】  
e0272335_21372552.jpg

  路肩スペースに駐車し、一目山・涌蓋山を目指します。
e0272335_2142054.jpg

  一目山の容姿です。朝露で足元が濡れました。
e0272335_21442381.jpg

  一目山手前からの森林スキー公園です。
e0272335_2146374.jpg

  山頂周辺には数多の花が咲いていました。テリハアカショウマ。
e0272335_2150484.jpg

  ぽっかり浮かんだ雲に顔を出した阿蘇山&根子岳。コバギボウシが沢山咲い
  ていました。
e0272335_2223020.jpg

  涌蓋山の方向は青空です。こちらにもコバギボウシです。
e0272335_2245254.jpg
 
  一目山山頂からの涌蓋山です。随分遠くに見えますが目指すは涌蓋山です。
  素晴らしい青空と夏山です。   
e0272335_228481.jpg

  風力発電です。この地域には地熱発電もあります。
  原子力発電をどう思うか。将来的にはゼロにする方向に考えが傾いています。

(一目山下山コースはお花畑)
e0272335_22173849.jpg

  コバギボウシをアップで撮ったみました。
e0272335_22182658.jpg

  あちこちに群生していました。とにかくこの斜面はお花が多いです。
e0272335_22193974.jpg

  ノハナショウブの色が鮮やかです。存在感を発揮していました。
e0272335_22202139.jpg

  ピンクの色がとても素晴らしい。花の名前は?
e0272335_22205555.jpg

  このテリハアカショウマ容姿が魅力的でした。  
e0272335_22212285.jpg

 カヤの中に三種類の花が寄り添って咲いていました。オカトラノオ、?、?。  
e0272335_22243576.jpg

 ハンカイソウ、由布岳で見るはずだったが一目山で初見参。
e0272335_22223698.jpg

 涌蓋山をバックにしてもう一枚、ハンカイソウのテッペンに蝶が止まりました。

(涌蓋山を目指して)
e0272335_22255398.jpg

 涌蓋山の登山道を進んで行きます。次のピークはミソコブシ山です。
e0272335_2226352.jpg

 ウツボグサもまだまだ健在でした。名前の通り生命力が強そうです。 
e0272335_2227068.jpg

 手前のピークがミソコブシ山、奥が最終目的地の涌蓋山。
 大分県側からは玖珠富士、熊本県側からは小国富士と呼ばれているそうです。
e0272335_22273590.jpg

