カテゴリ:思いのままに綴る日記( 1236 )

今日も年末大掃除!

2017年12月25日    月曜日

 年末の大掃除も愈々終盤に近づいてきた。今日はガラス戸の拭き掃除と午後からはお墓の掃除。お墓の掃除を済ませると、毎月25日に行われている「お念仏講」に参加しお念仏を唱えた。 「お念仏講」にはこれまで参加したことがなかったのだが、これも年を取った証拠かな。

 帰宅後、一万歩目指して里山歩きに出掛ける。静かな里山に入るとただ歩くだけだが、とても爽やかな気分になるのが心地良い。そろそろ遠出の山歩きに出かけたいのだがなかなか気分が乗らない。

《百人一首の学習》
35.人はいさ心もしらずふるさとは花ぞむかしのかににほひける   紀貫之

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
99)人間そのものが……、いや人生そのものが……、絶えず誘導され得るなにものかでなかったら、生存の意味合いを失ったも同然であろう。
*檀一雄『風土と揺れる心情と』(昭和四十八年)

100)いいえ、どうせ、人生には自然のままでいいものなんて一つもありゃしないんだよ。
*寺山修司『毛皮のマリー』(昭和四十二年)

101)人生は、どうせ一幕のお芝居なんだから、あたしは、その中でできるだけいい役を演じたいの。
*寺山修司『毛皮のマリー』(昭和四十二年)
●「花咲ける四十歳の男娼」マリーの、なぜ女を演ずるのかを聞かれた時の返答。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】次は戦後の代表的な四字熟語です。
1)玉音放送  2)焼跡闇市  3)信託統治  4)団塊世代  5)神武景気  6)昭和元禄
7)複合汚染  8)列島改造  9)残留孤児  10)貿易摩擦  11)損失補填
 

【解答】
1)ぎょくおんほうそう  2)やけあとやみいち  3)しんたくとうち  4)だんかいせだい
5)じんむけいき  6)しょうわげんろく  7)ふくごうおせん  8)れっとうかいぞう
9)ざんりゅうこじ  10)ぼうえきまさつ  11)そんしつほてん

《今日の小さな歓び》
年末大掃除ほぼ完了。

                                           以上
by tinnan1515 | 2017-12-25 19:50 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

歩く、観る、読む!

2017年12月24日    日曜日

《歩く》 
 里山への登山道を約1週間かけて開通する事ができたので、今日は知人を案内する事にした。実は腰を痛めたのはその最中の出来事であった。

 S地区から派生する尾根を登り詰めれば、本登山道に合流し周回コースが楽しめる事は分かっているのだが、なにせ藪こぎの所が何箇所もあり躊躇していた。ところがふとしたきっかけからやる気が漲って来た。

 S地区から作業道を歩いていると登山道らしき山路があるものの、途中からその形跡が藪こぎで分からない状態。と言う事で少しずつ鉈を振り回し背丈ほど延びている羊歯を倒して行く。両足の脛は傷だらけになっていた。

 作業時間は数十分程度なので余り進まないのだが、本登山道に辿り着いた時は嬉しいの一言。これで里山周回コースのバリエーションが増えた。 今日、その周回コースを知人と歩き楽しむ事ができた。


《観る》
 今日は高校駅伝大会放送日。さらにはNHK囲碁放送日でもある。チャンネルを切り替えながら観るも、どちらかと言うと囲碁の方に傾いていた。囲碁の方が早く終わり駅伝放送に力が入る。応援するチームはもちろん大分東明高校。3位入賞かと期待していたのだが健闘むなしく4位の結果。昨年に続き4位なので次は3位以内入賞を期待している。


