2017年 11月 10日 ( 1 )

 10月20日より紅葉を追い求めているのだが、今回は男池での紅葉を楽しむ事にした。
今日はお祖母ちゃんの月1回の定期診察日なのでいつものように順番取りに行ったので、自宅を出たのが午前8時半、15分程走ってカメラを忘れていることに気付き、慌てて自宅に戻るという不手際で意気消沈だった。
e0272335_19171310.jpg
男池周辺での紅葉原生林。
e0272335_18533655.jpg
こちらの黄葉も素晴らしかった。

                      記

【山行日】2017年11月10日  (晴れ)                                         
【山行先】男池
【山行者】単独
【行動コース】
男池駐車場(10:50)~かくし水(11:20/11:25)~ソババッケ(11:55/12:25)~男池駐車場(13:50)
【行動時間】3時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
 昨年の男池は11月15日であった。今季は10日なのでビッグな紅葉を期待していたのだが。
e0272335_1927816.jpg
先ずは橋周辺の風景から。
e0272335_19462146.jpg
湧水が流れる紅葉風景。
e0272335_19494848.jpg
河畔の黄葉。
e0272335_19564583.jpg
山路に入ると鮮やかな紅葉に思わず立ち止まる。
e0272335_19581338.jpg
男池の原生林は真紅の紅葉が少ない様だ。
e0272335_2001562.jpg
かくし水に進む。この周辺の登山道には沢山の落葉で紅葉は既に終盤の模様。
e0272335_2024430.jpg
天気は上々で紅葉が映えていた。
e0272335_2053520.jpg
この木はご存じの方が多いと思う。
e0272335_2065943.jpg
紅葉を楽しめたのはかくし水手前まで。かくし水からソババッケの間はもう紅葉は終わっていた。
e0272335_2085059.jpg
ソババッケでのんびりと昼食タイムするも、どうもここから足が進まず引き返す事に。
e0272335_20153842.jpg
今日は平治岳に登る予定だったのだが、今回は眺めるだけだった。
e0272335_20184849.jpg
ソババッケから平治岳直登コースの紅葉風景。
e0272335_20193038.jpg
少しだけ残っていた紅葉を楽しむ。
e0272335_203047100.jpg
あっ!紫式部だ。
e0272335_20311367.jpg
しかもこんなに沢山の実を付けていた。
e0272335_20394210.jpg
紫の実の次は赤い実。ユキザサの赤い実はとても鮮やかであった。
e0272335_20343218.jpg
この赤い実はクコの実?
e0272335_20354199.jpg
ツルシキミの蕾。
e0272335_20362284.jpg
ツルシキミの赤い実。1年前は上の画像の蕾だったのがこんな立派な赤い実になって成長している。
e0272335_5245822.jpg
男池周辺に戻り再び紅葉観賞。この風景がたまらない。時間がゆっくりと経過するような感じになる。自分はこせこせと動き回っているのだが。(笑)
e0272335_5291484.jpg
自然の造形からこのような物プレゼントを。
e0272335_532527.jpg
葉を落としてこれから寒い冬の眠りに付くことでしょう。来春の新緑が楽しみである。
e0272335_5351399.jpg
心行くまでたのしみましょう。
e0272335_53605.jpg
素晴らしい青空であった。紅葉観賞は青空が一番だ。
e0272335_5363380.jpg
四季を通じて黙々と湧き出る地下水。人々に喜びを与えてくれてありがとう。
e0272335_5405911.jpg
帰路、ここの紅葉に遭遇する。なんとなく素敵な雰囲気を醸し出していた。
e0272335_5423944.jpg
飲料水工場があるところの近くの谷川での紅葉風景。

《一口メモ》
 山頂には立てなかったが紅葉を楽しみ心が癒された。


                                                以上