2017年 11月 09日 ( 1 )

2017年11月9日     木曜日

 古希を目前にして、自分の単調な生活から少しばかり変化を追い求めねばとの思いが募っていたのだが、初孫の誕生で弾みがついたようだ。

 今日書棚を何気なく覗いていたら『百人一首』の本が目に飛び込んできた。そうだ、『百人一首』を学ぼう。百首を1年かけて気長に挑戦だ。山歩きのお蔭で少しは粘り強さが身についているのだからコツコツと学習しましょう。

 『百人一首』は一日に一首と決めたのだが、このほかに何かないかと探していたら『日本名言名句の辞典』があるではないか。名言名句には生きる知恵が沢山有る筈との推測で、『日本名言名句の辞典』も学習することにした。

《百人一首の学習》 丸谷才一  編集
e0272335_15543621.jpg

1、秋の田のかりほの庵の苫をあらみ我衣手は露にぬれつつ    天智天皇
☆ あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ

《日本名言名句の辞典の学習》  小学館
e0272335_15551623.jpg

1、人の生死・一生
“人生”
1)人生に微笑を送りために第一には吊り合いの取れた性格、第二に金、第三に僕よりも逞しい神経を持っていなければならなぬ。  *芥川竜之介『間中問答』(昭和二年)
2)人生は一行のボオドレエルにも若かない。  *芥川竜之介『或阿呆の一生』(昭和二年)
●フランスの詩人ボードレールの一行の詩にも人生は及ばない。「芸術は永く、人生は短し」の端的な表現。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】酒やお茶などに関係のある言葉です。
1)お神酒  2)屠蘇  3)老酒  4)冷酒  5)温燗  6)貴腐ワイン              
7)烏龍茶  8)減肥茶  9)焙じ茶  10)濃茶  11)野点  12)珈琲     
13)自家焙煎

【解答】
1)おみき  2)とそ  3)ラオチュー  4)れいしゅ  5)ぬるかん  6)きふ
7)ウーロンちゃ  8)げんぴちゃ  9)ほうじちゃ  10)こいちゃ  11)のだて
12)コーヒー  13)じかばいせん           
                                     
《里山歩き》
 ここ二日間歩けなかったので、今日は少しでも歩かなくてはと思い里山の龍王山に登る。時間にして小1時間もあれば十分、やゃ物足りなさを感じるのだが、午前中の限定時間だったのでやむを得なかった。

 雨上がりの山路を歩くと山の匂いがプンプンと匂ってくる。羊歯類が発する匂いの様だ。低山でも登りだすと額には汗が滲み出す。それもその筈、お日様が輝いて好天気なのである。しかし、澄み渡った空ではないのが残念であった。
e0272335_15564943.jpg
龍王山の山道に咲いていたコウヤボウキ。
e0272335_1557916.jpg
山頂には枯れかけているアキノキリンソウが。

 11時半に自宅に戻り、午後からの佐伯行には十分に間に合うことができた。

《今日の小さな歓び》
 今日から新たなる学習に挑戦。



                                       以上