山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳

カテゴリ:その他( 7 )

2013年の目標は?相田みつをさんの詩から!

2012年12月28日  金曜日

 来年のカレンダー準備をと思い、相田みつをさんのカレンダーを捲っていたら、来年度の目標に掲げたくなるような詩が載せてあった。
来年は前期高齢者の仲間入り、年金から介護保険料が控除されるこの現実は、否が応でも年齢を直視しなくてはならないが、まだまだ精神は老いてはならぬ。”一生感動一生青春は”来年度のみでなく生涯の目標だ。

                                 記

1、相田みつを美術館オリジナルカレンダーより
e0272335_13212245.jpg
来年は山登りでどのような出逢いがあるのだろうか。よき出逢いは心を豊かにしてくれる。
e0272335_13214627.jpg
毎日、感動できたらどんなに幸せだろうか。その為には小さな努力を惜しんではならない。一生青春でありたい。

青  春
原作 サミュエル・ウルマン
邦訳 岡田 義夫
青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相(ようそう)を言うのだ。
優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦(きょうだ)を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、
こう言う様相を青春と言うのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。
苦悶や狐疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。
年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。
曰く、驚異への愛慕心、空にきらめく星辰、その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰、事に処する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。
人は信念と共に若く 疑惑と共に老ゆる、
人は自信と共に若く 恐怖と共に老ゆる、
希望ある限り若く  失望と共に老い朽ちる。
大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、そして偉力の霊感を受ける限り、人の若さは失われない。 これらの霊感が絶え、悲嘆の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷(あつごおり)がこれを堅くとざすに至れば、この時にこそ人は全く老いて、神の憐れみを乞うる他はなくなる。

e0272335_1322814.jpg
人間は喜怒哀楽と共に生きている。いつも幸せでありたいと願うが悩みは尽きないものだ。今が一番幸せだと思えるような心に育てたいと思っているのだがなかなか難しい。

《一口メモ》

”青春とは人生のある期間を言うのではなく、心の様相(ようそう)を言うのだ。”この言葉を肝に銘じ、古希に向かって前進するのみ。

                                                                 以上
by tinnan1515 | 2012-12-28 14:20 | その他 | Comments(4)

打碁を並べてみる。大竹英雄対坂田栄男!

2012年11月17日  土曜日

 毎日ブログ投稿することを目標に掲げているが、最近ブログネタに底をつき苦労している。何かないものかと考えるが頭は固く回転しない。いろいろ考えた挙句押入れにしまいこんでいる碁盤が気になり始めた。若かりし頃は碁に熱中したこともあるが上達せずすっかり消え去っていた。ある日曜日NHKの囲碁番組を観てムクムクと囲碁のことが頭にもたげてきた。今日は雨だし碁でも並べてみようかと思いたった。

                    記

大竹秀雄打碁選集第四巻から
第六期日本棋院第一位決定三番勝負第一局
先番挑戦者 大竹英雄対第一位田栄男
100手まで並べる
e0272335_1539475.jpg


《一口メモ》
 碁石を挟むぎこちなさがあらわれたが、なんだか清々しい気分になりこれから碁に親しんでみようかと思った。趣味の世界を広げ楽しみを一つでも増やして行けば人生が充実するかなぁ。


                                               以上                                                           
                                                                    

                                              
by tinnan1515 | 2012-11-17 15:58 | その他 | Comments(2)

尺八の挫折の記!

2012年11月13日  火曜日

尺八の挫折の記

数十年前に尺八に興味をもち尺八と教材を購入し練習した記憶はあるが、奏でることもできず途中で投げ出しその後は見向きもしなかった。

そして、ある日本棚を整理していたら尺八の教材を発見した。まだ若かりし日の苦い挫折が蘇ってきたのである。

最後までやり遂げることができなかった要因を今考えると未熟で努力することが出来ない自分であったようだ。

今の自分であれば継続することの大切さが身について来ているし、まがりなりに実行力も伴っている。

尺八の存在は昔の自分と今の自分を見つめさせる貴重な証拠品である。六十の手習い、六十はとっくに過ぎたがまだ成長したい。

再挑戦を考えて見るとするか。

e0272335_17595276.jpg
                   尺八と教材

                                     以上
by tinnan1515 | 2012-11-13 18:01 | その他 | Comments(4)

絵画鑑賞&梅林寺見学

2012年10月11日  木曜日  

 読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、行楽の秋、芸術の秋と秋は大変忙しい季節ですが、今日は一番縁遠い芸術の秋、ブリジストン美術館での絵画鑑賞でした。

                    記

1、ブリジストン美術館開館60周年を祝う” あなたに見せたい絵があります。”の鑑賞
e0272335_2050646.jpg
このポスターは希望者には無料進呈でした。

●日時:2012年10月7日  日曜日
●場所:福岡県久留米市石橋文化センター石橋美術館
e0272335_20524013.jpg

e0272335_2053470.jpg
庭園はサルビアとマリーゴールドで色鮮やかでした。
e0272335_20532676.jpg
後方が美術館です。入館料は800円。

《一口感想》
 展示内容は自画像、肖像画、モデル、ヌード、物語、レジャー、山、川、海、静物、現代美術に分類され、展示数は104点であった。
写真で見たのが数点あったが本物を見ると流石に感じるものが違う。肖像画では黒田清輝の針仕事、岸田劉生の麗子像、パプロ・ピカソの女の顔。モデルでは安い曾太郎の裸婦。物語では青木繁の海の幸。山では坂本繁二郎の放牧三馬。海では坂本繁二郎の魚を持ってきた海女等が心に残る作品であった。

2、梅林寺見学
 五木寛之氏の百寺巡礼の中に収録されている梅林寺を尋ねる。梅林寺に向かう途中に雲水さんも見ることができた。建造物の大きさや敷地が広いことはこの地に訪れないと分からないことであった。

●日時:2012年10月7日  日曜日
●場所:福岡県久留米市
e0272335_2144034.jpg
立派な山門でした。
e0272335_1316225.jpg
鐘楼です。
e0272335_2153044.jpg
手前に勅使門(唐門)がありました。後方は方丈(非公開)
e0272335_1391729.jpg
唐門をアップで見ると見事な彫り物でした。
e0272335_217234.jpg
庭園も素晴らしい。
e0272335_217426.jpg
有馬朗人氏と父子句碑
『虎杖をつゑつき人の来りけり』 石丈 『暁鐘の一打に梅の白さかな』  朗人
元東大総長・元文部大臣で著名な俳人、有馬朗人の句碑でした。
e0272335_218351.jpg
夕野火に 染まり流るゝ 筑後川  長井伯樹
e0272335_2195089.jpg


《一口感想》
 梅林寺には500本程の梅が植えられている。梅が咲く季節に訪れると興味が注がれるだろう。今日は五木寛之氏が訪ねた梅林寺に参拝でき一人悦に入りました。

                                          以上
by tinnan1515 | 2012-10-11 10:00 | その他 | Comments(2)

五木寛之の百寺巡礼DVD  第25巻鑑賞

2012年9月22日  土曜日

  午前中は素晴らしい天候であったが、昼頃から雲に被われ陽射しがなくなりぽつりぽつりと雨が落ち出した。やはり山登りを中止して正解だった。
夏に大変お世話になった扇風機の掃除をして、さて次はブログの投稿だと思いつつなかなかテーマーが決まらない。部屋を見廻していると五木寛之の百寺巡礼(DVD)が。そうだ、今日はDVD鑑賞の投稿だ。

                     記 

五木寛之の百寺巡礼(DVD)全25巻あるが、最後の25巻に大分県のお寺が収録されている。99番目が富貴寺、ラスト100番目が羅漢寺である。
e0272335_14231654.jpg
百寺巡礼(DVD)第25巻
熊本県の人吉別院と本妙寺が収録されている。
e0272335_14233032.jpg
第16巻~第25巻までの鑑賞ガイドブック。

1、人吉別院 
  【宗  派】浄土真宗本願寺派
  【寺  号】本願寺人吉別院
  【所在地】熊本県人吉市
● 隠れ念仏の歴史を垣間見る。「まな板念仏」「傘仏」「竹筒仏」等に阿弥陀如来像や親鸞の御影を隠し守るためさまざまな方法を持ちていたそうである。

2、本妙寺
  【宗  派】日蓮宗六条門流
  【寺  号】発星山
  【所在地】熊本県熊本市
●戦国武将・加藤清正が創建した日蓮宗寺院。本妙寺の日蓮像には冬の間、赤と白の綿帽子がかけられるようだ

3、富貴寺
  【宗  派】天台宗山門派
  【寺  号】蓮華山
  【所在地】大分県豊後高田市
●国東半島は神仏習合の地、大堂左奥に白山神社があり大堂(阿弥陀堂)は国宝である。紅葉の時期に訪れるのも良さそうだ。

4、羅漢寺
  【宗  派】曹洞宗
  【寺  号】耆闍崛山
  【所在地】大分県中津市
●百寺巡礼の最後の地は菊池寛の小説「恩讐の彼方に」の舞台となった「青の同門」先にある。無漏窟に並ぶ石造りの五百羅漢は圧巻である。

《一口メモ》
 信仰心がうすく宗派の知識も持ち合わせていないが、お寺の醸し出す雰囲気はとても好きである。五木寛之の百寺巡礼(DVD)を鑑賞して九州域外の寺巡りをしてみよう。

                                              了


 
by tinnan1515 | 2012-09-22 16:32 | その他 | Comments(2)

またまたメダカの赤ちゃん誕生!

2012年8月21日  火曜日

  メダカの稚魚2匹は順調に育っている。
  先日、藻についた白い卵巣を水槽に移していたが、昨日、
  赤ちゃんが3匹誕生していた。

                  記 
e0272335_16235837.jpg
最初に生まれた稚魚も目ざましい成長です。そして、今回の赤ちゃん余りにも小さ過ぎて見えますでしょうか?
e0272335_16425599.jpg
こちらは確認できますね。
動きがすばしっこくすぐ見失います。稚魚でも追っかけ廻すのですね。
e0272335_18046.jpg
メダカ稚魚用飼料です。メダカの飼料に国産表示は驚きでした。
e0272335_1851939.jpg
さらに、産卵繁殖用があるとは。無知さ加減もいいところですが早速に購入しました。

《一口メモ》
  
  メダカの卵巣が漸く確認できるようになった。稚魚が増えてくると
  嬉しさがこみ上げてくる。そして、もっともっと増やしたくなる。
  
                                           了  
by tinnan1515 | 2012-08-21 18:16 | その他 | Comments(2)

メダカの赤ちゃん誕生!

2012年8月13日  月曜日

  初めてメダカの赤ちゃんが2匹誕生し、スイスイ泳ぎ廻っている。
 元気に育つことを願うのみである。

                  記
e0272335_1832715.jpg
7月29日の朝、藻に付着していた白い物を初めて見る。もしかしたら卵巣ではないかと思い別の水槽に移した。
e0272335_18121616.jpg
今日はメダカの赤ちゃんであることを確認できた。
e0272335_1814304.jpg
2匹で泳ぎ廻っていました。
e0272335_18214678.jpg
親のメダカ達。生みの親は?こちらかな。
e0272335_1822129.jpg
それともこちらかな。

《一口メモ》
 メダカを飼い始めてから初の赤ちゃん誕生であった。今日までの
 飼育はただ水槽に入れているだけであったが、これを機に飼育
 方法の勉強だ。

                                        了
 
by tinnan1515 | 2012-08-13 19:00 | その他 | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