2017年 11月 13日 ( 1 )

2017年11月13日     月曜日

 午前中はなんとなく体が弾まずデスクワークで時間を費やす。その中で熊野江神社の”やっこそう”の事を調べた。午後になると余りにも素晴らしい天気に里山歩きにとの意欲が湧いてきた。

《里山歩き》
 今日は自宅から歩いて少しでも歩数を延ばさなくてはと思いながら、うすき総合運動公園を目指した。
e0272335_1644271.jpg
うすき総合運動公園の一画に子供公園がありいろいろな遊具施設がある。これまでは余り興味もなかったのだが、昨日初孫に会った途端に心が急変していた。あと数年もすればここで遊ばせてやりたいと。
e0272335_16482965.jpg
ブランコに乗せて後ろから押してあげる光景を思い浮かべたりして。(笑)
e0272335_17471482.jpg
今日の里山は三角台。野球場裏の登山口から登り始める。
e0272335_17511112.jpg
市民球場。
e0272335_17524427.jpg
登り始めて直ぐに冬のハナワラビに出会った。トギシ山では何度も見ているのだが、三角台の登山道では今回が初めてであった。
e0272335_1756994.jpg
ヤクシソウ(薬師草)は、キク科オニタビラコ属の二年草。
e0272335_1759386.jpg
フユイチゴ(冬苺)。
e0272335_1821459.jpg
展望台からこども公園を眺める。
e0272335_1831228.jpg
ママコナの花がまだ咲いていた。
e0272335_1851171.jpg
じゃんけんの木。
e0272335_1861238.jpg
じゃんけんの木の葉をよく見ると、なるほどなるほど。
e0272335_1885442.jpg
心地よい尾根歩き。
e0272335_18102079.jpg
展望所から臼杵湾の光景。
e0272335_18113928.jpg
コウヤボウキはあちこちで見られる。
e0272335_18341583.jpg
10月23日以来の三角台であった。
e0272335_18365691.jpg
臼杵湾に浮かぶ津久見島。気持ちよく臼杵湾の眺望を楽しむ事ができた。
e0272335_1839633.jpg
龍王山に向かう山路でムラサキシキブに出会った。色合いに魅力を感じる。
e0272335_18405050.jpg
龍王山に着くと曇り空に。山頂からはすたすたと歩き自宅に向かった。歩数も一万歩クリアー出来たのでスッキリ。

《読書》
 11月も早や半ばを迎えようとしているのだが、読書が進まずやっと3冊読了。早速に返却に出掛けた。そして今日借りた本は『千の風になったあなたへ贈る手紙』だった。
e0272335_16151364.jpg
新井満 監修

《百人一首の学習》
4. 田子のうらにうち出でてみれば白妙のふじの高ね雪は降りつつ    山辺赤人

《日本名言名句の辞典》小学館
1、人の生死・一生
“人生”
8)我々を走らせる軌道は、機関車にわかっていないように我々自身にもわかっていない。この軌道もおそらくにはトンネルや鉄橋に通じていることだろう。 
*芥川竜之介『機関車をみながら』(昭和二年)

9)無意義だ、不可解だと叫ぶ間には、尚人生の意義に対する恋々の情が綿々絶えないでおるのではないか。*姉崎嘲風『予言の芸術』(明治四十三年)

10)人生とは畢竟運命の玩具箱だ。人間とはその玩具箱に投げ込まれた人形だ。
*有島武郎『迷路』(大正七年)



《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】こんな衣装のことばも押さえておこう。
1)絣  2)紬  3)裾  4)袂  5)袴  6)袷  7)袈裟  8)半纏  9)貫頭衣  10)生絹
11)正絹  12)紅絹

【解答】
1)かすり  2)つむぎ  3)すそ  4)たもと  5)はかま  6)あわせ  7)けさ  8)はんてん
9)かんとうい  10)すずし  11)しょうけん  12)もみ 
●貫頭衣⇒一枚の布を二つに折り、折り目の中央に頭の通るだけの穴を開けて着る衣服。原始的な衣服の形式で、ポンチョなどもその一例。
e0272335_18581166.jpg


《今日の小さな歓び》
 里山歩き。


                                             以上