2017年 11月 05日 ( 1 )

 昨夜は日本シリーズをテレビ観戦していたのだが、ソフトバンクが逆転されると早々に布団に潜り込んで
しまった。今朝、自分のブログを開くと風来坊さんからのコメントで、ソフトバンクが優勝していることを知る事となった。

 こうなるとテンションが一気に盛り上がる。朝食後どこかの山に歩かなくては。そうだ久しぶりに晩秋の里山歩き楽しもう。と云うことで近場の白石山とトギシ山を歩く事にした。

e0272335_15373313.jpg
中央に見える山がこれから登る白石山(391m)。田中地区と山口地区を通り山頂を目指す。
e0272335_15401398.jpg
里山の紅葉風景。白石山からトギシ山の縦走路でハゼの木の紅葉を見ることができた。
e0272335_17313223.jpg
密かに期待していた冬の花蕨(ふゆのはなわらび)。胞子葉が少し色付いていた。

                     記

【山行日】2017年11月5日  (晴れ)                                         
【山行先】白石山(391m)&トギシ山(409m):大分県臼杵市
【山行者】単独
【行動コース】田中公民館(8:15)~山口&一本松分岐点(9:25/9:30)~白石山(10:00/10:15)~トギシ山(11:40)~田中公民館(12:20)
【行動時間】4時間05分(休憩時間含む)
【行動記録】
 自宅から車で10分も走ればスタート地点の田中公民館に着く。今日のコースは白石山からトギシ山の周回コースである。
e0272335_1546179.jpg
素晴らしい青空で申し分ない山日和で心も弾んでいた。今日の出発地点の田中公民館。
e0272335_15521256.jpg
里山の紅葉はまだ先の様だ。色付いた風景はまだ見られなかった。
e0272335_15553363.jpg
山際にはツワブキが点々と咲いていた。
e0272335_15564339.jpg
クサギ(臭木)の実。クサギ(臭木)は日当たりのよい原野などによく見られるシソ科の落葉小高木。葉に悪臭がある事からこの名がある。
e0272335_15582661.jpg
ヤマハッカがまだ咲いていた。
e0272335_15595511.jpg
花を愛でながら里山の晩秋をのんびりと歩く。天候に恵まれて気分すっきり。
e0272335_1623892.jpg
山間にある田圃。収穫は既に終わり春が来るのを静かに待っている。白石山がだんだんと近づいてくるがまだまだ遠い。
e0272335_1654843.jpg
山路に入るとツワブキが咲き乱れていた。黄色の花は目立つなあ。
e0272335_167456.jpg
あっ!紫式部の実。今季お初だった。
e0272335_1684965.jpg
そしてここにはシュウメイギクが咲いていた。自生だろうか?
e0272335_16102697.jpg
ノコンギク?
e0272335_16135173.jpg
この地点から本格的な山路歩きとなる。すると直ぐにこの花が?
e0272335_16153028.jpg
コウヤボウキの群生地だった。
e0272335_1618551.jpg
アップで見ると素敵な花だった。
e0272335_16191468.jpg
クサギの果実。赤いのはガク、まるで花の様だ。
e0272335_1621472.jpg
やっと自然林歩きに。
e0272335_1622552.jpg
イチヤクソウが来年に向けて静かに休んでいた。
e0272335_1623815.jpg
ミヤマウズラも眠りについていた。
e0272335_16241754.jpg
距離が短い痩せ尾根を歩く。
e0272335_162565.jpg
一本松分岐点到達。ここから山頂まであとひと頑張りだ。
e0272335_1626487.jpg
ちゃんと標識もありますよ。
e0272335_16273736.jpg
山頂着、10時。今日の臼杵湾は?
e0272335_16292613.jpg
紺青の海を期待していたのだが霞んでいたので今一の眺望だった。
e0272335_17194268.jpg
山頂に咲いていたコウヤボウキ。次は縦走路歩きでトギシ山に向かった。
e0272335_1720233.jpg
山道には至る所で枯木や倒木が散乱していた。ここでは少しボランチィア活動を。
e0272335_17222573.jpg
1箇所鋸で切断。
e0272335_17234426.jpg
これで跨ぐことなく歩く事が出来る。
e0272335_17262039.jpg
縦走路は落葉の絨毯だった。
e0272335_1727982.jpg
小さなアケビの実も落ちていた。
e0272335_1728467.jpg
今日の紅葉はハゼ。
e0272335_17285163.jpg
青空に赤いハゼの紅葉が見事に調和していた。
e0272335_1736244.jpg
綺麗な冬の花蕨だった。一番の見ごろか?
e0272335_17382662.jpg
この時期になると冬の花蕨を見るのが楽しみである。
e0272335_17392121.jpg
ここの岩場に来ると
トギシ山はすぐそこである。
e0272335_17402984.jpg
トギシ山。眺望ができないのが残念。お昼間近なので急ぎ下山する。今日の縦走路歩きは時間がかかり過ぎた。その訳は山道に散乱していた枯木や倒木の除去に時間を費やしたからである。
e0272335_17441145.jpg
冬の花蕨の群生地。
e0272335_17445156.jpg
冬の花蕨がすくすくと育っていた。
e0272335_17453636.jpg
作業道まで足早で降りてきた。ここから作業道歩きとなる。
e0272335_1746548.jpg
茶の花を愛でる。
e0272335_17474536.jpg
こちらの作業道にもツワブキの花が咲き誇っていた。
e0272335_17485437.jpg
竹林の中を歩く。
e0272335_17495060.jpg
里山の田園風景。
e0272335_17531827.jpg
民家の垣根に咲いていた山茶花を愛でながら田中公民館に向かった。

《一口メモ》
 晩秋の里山もなかなか良いものだと再認識した次第である。久しぶりの里山周回コースを楽しむことが出来た。

                                               以上