<   2012年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧


自宅周辺のミニミニ縦走

2012年5月31日  木曜日  雨のち曇り
  平治岳ミヤマキリシマ観賞登山を計画していたが早朝より雨となる。
 午前中に雨はあがり 午後からは薄日がさしてきた。
 本も1冊読み上げたので自宅周辺の低山を歩いてきた。

                記
【山行名】 三角台190.2m&龍王山156m
【山行コース】自宅発12:45~三角台登山口13:20 ~三角台13:47~龍王山14:50/15:00
        ~自宅着15:35
【行動時間】 2時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_16534678.jpg

 熊崎川土手沿いの紫陽花通り。開花間近の様子。
e0272335_16561898.jpg

 開花したばかりの紫陽花。
 6月1日に紫陽花一枝を逆さにぶら下げる事で一年間病気が防げる。
 おまじないご存知でしたか?
e0272335_1741587.jpg

 市民球場です。球場の山際に登山口があります。
e0272335_1754799.jpg

 いろいろな団体様のお蔭で登山道が整備されてきました。
e0272335_17402271.jpg
 
 第一展望台。市内の一部が眺望できます。
e0272335_17413382.jpg

 うすき総合運動公園です。
e0272335_17445589.jpg

 ネジキの花が行儀良く整列して咲いていました。
e0272335_1746187.jpg

 第二展望台です。ここからは海がみえますが、今日は霞んでいまいちの眺めでした。
e0272335_1748363.jpg

 小さな島は津久見島。別称おにぎり島とも呼ばれています。
e0272335_1750174.jpg

  ここから尾根歩きになります。
e0272335_17504583.jpg

  尾根歩き(その1)
e0272335_17513466.jpg
 
   低木のヤマツツジがひっそりと咲いていました。 
e0272335_17514315.jpg

  尾根歩き(その2)
e0272335_17545416.jpg

  三角台頂上190.2m。海の眺めが素晴らしいです。
e0272335_175512100.jpg

  別名、諏訪山とも呼ぶのでしよう。大分の山・登山記執筆者のお名前もありました。
e0272335_1756898.jpg

  津久見島が小さくなりました。
e0272335_1821060.jpg

  次の目的地の龍王山です。下山し集落を通り抜けて登ります。
e0272335_1843100.jpg
 
  下の江、原からの登山コース。今日はここに下山です。
e0272335_1855449.jpg

  畑の枇杷、かなり色づいていました。もう枇杷の季節なんですね。
e0272335_1881764.jpg

  こちらの方角から見る龍王山の容姿は素敵です。
e0272335_1810892.jpg
  
  路傍に咲く花。薄紫の花びらが綺麗でした。お花の名前はタツナミソウ。
e0272335_18112613.jpg

  龍王山への指標です。山の緑は深緑に染まっていました。
e0272335_18141879.jpg
 
  龍王山から眺めた三角台です。残念ながら直登コースがありません。
e0272335_18162611.jpg

  私の散歩コースの龍王山です。桜は青々と生い茂っていました。
e0272335_1820392.jpg

  山帰来の実です。
e0272335_18223881.jpg

  甲羅干し中の亀さんです。現在は一匹ですが多い時は5~6匹の集団で甲羅干しを
  しています。

《一口感想》
  季節が変わると見えるものが変わってくる。そこに新しい発見がある。それがまた楽しい。
  行動しないと何も見えてこない。行動の重要性を感じたミニミニ縦走であった。
                                                         
                                                         
                                                        了
  

by tinnan1515 | 2012-05-31 18:42 | Comments(6)

うすきの山・横岩山&扇平山

2012年5月30日 水曜日  曇り 
 大分の山・登山記に掲載されている横岩山。自宅から車で10数分の所にある山である。
 なかなか足が向かなかったが本日初挑戦する。近くの扇平山も初めての山であった。
                            記
【山行名】 横岩山314m&扇平山351mm
【山行コース】自宅発9:30~横岩山登山口11:30~横岩山11:55~扇平山登山口12:10~
        扇平山12:45 /13:05~車道出合13:40~自宅着15:20
【行動時間】5時間50分(休憩時間含む)
【行動記録】
 
e0272335_2030588.jpg

  車道歩きの途中で出会ったぐみの実。鈴なりのぐみを野鳥が啄んでいました。
e0272335_20324430.jpg

  ピンクの小さな花が綺麗でした。花の名前はコマツナギ。
e0272335_20335857.jpg

  六ヶ迫鉱泉です。炭酸鉱泉を汲みに来る人、飲みに来る人が多いですよ。
  ここから車道の坂道をトンネル手前まで歩きました。
e0272335_20385488.jpg

