山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
うすきさん、こんにちは。..
by higetias at 10:59
メモ帳

カテゴリ:検査入院日記( 2 )

検査入院日記 ・3日目&4日目!

《検査入院日 3日目》  2016年9月29日   木曜日 


一晩中尿管を取り付けていたのでトイレで起きることもなかったが何となく違和感があった。いつものように午前4時過ぎには目が覚めていた。

午前7時30分、体温測定と血液採取。午前8時より朝食、なんと24時間ぶりだった。
e0272335_16181690.jpg
味噌汁、ウィンナー、味付けのり、たくあん、お茶、牛乳。食欲は衰えず完食。美味しく頂いた。

午前8時20分より検診開始。結果は血尿が濃いと言う事で退院できず入院する事となった。
e0272335_1625941.jpg
点滴に代わり新たに生理食塩液と黄色の液を流入する。
e0272335_16314680.jpg
このような状態で時間の経過を只管に待つ身となった。

12時10分昼食。楽しみは三度の食事というところか。
e0272335_16355616.jpg
ビビンバ、ビビンバのたれ、温泉卵、キムチ、オクラ和え、わかめスープ、バナナ。韓国風のメニューであった。

 時間はたっぷりあるのだが別にすることもなく本を読み続ける。入院して2冊の本を読み上げる。それにしても時の経過を待つのみであった。

18時夕食
e0272335_17313358.jpg
鮭ムニエル、トマトサラダ、まいたけスープ、キウイフツーツ、袋ソース&袋ドレッシング。
 夕食が済むともうすることがない。 
e0272335_17351256.jpg
尿管から出ている尿をみると赤く染まっていた。また、血液が凝固したものも出ていた。
e0272335_17371245.jpg
一方、上には2Lの生理食塩液が2個吊るされていた。

 明日は退院できるだろうと思いつつ21時過ぎに就寝。

《検査入院日 4日目》  2016年9月30日   金曜日 

 今朝も午前3時からラジオ深夜便を聴くもいつの間にか眠りに着いていた。尿管を付けているので便所に行かなくて良いのだが違和感があり馴染めないし動きも制限される。朝食前に尿の色をチェックする事にした。
e0272335_17481480.jpg
どうやら昨日より色が薄くなっている様だった。
 午前8時朝食
e0272335_17512034.jpg
味噌汁、大豆のいそ煮、味付けのり、梅干し、お茶。朝食はいたってシンプルであった。それでも美味しく頂く。

 午前8時20分頃検診。結果、もう少しとの事だった。午前10時尿管を外す。尿管を外す時はビビってしまった。尿管を外して30分後放尿。
e0272335_18231081.jpg
もっと水を飲みましょうとのアドバイス。その後、浴衣から洋服に着替える。すると尿漏れなのかズボンが赤くなっているのに気付く。慌てて浴衣に着替えた。ズボンの方は水洗いし乾燥機で乾かした。
 11時20分再度尿検査
e0272335_18314897.jpg
これを持って退院の許可が得られた。長い4日間であった。
病院食最後の昼食は。
e0272335_18342686.jpg
魚の煮付、野菜のソテー、白菜カボス和え、牛蒡と豚肉味噌汁、オレンジ。美味しく頂く。

 昼食後、請求書を頂き会計を済ませ大分イリョウセンターを後にした。次の来訪は検査結果報告の時である。

《感想》 
 4日間の病院生活なんて人生初体験であった。今後のために何か記しておく事で参考になればと思い日記の形で残す事にした。


                                               以上
by tinnan1515 | 2016-10-01 18:42 | 検査入院日記 | Comments(4)

検査入院日記! 

《検査入院 2日目》   2016年9月28日    水曜日 

 病院のベッドで一夜過ごすのは初めての経験。下剤服用の為、深夜中に2回下痢と不安定な夜だった。午前3時過ぎ目覚めたのでNHKラジオ深夜便を聴くもいつの間にかうとうとしていた。

 午前6時に起床するもすることもなく本を読む。そう言えば昨日の午後9時以降から水分摂取は禁じられていたので喉が渇きかけていた。

 午前7時半浣腸。浣腸は人生初体験であった。お尻を向けたら一気に浣腸を差し込まれ痛みがはしる。その後一瞬お尻が熱くなる。10分程便座に座り無事浣腸を終えることができた。

 午前8時頃、部屋の患者さん達に食前が運ばれてくるも自分朝食抜き。それもそのはず。浣腸して便を排出しているのに食事が出来る訳が無い。でも、口の中の渇きがさらに増していた。

 午前10時から点滴開始、何もすることなくベッドに横たわり本を読むもいつの間にか目が閉じていた。もちろん昼食抜きである。2回目の点滴が12時40分からだった。点滴を始めてから喉の渇きはおさまっていた。
e0272335_1033322.jpg
電解質輸液500ml。
e0272335_1045816.jpg
電解質輸液の組成は塩化カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、L-乳酸ナトリウムであった。PH約6.7。

 14時20分体重測定を終え横たわっていると、ひょっこり家内が現れビックリ。16時から二人して説明を受ける。16時半過ぎ3本目の点滴。刻々と手術の時間が迫り緊張感が高まっていた。
e0272335_10225047.jpg
血液がちょつとばかり逆流した。

 17時40分ころ手術室に入り退出したのは18時50分。手術時間は1時間10分程度であったが随分と長く感じた。

 手術は下半身麻酔で前立腺から細胞を取り出す事であったが、無事に手術を終え安堵の気持ちであった。
部屋に戻りホット一息、でも下半身は自分の意思でままならず、足の正常な感覚が戻り始めたのは午前零時半頃であった。

《二日目の感想》
 病院生活二日目になり日頃の日常生活から遠のいた感じが増してきた。次はあの山この山と言った思いが湧いてこなく何となく心が沈んで行く様だった。やはり手術日だったので気持ちが高ぶっていたのであろう。
 それにしても一日の時間が長いような短いような日であった。

                                                      以上
by tinnan1515 | 2016-10-01 10:30 | 検査入院日記 | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
里山花の観察・その後のコクラン!
at 2017-06-25 17:00
雨読!
at 2017-06-24 18:00
由布岳のオオヤマレンゲ&路傍..
at 2017-06-23 18:34
ハマカンゾウを見たくて!
at 2017-06-22 19:20
平凡な一日!
at 2017-06-21 19:30
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