山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

里山遠足!

2017年4月25日   火曜日

 今日は午後2時から法然上人御忌法要があるので参加する事にしている。と言う事で13時までは自由時間なので里山に遠足に出かける事にした。
 目的はその後のキンランの様子を見たいためであるが、山頂でのんびりとお握りを食べるのもいいかなぁとの思いもあり午前11時過ぎより里山に向かった。
e0272335_18405212.jpg
里山登山口に車を停めて歩きかけると直ぐに小さな花が目にとまった。小さな花であるがとても可愛らしいニワゼキショウ。ニワゼキショウ(庭石菖 )はアヤメ科ニワゼキショウ属の一年草。
 そして次はエビネランと春蘭のご機嫌伺い。まだ元気に咲き誇っていた。
e0272335_1846179.jpg
エビネランはもう充分に楽しまさせていただいたので、5月半ば予定のサルメンエビネが待ち遠しい。
e0272335_18482895.jpg
いつの間にか背が伸びていた春蘭。今年は何度も楽しまさせて頂きありがとう。
 山頂を目指す途中でカキランの様子を確認し、キンランの咲く場所に向かった。キンランもいつの間にか多くの新芽が出ていた。でも気になるのはあの蕾、一昨日見たというのに今日も足繁く通う。
e0272335_1854972.jpg
結果はご覧の様にまだ蕾の状態であった。でも、足を運んだお蔭で近くに咲いていたこの花を見ることができた。
e0272335_18572764.jpg
鮮やかな黄色の花。でも名前が分からなかった。
e0272335_18574674.jpg
調べるとサワオグルマ。サワオグルマ(沢小車 )はキク科キオン属の多年草。 分布と生育環境は 本州、四国、九州、沖縄に 分布し、日当たりのいい山野の湿原、水辺、耕作放棄水田、水田脇などに自生する。との事であった。まさか里山の麓でサワオグルマに会えるとはとてもラッキーであった。それにしても足を運ぶことが花に会えるチャンスを掴む様だ。
e0272335_1931730.jpg
サワオグルマの茎と葉の形状。
 山頂に向かう途中でホソバノアマナの群生地で花を愛でていたらこの花が咲いていた。
e0272335_1963713.jpg
よく見かける花だが名前が分からなかった。
 龍王山でお握りを食べながらつらつらと思うに、今日まで4日連続の花散策。いやはや花とおじさんになってしまった自分。他にやることはないのかと言っても、何もない現実に甘んじるしかないようだ。単純な自分はこれからも花詣でに邁進する事だろう。
e0272335_19223089.jpg
ソクシンラン (ユリ科 ソクシンラン属). ソクシンランは関東以西の本州・ 四国・九州・沖縄、朝鮮南部、中国に分布する多年草。根生葉のみであり、ロゼットを 形成する。やせ山の明るい山道の側などに生育することが多い。
e0272335_19234999.jpg
余りにも小さな花の為、残念ながらこれが限界。今後は拡大鏡を持参する事にしましょう。
e0272335_19255392.jpg
最後のこのフデリンドウで。

《一口メモ》
 今日の収穫はサワオグルマ。予期せぬ花に出会うと嬉しいものである。

                                                    以上

 
# by tinnan1515 | 2017-04-25 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

高城&緩木山&越敷岳を歩く!

 そろそろアケボノツツジを見たいなと思いつつ、山行先を検討していたのだが、結論は緩木山から越敷岳の周回コースを歩く事にした。このコースはシノノメソウが咲く時期に登るのだが、春の山行は初めての様な気がする。
e0272335_18284013.jpg
越敷岳展望台付近に咲いていたアケボノツツジ。

                           記

【山行日】2017年4月24日  (晴れ)                                         
【山行先】高城&緩木山(1046m)&越敷岳(1065m) 
【山行者】単独
【行動コー(ス】緩木山&越敷岳登山口(7:10)~高城分岐点(7:25)~尾根出合い(8:00)~高城跡(8:05/8:15)~緩木城跡&緩木山(9:50/10:00)~祖母山・緩木山・越敷岳分岐点(11:20)~越敷岳(12:20/12:50)~緩木山&越敷岳登山口(13:50)
【行動時間】6時間40分(休憩時間む)
【行動記録】
1)高城跡から緩木城跡までの縦走
e0272335_1832574.jpg
越敷岳・緩木山登山道案内図が新たに設置されていた。今日のコースは緩木山から越敷岳の周回コースを予定していた。
e0272335_18393899.jpg
今日の出発地点はこの近くから。先ずは緩木山を目指す。
e0272335_18412883.jpg
歩き始めてから直ぐの杉林の中にエビネランがあることに気付く。なんと見事なエビネランであった。とくに葉が素晴らしかった。
e0272335_18441558.jpg
歩き始めてから15分の地点に高城の標識があった。今までこの標識はなかった筈だが新たに設置されたのだろう。ここで心の奥底から冒険心がもたげて来た。チャレンジしかないだろうと気合が入る。
e0272335_1849536.jpg
初めて歩くコースなのだがピンクのテープが目立ち迷うことはなさそうだ。しかも踏み跡がしっかり付いていた。ただ残念なことは植林地帯の中を歩く事であった。
e0272335_1853732.jpg
最後の急斜面を喘ぎながら登り尾根に取り付く。ここから尾根歩きで高城跡に進む。
e0272335_1857039.jpg
今日最初の花はミツバツツジだった。花に会えると嬉しい。
e0272335_18582023.jpg
ミツバツツジを見るのは可愛岳以来だった。
e0272335_18594781.jpg
高城(跡)に初登頂。”天正14年(1586年)豊後侵攻を果たした島津氏は、大友方の佐田氏を攻め、高城、緩木城は軍門に下った。”と書かれていた。実に431年前の出来事である。

 高城を後にして下山開始。尾根出合い地点に着き、登ってきた登山道で下山し緩木山を目指すか、それとも尾根筋を縦走し緩木山を目指すのか二者択一であるが、此処でまた冒険心が騒ぎ始め縦走する事にした。
 これからのコースは緊張感があるのだが好奇心もあった。余りテープがなく踏み跡を確認しながら歩いた。
e0272335_19285814.jpg
ここの岩峰に登る時が一番緊張した。巻き道がありなんとか尾根に登る事ができた。
e0272335_19312621.jpg
緩木山が見えた時は正直ホッとした。
e0272335_19324068.jpg
竹田市地積調査、地積図根三角点。連絡先:0974-63-1111。道に迷った時にはここに連絡すればと思うと心が楽になる。
e0272335_19361656.jpg
越敷岳方面も見え始めてきた。
e0272335_19371853.jpg
緩木山間近の岩峰にヒカゲツツジの蕾が。
e0272335_19382165.jpg
緩木(城跡)。高城から緩木(城跡)までの縦走路歩き達成。ヤッタゾ!
e0272335_19413328.jpg
緩木山までの登頂コースを一つ覚える事ができた。

2)緩木山からの越敷岳までの縦走
 緩木山からの越敷岳までは何度も歩いているので差ほど緊張感はない。楽しみはアケボノツツジの開花状況であった。
e0272335_19453027.jpg
緩木山から祖母山を見るのも楽しみの一つ。やゃ霞んでいるもののこれだけ見えれば十分だ。
e0272335_1949433.jpg
今季お初のアケボノツツジは嬉しい。
e0272335_19512222.jpg
先程登った緩木山を背景に。
e0272335_19523855.jpg
やゃ白っぽいアケボノツツジ。
e0272335_19534774.jpg
葉桜になりかけていた山桜。
e0272335_1955820.jpg
こちらの山桜はまだ開花中。登山道を歩いていると山桜の花びらが風に揺られながら、ヒラヒラとま舞い落ちる光景は感動ものだった。
e0272335_19587100.jpg
上ばかり見ないで下の方にも関心を。フデリンドウがひと株のみ咲いていた。
e0272335_19593780.jpg
ブナの原生地。”我が国のブナ林の南限とされており、貴重な自然林”
e0272335_2041374.jpg
祖母山・緩木山・越敷岳分岐点。ここまでの急登は喘ぎながら登った。
e0272335_2062769.jpg
再びアケボノツツジがポツリポツリと咲いていた。
e0272335_2074192.jpg
センボンヤリも咲いていた。
e0272335_2083939.jpg
ここから越敷岳に。
e0272335_2093465.jpg
シャクナゲ群生地。
e0272335_20104283.jpg
今日はこのコースを選択して良かった。
e0272335_20111549.jpg
足取りも軽くなる。
e0272335_20131998.jpg
越敷岳付近にて。
e0272335_20142854.jpg
アップで一枚。
e0272335_2015862.jpg
今日三つ目のピーク、越敷岳
e0272335_21122974.jpg
遥か彼方にくじゅう山系、由布岳も微かに見えていた。
e0272335_2113793.jpg
下山時にもう一度アケボノツツジ観賞。
e0272335_21134848.jpg
御神水(命の水)。この御神水は知恵の授かる水と言われているそうです。
e0272335_5551378.jpg
アケボノツツジを堪能してここから下山。
e0272335_556543.jpg
挟み岩を通る事に。
e0272335_558177.jpg
上から眺めたはさみ岩。ザック背負ったまま通ろうとしたのだが無理だったので、ザック外してやっと通過することができた。
e0272335_5582895.jpg
下から眺めた挟み岩。
e0272335_7281512.jpg
やっと通過して説明板を読む。親不孝者でなく良かった良かった。
e0272335_7312689.jpg
明神の滝。”落差80m、氷解けの季節には氷柱の落ちる音が地区に響き渡り、春を告げる風物詩とまっている”とか。
e0272335_736864.jpg
大木の中程にササユリが育っていた。
e0272335_7391688.jpg
そしてこちらは千人枕。阿蘇溶結凝灰岩柱状節理の崩壊した大岩との事。色々と勉強になりますね。
e0272335_74416.jpg
登山道標識の地点まで下山してきた。駐車場までもう少しの頑張りだ。
e0272335_746372.jpg
あっ!フデリンドウが咲いている。ささやかな楽しみを頂く事ができた。
e0272335_7473949.jpg
無事ゴールイン。今日も楽しい山行であった。
e0272335_7492858.jpg
帰り支度を終えて駐車地の周囲を見ていたらなんと二人静を見っけ。ラストにこんなご褒美を頂いた。

《一口メモ》
 高城の存在と高城から緩木城跡までの未踏コースを歩いたこと。それに今季お初のアケボノツツジを見ることができた事等、とても充実した山行日となった。今日も健康な体に感謝。

                                                以上
# by tinnan1515 | 2017-04-24 18:30 | 山歩き | Comments(10)

里山のホソバナノアマナとキンランに感激!

2017年4月23日   日曜日

 午前中は大在のアムス店とグッディに買い物に出かける。明日、山行予定があるので見えすぎた家庭サービスであった。帰宅後、早速に花の苗を植える。午後からはお米の精米とお墓通いとさらに家庭サービス。14時過ぎからやっとフリータイムとなったので里山に出掛けた。

1)里山歩き
 帰宅時間が16時30分との制約があり山行先は龍王山である。19日に龍王山に登った時はカキランとキンランの芽吹きがまだなく、今回はその観察であった。
 車の駐車地のから歩いて直ぐのところにエビネランが咲いているのを今日も見る。次は春蘭だがまだ元気に咲いていた。
e0272335_1913751.jpg
そして、この葉はネバリノギランかなぁ。ネバリノギラン。ユリ科ソクシンラン属。 ノギランに似ていて花序や花柄などに腺毛が あって粘るので「粘りノギラン」と呼ばれる。
e0272335_1935450.jpg
龍王山に登るたびに気になっていたカキランが漸く芽吹き出してきた。これで一安心。
e0272335_1951370.jpg
山頂から眺める光景はすっかり春の山に変貌した新緑。海の群青、空の青色と実に綺麗だった。龍王山から次に向かったところはキンランの咲く場所へ。途中でミカン畑を通って行くのだがぷ~んと柑橘の甘い匂いが漂ってきた。もうみかんの花が咲いていた。
e0272335_19162047.jpg
このミカンは”はるみ”という銘柄であることを以前お聞きしていた。
e0272335_19174748.jpg
そして龍王山の麓であるこの畑地である花と遭遇したのである。
e0272335_19244882.jpg
これまで雨乞牧場で一度しか見ていなかったホソバノアマナでした。
e0272335_1923179.jpg
畑の土手にはホソバノアマナが咲き誇っていた。なんとなんと里山でホソバノアマナに会えるとは、もう感激であった。
e0272335_1922266.jpg
ホソバノアマナ (細葉甘菜) ユリ科 チシマアマナ属. 低地~山地の 日当たりのよい草地などに生え、茎の高さは10~20センチ。茎頂に、長さ1~1.5 センチの白色の花を散形状に1~5個つける。花被片に淡緑色の筋がある。
e0272335_1930337.jpg
近くにはコバノタツナミも咲いていた。もう心は浮き浮き、次に向かったところはキンランの咲く場所に。
e0272335_19324140.jpg
やっと出会いが叶ったキンラン。まだ蕾の状態であったが今日はこれで大満足。これで気持ち良く下山できる。
e0272335_19345980.jpg
最後はフデリンドウ。草むらの中に咲いていた。周りが草に覆われていたのでとても小さな株であった。
e0272335_1937371.jpg
コバノタツナミも草むらの中に咲いていた。

2)園芸
 今日植えた花はトレニア、ペチニュア、マリーゴールド、メランポジュームの4種類。
e0272335_19394314.jpg
メランポジュームが販売されていたので早速に買った。
 自宅の花ではこのエビネランが咲いた。
e0272335_19455890.jpg


                                               以上
# by tinnan1515 | 2017-04-23 19:48 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)

4000本の天空の森 山桜観賞&扇ヶ鼻・久住山を歩く!

 山行先をどこにするのか悩んでいたのだが、ふと思いついたのは天空の森の山桜観賞を思いついた。桜の開花状況を調べると4月20日頃から見頃になっているとの情報。まだ一度も天空の森の山桜を見た事がなく、今日がお初となった。
e0272335_18541896.jpg
天空の森の山桜。標高1000mにある4000本の山桜に感激、感動。
e0272335_19473736.jpg
この花に会えて浮き浮きであった。

                        記
【山行日】2017年4月22日  (晴れ)                                         
【山行先】扇ヶ鼻(1698m)&久住山(1786.5m) 
【山行者】単独
【行動コース】赤川登山口P(9:00)~扇ヶ鼻(10:50/11:15)~久住山(12:20/12:45)~南登山口分岐点(13:00)~根子見台(13:55)~南登山口&赤川登山口分岐点(14:15)~赤川登山口P(14:40)
【行動時間】5時間40分(休憩時間む)
【行動記録】
1)天空の森山桜観賞
 レゾネイトクラブくじゅうの駐車場で準備をしていると1台の車が到着。車から降りられたお姿を拝見すると、なんとなんとgiroroさんであった。まさか此処でお会いできるとは夢にも思っていなかったこと。最初からビッグなサプライズであった。すでに到着されていたお二人と大船山山行との事であった。
e0272335_19144522.jpg
くじゅう一番水から自分は一足先にくたみ分かれに向かって出発。午前7時前だったのでガスが舞い上がっていた。
e0272335_19171634.jpg
早速にイチリンソウに朝のご挨拶。まだ朝が開けていないようだった。
e0272335_1919429.jpg
清滝で見た花がここにも咲いていた。
e0272335_1920329.jpg
蝮草。先に出発していたのだがいつの間にやらgiroroさんグループの方に追い着かれてしまった。
e0272335_19232021.jpg
ヤマネコノメソウ。
e0272335_1925480.jpg
ササユリ。ほんの少し開いていた。
e0272335_19271410.jpg
天空の森に着くと山桜に圧倒された。
e0272335_19294628.jpg
臼杵の山桜は4月初めが見頃であったが、標高の高いくじゅうは4月20日頃からとは勉強になった。
e0272335_19332173.jpg
やはり、今日天空の森にきて良かった。
e0272335_19345280.jpg
自然が作り出す天然色は素晴らしいの一言。
e0272335_19353564.jpg
山桜も色の違いがあり、この山桜は白系だった。
e0272335_19375582.jpg
時間帯が早かったのか青空に恵まれなかったのがやゃ残念。
e0272335_19391477.jpg
山桜のラストはこの光景で締めましょう。
e0272335_19403611.jpg
giroroさんご一行様とはくたみわかれで別れ、自分は下山する。南西尾根コースから大船山に向かうとの事であった。頑張って下さい!
 そして今日二つ目のサプライズはこのお花。
e0272335_19442825.jpg
もちろん花の名前も存在も知らなかったのだが、登山者の方に教えていただく。ありがとうございました。花の名前はフタバアオイ。
e0272335_19493245.jpg
フタバアオイ は、ウマノスズクサ科の植物で、小型の草本。葉はハート形をしており、いわゆる『葵の御紋』のモデルであることで知られる。
e0272335_19504530.jpg
下山すると素晴らしい青空になっていた。

2)扇ヶ鼻&久住山
 giroroさんに会えた事とお初であったフタバアオイとの出会いに心が満たされ、赤川登山口に移動する。やはり山に登らないと何となく心が落ち着かないのである。
e0272335_1956896.jpg
赤川登山口から久住山の登山道は通行禁止なので扇ヶ鼻を目指す。
e0272335_19583882.jpg
馬酔木のトンネルや熊笹が生い茂る登山道歩き。二つのサプライズで何かしら心が軽やかであった。しかし毎度の事であるが登りは喘ぎが多い。タイミング良く馬酔木の大木が。大木は花で被われていた。
e0272335_2063293.jpg
樹林地帯を抜けると扇ヶ鼻の山頂が見え始めてきた。まだまだ急登が続くかと思うとやゃ気落ちする。
e0272335_2092362.jpg
でもこんな時に助け舟が現われる。淡いブルーのフデリンドウが一輪カヤの中から頭を出していた。
e0272335_20113491.jpg
こちらは三姉妹。
e0272335_20122051.jpg
ツクシショウジョウバカマはひっそりと開花していた。
e0272335_2013551.jpg
山頂間近で久住山系を楽しむ。
e0272335_20151637.jpg
今日最初のピークに立つ。シャツが汗で濡れていたので着替えを済ませて次の山頂に向かう。
e0272335_20174993.jpg
さすがに牧の戸からの登山者が多い。下山する人、登られるお方と大賑わいであった。星生山の登山道も多くの人が歩かれていた。久住分れから久住山に登ることに決めた。
e0272335_20222669.jpg
三俣山も貫禄がありますね。
e0272335_20233889.jpg
このワンちゃんは単独山行?
e0272335_20244091.jpg
山頂では多くの人が休憩タイム。登山者が多いのにはいつもの事ながら感心する。しばし昼食タイム。下山をしようと赤川登山道を見るとなんとなんと3人の登山者か登ってこられた。たしか通行禁止になっていたはずだが、気になるので登山道の様子をお尋ねするとお勧めできないとの事。予定通り南登山道から下山する事にした。
e0272335_872920.jpg
天狗岳と中岳にはしばらく足を運んでいないがいずれの日にか登る事にしましょう。今日は眺めるだけであった。
e0272335_89201.jpg
正面に見える山は稲星山。ここの鞍部が中岳、稲星山、南登山口の分岐点。ここから南登山道を下山し赤川登山口に向かう。
e0272335_8114835.jpg
下りの登山道は要注意、岩につまずかないようにとか、黒土なので滑らない様に慎重に歩く。ようやく一息つける場所で久住山を眺める。
e0272335_8163514.jpg
根子見台から根子岳・阿蘇山を眺めるも。
e0272335_8145213.jpg
今日の根子岳・阿蘇山は霞んで眺望が良くなかった。
e0272335_819371.jpg
根子見台からの登山道は歩きやすく余裕が出てきた。白い花が目に留まる。ムシカリの花かな?
e0272335_8214084.jpg
こちらにも白い花が咲いていた。
e0272335_824248.jpg
南登山道のここの可愛い丸太橋が懐かしかった。
e0272335_8271610.jpg
猪鹿狼(いからじ)寺跡の説明板。
e0272335_8314628.jpg
白のエイザンスミレとご対面。
e0272335_833691.jpg
南登山口と赤川登山口の分岐点。
e0272335_8343780.jpg
赤川登山口まであとひと頑張り。ラストは少し登りがあるのだが。
e0272335_8361583.jpg
可愛い菫に癒されながらゴールを目指す。
e0272335_837227.jpg
登山道は舗装された道を歩くことに。
e0272335_8382114.jpg
今回も無事にゴールイン。久住の山々を楽しむことができた。

《一口メモ》
 今日のハイライトはgiroroさんとの出会いから始まり、お初の花フタバアオイを見ることができた事である。特にお初の花には心が癒される。これからも花旅を続けたいと思った次第である。

                                            以上
# by tinnan1515 | 2017-04-22 20:26 | 山歩き | Comments(12)

読書と園芸!

2017年4月21日   金曜日

 家にいると何かと用事を言い付かる。今日はおばあちゃんの月1回の病院通い。その為の予約、送迎と半日仕事であった。検査結果異状なしと言う事で安心したのだが、高齢者の介護は大変である。自分もいつの日にか同じ道を辿る。でも、今の時点ではまだまだと思っている。

《読書》
  昨日、今月7冊目の本を読了したので今日は早速本の返却に行く。今、手元に1冊あり読みかけ中だが1冊借りる事にした。今日借りた本は直木賞コーナーにあった『花まんま』。
e0272335_1536971.jpg
朱川 湊人 (しゅかわ みなと、1963年1月7日 ) は、日本の小説家、大阪府出身。2005年 「花まんま」で第133回直木賞を受賞。

《園芸》
 花を植えたい気分になったのでホームワイドの花売り場へ。
e0272335_15363975.jpg
ブルーデージー、カーペットカスミソウ、ロベリア、ペチュニアの苗を買った。カーペットカスミソウは初めて植える花であった。

 自宅の花も色々と咲き始め賑わいをみせている。この時期花を眺めるのが楽しい。でも水遣りや花柄摘みが大変だ。
e0272335_153778.jpg
昨年、躑躅の花が殆ど咲かなく淋しい思いをしたのだが、今年は見応えがありそうだ。
e0272335_15372423.jpg
フリージアはこのひと株のみだが毎年咲いてくれる。もっと増やそうかな。
e0272335_15374154.jpg
金魚草の香りが好きで植えているのだが、徐々に咲き始めてきた。
e0272335_15375725.jpg
寄せ植えにしているこの花の名前を忘れていた。

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
1、簡単そうでも読めない漢字
【問題】 
1)一矢  2)盗汗  3)宛行う  4)焦眉  5)落人  6)忌憚  7)檻 
8)猪口  9)弔う  10)骸  11)僭越  12)強靭  13)采配
14)指物  15)奢る  16)浪速  17)閨閥  18)誂え  19)億劫
20)時世時節  21)御伽噺 

【解答】 
1)いっし  2)ねあせ  3)あてがう  4)しょうび  5)おちうど  6)きたん
7)おり  8)ちょこ  9)とむらう  10)むくろ  11)せんえつ  12)きょうじん
13)さいはい  14)さしもの  15)おごる  16)なにわ  17)けいばつ
18)あつらえ  19)おっくう  20)ときよじせつ  21)おとぎばなし

《今日の小さな歓び》
 花いじり。

                                             以上
# by tinnan1515 | 2017-04-21 17:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー