2017年 11月 02日 ( 1 )

2017年11月2日      木曜日

 おさぼりしていた外回りの掃除を終えて、車庫の掃除に取り掛かろうとするとキチジョウソウが赤く色付いているのが見えた。近づくと下部の蕾が開花していた。
e0272335_15454127.jpg
キチジョウソウ(吉祥草)はスズラン亜科の常緑多年草。
 ”家に植えておいて花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名がある”との事。手入れは殆どしないのだが、地下茎が長くのびて広がり年々株が多くなっている。花が少ないこの時期なので嬉しいひと時であった。

 掃除を終えて一息つきパソコンに向かう。気になるのはやはり紅葉の情報で、ここ数日間で各地の紅葉情報が次々とアップされている。こうなると気分がそわそわしだし、天気と睨めっこしながら山行計画を立てるのである。

 あの山、この山と考えを巡らすのだが体は一つ。まあ、焦らずに紅葉をじっくりと楽しむ心の余裕を持ちたいのだが、ついつい体の方が動いてしまう。

《漢字の学習》
【読めそうで読めない漢字2000】 加納喜光 著
【例題】ゆかしいお天気ことばの数々です。
1)靄  2)霙が降る  3)氷雨に煙る  4)雪催い  5)陽炎  6)旱魃
7)東雲の空  8)朧月夜  9)鱗雲  10)副紅  11)甘露の思い  12)小春日和
13)三寒四温

  
【解答】
1)もや  2)みぞれ  3)ひさめ  4)ゆきもよい   5)かげろう  6)かんばつ
7)しののめ  8)おぼろづきよ  9)うろこぐも  10)ふっこう  11)かんろ 
12)こはるびより  13)さんかんしおん
●副紅 ⇒第一の虹の外側に見える第二の虹。色が主虹とは逆になる。

《今日の小さな歓び》
 本が集中して読めたこと。
          
                                         以上