  二つ目のピーク、ミソコブシ山が目前に迫ってきました。 
e0272335_2228483.jpg

  ミソコブシ山の山頂から眺めた涌蓋山です。手前のピークは女岳?。  
e0272335_22285322.jpg

  ここからキスゲがあちこちに見られるようになりました。
  キツネノカミソリのように群生はしないようですね。
e0272335_22295634.jpg

  この花は真新しい感じでした。 
e0272335_22304351.jpg

  涌蓋山を背景に記念撮影です。
e0272335_22314333.jpg

  アップで花の中を覗いてみました。
e0272335_17361487.jpg

  この花はオトギリソウでしょうか。小さな花でした。
e0272335_17395479.jpg

  涌蓋山を目指します。この時点で筋湯温泉に下山すとは考えていませんでした。
e0272335_17422227.jpg

  この森に入ると涼しさとヒグラシの鳴き声に癒されました。
e0272335_1751439.jpg

  ウスバキトンボ。このとんぼの大群を涌蓋山の山頂でみるとは想像もしなかった。
e0272335_1755594.jpg
 
  クマザサの中にひっそりと咲いていました。何度見ても飽きません。
e0272335_17562362.jpg
 
  シライトソウも一人で孤独に耐えていました。
e0272335_180838.jpg
 
  標柱が立ててあるピークが女岳?。涌蓋山まで後一息です。
e0272335_18245965.jpg

   ガクウツギ?涌蓋山を背景に一枚。
e0272335_18405857.jpg

   アップで確認してみると、花はどれなんでしょうね。? 
e0272335_18433344.jpg

   立ち姿が凛々しいコバギボウシ。本日一番お気に入りのコバギボウシでした。
e0272335_1845613.jpg

   華麗な花ですね。淡い紫がとても素敵でした。 
e0272335_1848226.jpg
 
   涌蓋山を背景に記念撮影。 
e0272335_1849453.jpg

  ノハナショウブ、とても綺麗なのでもう一枚パチリ。
e0272335_18583257.jpg

  イヨフウロ、なんとも言えない色具合。花の虜になりそうです。
e0272335_1904763.jpg

  撮影中に蜜蜂が食事にやってきました。
e0272335_1913930.jpg

  蜜蜂の食事が終わると次は小さな昆虫がやってきました。 
e0272335_1963783.jpg

  テリハアカショウマがいっぱい咲いていました。
e0272335_1984774.jpg

  涌蓋山の山頂(1500m)、道草が多くやっと山頂に到着、9:45。
e0272335_19111411.jpg

  九重山系は残念ながら雲に隠れていました。
e0272335_19163544.jpg

  山頂で今日一番のキスゲに出会い最高でした。
e0272335_19145346.jpg

  キスゲの横顔を一枚、パチリ。
e0272335_19473565.jpg

 ウスバキトンボの大群。黒い小さな点々はトンボです。

(下山道にて)
e0272335_19535338.jpg

   小さな蕾のピンク色も綺麗です。?
e0272335_19541696.jpg

   蕾が開くと綿毛のような花
e0272335_217680.jpg

   キスゲの蕾も存在感ありました。
e0272335_19543227.jpg

   どのような花が咲くのでしょうか。 ?
e0272335_1955377.jpg

  野アザミ、色がとても鮮やかでした。
e0272335_19552986.jpg

  小さなオカトラノオでした。

(ひぜん湯コースを下山し周回となります)
e0272335_19573942.jpg

  ひぜん湯コースを歩いてみたくなり、ミソコブシ山を目前に周回コースで
  下山することにしました。
e0272335_202475.jpg
  
  九重山系の山々はまだガスに隠れていました。
e0272335_2035138.jpg
 
  筋湯温泉街の光景です。この温泉街に辿り着くはずです。
e0272335_2063585.jpg

  ひぜんの湯涌蓋山登山口&駐車場です。
e0272335_2085860.jpg
 
  登山口の標識と注意事項です。
e0272335_20101918.jpg

  路傍にウバユリが咲いています。
e0272335_2015091.jpg

  山間の紫陽花はまだまだ見頃でした。

(車道歩きから)
e0272335_20161432.jpg

  アソノコギリソウが路傍に咲いています。
e0272335_20165895.jpg

  クサフジも同じアソノコギリソウの近くに咲いていました。 
e0272335_20175796.jpg

  ?
e0272335_20262471.jpg

  筋湯温泉は日本一のうたせ湯が有名ですよね。
  若い時分は時たまに行っていました。
e0272335_20292357.jpg
 
  筋湯温泉からの歩きは登りになります。道路からの熱気は容赦なく体力を奪って
  いきます。立ち止まりちょっと休憩。
e0272335_20322980.jpg

  八丁原地熱発電所の看板です。
e0272335_2034935.jpg

  地熱発電所の見学もできるようです。
  原発に代わる発電がこの界隈に二つありました。電力会社はこのような発電所を
  さらに展開するべきではないでしょうか。住民の安全が一番です。
  もうまもなく駐車場です。
e0272335_20413269.jpg

e0272335_2042043.jpg

  本日最後の花はママコナでした。

《一口感想》
   
   涌蓋山で見たかったキスゲに出会えて楽しい山歩きとなった。また、花の多さに
   吃驚、また、初めて見る花もあり喜びも倍増でした。
   当初はピストン歩きを予定していたが、初のひぜん湯コースは新鮮さと冒険心も
   楽しめた。
   周回コースの車道歩きも地熱発電所前を歩き、原発問題を再度考える一因となり
   ました。

                                                           
                                                           

                                                        了   
   
 

   

                              

by tinnan1515 | 2012-07-25 22:33 | 山歩き | Comments(8)

山路に咲く花&めだか

2012年7月24日  火曜日  晴れ

 
  梅雨が明けた途端に太陽の陽射しが強くなる。
 今日は青空の下、自転車ロード練習に出かけたが道路から立ち上がる熱気で
 汗ばみ 額から汗がしたたり落ちる。平坦な道路は心地よいのだが山道の上り
 となると暑い、きついでバテバテになりそうであったが、峠間近に咲いていた
 コオニユリで一息つくことができた。

                         記
1、コオニユリ
e0272335_18305943.jpg

  藪から顔を出している三人娘、、同時に開花しそうです。
e0272335_18315846.jpg

  天に向かって一直線に伸びていました。開花は下の蕾から順番ですね。
e0272335_1848698.jpg

   一人娘
e0272335_18491428.jpg
 
   一人娘
e0272335_18502839.jpg
 
   二人娘、
e0272335_18511028.jpg

   三人娘
e0272335_19451774.jpg
 
   青空向かって咲くコオニユリ。   

2、山ごぼう
e0272335_1855369.jpg

  山ごぼうの花がほんの少し残っています。
e0272335_18574111.jpg

  こちらの房は実がかなり成長しています。
e0272335_18592797.jpg
 
  この房は熟していました。
e0272335_1902333.jpg
 
  大きなやまごぼう、沢山の実を付けています。

3、めだか屋さん
e0272335_1935666.jpg
 
  JR佐志生駅付近を走っているとめだか屋さんを発見。中野メダカファームさんです。
  RKB毎日放送の取材を受けたチラシが貼付されていました。
e0272335_1943460.jpg

  沢山のめだかが飼育されていました。 
e0272335_195355.jpg
 
  この容器に飼育されている白めだか5匹&赤めだか5匹を購入しました。
  1匹 50円
e0272335_1985287.jpg
 
  自宅の水槽に移しました。どんこがいますよ。 
e0272335_199873.jpg
 
  水温を一定にするためポリ袋を30分間この水槽に漬けました。 

《一口メモ》

    山路でのコオニユリとの出会いと、思いがけない中野メダカファームさんの
    発見で暑さも忘れる。
    小さな発見は心を和ませてくれる。出会い、発見を求めての小さな旅は楽しい。

                                                       了
     

by tinnan1515 | 2012-07-24 20:09 | 花散策 | Comments(6)

土用の丑の日には少し早いが!

2012年7月23日  月曜日

 土用の丑の日には少し早いが、うなぎを食べに市内にあるうなぎ屋さん(福寿)に
夕食時に出掛けました。(7月22日、日曜日)
昨今のうなぎの高騰には驚くばかりであるが、やはり好物のうなぎは食べてみたい。 

                         記

e0272335_1532746.jpg

 市内にあるうなぎ料理店は4店舗、その中の1店舗”福寿”静かな佇まいが
 私のお気に入り。
e0272335_1563944.jpg

 今日迎えてくれたお花はキンシバイ。
e0272335_15951.jpg

 本日の注文したメニューは肝吸い付うな重です。赤いお椀が肝吸い。
e0272335_15113769.jpg

 うなぎは鹿児島産、お重敷きつめられたうなぎ、まるごと1匹。
e0272335_15142435.jpg

 肝吸いは無色、お椀が黒くてうまく撮れませんでした。
e0272335_15161664.jpg

 一品料理のもずくを別注しました。

 《一口メモ》
 
    うなぎ料理は日本人の好きな料理ランキングベスト20にも入っていないが
    その理由は家庭料理からかけ離れたメニューであるがためか、値段が
    高いためか。たしかに毎月となるとこれは敬遠せざるおえない。せいぜい
    記念日とか行事で食べることしか出来そうにない昨今である。
    さて、今日食べた感想であるがうなぎとご飯の量に大満足。もちろん味も
    よく美味しく頂きました。
    料理もポイントですがお店の雰囲気が私好みで楽しい夕食でした。

                                                       了

by tinnan1515 | 2012-07-23 15:54 | 食べ歩き | Comments(2)

朝顔が一輪咲きました!

2012年7月22日  日曜日  曇りのち晴れ

   真夏が近づくにつれ花が少しずつ減少していく。
  そんな中、朝顔が一輪咲きました。ブルベリーも初収穫でした。

                  記
1、緑のエコカーテン
e0272335_15441559.jpg

  種から育てた朝顔が漸く一輪咲いてくれました。
  つぼみも出てるのでこれから楽しみです。
e0272335_15515812.jpg

  朝顔のエコカーテンです。まだまだカーテンにはほど遠いですね。
e0272335_166158.jpg

  ゴーヤーのエコカーテンは期待はずれみたいです。

2、ブルーベリー初収穫
e0272335_1692217.jpg

  いつの間にやら色づいていました。
e0272335_1694540.jpg

  本日の収穫は11個、甘酸っぱいブルーベリーを食べました。

3、花
e0272335_16134787.jpg

  ミニダリア、まだまだ元気良く咲いてくれます。
e0272335_1615567.jpg

  香りにつられ朝から蜜蜂が訪問していました。
e0272335_16152489.jpg

  ひとり生えのオシロイバナがこんなに大きく成長しています。

《一口メモ》
  
朝顔を詠んだ俳句を調べてみた。

   朝貌や惚れた女も二三日          夏目漱石
   朝がほや一輪深き淵のいろ         与謝蕪村
   朝顔に つるべ取られて もらい水      千代女

                                                  了

by tinnan1515 | 2012-07-22 16:39 | 趣味の園芸 | Comments(2)

山の本を借りました!