  車道から林道に入り登山口まで。標識があります。ここから荒れた登山道を
  ひと登りすれば山頂でした。
e0272335_20412932.jpg

  山頂の周囲は木々に囲まれ見晴らしは期待できずすぐに下山です。
e0272335_204312100.jpg

  扇平山の登山道はさらに荒れていました。一部藪こぎ、赤テープを追いながら
  山頂へ。この山も眺望は期待できませんでした。休憩後下山。
e0272335_20471851.jpg

  ナルコユリ。
e0272335_20484075.jpg

  花の名前、ハナミョウガでした。

《一口感想》
  傾・祖母山縦走の疲れも癒えたので体を慣らすために近くの低山に登った。
  今日は登る時間よりも車道歩きの方が長く、やゃ不完全燃焼であったが
  心地よい汗を流しスッキリした。
                                               了

by tinnan1515 | 2012-05-30 21:01 | 山歩き | Comments(2)

趣味の園芸

1、夏の花を植えました。
e0272335_20434837.jpg

 メカルドニアモンフレーム、千日紅、ケイトウ、メランポジウム、ニチニチソウ、
 ショウジョウソウの苗を植える。
e0272335_20442274.jpg

 小さな花畑にはペチニュア、ニチニチソウ、プランタにはメランポジウム
e0272335_20444156.jpg

 プランタに咲き誇るペチュニアです。

2、剪定
e0272335_20571669.jpg

 モチノキの枝が伸び放題
e0272335_2058124.jpg

 剪定後のモチノキ。剪定の心得がないので適当に刈り込む。
e0272335_20584776.jpg

 ついでに新芽が伸びだした貝塚の木の剪定です。

3、最近咲いた花
 
e0272335_2162713.jpg

  サツキ
 
e0272335_2171484.jpg

  クジャクサボテン満開です。
 
e0272335_2114360.jpg
 
  こちらのサボテンの花は撮影が遅れました。

4、園芸とは無関係
e0272335_2118936.jpg

  メダカを眺めるひと時、癒されます。
                                                         了

by tinnan1515 | 2012-05-29 21:25 | 趣味の園芸 | Comments(0)

今日の読書&図書館

読書進捗状況&図書館

2012年5月29日  火曜日
e0272335_20113773.jpg

 今回も三冊借りる。
 曽野綾子さんの本は三連続の借り出し。森本哲郎氏は今回が初めて。

2012年5月29日  火曜日
①「出会い」の不思議:河合隼雄著 完了
②わが家の夕めし:池波正太郎著 読書開始
2012年5月28日  月曜日
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著 完了
②「出会い」の不思議: 河合隼雄著 継続中
2012年5月27日  日曜日
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著 継続中
2012年5月26日  土曜日
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著 継続中
2012年5月22日  火曜日
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著 継続中
2012年5月21日  月曜日
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著 継続中

《一口感想》
 「ほどほど」の効用からの抜粋文
「会う」ということ。その人の生涯が豊かであったかどうかは、その人が、どれだけこの世で「会ったか」によって計られるように私は感じている。人間だけではない。自然や、できごとや、或いはもっと抽象的な魂や精神や思想にふれることだと私は思うのである
 この文章に出会えて嬉しかった。

by tinnan1515 | 2012-05-29 20:35 | 読書日記 | Comments(0)

読めなかった漢字

2012年5月29日 火曜日
読むだけじゃなく、意味も考えよう
①黔首      こんしゅと読む         正解はけんしゅ
②和氏の璧   わしのへきと読む       正解はかしのへき
③盟神探湯   めいじんたんゆと読む     正解はくがたち
④驥足を展ぶ  きそくをころぶと読む     正解はきそくをのぶ
⑤越俎の罪   えっそのつみと読む      正解はおっそのつみ

*読むのも読めないのに意味となると全くわからない。辞書で調べてもその時だけで、
 数日経つともう記憶にない。諦めずに一つづつ身につけて行こう。

                                                              了

by tinnan1515 | 2012-05-29 05:58 | 漢字 | Comments(0)

山旅二泊三日、傾山・祖母山縦走!

2012年5月23日(水曜日)~5月25日(金曜日)
 祖母山・傾山の縦走をいつの日か実現させたいと思いながら2年数ヶ月経過した。
 実行に至るまでは先ずは体力の養成、コースの試走、ボッカ訓練等の諸条件をクリアー
 しながら、今回の傾山・祖母山の完全縦走を計画した。

                              記
1、日程と山行コース
1-1  5月23日(水曜日) 晴れのち曇り
《1日目》   
①健男社~車道歩き~九折登山口~三ツ尾コース~三ツ坊主~傾山~九折小屋(泊)
②健男社 6:05~九折登山口7:05 /7:30~林道出合8:25~上畑・大白谷分岐10:30~
  三ツ坊主&水場コース分岐11:00 /11:20~大白谷&水場分岐13:30/14:00~
  傾山14:45 /15:00~九折小屋16:30
③夕食:FD赤飯、FDうどん、デコポン1個
④初日の感想
 三ツ尾~三ツ坊主コースは数度歩いているが、今回はザックの重みで息絶え絶え、
 特に三ツ坊主からは疲 れ果て足が前に進まなかった。ラストの登りは疲労困憊で
 山頂着が大幅に時間超過。
 九折小屋に16:30に着き初日を終える。登山者との出会いなし。宿泊者自分のみ

1-2  5月24日(木曜日) 晴れのち曇り
《2日目》 
①九折小屋~笠松山~本谷山~古祖母山~障子岳~祖母山~九合目小屋
②九折小屋4:30~笠松山5:45/6:00~本谷山7:25~中間点8:30 /9:05~尾平
  トンネル分岐9:25~展望台10:30~古祖母山11:30 /12:00~障子岳13:20/
  13:30~尾平分岐14:15~祖母山15:50~九合目小屋16:10
③夕食:FD雑炊、FDうどん、鴨肉パック1袋、甘夏缶1個
④二日目の感想
 早朝の出発で午前中は順調だったが古祖母山を過ぎると暑さと疲労で思うように
 足が進まない。ザックの重 みが肩と腰にこたえる。尾平分岐から祖母山頂までは
 よたよた歩き。本日も登山者との出会いなし。無事山小屋着、宿泊者自分一人。

1-3  5月25日(金曜日) 雨
《3日目》  
①九合目小屋5:50~宮原分岐6:40~池の原展望台7:10~八丁越8:30~大障子岩
 9:20/9:30~前障子通過11:30~健男社14:30
②三日目の感想
 本日最終日は早朝より雨、食事を済ませ6時前に山小屋を出る。山の風景は昨日、
 一昨日と状況が一変している。雨と霧で周囲の景色は全然見えない。黙々とスタート
 地点に向かって歩くが何度も滑り転げそうになる。岩場は四つん這いで慎重に進む。
 緊張が緩むとステンコロリンが2回。14時30分に健男社に着く。ここでやっと工事現場
 のお方と会話でき嬉しかった。本日山行者との出会いなし。

2、行動記録
e0272335_17585599.jpg

 道の駅きよかわでトイレ休憩。いつも利用させていただきありがとうございます。
 4時40分、もうこの時間帯で空はしらみかけていた。
e0272335_184674.jpg

 今日からの山旅の記念撮影です。車道歩きの途中にて。
e0272335_185368.jpg

 車道歩きで路肩に咲いているフタリシズカに出会うことができました。下りなので
 まだまだ余裕があります。
e0272335_1873839.jpg

 黄色の花がとても綺麗なのでここでもパチリ。花の名前はジャケツイバラでした。
e0272335_1882110.jpg

 今日は三ツ尾根コース歩きます。
e0272335_18111896.jpg

 観音滝です。
e0272335_18125411.jpg

 大きな樹木に圧倒されます。
e0272335_18142845.jpg

 大白谷コースとの合流地点です。
e0272335_18151848.jpg

 三ツ坊主コースを歩きます。
e0272335_18204722.jpg

 初めての時は手こずりましたが経験を積むと楽に登れるようになりました。
e0272335_18232917.jpg

 本日初のピーク、傾山。時間がさがり眺望のみで山頂を去りました。
e0272335_18264561.jpg

 5月24日 5時30分。傾山の日の出風景です。
e0272335_18293124.jpg

 二日目、最初のピーク笠松山。
e0272335_18315084.jpg

 展望台からの傾山、太陽が眩しいくらい輝いていました。
e0272335_18331577.jpg

 二つ目の本谷山。
e0272335_18354014.jpg

 水場です。暑くて頻繁に水分補給をするためここで飲料水を確保しました。
e0272335_1838381.jpg

 10時30分 祖母山ははるか彼方です。展望台から撮影。
e0272335_18414417.jpg

 三つ目のピーク、古祖母山。30分休憩。
e0272335_18451938.jpg

 シャクナゲの美しさに疲れが吹っ飛びます。色は淡いピンクでした。
e0272335_1848797.jpg

 障子岳、直前の岩場にイワカガミが咲いていました。
e0272335_1850532.jpg

 こちららは可愛い蕾さん達です。
e0272335_18511180.jpg

 岩肌に住んでいるミヤマキリシマ、逞しさに感動!
e0272335_18532093.jpg

 祖母山の山容がだんだんと大きくなってきました。
e0272335_1855619.jpg

 本日四つ目のピーク、障子岳に到着です。
e0272335_1857638.jpg

 ミヤマ公園に咲いていたお花。名前は?
e0272335_18581894.jpg

 祖母山目前です。でもここから苦労しました。
e0272335_1901923.jpg

 長かった縦走路を無事に歩きやっと辿り着きました。感無量です。
 ここから9合目小屋へ。疲れ果て19時就寝。

《一口感想》
 息を切らしながら歩いているときふといろいろなことが一瞬頭をよぎる。家族のこと、
 肉親関係のこと、 会社のこと、過去の出来事、山友さん達のこと、その他いっぱい
 でも一瞬の内に消え去る。
 そして、ここに山歩きができる自分は多くの人たちに支えられていることに思い至る。
 感謝の気持ちを行動に表せないが心の中ではありがとうの感謝の気持ちでいっぱいです。
 と叫びました。


                                                                  了

by tinnan1515 | 2012-05-26 19:22 | 山歩き | Comments(14)

読めなかった漢字

2012年5月21日   月曜日
漢検1級への道  訓編
①努々    つとつとと読む      正解はゆめゆめ
②吝か    けちと読む        正解はやぶさ
③然したる  しかと読む         正解は
④仄々    そくそくと読む       正解はほのぼの
⑤概ね    おもと読む         正解はおおむ
⑥就中    なかんづくと読む     正解はなかんずく
⑦略     そこそこと読む       正解はほぼ
⑧宜なるか  よろしと読む       正解はむべ
⑨頗る    かぶと読む         正解はすこぶ
⑩目眩く   まぶしと読む        正解はめくるめ

《一口感想》
 日常的に目に触れている言葉があるのに読めないままにやり過ごしている。
 その場で辞書を引く習慣を身に付けないと覚えられない。

                                         了

by tinnan1515 | 2012-05-21 16:35 | 漢字 | Comments(2)

佐賀関、関アジ定食

2012年5月20日 日曜日 曇りのち雨

 福岡からの帰路、山渓さんに登山ザックの修理品を受け取りに行く。
その帰り道佐賀関半島を走り吉田会館で夕食を摂る。

                  記
e0272335_85342.jpg

 海岸沿いにある吉田会館の大きな立て看板です。
e0272335_893716.jpg

 吉田会館の建物です。2階からの食事は展望がいいでしょうね。
e0272335_872874.jpg

 入口には大きな関アジ、関サバの暖簾が掛けてあります。
e0272335_8162341.jpg

 店内はテーブルと畳の間で食事ができます。店内から眺める海は素晴らしのですが
 生憎の曇り空で霞んでいました。
e0272335_8213489.jpg

 波打ち際の光景、そして遠くに見えるのは大分臨海工業地帯です。
e0272335_8265596.jpg

 私が注文した関アジ定食のメニューです。
e0272335_8283576.jpg

 お盆に並べられた料理の品々。メインの関アジさしみ7切れ(せこいなあ)
e0272335_83347100.jpg

 本日のサービス品、ほごの唐揚げは別注文です。800円
 淡白な味なのでやゃ濃いめのお出しに付けてたべます。
e0272335_8401783.jpg

 関アジは流石に新鮮で光輝いています。佐賀関の隣りの町に住みながら関アジは
 滅多に食しません。今日は一体どうなっているのだろう? 旨い。
e0272335_846192.jpg

 アジの揚げ物です。
e0272335_8453483.jpg

 フカの湯引き、梅肉たれでさわやかな味を楽しみました。
e0272335_857459.jpg
 
 アジ切り身の和物。食べてみたら美味しかったですよ。
e0272335_859255.jpg

 定食には付き物の茶碗蒸しです。銀杏の実が嬉しいですね。
e0272335_91683.jpg

 お味噌汁もいいですね。日本人で良かった。
e0272335_922393.jpg

 最後は少し甘いデザートで終り。おごちそうさまでした。
 これに果物とコーヒーがあればと思いますが和食ですからね。

《一口感想》
 関アジ、関サバは一本釣りのブランド魚でいつもは眺めるばかり。
 佐賀関は近いのに足は向かない。でも、今日は良かった。
 次はいつになることやら。
                               了
 

 

by tinnan1515 | 2012-05-21 09:23 | 食べ歩き | Comments(6)

九折越から尾平越縦走路を歩く

2012年5月19日  土曜日  晴れ
  今日の目的の一つは健男社駐車場から九折登山口まで歩くことであった。
 この区間を歩くことで部分的な祖母・傾山縦走コースを歩いたことになるからである。
 アケボノツツジで魅了された祖母・傾山系はすっかり様変わり夏山に変身中であった。
 
                  記
【山行名】 笠松山1522m&本谷山1642.9m
【山行コース】健男社P5:45~九折登山口6:40 / 6:50~カンカケ谷8:00~林道出合
       8:52 ~九十九越9:55 /10:10~笠松山11:25 /11:35~
       トクビ展望台12:10~本谷山12:55 /13:00~三国岩13:10 /
       13:30~尾平分岐点15:05~尾平P16:10~健男社Pへバスで移動
【行動時間】10時間25分
【行動記録】
e0272335_5224949.jpg

 上畑から眺めた日の出。5時には夜が白み始める
e0272335_5323743.jpg

 健男社近くの路上にて。ホタルブクロ
e0272335_5352985.jpg

 車では幾度となく通るが、傾山登山口まで歩きは初めて。
e0272335_5394772.jpg

 今日のコースは九折越です。下山時によく使うコースであるが登りは久し振りであった。
e0272335_5443647.jpg

 カンカケ谷。ここまで登り詰めるのに汗は吹き出し息絶え絶え。足が進まない。
e0272335_5493638.jpg
 
 ところどころに咲いている山ツツジに助けながらただただ歩くだけ。
e0272335_5543755.jpg
 
 九折越にやっと着きました。健男社から歩き始めてから4時間10分。しばし休憩。
e0272335_604264.jpg
 
 傾山は眺めるだけです。 
e0272335_64418.jpg

e0272335_692849.jpg

 九折小屋です。中を拝見するとそれなりに清掃はされています。ここに泊まり
 祖母・傾山縦走を実現させるぞ!
e0272335_6101847.jpg

 本日の最初のピーク、笠松山。ここに辿り着くまでには小さなアップダウンでよたよた
 歩き。眺望は周囲の木々で何も見えません。
e0272335_6144612.jpg

 トクビ展望台からの眺望は抜群でした。
e0272335_6164625.jpg

 本日、二つ目のピーク本谷山1643m、ここも景色は楽しめません。
e0272335_619228.jpg

 三国岩、ここで昼食タイム。眺望も素晴らしい。
 三国岩を降りきりしばらく歩くと、本日初めての登山者との出会いが嬉しかった。
 一人歩きが好きといえども出会いがないと淋しい。
 福岡の男性登山者のお方。祖母・傾山縦走中で九折小屋を目指されていた。 
e0272335_6222168.jpg
 
 遠くに霞んで見える峰は祖母山系
e0272335_627036.jpg

 縦走路には朽ち果てた木々の残骸が所々ありました。
e0272335_629122.jpg

 でも森は素晴らしいです。樹齢何百年?堂々としたブナの存在感が光ります。
 今までの疲れが吹っ飛びます。
e0272335_6332441.jpg

 縦走路中間点。下山地点の尾平越までもう少し。
e0272335_6404841.jpg

 尾平越着15:05。途中で心配したバスの乗車時間17時50分。かなり余裕があった。
 
《一口感想》
 今回の山行で祖母・傾山、小屋泊まり二泊三日の縦走に展望が開けた。
 まだ課題は残るが挑戦したい気持ちが強くなった。

 
 

by tinnan1515 | 2012-05-20 07:39 | 山歩き | Comments(6)

浅田次郎は面白い!

2012年5月18日  金曜日
今日読んだ本
浅田次郎氏の本を集中して読むことができたが、目がかすみだし老化を思い知らされる。

①絶対幸福主義:浅田次郎 著  完了
「足るを知り、小さな幸せを蓄積する」知恵
あなたは幸せですか?
浅田次郎氏が考える「幸福の定義」は「さしあたって苦労がないこと」だと述べられている。
さらに“足るを知ることは、成長を諦めることではない。むしろその逆で足るを知り、つまり自分を知りその自分にできることを着実にこなして小さな幸せを蓄積していくことによってこそ、人間は成長できるのです。
そして、少しずつ前より幸福になっていけるのではないでしょうか。“
私はこの文章に出会えて小さな幸せを掴むことができた。

2012年5月17日
今日読んだ本
①「ほどほど」の効用:曽野綾子 著   継続中
②絶対幸福主義:浅田次郎 著   読書開始

2 012年5月16日
今日読んだ本
①「出会い」の不思議: 河合隼雄 著 継続中
②「ほどほど」の効用:曽野綾子 著  読書開始

                                  了

by tinnan1515 | 2012-05-18 17:42 | 読書日記 | Comments(0)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
カレンダー