《読書》
 早朝読書で葉室麟さんの『草笛物語』を読み終え、今日返却に行こうと思っていた矢先だった。今日の朝日新聞に目を通していると葉室麟さんの死亡記事。もうこれには超ビックリだった。まだ66歳である。池波正太郎さん、藤沢周平さんに次ぐ好きな作家になり、これからまだまだ楽しめると思っていたのに至極残念なことであった。今日は早速に葉室麟さんの『天翔ける』をリクエストした。
 今日借りた本は酒井駒子さんの『森のノート』だった。
e0272335_17563470.jpg


《百人一首の学習》
34.たれをかもしる人にせむ高砂の松もむかしの友ならなくに   藤原興風

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
96)ざまを見ろ。これからが私の人生だ。
*檀一雄『火宅の人』(昭和三十六年~五十年)

97)人生というのは、いつもすべりやすい魚を足下に踏まえているようなものだ。
*檀一雄『淋しい人』(昭和二十五年)

98)人生には無意味な重複が一度はある。
*檀一雄『元帥』(昭和二十五年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】太古から現代までざっと振り返る四字熟語です。
1)天地開闢  2)天孫降臨  3)大化改新  4)源平藤橘  5)蒙古襲来  6)群雄割拠
7)天下布武  8)元和偃武  9)参勤交代  10)尊王攘夷  11)薩長土肥  12)版籍奉還
13)富国強兵  14) 廃仏毀釈  15)脱亜入欧  16)大逆事件  17)三光政策
18)創氏改名  19)八紘一宇  20)尽忠報国  21)鬼畜米英  22)一億玉砕 


 【解答】
1)てんちかいびゃく  2)てんそんこうりん  3)たいかのかいしん  4)げんぺいとうきつ
5)もうこしゅうらい  6)ぐんゆうかっきょ  7)てんかふぶ  8)げんなえんぶ
9)さんきんこうたい  10)そんのうじょうい  11)さっちょうどひ  12)はんせきほうかん
13)ふこくきょうへい  14)はいぶつきしゃく  15)だつあにゅうおう  16)たいぎゃくじけん
17)さんこうせいさく  18)そうしかいめい  19)はっこういちう  20)じんちゅうほうこく
21)きちくべいえい  22)いちおくぎょくさい

《今日の小さな歓び》
高校駅伝大分県男子(大分東明高校) 4位入賞。

                                          以上
by tinnan1515 | 2017-12-24 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

里山歩き再開!

2017年12月23日    土曜日

 12月20日里山歩きで落ち葉に足を滑らせスッテンコロリン。その時背中を強打する。その時は木の根っ子で背中を痛めたと思っていたが、帰宅後ザックからカメラを取り出すとなんとカメラのレンズが斜めになっていた。根っこではなくカメラでの打撲、道理で痛さが半端ではなかった。嚔をすると痛みが走るのである。

 21日、22日とおとなしくしていたのだが、今日になって痛みが少し和らいできたので、里山歩きに出掛ける事にした。ゆっくりゆっくり歩きながら腰の調子を確かめると傷みはなく問題なかった。無理をしないよう完治を目指したい。

《百人一首の学習》
33.久堅の光のどけき春の日にしづごころなく花のちるらん    紀友則

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
93)人間はタアニングポイントと言ったような時期に邂逅することがある。それが外部から来ることもあれば、内部から来ることもある。内外両方から来ることもある。そういう時期は人間には大切だ。其人の発展も失墜も多くはそうした時期にある
*田山花袋『妻』(明治四十二年)

94)世の中の普通一般の人間のように単に妻を愛し子を愛するのが己の能か。己は何の為に煩悶している。
*田山花袋『妻』(明治四十二年)

95)人生と言うものは、難しいようで、存外容易く出来ているもんだねえ。
*田山花袋『妻』(明治四十二年)
●何も知らない細君が、誰の助けもかりずに、二人の子供を無事に育てていることについて言った言葉。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】病名は意外と漢字の世界です。
1)黄疸  2)壊疽  3)書痙  4)骨粗鬆症  5)外反母趾  6)手足口病  7)空の巣症候群 
8)帯状疱疹  9)鬼の霍乱  
 次は漢方薬の名前です。
10)葛根湯  11)補中益気湯   12)加味逍遥散  13)桂枝茯苓丸  14)麻黄附子細辛湯
15)温清飲

