山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

2017年 09月 02日 ( 1 )

俵山でヒメノボタン一輪!

 2015年8月23日に俵山に登っていたが、昨年は地震のため未登でヒメノボタンを見ることができなかった。今年はヒメノボタン見たさに俵山山行を計画した。

e0272335_16331755.jpg
 登りの時はヒメノボタンを見ることなくやゃ気落ちをしていたのだが、下山時やっと一輪のヒメノボタンとの出会いが叶った。

                          記
【山行日】2017年9月2日  (晴れ)                                         
【山行先】俵山(1.095m): 熊本県西原村(萌の里)
【山行者】単独
【行動コース】萌の里登山口P(6:3.0)~俵山(8:45/9:20)~萌の里登山口P (11:05)
【行動時間】4時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】
 午前3時半過ぎに自宅を出る。空を見上げると星が輝いていた。萌の里にナビを設定するとミルクロードを走るコースであった。
e0272335_1813284.jpg
萌の里登山口駐車場6時半スタート。出発時は風があり肌寒さを感じる程であった。この地点から登り始める。
 鉄塔の周辺にヒメノボタンが咲いている事を期待しながら登山道をキョロキョロするもピンクの花は一つも見あたらない。気落ちして歩いていると小さな小さなノヒメユリが咲いていた。
e0272335_18101741.jpg
ノヒメユリは4株程咲いていたがこの花が一番見応えがあった。これで一気に明るさを取り戻すことができた。
e0272335_18121643.jpg
ハバヤマボクチも見ることが出来た。
 急登を登るとさすがに汗が滲み出てくるが涼しい風が吹いてくれたので心地よかった。次に出会った花は。
e0272335_18163071.jpg
ホソバノヒメトラノオ。ホソバヒメトラノオ (細葉姫虎の尾)は ゴマノハグサ科 。
e0272335_18193253.jpg
登りはゆる坂の方から登った。日が差し込まない植林地帯を登りながら山頂を目指す。下山時は急坂の方から降りた。
e0272335_18213643.jpg
ヤマジノホトトギスがひっそりと咲いていた。黙々と歩いていたら後ろからトレランの方が。今日はトレランの方3名様から追い抜かれる。
e0272335_18265638.jpg
山頂に着くと素晴らしい青空が広がっていた。汗でビッショリになっていたウエアーを着替えコーヒータイム。
e0272335_18282738.jpg
くじゅう連山が見えていた。
e0272335_18325099.jpg
山頂に咲いていたマツムシソウ。
e0272335_18335667.jpg
マツムシソウの色合いにたまらなく魅力を感じる。
e0272335_184517100.jpg
山頂でゆっくりと休んだので下山開始。
e0272335_18462689.jpg
下山時はのんびりとシラヤマギクを眺める。
e0272335_18494212.jpg
シロバナサイヨウシャジンとの出会いは嬉しかった。
e0272335_18515170.jpg
ホソバシュロソウ(細葉棕櫚草)。今年は少ない様だ。
e0272335_18535854.jpg
ヒヨドリバナはあちこちに咲いていた。
e0272335_1854541.jpg
女郎花。オミナエシ(女郎花 )は、合弁花類オミナエシ科オミナエシ属 の 多年生植物。秋の七草の一つ。
e0272335_18571263.jpg
下山時に再度ノヒメユリを観賞する。素晴らしかった。
e0272335_1915984.jpg
ヒメノボタンの開花がこんなに遅れているとは。でもこの一輪の花に会えてもう大満足だった。
e0272335_1953039.jpg
登山口の近くでサイヨウシャジンが見納め。無事ゴールイン。
e0272335_1972792.jpg
帰路、展望所で阿蘇五岳を眺めながらお握りを食べる。

《一口メモ》
 ヒメノボタンが一輪、俵山まで足を運んだ甲斐があった。


                                         以上
by tinnan1515 | 2017-09-02 19:20 | 山歩き | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