2012年7月22日   日曜日

   雨の日が多く、読書時間が長く取れ珍しく3冊読み上げた。図書館に通う間隔も
  せばまり、本のジャンルも僅かながら広がり始めて来た。

1、借りた本 ( 2012年7月21日   土曜日)

①日本語を使う日々    吉田戦車 著
②初代竹内洋岳に聞く   塩野米松 著
e0272335_1514731.jpg

●吉田戦車さんは漫画家、初めての出会いです。タイトルに惹かれ借りました。
●竹内洋岳(ひろたか)氏は8000m峰の山12座登頂(2010年3月現在)。
e0272335_15111290.jpg

●図書館からの帰りに撮影したサボテンの花(大町時計店さん宅にて)。
 この花は一日で萎んでしまうので良いタイミングでした。

2、読書進捗状況

2012年7月22日   日曜日
①熱い手紙     完読
2012年7月21日   土曜日
①熱い手紙     継続中 
2012年7月20日   金曜日
①熱い手紙     継続中 
2012年7月19日   木曜日
①熱い手紙     読書開始
2012年7月18日   水曜日
①空と山のあいだ  完読
2012年7月17日   火曜日
①空と山のあいだ   読書開始
2012年7月16日   月曜日
①大震災を生き抜くための食事学  完読
2012年7月15日   日曜日   
①大震災を生き抜くための食事学  読書開始

《一口感想》
  ”熱い手紙より”抜粋文
 人間が人間に及ぼす影響のなかで、もっとも深い部分を揺り動かすのは、友情や
 信頼、無償無私の行為といった、人間の美質である。
 私はこの文章で”人間の美質”という言葉に出会えて心が揺り動かされた。

                                                       了

by tinnan1515 | 2012-07-22 15:37 | 読書日記 | Comments(0)

読めなかった漢字  哺乳類に爬虫類! 

2012年7月21日  土曜日

 今日から夏休み、近くの神社からワシワシワシとクマゼミの鳴声が聴こえてくる。
空はどんよりとした曇り空で蒸し暑い。机に向かうのも億劫な気分だが挑戦、挑戦。

                      
                     記

1、哺乳類に爬虫類

①冬眠鼠  名前前が浮かばず    正解はヤマネ
②熊猫   名前が浮かばず     正解はパンダ
③樹懶   名前が浮かばず     正解はナマケモノ
④猩猩   名前が浮かばず     正解はショウジョウ
⑤鼈     名前が浮かばず     正解はスッポン
⑥玳瑁   名前が浮かばず     正解はタイマイ
⑦狒狒   名前が浮かばず     正解はヒヒ
⑧箆鹿   名前が浮かばず     正解はヘラジカ
⑨浣熊   名前が浮かばず     正解はアライグマ 

《一口メモ》

 パンダの赤ちゃんが亡くなり残念でありました。記憶に新しいので熊猫は覚えられました。
浣熊は祖母山の熊騒動にかこつけて覚えなくては。
e0272335_94747.jpg

                           浣熊

                                                        了

by tinnan1515 | 2012-07-21 09:09 | 漢字 | Comments(0)

読めなかった漢字、昆虫と両生類、爬虫類

2012年7月20日  金曜日

    てんとう虫だけでも天道虫・紅娘・瓢虫と3つもの漢字があり、漢字の奥深さを
   あらためて認識する次第である。
    

                       記
                         
                         

1、昆虫と両生類、爬虫類

①浮塵子   みじんこと読む        正解はウンカ
②壁蝨     しらみと読む         正解はダニ
③瓢虫    名前が浮かばず       正解はテントウムシ
④椿象    名前が浮かばず       正解はカメムシ
⑤蜈蚣    名前が浮かばず       正解はムカデ
⑥天牛    名前が浮かばず       正解はカミキリムシ
⑦邯鄲    名前が浮かばず       正解はカンタン
⑧蟾蜍    名前が浮かばず       正解はヒキガエル
⑨蟒蛇    名前が浮かばず       正解はウワバミ 
⑩蜉蝣    名前が浮かばず       正解はカゲロウ 
⑪蝦蟇    がまがえると読む       正解はガマ 

《一口メモ》

  邯鄲の夢(かんたんのゆめ)と読めるのだが、まさか邯鄲と言う呼び名の昆虫が
  存在しているとは。
  因みに邯鄲の夢とは人の世の栄枯盛衰は、はかないものであることのたとえ。
e0272335_8165493.jpg

  この昆虫が邯鄲。見たことはありますが名前には興味がありませんでした。

                                                     了

by tinnan1515 | 2012-07-20 08:36 | 漢字 | Comments(0)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー