2017年 11月 14日 ( 1 )

2017年11月14日    火曜日

 午前中まで雨が降っていたが、午後から雨も上がり日が差してきたので前々から思っていた園芸をすることにした。

 いつの間にかミョウガの葉が枯れていたのでその片付けや、ホトトギス、その他の花を処分したらゴミ袋一杯の処分量になった。

 また、プリムラ マラコイデスと金魚草のひとりばえの苗をプランターに移植する。これからの成長がとても楽しみである。そう言えばまだビオラを植えていなかった。近々植えなくては。

《百人一首の学習》
5. 奥山にもみぢ踏みわけ鳴く鹿のこゑ聞くときぞ秋はかなしや    猿丸大夫

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“人生”
11)人生の短日月、苦痛多しと雖も、斯生決して悠々閑過ぎすべきにあらず。 
*有島武郎『リビングストンデン』(明治三十四年)
●短い人生、たとえ苦しみが多くともうかうかと過ごしてはならないということ。

12)人生は常に遊戯に没頭するには余りに厳粛だ。
*有島武郎『大なる健全性』(大正七年)

13)生命のうろつきの間に見えるなまけた幻影 ― 人生。
*有島武郎『人生』(大正十二年)

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】いろいろな色の名を読めるようにしておこう。
1)群青の海  2)緋色のガウン  3)臙脂色のパスポート  4)枇杷色  5)鴇色
6)鈍色の光  7)鬱金色  8)錆朱色  9)縹色  10)萌黄色  11)琥珀色
12)鴉の濡羽色  13)代赦色  14)古代紫  15)玉虫色

【解答】
1)ぐんじょう  2)ひいろ  3)えんじいろ  4)びわいろ  5)ときいろ  6)にびいろ
7)うこんいろ  8)さびしゅいろ  9)はなだいろ  10)もえぎいろ  11)こはくいろ
12)ぬればいろ  13)たいしゃいろ  14)こだいむらさき  15)たまむしいろ 
e0272335_18405332.jpg


《今日の小さな歓び》
 園芸。


                                           以上