山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

<   2012年 04月 ( 50 )   > この月の画像一覧

仙崎にて海鮮丼

2012年4月29日 日曜日

山口から福岡により大分に帰宅の日程。お昼は福岡でそばを食べることに。
e0272335_180135.jpg

山口市内の観光を済ませ帰路中に出合ったSL。煙の臭いが懐かしく感じられました。
e0272335_17531360.jpg

福岡春日市にあるおそばやさん。”武蔵そば”
e0272335_1893343.jpg

板そばを注文しました。
e0272335_18112832.jpg

好物の鴨のつけ汁の注文です。コクがありまろやかで絶品な味です。
最後にそば湯で割って飲むこと、これまたうまいの一言に尽きます。
e0272335_18161022.jpg

3人で板そば2枚注文で満足ゆく量でした。
e0272335_18175974.jpg

鴨つけ汁です。

昼時はお客様が多く15分程の待ち時間でした。人気店でしょうか。
いつもお客様が多いようです。


2012年4月28日 土曜日    

仙崎は古くから豊かな漁場を持つ漁師町です。
江戸時代には三大捕鯨地の一つで鯨墓もあります。
そこで今日のお昼はお魚料理でした。

e0272335_1736502.jpg

長門市仙崎にある和食処㐂楽。 昼時、席はほぼ満席状態でした。
e0272335_17357100.jpg

席に貼られていた本日の0すすめ丼。メニュー表にも目を通すが海鮮丼を注文する。
e0272335_17421772.jpg

海鮮丼です。
9種類の魚介類が使用されています。中でも仙崎イカは有名なんでしょうね。
近くのお店では仙崎イカは売り切れましたとの貼り紙を見ました。
お魚で特に美味しいと感じたのは仙崎イカ、ウニ、そして最後に残るイクラでした。
by tinnan1515 | 2012-04-30 18:30 | 食べ歩き | Comments(8)

金子みすゞ記念館

2012年4月30日  

28日、長門市仙崎にある金子みすゞ記念館の見学から。        
e0272335_15563196.jpg

仙崎の静かな商店街の中にある記念館です。
臼杵にある野上弥生子文学記念館が思いだされました。
e0272335_1635351.jpg

名詩はこのような部屋で誕生したのですね。
e0272335_16154032.jpg

金子みすゞさんの代表作です。
浜の喜びと海の中の悲しみ、目にみえることと見えないこと、生きることと
死ぬこと、心に響く詩でした。
e0272335_1632111.jpg

仙崎に生き続けている金子みすゞさんです。
e0272335_16381192.jpg

『こだまでしょうか』が収録された最新刊詩集を購入しました。

 「遊ぼう」っていうと。      「遊ぼう」っていう。
 「馬鹿」っていうと。       「馬鹿」っていう。
 「もう遊ばない」っていうと。   「遊ばない」っていう。
  そうして、あとで         さみしくなって、
 「ごめんね」っていうと。     「ごめんね」っていう。
  こだまでしょうか、        いいえ、誰でも。
 
今日読んだ本
①歴史を探る・人生を探る:池波正太郎著 完読
②金子みすゞ        :矢崎節夫・萩原昌好編 継続中
③山羊の歌・在りし日の歌:中原中也著 継続中


4月に完読した冊数
4月に読み上げた冊数は6冊、近年にない読書量であった。
図書館通いとブログへの投稿が思わぬ読書量につながったようだ。
何かに挑戦することは世界が広がり楽しい。
また、いろいろな出合い感動を与えてくれる。


2012年4月27日   金曜日
今日読んだ本
①歴史を探る・人生を探る:池波正太郎著 継続中

2012年4月26日   木曜日
今日読んだ本
①歴史を探る・人生を探る:池波正太郎著 継続中
by tinnan1515 | 2012-04-30 16:59 | 読書日記 | Comments(0)

ボッカ訓練鎮南山

2012年4月27日  金曜日  晴れ

 ボッカ訓練で鎮南山へ
 そろそろ本格的な山登りをと思い、ボッカ訓練を兼ねて鎮南山へ登る。
 空は青空、山は緑と申し分のない登山日和でした。
 ザック重量は約15㎏、山小屋一泊であれば充分でしょうか。
 コースは二合目から六合目まで沢登りで鎮南山を目指しました。

【山行先】鎮南山536m(53回)
【山行コース】登山口9:15~二合目~六合目10:30~山庵寺11:00/12:15
       ~車道歩き~鎮南山12:40~塔の尾13:00/13:10~登山口14:10
       リトル鎮南山13:40~登山口14:10
【行動時間】3時間55分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_20311931.jpg

鎮南山登山口、駐車場にはすでに車10台ほどありました。
e0272335_20345495.jpg

2合目からあえて沢登り。歩きやすい沢です。でもザックの重みがズシリと肩にかかる。
e0272335_20372546.jpg

今日担いだザックです。約15㎏の中身は重量調整で文庫本も数冊入れました。
e0272335_2043958.jpg

鐘楼
e0272335_20463521.jpg

山庵寺です。
e0272335_20492931.jpg

やかんの中にはお湯が沸かされています。一杯頂きました。
e0272335_20513037.jpg

鎮南山登頂あっぱれ一万回、凄いですね!!
e0272335_20495571.jpg

ぼたん桜は終焉間近、でも若葉が綺麗でした。
e0272335_20503526.jpg

池には沢山のオタマジャクシ
e0272335_2051534.jpg

日本さくら草が植栽されていました。
e0272335_2183854.jpg

鎮南山から塔の尾へ移動中に一株だけ、キンラン。
e0272335_21194231.jpg

うすきの中心地です。私の住んでる住宅地も見えました。
e0272335_21201121.jpg

遠くには四国が微かに確認できました。

《一口感想》
 15㎏のザックを担いで沢登りコースで訓練。結果は歩けるとの感触。
 距離が短いのでまだまだ訓練が必要ですね。
 山小屋泊に向けて頑張るぞ!

                                 完
by tinnan1515 | 2012-04-27 21:40 | 山歩き | Comments(6)

読めなかった漢字

2012年4月26日  木曜日

漢検1級への道

1、汪溢   おうえきと読む      正解はおういつ   
2、鎬    はにわと読む       正解はしのぎ    
3、蒼氓   そうみんと読む      正解はそうぼう
4、霹靂   ひれきと読む       正解はへきれき   
5、怨嗟   おんさと読む       正解はえんさ                
       
 この字が読めないようでは道のり遠し
by tinnan1515 | 2012-04-26 18:52 | 漢字 | Comments(0)

辻井伸行さんのピアノ演奏

2012年4月26日  木曜日

辻井伸行さんのピアノ演奏を聴きました。もちろんCDです。

《フレデルク・ショパン》
ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11
1、第1楽章:アレグロ・マエストーソ   (19′38″)
2、第2楽章:ロマンツェ:ラルゲット (9′20″)
3、第3楽章:ロンド:ヴィヴァーチエ  (10′17″)
辻井伸行(ピアノ)

2012年4月22日  日曜日

《ラフマニノフ》
ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18
1、第1楽章:Moderato      (11′14″)
2、第2楽章:Adagio sostenuto (11′23″)
3、第3楽章:Allegro scherzando (11′52″)
辻井伸行(ピアノ)
指揮:佐渡裕
ベルリン・ドイツ交響楽団

辻井さんは視覚障害者なので音感をすべてを記憶し演奏される凄い方ですね。
e0272335_16513315.jpg

by tinnan1515 | 2012-04-26 16:51 | 音楽 | Comments(0)

朝顔の芽が出始める

2012年4月26日 木曜日 曇りのち晴れ

昨晩の雨でお花が生き生き輝いていました。

《朝顔》
4月17日に朝顔の種を蒔き、4月25日から新芽が出始めました。
e0272335_1540365.jpg

花径が18㎝前後になる超巨大輪です。左が暁の露、右が暁の雪です。
生産地は大分でした。因みに種の数量は1mlの単位なんですね。

《葉っぱの観賞》
e0272335_1552241.jpg

e0272335_15525225.jpg
e0272335_1553795.jpg

雨に打たれたギボシの葉が生き生きと輝いていました。4種類ありましたが
残りの1種類の新芽が出てきません。
e0272335_1602929.jpg

カンアオイです。葉がとても綺麗でした。
e0272335_16185866.jpg

ツワブキとシラン、いずれも斑入りです。

《花が咲きだした》
e0272335_1558950.jpg

牡丹です。花芽が3個ついています。
e0272335_1655720.jpg

オダマキの紫が素敵な色合いでした。
e0272335_1673920.jpg

ブルベリーの小さな花が咲きました。しっかりと実を付けてくれます。

《開花間近の花》
①芍薬
②ゴテチャ
by tinnan1515 | 2012-04-26 16:22 | 趣味の園芸 | Comments(0)

電車に乗って海抜0mからシリーズ3回目。樅の木山

2012年4月25日 水曜日 (曇りのち雨)
 車に乗って海抜0mからの山登り今回で3回目でした。日豊本線幸崎駅から海抜0m幸崎海水浴場からのスタート。 樅の木山山頂からの下山は冒険心が騒ぎ出し大志生木コースで。 

【山行先】樅の木山484m(4回)
【山行コース】
 熊崎駅発6:39~幸崎駅着6:55~海水浴場7:15/7:30~樅の木山登山口9:30~
 樅の木山10:25/10:50~大志生木海水浴場13:20~佐賀関道の駅13:30~幸崎駅   
 14:15~14:37~熊崎駅14:53~自宅15:05       
【行動時間】幸崎駅~幸崎駅徒歩時間:7時間20分
【行動記録】
e0272335_3472750.jpg

駅に向かう途中、可愛いドウダンツツジが目に飛び込む
e0272335_3492226.jpg

日豊本線上りで熊崎駅から下ノ江駅~佐志生駅~幸崎駅で下車で乗車時間16分。
e0272335_3521736.jpg

モダンな幸崎駅、ここから海抜0m地点の海水浴場まで。
e0272335_3535041.jpg

ここは神崎地区ですが駅名は呼び名も同じ幸崎駅。漢字が違っています。
e0272335_358866.jpg

中学校の名前は神崎中学校でした。
e0272335_402827.jpg

樅の木山春の遠足・山開き案内横断幕です。開催日5月3日。
大分市民健康長寿の山と書かれていますね。
e0272335_451533.jpg

海抜0m地点の海水浴場です。延々と続く砂浜、海は広いな大きいな……。
e0272335_48066.jpg

シリーズ3回目の儀式です。寄せくる波もいいものです。
e0272335_4111023.jpg

海岸線の至る所に見られるハマダイコンは海岸山野草の定番ですね。
e0272335_4132039.jpg

タイトゴメでしょうか。開花前でした。
e0272335_4155793.jpg

登山口に向かい再度幸崎駅前を通過、上り・下りの電車がすれ違っていました。
e0272335_4212369.jpg

長閑な田園風景。田舎育ちの私には郷愁が湧いてきます。
e0272335_4291364.jpg

めだかの住む川。実は昨日自宅近くの田んぼの側溝でメダカを獲ったばかりでした。
e0272335_425324.jpg

登山口までここから3.4㎞の案内板。まだまだ序の口です。
e0272335_4334719.jpg

次郎山の石碑です。いつの日かは登ってみたいですね。刻まれた詩が気になりました。
e0272335_4365189.jpg

おおちち 父 植えて育てし 杉・ひのき 山に見る夢 太れ百年  (かずこ)
e0272335_4442140.jpg

漸く林道歩きになりました。ここまでくると山の匂いが感じられます。
この匂いがたまらなく好きです。
e0272335_4482060.jpg

汗ばむ体を癒してくれます。野鳥の鳴き声も響き渡ります。
ところでこの花はホウチャクソウ?
e0272335_650030.jpg

海水浴場から歩くこと2時間で登山口に辿りつきました。海抜0mからも大変ですが
いろいろな風景が楽しめます。この企画は楽しいです。タクさん、ありがとうございます。
e0272335_891786.jpg
e0272335_8955100.jpg
e0272335_8121169.jpg
e0272335_8151817.jpg
大分方言での案内標識、ユニークで面白いです。
”あんげで””こんげで””そんげで”
素敵でしょう!森のセラピー、本当に素敵でした。
e0272335_8212688.jpg

e0272335_8214818.jpg

尾根歩きは最高でした。
e0272335_8224891.jpg

山頂に到着。彼方に見える臼杵湾、佐賀関の煙突は霞んで見えません。
早めの軽食ランチは毎度同じみのアンパン、コーヒー、バナナ。
このまま下山では早すぎる。樅の木山の登頂コースは幾つかあるそうです。
周囲をくまなく探すと切り開かれた所があります。ここで冒険心が湧いてきました
。悪い癖です。下山道が決まりました。
e0272335_832453.jpg

木佐上地区の皆々様ありがとうございました。登山口までの林道も舗装され
見違えるように様変わり致しておりました。
e0272335_835364.jpg

臼杵湾の津久見島も見えますが視界不良でした。
e0272335_8371533.jpg

佐賀関の煙突も見えますがこちらも眺望さえず残念無念。
e0272335_8394766.jpg

赤テープを頼りに順調に尾根歩き縦走をしてきましたが、斜面下りになり
赤テープの見落とし、ピンクのテープを辿って行くと急斜面に思わぬ
エビネランを発見。開花前の蕾でした。
e0272335_8451019.jpg

この沢の直ぐ上に堰止め湖がありました。ここからは舗装された道がありますが
途中までは荒れに荒れた箇所が数か所ありました。
e0272335_850288.jpg

カーブミラーを利用しての記念撮影です。
e0272335_850567.jpg

国道197号線に出合うと大志生木海岸です。
風来坊さんから教えて頂いたキス釣り場でした。
e0272335_854645.jpg

このような標識がありました。なんと”龍馬街道”興味旺盛な私は幕末の志士が
歩いた道を”さがのせき道の駅”まで歩きました。
道の駅から幸崎駅までは小一時間でした。ここでカメラの電池切れです。
幸崎駅14時15分着。周回コースとなり予期せぬ行動展開となりました。

《一口感想》
 今回も素敵な出合いがありました。木佐上地区を歩いていた時、ウォーキング休憩中の
 ご夫婦に会い挨拶を交わし通り過ぎていきましたが、アップダウンのある登りでご主人に
 追いつかれそこから楽しい会話となりました。このお方もなんと80歳でお若いのです。
 朝夕2回、40分程のウォーキングをなされているとのことでした。世間話も楽しいですね。
 16年後の自分も、元気で山登りができる自分像を思い描き新たな決意を致しました。

                                        完
                   
by tinnan1515 | 2012-04-26 04:52 | 山歩き | Comments(2)

電車で読む本探し

2012年4月25日   水曜日

電車で読む本探し
これにするかあれにするかで選択した本は”ことばへの旅”でした。
乗車時間短く読む時間は10分程度、本を開いたらすぐ下車と云った感じの
読書でした。

今日読んだ本
①歴史を探る・人生を探る:池波正太郎著 継続中
②ことばへの旅1     :森本哲郎著 再読


2012年4月24日  火曜日

今日読んだ本
①数字歴史を探る・人生を探る:池波正太郎著 継続中
e0272335_20425871.jpg

by tinnan1515 | 2012-04-25 20:48 | 読書日記 | Comments(0)

電車に乗って海抜0mから姫岳&鎮南山縦走

2012年4月23日 月曜日 晴れ

 電車に乗って海抜0mからの企画、今回で2回目の山歩きとなる。
 山行先:姫岳619.9m(4回)&鎮南山536.4m(52回)
 
 姫岳は鎮南山から林道歩きで3回登っているが、今回は津久見の登山口からの
 鎮南山への縦走です。

【山行コース】
 熊崎駅発6:55~津久見駅着7:20~青江ダム9:00~姫岳登山口10:40~
 姫岳11:40/12:25~鎮南山14:50/15:00~塔の尾15:15/15:20~
 登山口16:00~上臼杵駅16:20/16:44~自宅17:00
【行動時間】津久見駅から上臼杵駅までの所用時間:9時間

e0272335_22255680.jpg

熊崎駅の桜はすっかり葉桜になり新緑がまばゆい季節到来です。
あの美しい桜の面影はどこに行ったのか。
e0272335_22293165.jpg

新中学1年生、大分の中学校に通学です。初々しいですね。上から下までピカピカです。
e0272335_2224454.jpg

電車に乗って津久見駅まで。
e0272335_22333030.jpg

さあ、今日の第一歩津久見駅から、先ずは海抜0m海岸に直行だ!
e0272335_22362364.jpg

海抜0mの儀式です。今回も左足。
e0272335_22372080.jpg

海岸の風景、今日の海は穏やかでした。
e0272335_22381946.jpg

セメント会社の煙突の煙をご覧になってください。まっすぐ上がる煙は好天気の証し。
e0272335_22402157.jpg

津久見の町はなんと言ってもセメント町です。セメント町通りがありました。
高校野球の甲子園春・夏優勝校の津久見高校も有名ですけど。今では過去の栄光。
e0272335_22425115.jpg

青江ダムを目指した市街地歩き、まだ元気があり余裕でした。
e0272335_2244519.jpg

どでかいタイヤに遭遇しました。歩くといろいろな物が見えます・
e0272335_5175095.jpg

青江ダムに着きました。桜観賞日から17日経過すると風景が一変していました。
市内から1時間40分、歩くとやはり遠い。
e0272335_5205659.jpg

山桜に実が、こんなに大きく成長しています。
e0272335_528223.jpg

谷川のせせらぎや野鳥の囀りが心地よいですね。登りの連続汗が噴き出ます。
e0272335_5334822.jpg

銀杏の木の可愛い子供たちです。この中からすくすく成長する幸運の持ち主は?
e0272335_534199.jpg

お母さんを見上げるとやはりたくましい。
e0272335_5383847.jpg

葉っぱにご注目、斑入りです。
e0272335_5385760.jpg

こちらの方が多いようです。
e0272335_5413598.jpg

登山口はまだまだのようです。
e0272335_5432454.jpg

崖にへばり付いている?さんです。余りにも色が鮮やかなのでパチリ。
e0272335_545582.jpg

やっと着きました。登山口です。なんと津久見駅から歩き始めて3時間20分。
かなり、体力を使い果たしました。でも、ここに立つ瞬間が好きなのです。
ここから本格的な山道歩き、しかも初めてのコースで鎮南山まで縦走だ!
e0272335_5521328.jpg

山道は荒れていました。要所要所に赤テープや標識があり道迷いすることはありません。
黙々と歩くだけです。
e0272335_5553331.jpg

登山口から1時間で到着です。風もなく心地よい日差し木陰を求めて昼食タイム。
いつものパターンでパンとコーヒーにバナナ、至って簡単な食事です。
e0272335_694674.jpg

鎮南山への縦走中こんな岩がありました。アップダウンがなく心地よい縦走です。
鎮南山から姫岳に行き時は林道歩きでしたが、今回は山道を歩きました。
途中から目印もなく荒れた山道でした。今では林道を歩く人が多いのでしょうね。
e0272335_6175931.jpg

縦走路には至る所にハルリンドウが咲いていました。今回初めての発見でした。
e0272335_62064.jpg

途中の岩場から眺めた津久見のセメント鉱山です。
e0272335_6215877.jpg

やっと辿り着きました。鎮南山への分岐点です。姫岳から2時間、林道歩きの倍です。
予想外の超過でした。でもここからはいつも歩くコースです。電車の時間も心配ですが
目指すは鎮南山。
e0272335_6291257.jpg

いつも眺めるだけのホルトの木。ブログにアップするため撮りました。頂上はすぐ上です。
e0272335_631429.jpg

小さな鯉のぼりが風になびかれ気持ち良さそうに泳いでいました。
e0272335_6334710.jpg

塔の尾です。眺望は霞んでサッパリです。
今日も京都では悲しい事故が起きました。平和の鐘で鎮魂の意味も込めて
鐘を鳴らさせて頂きました。
e0272335_6405917.jpg

紅葉の若葉を眺めながらサッサと下山です。2合目付近で一人の男性登山者に合いました。
なんと80歳のお方ですがお若く見えるのです。登山道の整備や紅葉の植樹や登山歴等を
お伺いし大変勉強になりました。今日の山行で一番の喜びを味わうことができました。
e0272335_648232.jpg

ここは上臼杵駅です。山旅の終着駅は上臼杵駅から一区間の熊崎駅。
e0272335_7201567.jpg

この電車に乗り熊崎へ。電車に乗っての企画も新鮮で楽しい。
次は幸崎駅から樅の木山への山行予定です。

《一口感想》
 無口で人とお話しすることが苦手な自分でしたが、山登りを初めてから少しずつ
 知らない人でも声を掛けられるようになりつつあります。会話することで知らない
 世界が広がります。また、いろいろなことを教えて頂いております。
 私にとっての山登りは生きた学問です。  



     
by tinnan1515 | 2012-04-23 22:47 | 山歩き | Comments(8)

電車の中で

2012年4月23日  月曜日

今日読んだ本

電車の中で眺めました。
①芭蕉・蕪村一茶の旅 :版画 関野準一郎
 心に飛び込んできた句
 愁いつゝ岡にのぼれば花いばら  与謝蕪村   
 山道を歩きながらこの句を真似て、
 “ 喘ぎつつ山に登れば春リンドウ”

e0272335_2142326.jpg
by tinnan1515 | 2012-04-23 21:42 | 読書日記 | Comments(0)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