【解答】
1)おうだん  2)えそ  3)しょけい  4)こっそしょうしょう  5)がいはんぼし
6)てあしくちびょう  7)からすのしょうこうぐん  8)たいじょうほうしん  9)おにのかくらん
10)かっこんとう  11)ほちゅうえっきとう  12)かみしょうようさん  13)けいしぶくりょうがん
14)まおうぶしさいしんとう  15)うんせいいん

《今日の小さな歓び》
 二日ぶりの里山歩き。

                                         以上
by tinnan1515 | 2017-12-23 19:20 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)

長閑な一日だった!

2017年12月22日    金曜日

 朝食後直ぐに玄関の大掃除に取り掛かる。今日で3日連続であるが部分的な掃除なのでまだ終わらない。それにしても粘り強くなったものだと思っているのだが、これも山歩きのお陰かな。

 午後からはのんびりと陽だまりで読書タイム。今日は珍しく集中できて1冊読み上げる。途中のおやつタイムは家内がホットケーキを焼いてくれたので美味しく頂いた。こんな事は滅多にないのだが、日頃の行動がもたしてくれた成果の様だ。

 さて、今日は冬至。我が家でもかぼちゃを食べ、ゆず湯に入る。なんとなく長閑な一日を過ごしチョッピリ幸せを感じた。

冬至とは
 その1
 ”12月22日頃 冬至は「日短きこと至〔きわま〕る」という意味です。日短きこと至るとは、一年で一番太陽が出ている時間が短い日ということです。別の言い方をすると、この日は一年で最も夜である時間が長いということになります。そのため、昔の人々は生命の終わる時期だと考えていたようです。現在で もその厄を払うためにかぼちゃやお汁粉を食べ体を温めることで、栄養をとり無病息災を願う風習が続いています。”

その2
”2017年12月22日は二十四節気の一つ『冬至(とうじ)』。 冬至は一年で昼が最も短い日です。
冬至にはゆず湯に入り、かぼちゃを食べる風習があります。ゆず湯は血行が良くなり身体が温まるため、風邪を防ぎ皮膚を強くする効果があるそうです。
 かぼちゃはビタミンEやβカロテンが豊富で肌や粘膜を丈夫にし、感染症などに対する抵抗力をつけることができ、冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないと言われ、また、美肌効果の高い食材です。”

《百人一首の学習》
32.山河にかぜのかけたるしがらみはながれもあへぬ紅葉なりけり  春道列樹

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
90)生きて行くことは案外むずかしくないのかも知れない。
*武田泰淳『蝮のすえ』(昭和二十二年)
●生を妨害する絶対的なものは何もないということを発見した実存的な言葉。

91)人生はチャンスだ。結婚もチャンスだ。恋愛もチャンスだ。としたり顔して教える苦労人が多いけれども、私は、そうでないと思う。
*太宰治『チャンス』(昭和二十一年)

92)とにかくね、生きているのだからね、インチキをやっているのに違いないのさ。
*太宰治『斜陽』(昭和二十二年)
●インチキなしでは生きて行けなかった敗戦後の現実だけでなく、一般にも通じる言葉。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】押さえておきたい人の死に方。
1)崩御(天皇)  2)薨去(貴人)  3)遷化(高僧)  4)断弦(妻)  5)巨星墜つ(大人物)
6)掌中の珠を失う(愛児)  7)琴の緒を絶つ(友人)  8)白玉楼中の人となる(友人)

【解答】
1)ほうぎょ  2)こうきょ  3)せんげ  4)だんげん  5)きょせいおつ
6)しょうちゅうのたま  7)ことのお  8)はくぎょくろうちゅう

《今日の小さな歓び》
 読書数、目標まであと1冊となったこと。

                                            以上
by tinnan1515 | 2017-12-22 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今年の読書数120冊!

2017年12月21日    木曜日

 図書館から予約していた本が準備出来ましたとのメールが入っていたので、午後から図書館に出掛けた。本は羽室麟さんの「草笛物語」である。
e0272335_17345189.jpg

 さて、12月の目標冊数まであと2冊となった。目標に到達すれば12ヶ月連続となる。因みに今日までの読書冊数は120冊。その中で今年は伊集院静さんの本に出会ったことが嬉しかった。
 
《園芸》
 室内に取り込み越冬させているモナラベンダーに花が咲きだした。なんと珍しい出来事である。さて、無事に越冬出来る事を期待しましょう。
e0272335_173434.jpg


《百人一首の学習》
31.朝ぼらけありあけの月と見るまでに芳野のさとにふれる白雪   坂上是則

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
87)年若き宗教かよ、爾かく世を果敢なむこと勿れ。善く食ひ善く飲む、是れ人生の事実に非ずや
*高山樗牛『年若き人よ』(明治三十五年)

88)人枝の野花を以てソロモンの栄華より大なりとするの消息を了するものに非ざれば人生を解すべからざる也。
*高山樗牛『姉崎嘲風に与ふる書』(明治三十四年)
●「消息を了する」は、そのような事実を理解する。ソロモンは古代へプライ王国の王。っその治世の繁栄を、「ソロモンの栄華」と呼ぶ。

89)人の生を求むるは此生に価値を認むれば也。即ち知る、人生畢竟価値に外ならざるを。
*高山樗牛『無題録』(明治三十五年)
●「最大の価値」の存する所、「至上の幸福」、「最上の道義」があると言う。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】いろいろある死の表し方。
1)他界  2)成仏  3)物故  4)大往生  5)天寿を全うする   6)不帰の客となる
7)鬼籍に入る  8)玉の緒が絶える

【解答】
1)たかい  2)じょうぶつ  3)ぶっこ  4)だいおうじょ  5)てんじゅをまっとうする
6)ふきのきゃくとなる  7)きせきにはいる  8)たまのおがたえる

《今日の小さな歓び》
 陽だまりの中でガラス戸の掃除。

                                        以上
by tinnan1515 | 2017-12-21 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

カサブランカとチューリップを植える!

2017年12月20日    水曜日

今日はおじいちゃんの月命日。この前お経を上げていただいた様な気がしてならないのだが、ひと月が経つのは早い。今日は静かに頭を垂れていた。 

 さて、今日も気合を入れて大掃除二日目。洗面所の棚、壁、床、脱衣カゴ等の清掃を終わらせた。この調子を維持して一日でも早く終わらせたい。

 午後からほんの少しだけ園芸タイム。まだ、植えていなかったカサブランカとチューリップを植えた。カサブランカを3本程植えたいと思っていたのだが、球根1個が860円だったので1個しか植えなかった。
e0272335_1930315.jpg
北海道産カサブランカとチューリップの球根。

《百人一首の学習》
30.有明のつれなく見えし別より暁ばかりうき物はなし  壬生忠岑

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
86)僕の前に道はない
  僕の後ろに道は出来る
*高村光太郎『道程』(大正三年)
●道の先端に立って歩もうとする求道的人生観を典型的に示した言葉。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】知っておきたい年齢ことば。
1)不惑  2)華甲  3)古希  4)喜寿  5)傘寿  6)半寿
7)米寿  8)卒寿  9)白寿

【解答】
1)ふわく(40)  2)かこう(61)  3)こき(70)  4)きじゅ(77)  5)さんじゅ(80)
6)はんじゅ(81)  7)べいじゅ(88)  8)そつじゅ(90)  9)白寿(99)

《今日の小さな歓び》
 早朝読書。

                                          以上
by tinnan1515 | 2017-12-20 19:50 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

今日より大掃除開始!

2017年12月19日    火曜日

 今日より年末大掃除を開始。朝食片付け後、先ずは台所兼食堂の掃除に取り掛かった。約2時間で完了する。やはり、掃除後は綺麗になった。掃除をしながら思ったことは。期的にやればこんなに苦労することはないのにと。でもそれができないのである。

 来年の事を言えば鬼が笑うと言うが、古希を迎えるので考え方を変えなくてはと思っている。
さて、本題に戻るが次の掃除はガラス戸、浴室、お墓等等まだまだ頑張らないといけない様だ。

《百人一首の学習》
29.心あてにをらばやをらむはつしもの置きまどはせるしらぎくの花  凡河内躬恒

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
83)喜劇はつねに悲劇である。
*高見順『我が胸の底のこころには』(昭和二十一~五年)

84)この人生に於いても修三は上客でなかった。若い頃は上客たろうとあせった。そのうち、人生の上客よりも人間の上客という方が大切なように考えられた。だが、そういう考えは修三を人生の一種の落伍者にした。
*高見順作『旅中』(昭和二十五年)

85)人生とはこういうものだという諦観へとすぐ私の想いが導かれて行くのは、それは私が、―齢はまだ四十をちょっと越したばかりだが、心は既に人生の黄昏のなかに沈んでいる男だという為であろうか
*高見順『胸より胸に』(昭和二十五年~六年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】人の一生にかかわる言葉のほんの一部です。
1)産声を上げる  2)呱々の声を上げる  3)出生届  4)七夜の祝い  5)玉の輿
6)納采の儀  7)華燭の典挙げる  8)偕老同穴の契り  9)老耄の坂を降りる 
10)薬石効なく  11)訃報に接する  12)荼毘に付す  13)玉串奉奠  14)末期の水をとる 
15)菩提を弔う  16)新盆


【解答】
1)うぶごえ  2)ここ  3)しゅっしょうとどけ  4)しちや  5)たまのこし  6)のうさい
7)かしょくのてん  8)かいろうどうけつ  9)ろうもう  10)やくせき  11)ふほう
12)だび  13)たまぐしほうてん  14)まつごのみず  15)ぼだい  16)にいぼん

《今日の小さな歓び》
 里山歩き。


                                   以上
by tinnan1515 | 2017-12-19 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

日曜日の楽しみはNHK囲碁!

2017年12月17日    日曜日

 先週の日曜日は諸用の為、囲碁を見ることができなかったが、今日はじっくりと囲碁を楽しむことが出来た。今回はテレビの画面を見ながら碁石を並べてみた。この方法もなかなか面白い。自分は全くのヘボ碁であるが、囲碁も将棋も観戦するのは大好きである。
e0272335_195287.jpg


《百人一首の学習》
28.山ざとは冬ぞさびしさまさりける人めも草もかれぬとおもへば  源宗宇朝臣

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
80)われわれはまあこの世に間借りしているようなもので、何もむきになることはない。
*庄野潤三『浮き灯台』(昭和三十六年)
●だから、「いいことがあると云ったって夢かと思うようなことは起こらないし、悪くなると云ったところで滅茶苦茶に悪くなることもまあないだろう。これから先のことは分からないが、大体今までに経験して来たことと大同小異というところになるのではないか」という人生の予想になる。

81)酒食宜しく楽を為すべし 人生は五十年 心を高砂の処に置けば 天地皆茫然たり。
*高杉晋作『石田梅堂宅・酔中作』(慶応元年・一八六五)
●「心を高砂の処に置けば」は、心を楽しく持てば、の意。「茫然」は、この場合、はてしなく広々としたさま。

82)あたしも、とうとう、人生の裏街道を歩いちまった。
*高見順『楽しい人物』(昭和三十七年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】身体語を使った心理ことばです。
1)肝を潰す  2)胸襟を開く  3)肺腑を衝く  4)断腸の思い  5)腑に落ちない  
6)歯痒い  7)目を瞠る  8)脳漿を絞る

【解答】
1)きもをつぶす(びっくりする)  2)きょうきんをひらく(心中を明かす) 3)はいふをつく(心を打つ)
4)だんちょうのおもい(悲しい思い)  5)ふにおちない(納得できない)
6)はがゆい(じれったい)  7)めをみはる(驚く)  8)のうしょうをしぼる(知恵を出して考える)

《今日の小さな歓び》
 歩数9.000歩。

                                     以上
by tinnan1515 | 2017-12-17 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

日本3百名山ひと筆書き!

2017年12月16日    土曜日

 久し振りに田中陽希さんのホムページに訪問したら、日本3百名山ひと筆書き~Great Traverse3の概要が発表されていた。

 ●日程2018年1月1日 ~ 2019年6月頃
 ●出発地:鹿児島県屋久島
 ●最終到達地:北海道利尻島

 日本2百名山ひと筆書きの時は由布岳と大崩山で田中陽希さんの姿を拝見し感動した思い出が蘇ってくる。市房山では日程変更出会い叶わずだった事も。

 今回の日本3百名山には大分県の山が4座。今回も追っかけ登山に挑戦してみようかと思っている。
       鶴見岳  1.375m
       大船山  1.786m
       涌蓋山  1.500m
       傾山   1.605m


《園芸》
 諸用で大分に出向いたので帰路グッディに寄り花の苗を購入した。ストックを年内には植えたいと思っていた。ストックは香りが好きなので毎年植えている。プリムラジュリアン(バラ咲き)は家内の要望であった。
e0272335_16262018.jpg
プリムラジュリアン、ストック、金魚草。

《百人一首の学習》
27.みかの原わきてながるるいづみ川いつ見きとてか恋しかるらむ  中納言兼輔

《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
77)大涛怒り、激浪踊るにあらずや。人間何ぞ独り静なるを得む。
*島崎藤村『春』(明治四十一年)
●平田禿木「蝉羽子を弔ふ」に、北村透明谷が語った言葉として紹介されている。海も荒れることがあるではないか。どうして人間だけが静かに生涯を過ごすことができようか、の意。

78)しないで済むなら、それに越したことはない。だが、草抜きにもこつがあって、なるべく溜めておかずに、少しでいいからまめに抜くのがいい。
*庄野潤三『明夫と良二』(昭和四十七年)
●人生には庭に生える草のようなものが多々ある。取り除いておかないと、あるいは、放っておくと、あとでは始末に大変になるようなことが。

79)泊るということが分からないので、この子供は泣いている。しかし、それを分からせなければならない。我々は宿無しになって歩き出す日があるかも知れないではないか。そんな時は林の中でも川の横でも寝るのだ。
*庄野潤三『蟹』(昭和三十四年)
●自分の家以外泊まったことのない子供が泣いたので、人間はどこに寝るか分からない運命にあっるのだと内心で思う父親。


《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】心理の奥の襞を表す言葉です。
1)臍を噛む  2)妬みや嫉みを織り交ぜて  3)怨嗟の声  4)憮然とする  5)憤怒やる方ない  
6)無聊を慰める  7)不憫に思う  8)惻隠の情  9)内心忸怩たる思い  10)怖気を震う
11)杞憂  12)逆鱗に触れる  13)隠忍自重


【解答】
1)ほぞをかむ  2)ねたむ&そねみ  3)えんさ  4)ぶぜん  5)ふんまん  6)ぶりょう
7)ふびん  8)そくいん  9)じくじ  10)おぞけ  11)きゆう  12)げきりん  13)いんにんじちょう

《今日の小さな歓び》
 園芸。

                                             以上
by tinnan1515 | 2017-12-16 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)

おばあちゃんの入歯はベッドの上に!

2017年12月15日    金曜日

 今日の朝食はおばあちゃんと自分の二人。いつものように午前6時から朝食準備スタート。最初にやることはおばあちゃんの入歯の洗浄からであるが、いつもの場所に洗浄液に浸けてある入歯がなかった。家内が昨日の午後から出掛けて留守だったため、おばあちゃんが入歯を付けたままだと気が付いた。。

 食事の準備が出来たのでおばあちゃんにご飯を食べるよ、と声を掛けたまでは良かったのだが、なんとおばあちゃんの口の中には入歯がなかった。顔を洗った時に入歯を外して忘れたのかなと、洗面所に行くも見当たらない。寝室を覗くとなんとベッドの上にあるではないか。いやはや朝からひと騒動であった。

 おばあちゃんに限らず自分も似たようなことを仕出かしているのだが、これからますます物忘れが多くなるのではないかと戦々恐々である。

《読書》
 本返却の為、図書館通い。そして何時かは読んで見たいと思っていたカズオ・イシグロさんの本を漸く借りることができた。
 カズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro OBE, 漢字表記:石黒 一雄、1954年11月8日 - )は、 長崎県出身の日系イギリス人小説家である。1989年に長編小説『日の名残り』で イギリス最高の文学賞ブッカー賞を、2017年にノーベル文学賞を受賞した。ロンドン在住 。
e0272335_175451.jpg
充たされざる者 上 カズオ・イシグロ 著
e0272335_17532036.jpg
充たされざる者 下 カズオ・イシグロ 著
e0272335_17543680.jpg
晩鐘   佐藤愛子 著
e0272335_17553075.jpg
風に立つライオン   さだまさし 著

《百人一首の学習》
26.をぐら山みねのもみぢ葉心あれば今一度のみゆきまたなむ  貞信公
《日本名言名句の辞典》小学館
1.人の生死・一生
“人生”
74)大地を一歩一歩踏みつけて、手を振って、いい気分で、進まねばならぬ。急がずに、休まずに。
*志賀直哉『暗夜行路』(大正十年)
●主人公時任謙作が自分に言い聞かせた言葉。

75)私たちの人生は、くだらない体験の連続であって、体験なしの空白の人生などというものは、狂人でもない限り、望んでも得られるものではないのかもしれない。
*澁澤龍彦『人形愛序説』(昭和四十九年)
●『体験ぎらい』という題のエッセイの中の文章。筆者は「体験の裏づけがない」と批判する人間と自分は無縁であると述べている。

76)生きたくないと思ったって、生きるだけは生きなけりゃ成りません。
*島崎藤村『家』(明治四十四年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】表情が示す喜怒哀楽ことばです。
1)有頂天  2)欣喜雀躍  3)喜色満面  4)癇癪を起こす  5)目頭が熱くなる  6)切歯扼腕  
7)柳眉を逆立てる  8)声涙倶に下る  9)思案投げ首  10)顎を外す  11)愁眉を開く
12)胸を撫で下ろす


【解答】
1)うちょうてん  2)きんきじゃくやく  3)きしょくまんめん  4)かんしゃくをおこす
5)めがしらがあつくなる   6)せっしやくわん  7)りゅうびをさかだてる
8)せいるいともにくだる  9)しあんなげくび  10)あごをはずす  11)しゅうびをひらく
12)むねをなでおろす

《今日の小さな歓び》
 里山歩き。

                                            以上
by tinnan1515 | 2017-12-15 19:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

山馬鹿さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 04:17
こんばんは~☆ >..
by yamabakanikki at 20:57
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:09
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 02:20
ポンちゃんさん、こんにち..
by tinnan1515 at 15:59
おはようございます。うす..
by ポンちゃん at 10:37
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 05:24
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 19:01
great sub..
by Lelandreono at 22:30
悟空さん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 17:50

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル